定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

ソナチアンの力

 講演会「映像というテキスト」



 3月4日、朝から大雪だった。夕方池袋で講演することになっていたのでこれでは聴衆の足も遠のくなあと少し落胆したが、昼には雪もあがって薄日すらさした。
 6時半、会場には60名の人が来てくれた。講演会は大学の公開講座の一環で、メディアの現状を考察することになっていたので、私は「冬のソナタ」現象について報告した。
 2003年に私は「最期のひばり」という番組を制作した。美空ひばりさんが間質性肺炎で亡くなるまでの半年間を付き人の看護記録から読み解いた作品だ。これはその年のNHKスペシャルの最高視聴率を記録した。ところが放送後の反響は今ひとつ芳しいとはいえなかった。
主人公がビッグなだけに関心は高かったのだろうが、波乱万丈のドラマがあるわけでもなく、示された事実は未発表でもひばり伝説を大きく変えるものでもなければ彼女の歌声が流れるわけでもない。一人の末期癌の患者を丁寧に紹介しただけだ。どちらかといえば制作者が「美空ひばりはこういう生き方をした」ということを知らせたいとこだわって作った作品である。作者主導の番組だ。
 2004年に総合テレビで放送された韓国ドラマ「冬のソナタ」は、2003年に衛星第②で2回放送されたにもかかわらず、高い視聴率をマークし社会的に大きな話題となっていった。このドラマの放送形態こそ作者主導の番組から観客中心の番組へ替わったことを示し、新しい時代の到来を告げるものだった。
 2003年春に連続ドラマ「冬のソナタ」の最初の放送が始まった。日を追って中高年の女性たちから問い合わせが多くなっていく。放送の声が高まり、NHKはその年の暮れに10日間連続再放送をすることを決める。再放送をしたにもかかわらず、また見たいという声が局に押し寄せる。明けて2004年春、総合テレビで再再放送をすることになった。ソナチアンの声が高まり大きなうねりとなって、放送の編成を動かしたのだ。
 総合テレビでの放送は、深夜帯、外国もの、再再再放送という三重のハンディを背負いながら、放送を開始すると20㌫近い視聴率を弾き出した。この頃から韓流という社会現象が起こっていく。
 ソナチアンの声はとどまらない。日本で放送されたバージョンではない、オリジナルのノーカット版の「冬のソナタ」が見たいという声が局に押し寄せてきたのだ。ノーカットは時間が不定で日本のテレビ編成にはなじまないし、このドラマは3回も放送している。従来の放送形態であれば実現はありえないのだが、ソナチアンの声は放送局の厚い壁をこわしていく。2004年暮れ、完全版「冬のソナタ」が一挙放映された。 こうして「冬のソナタ」は2400億とも2700億ともいわれる経済効果を生み出し、日韓の文化交流に多大な意義をもたらしていく。
 番組は、作者の支配を離れて視聴者の側に移り、その観客によって育てられるといことになったのだ。

 よかったらランキングをクリックして行ってください
人気blogランキング
[PR]
# by yamato-y | 2005-03-06 20:21 | 冬のソナタを考える | Comments(0)

夏の香りチェック③

セリフ

 前にも書いたが、この作品の脚本は「冬ソナ」の二人が再び担当している。場面の切り替えし登場人物の性格付けなどはよく似ている。
一つだけ違うのはセリフだ。前作はまさに珠玉のような言葉があちこちにあった。ソナチアンから好きなセリフは何ですかと募集したときも、すぐに50近くの言葉が選出されたのだが、夏の香りではそういうセリフはない。物語を理解するには分かりやすいセリフなのだが、心にぐっと迫るのが皆無なのだ。といって全部を見たわけではないから今後(12話以降)に期待したいのだが、可能性は低いと思われる。
 なぜだろう。役者も悪くはない。ソン・スンホンもソン・イェジンも予想以上にいいのだが、彼らの発する言葉に強い力を感じないのだ。せいぜい言葉ゲームで示される恋愛の性格や天気雨の言い伝えぐらいでしかない。
 あらためて「冬のソナタ」がよく出来ていることを知った。
 
人気blogランキング
[PR]
# by yamato-y | 2005-03-06 16:55 | 夏の香りチェック | Comments(0)

ナミソムの寒さ



南怡島(ナミソム)

 ここ数日雪が降ったりして寒さが戻った。でも韓国のあの寒さとは比べ物にはならない。
「冬のソナタ」の聖地ナミソムを初めて訪れたのは昨年のちょうど今ごろだった。
 ナミソムは春川市に属する北漢江の上流にある小さな島だ。島全体が公園になっていて200種以上の植物とウサギやリスといった小動物が棲息する。ただしダチョウが人工的に飼育されてはいる。「冬のソナタ」が放送されるまでは知る人ぞ知る「自然の島」だった。
私が始めて訪ねた当時日本人はそれほど来てはいなかった。島内の記念ボードへの書き込みもハングルや中国語が目立ったが日本語はほとんどなかった。今はまったく様相は一変しあちこちに日本語が記され言葉が飛び交っているが。
 取材日記を確認すると、私は2004年3月1日から7日まで女優の田中美里さんをともなって韓国取材をしている。ナミソムに入ったのは3日の夕刻だった。翌日の早朝にあの並木道を撮影しようということになっていた。島に唯一のホテルで一泊した。夜になるとまったく灯りが消え島は深い闇に包まれた。外は相当冷え込んでいた。星のまたたきが頻りでそれ以外は何も動かない。静まりかえっている。ものみな凍ったかんじだ。だがホテルの部屋はオンドル効果で快適だった。
 次の朝、6時半から撮影を開始。気温は氷点下をはるかに下回っている。重ね着をしホカロンを3個体に貼り付けて臨んだが、それでもナミソムの寒さは容赦をしない。女優やカメラマンは動いているからまだしも、プロデューサーの私はスタッフを遠巻きにして見ているだけだから寒さがこたえる。足踏みしても手をこすり合わせても歯の根がガチガチ言ってあわない。
 特にあのメタセコイアの並木道に立つと風がそうそうと吹き抜けていくことを痛切に感じる。中途半端ではない寒さだ。自動販売機から缶コーヒーを買って、飲まずに手の中に納めて暖をとるが10分も経たないうちに缶は冷え切ってしまう。
 あらためて、チェ・ジウさんやぺ・ヨンジュンさんたちの「熱演」は凄いと思った。

人気blogランキング


c0048132_17294222.jpg

[PR]
# by yamato-y | 2005-03-06 11:15 | 冬のソナタの秘密 | Comments(0)

ロックの神様

ロックの神様・あいさつ状返礼


定年のあいさつ状を、昔から世話になった先輩、上司、仲間、取材で知り合った人、たちに送った。文面はこの「定年再出発」のブログの冒頭に記した。
 この数年、定年あいさつ状をもらうことが多くなったのは、当方も歳をとったからかもしれない。他のひとはどんな文面にするのか気になっていた。印刷屋の見本そのままの文章で味気ないものが大半だが、時に「おや」と思う葉書を落手することもあった。だからといって、その送り主に返事を書くこともしなかった。
 私の場合、300通送ったところ、十数枚返事がきた。意外だった。うれしいものだ。
 私は駄句「定年やむかしつもりて春隣り」をあいさつ状に掲げておいた。この句に応じてくれた先輩がいた。昨年末まで机を並べていた大先輩のHさんである。現在は完全に引退して丹沢山麓に隠棲している。Hさんは日本ロック界のパイオニアであり重鎮でもある。伝説的な番組「ヤングミュージックショー」をほとんど制作した人物で、今も大物ロッカーが来日すると連絡してくるほどのキャリアをもっている。今から30年も前、放送局内をノータイ、ロンドンブーツ、ジーンズ上下でロングヘアーをなびかせて闊歩していた。日本のロックシーンを創出した一人だろう。私は「ロックの神様」と呼んでいる。
 そのHさんが60歳を過ぎた頃から日本回帰を始めた。その頃私たちは知り合った。外見とは別にHさんはとても真面目な人だった。「滝のアリア」なんていう不思議な番組を作っていた。芭蕉の句を口にするようになっていた。後年「奥の細道紀行」なんて番組を作る。
 そのHさんから私の句に対する返礼が届いた。
  定年やむかしのつもりで春となり ニヤリとし感動もした。春隣りは、春となりとかけたつもりでいたから、「分かってくれた」という思いとパスティーシュ(模倣、もじり)こそ俳句の精神だからHさんの返礼は叶っているという共感が交差したのだ。
 さらにHさんは、その句に続けて(ズにのって)、古今の名句に「定年付け」して書いていた。
  定年や後朝(きぬぎぬ)つらしほととぎす
  定年やかかる恋しき横顔と
  定年やちがう乳房と会いにゆく
  定年を曲がると晩年が佇っていた
  定年や命の果てのうすあかり
 もじりのあまりのくだらなさに私は声をあげて笑った。歳をとることも悪くない。こんなユーモアも生まれるのだから。
 Hさんは昨夏天皇と同じ病になったとおどけていた。肺がんの第3過程にある。

人気blogランキング
[PR]
# by yamato-y | 2005-03-04 12:15 | Comments(0)

ソナチアン

ソナチアンの手紙

 昨日3月2日、私の元に1視聴者とだけ書かれた手紙が届いた。放送が終わって3ヶ月は経とうというのに、依然「冬のソナタ」のファンから手紙がくる。
 いつも思うのだが、年長の方の上品な慎ましい手紙が多い。戦前の体験をもちながら、このドラマによって韓国観が変わったという驚きを素直に表現してある。あらためて、テレビのもつ力を感ぜずにいられない。

《私は72歳の主婦です。60代までは4人の親の介護の日々。その間に2人の息子は幸せな結婚をし、現在は親譲りのかんしゃく持ちの夫と二人暮らしです。(略)
たまたま見た「素顔のペ・ヨンジュン」に私の人生は一変しました。32歳とは思えぬ真摯な態度、稀に見る気品。宮本アナウンサーの問いに対して終始物静かな態度で、時にはユーモアを交え過不足なくしっかりと答える姿に心をうたれました。私は思わず居ずまいを正しこのドラマを是非見ようと心に決めたのです。(略)
私はずっとアジアの人びとに対して罪悪感を抱いておりましたので、観光に行こうなど思ったこともありませんでした。(略)
現在の人びとの生活ぶりを身近に感じたのは「冬のソナタ」が初めてです。本当に驚きました。何と美しい音楽、言葉、風景、家族がまっすぐ向き合って話しをする。大人になった息子や娘としっかり抱き合う、等圧倒されました。
多くの人々が隣国に愛を感じたのはこのドラマのおかげとはっきりいえます。映像のもつ力は大変なものです。》

 こういう優しい感情を抱いたファンを私は「ソナチアン」と名付けた。年輩の人の中にはそう呼ばれると気恥ずかしいと、やや非難される方もいたが私はあえてみなさんをそう呼びたかった。歳など関係ない。これこそアンチ=エイジングだと私は思っている。

人気blogランキング
[PR]
# by yamato-y | 2005-03-03 15:03 | 冬のソナタの秘密 | Comments(0)

冬のソナタクイズ③

 冬のソナタクイズ③

前回のクイズ分かりましたか。答えを発表します。その前に、もう一度問題のおさらいです。
 
第2問 ▲人気投票20位  第2話「はかない恋」のあるシーンです。
放送部の仲間と行ったキャンプ。そこでユジンは道に迷いました。そしてチュンサンが助けにきます。その帰り道。チュンサンは「ポラリスだけは絶対動かない。いつも北の空に輝いている」とユジンに語ります。このポラリスの話をするとき、マフラーを巻いていたのは誰でしょう。
(問題)ポラリスの話しをする時のふたり。マフラーはどうなっていた?
1、 ユジンだけがマフラーをしていた。
2、 チュンサンだけがマフラーをしていた。
3、 ふたりともマフラーをしていた。
 さあ、正解は1、2、3、のどれでしょう。






正解は、1。ユジンだけがマフラーをしていた。

次の問題です。
第3問 ▲ 第6話「忘却」の切ないシーンからです。
酒に酔ったユジンが、ミニョンをチュンサンと勘違いする場面。目をさましたユジンは、ミニョンに抱きつきます。抱きつくユジンに、ミニョンは何と言ったでしょうか?
(問題) 抱きつくユジンに、ミニョンは何と言った?
1、 そんなに僕に会いたかった?
2、 やっぱり、そうか。
3、 僕だって会いたかったよ
さあ、正解は1、2、3、のどれでしょう。

人気blogランキング
[PR]
# by yamato-y | 2005-03-02 17:49 | 冬のソナタクイズ | Comments(0)

世界わが心の旅

 世界わが心の旅

「世界わが心の旅」というシリーズを作ったことがある。番組のテーマ音楽はむせび泣くようなヴァイオリンの切ない曲で、一度聞いたら忘れられない名曲だった。今も、衛星第2の午前中に再放送しているから、「名曲だった」と過去形で語るにはまだ早いかもしれない。
 著名人が世界の各地に飛び、その地にまつわる自分を語るという旅ドキュメンタリーだ。1993年に始まり2003年まであしかけ10年続いた、衛星放送の看板番組だった。私は後半の1年余りを担当した。実際に現地まで出かけて撮影し編集まで関わったものから、編集に関わっただけのものまでおよそ20本制作した。
 実際に旅に立ち会った作品は、オノヨーコとノルウェー、葉祥明とアッシジ、太田治子とオランダ、檀ふみとニューヨーク、堀江謙一とサンフランシスコ、などである。
 かつて海外渡航ブームで日本人が世界に出かけた頃、この番組は大いに受けた。この数年の不景気で海外熱もやや冷めた観がある。番組が終了したのも当然かもしれないが、この番組がもっていたエネルギーは、私自身にとっても大きな力を与えてくれた。作品回顧とは別に、折に触れて「世界わが心の旅」のエピソードを語っていこうと思う。

 檀ふみさんとニューヨークを訪ねたのは冬だった。かの地の寒さは東京に比べて圧倒的に厳しい。ダウンタウンを数分歩いただけでも寒気が体全体を包囲する、そんなかんじだった。ふみさんの旅はお父さんの足跡を辿る旅。父、檀一雄は「火宅の人」で知られる無頼派の作家。本当は太宰治らと文学を追求する真摯な作家だ。戦後流行作家として活躍する。実生活は文字通り火宅の人だった。というよりも人生を振り返ると、それは火宅――家がドタバタで混乱すること――以外なにものでもないと自己認識したのではないだろうか。
檀はある女優と恋に落ちる。ふみさんたち家族の元から愛人宅に通いつづけついには同棲するまでとなっていた。だが、ふみさんたち兄弟姉妹にはいい父だった。
 やがて檀は女と別れ、家族を残して世界旅行に旅立つ。最初がアメリカで、ニューヨークでは長い逗留となった。彼は自殺未遂を起こす。顛末は小説「火宅の人」に書いてある。番組はこの出来事をふみさんが現地でみつめる旅としたのだ。
 当初、檀一雄を世話したユダヤ人の秘書が出演してくれる予定であったが、高齢で体調がはかばかしくないという理由で断られた。予定が狂った。さあ困った。大事な証言者がいないのでは番組の骨格が崩れる。あれこれ考えジタバタ動いた。ますます混乱する。
 ディレクターと私は知恵を振り絞った。挙句、檀が自殺騒ぎを起こしたホテルの一室にふみさんを「押し込めて」自分と父檀一雄のことを深く見つめてくださいと、引導を渡した。ひどい話だ。さすがにふみさんも眉を少しひそめたが、わかりましたと言って「火宅の人」1冊をもって部屋に閉じこもった。
 翌日、部屋を訪れてカメラを向けたとき、ふみさんは実にすっきりした顔で、父の気持ちが少し分かった気がすると話し始めた。その話は感動的だった。むろん、この朝の撮影の数日前から檀の足跡をたどってニューヨークをふみさんが歩いたこともあって檀の動きを把握したからだろうか、ふみさんは檀の当時の苦悩をよく把握した。共感を示した。そして父と太宰の関係をてがかりに檀一雄の文学と正面から切りこんだのだ。
父のことを語るふみさんの表情は懐かしさにあふれていた。この時のサブタイトルは「父よ、ニューヨークの悲しみよ」。
今も時折ブラウン管で見るふみさんはケラケラ笑う明るい女優で、ニューヨークのあの表情とは格段に違う。でも父のことを語るふみさんは凛として美しかった。
私は檀一雄の最期の句を、今頃になると思い出す。もがり笛とは木枯らしのこと。花とはむろん桜のことだろう。
  もがり笛 いく夜もがらせ 花に逢わん
この句の碑は、檀一雄ゆかりの福岡の能古島に立っている。

人気blogランキング
[PR]
# by yamato-y | 2005-03-02 15:02 | シリーズ世界わが心の旅 | Comments(2)

冬のソナタクイズ②

 冬のソナタクイズ②

 さあ、前回のクイズ分かりましたか。ここで、もう一度問題のおさらいです。
 
第1問 ▲人気投票第28位   1話「出会い」より
(映像)
  高校時代、チュンサンがユジンの前でピアノを奏でる名場面からの問題です。
  チュンサンがピアノを弾けることにユジンは驚きました。
  この時、チュンサンは驚くユジンに何と言ったでしょう?
(問題) 驚くユジンに、チュンサンは何と言った?
1、 弾けないわけじゃない
2、 弾けないなんて言っていない
3、 これくらいなら弾けるうちに入らない

 正解は、2番。「弾けないなんて言っていない」でした。


次の問題です。
第2問 ▲人気投票20位だった名場面からの問題です。
第2話「はかない恋」のあるシーンです。
(映像)放送部の仲間と行ったキャンプ。そこでユジンは道に迷いました。そしてチュンサンが助けにきます。その帰り道。
チュンサンは「ポラリスだけは絶対動かない。いつも北の空に輝いている」とユジンに語ります。
このポラリスの話をするとき、マフラーを巻いていたのは誰でしょう。

(問題)ポラリスの話しをする時のふたり。マフラーはどうなっていた?
1、 ユジンだけがマフラーをしていた。
2、 チュンサンだけがマフラーをしていた。
3、 ふたりともマフラーをしていた。
 さあ、正解は1、2、3、のどれでしょう。


人気blogランキング
[PR]
# by yamato-y | 2005-03-01 17:32 | 冬のソナタクイズ | Comments(0)

冬のソナタクイズ①

 冬のソナタクイズ①

 「冬のソナタ」のグランドフィナーレを三千人のソナチアンと共に開いたときのことです。
何かソナチアンの情熱を表現したいと考えました。どの人もドラマの知識は半端ではありません。このことをクイズで表せないかと考えました。スタッフ全員が頭をひねって30個ほど作り上げたのです。実際会場で使用されたのは10個ほど。さらに放送されたのは5個ほどでした。結局オクラに入って陽の目をみなかったクイズがたくさんあります。なんかそのクイズたちが可哀想でいつか世に出したいなあと、自分の制作ノートにメモしておきました。
ある時、ユン監督に見せたら、自分も知らなかったことがたくさんあるねと、驚いていました。それをこれから順に紹介しようと思います。
ルールは、最初にその問いを紹介します。答えは翌日か次回に発表します。と同時にそこで次の問いもさらに紹介しておくという、チェーン化したクイズ形式にします。
 ちなみに、すべて冬のソナタの画面から出題したものですから、必ず第何話にあるかを銘記しておきます。さらに、それは人気投票の第何位かも書いておきましょう。

第1問 ▲人気投票第28位   1話「出会い」より
(映像)
  高校時代、チュンサンがユジンの前でピアノを奏でる名場面からの問題です。
  チュンサンがピアノを弾けることにユジンは驚きました。
  この時、チュンサンは驚くユジンに何と言ったでしょう?
(問題) 驚くユジンに、チュンサンは何と言った?
1、 弾けないわけじゃない
2、 弾けないなんて言っていない
3、 これくらいなら弾けるうちに入らない

 さあ、1か2か3か、どれでしょう。答えは次の回に。

人気blogランキング
[PR]
# by yamato-y | 2005-03-01 12:23 | 冬のソナタクイズ | Comments(0)

ブログコミュニケーション2

日米の違い

ITが苦手だ。先日古い携帯電話を写メール付きの新しい型に変えたがいまだに電話をかけることと受けることしかできない。着信者に返事する方法を知らない。情けない。
 その私がブログを始めたのだから、友人たちに言わせれば「驚天動地」のことだ。だがこのブログの操作は実に簡単に出来ている。文章を書くだけでレイオウトはしっかりシステムがやってくれる。それだけ基本設計が周到綿密になされたということか。
 だが、まだ文字以外の機能を使いこなさせない。いただいたコメントに答えをつけることも、その都度若者に聞いてでなければできない。トラックバックと言う強力な技は知ってはいるが使ったことがない。いわんや写真を貼り付けることもできない。資料の写真は一杯あるのだが、まずパソコンに取り込むことがまだできない。何とか、1ヶ月以内に写真の技術をものして、このブログをもっと充実させたいと、本気で願っている。
今朝の朝日新聞にブログの日米における流通についての記事があった。それによると、めざましい勢いで世界的にブログの人口が増えているのだが、利用の仕方に日米の差があるという。日本のブログは身辺雑記の日常つづり型に対し、アメリカは言論発信型だという。イラク戦争に関する政府高官の発言をめぐって、全米のブログが論争を起こしたという。アメリカでは井戸端のおしゃべりでなくジャーナルな言論にブログはなりつつある。
一方、日本人は古来より日記文学というジャンルがあるほど身辺雑記が好きだ。特に「徒然草」から永井荷風「断腸亭日乗」まで隠棲をきめこんだ人間の作品を好んだ。
 私の「定年再出発」は隠棲の記録のつもりはないが、そうならないように自戒しよう。

人気blogランキング
[PR]
# by yamato-y | 2005-02-28 12:10 | ブログコミュニケーション | Comments(0)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧