定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
全体
冬のソナタの秘密
シリーズ作品回顧
夏の香りチェック
ブログコミュニケーション
新しい番組を構想して
冬のソナタクイズ
シリーズ世界わが心の旅
2004年度ドキュメンタリーの現場
登羊亭日乗
ふるさとへ
魂のこと
ブロギニストのDJ
マイ・フェボリット・ソング
30年の自画像
賢者の面影
大伴昌司の遺産
テレビって何だろう
わが心のシーン
1ヒト・2ウゴキ・3ジダイ
あしたのジョーの、あの時代
SF幼年期の、終わりに
冬のソナタを考える
少年誌の青春時代
斜陽を考える
人生にジャストミート
センチメンタルな気分で
3・11
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

<   2017年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

百日紅

百日紅

 冷たい雨が白金キャンパスに降っている。真ん中にパレットゾーンと呼ばれる中央広場。今は第三限の授業中だから誰もいない。
とそこへ、リュックをしょった幸せ薄そうな女子がとぼとぼと本館に向かって歩いて來る。傘をさしていない。
その姿を5階の演習室の窓から私は見ている。女子は気がついていない。そんなこともあるだろう。誰にも見られていないと無防備になっていることも。実は思わぬ所から見られていることなんて。特にハイポジションは盲点だ。

 キャンパスのパレットゾーンには20本ほどの百日紅(さるすべり)の並木がある。

7月には小ぶりの赤い花をつけた。夏休みに入る前のキャンパスは、はち切れそうな若さで沸騰していた。百日紅の花は何食わぬ顔でさわさわと風に揺れていた。

8月の終わりになると、花が散りはじめた。風が吹くと小さな花びらが粉雪のように舞った。

それでも今年の百日紅の花はひときわ長かった。飽きもせず、私は毎週金曜日百日紅の紅い花を見ていた。

 百日紅可憐なままで秋となり

 夏休みが終わって、秋学期が始まっても花は残っていた。10月に入ってようやく花は散り、青い小さな実が枝先にぶら下がった。
 この頃になって、なんで百日紅という漢字で記すか、分かった。
 花が長いのだ。7月末から9月末まで、およそ百日。百日の間、紅い花が静かに咲いていたのだ。
 こんなことを思いながら、金曜日第3限の演習室に私はひとりで居る。本日は、受講生全員ロケに出ている。ロケの第1日目だ。私はひとりで演習室にいて、みんなの帰りを待っている。

 半袖か長袖にするか秋雨

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2017-10-13 23:06 | Comments(2)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧