定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

<   2017年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

台地地形の面白さ

台地地形の面白さ

 明治学院大学(MG)は目黒からも五反田からもほぼ同じ距離、品川からもそんなに遠くない。大学の地番は白金台1丁目にあり。庭園美術館が5丁目。庭園美術館あたりが白金台地の上にあって、MGは谷底つまり坂下にある。我が家のある目黒駅前からMGに向かうと、ドンキホーテ白金店の先を右に折れると長い下り坂になっている。もうひとつのルートは上大崎の交差点から五反田に向かい坂を下ってすぐ左に曲がる。そこから坂道をうねうねと下って路地を通りぬけ、池田山公園を右に見ながら坂下に至るとをMGにたどりつく寸法。つまりMGは白金台と高輪台のすり鉢の底にあるのだ。この底の地形がまるで迷路になっており、夕方に歩くとまったく土地勘を失って、文字通り迷子になってしまう。家並みは御殿やお屋敷だけでなく、木造アパートや仕舞た家など変化に富んでいて、まるで江戸川乱歩の世界のようで飽きることがない。
1週間ほど前にこの迷路地形を発見した。迷子になってぐるぐる回りながら、何かわくわくするものを感じた。

 私の育った敦賀は平坦な扇状地の上にあって、坂らしい坂というものはほとんどない。フラットな風景で、明智小五郎シリーズなどを読むと、「この街はつまらん」と不平をこぼしたものだ。話は飛ぶが、あのタモリも故郷がフラットな地形でいつも坂の町に憧れていたとか。博学の丸谷才一が書いていた。
私はいつか、坂の町の迷路に迷い込みたいと願っていたーー。
坂の町、長崎に赴任したときはおおいに期待したが、坂はともかくすり鉢の底は意外にフラットで物足りなかった。

 目黒に住んで5、6年になるが、まさかすぐ傍にこんな地形があるとは思ってもみなかった。たしかに白金台の至る所に名前の付いた坂道は多いことは気づいていたのだが。この谷底の窪地を江戸川乱歩風にS窪とでも呼んでみようかな。大磯のツヴァイクの道に匹敵するぞ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2017-07-13 16:59 | Comments(0)

夏休み前の学食

学食にて

授業はないが、大学の図書館を利用するため白金のキャンパスに行ったのが12時前。折しも昼飯どきだったから学生食堂に行った。12時25分で午前中の学びの時間は終わり。私が行ったときちょうど終了のチャイムが鳴っていて、学食のチケット販売機の前 には長い列が出来た。

大丸テーブルの端に座ってカツカレーを食す。向かいには4年らしい女性がふたり、サラダを食べながらバイトの体験を語り合っている。大きな声だから否応なく内容が聞こえてくる。聞くともなく聞いていた。デブ子さんがちび子さんに偉そうに職場の心得を説いている。ロッカーは二人で一個使用だから互いに気を遣っていかなくてはいけない。ところが、でぶ子さんの相棒は無口でとっつきが悪い。わずかの間にロッカーに相棒の荷物が増えた。これ以上は無理だと上司に訴えところが、彼女は先月から出勤してこなくなったとか。でぶ子さんが声をひそめて、「最近多いバックれリタイアだよ」と言った。最近の子はすぐ辞める 、「日本もこれからどうなることやら」とでぶ子さんはため息ついた。ふえー

食後にコーヒーを呑む。2階の食堂に場所を変えた。今度はテーブルの相席は男子二人。飯を食い終わったか、皿が傍にあって、無心にスマホをいじっている、二人とも。口をきかない。別に喧嘩をしているわけでもない。じゃあ、なぜ二人でいるのか私には理解出来ない。
午後の授業がまもなくという頃 、口先だけのヘラヘラ男がデブでガタイがいいポリネシアン(黒目がちのどんぐりまなこ) に、「おい、そろそろ行こうぜ。トレイはジャンケン勝負」と言って立ちあがった。ふたりの大男が大げさにジャンケン。3回やってヘラヘラが2つの勝利。ポリネシアンがブツブツ呟くとヘラヘラはピシャンと言った。「ダメダメ
サンマーでも俺が勝つよ」サンマーって何だとポリネシアンが尋ねと、こんなこと知らないのという顔で一言。「8回勝負の早めに3回負けたら終わりを言うの」
フエー、私も初めて聞いた。

なんて見聞を食堂で書いていたら、気がつくと周りから学生が消えていた。3限の授業が始まったようだ。あと一週間ほどで大学は長い 夏休みに入る。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2017-07-12 14:04 | Comments(0)

きさくなピアニスト

きさくな、だがシリアスなピアニスト

 昨日、ニューヨーク在住のピアニストたつみきょうこさんに話を聴いた。昨日は朝からじりじりと気温が高く、とてもじゃないが日向に5分もいられない。取材した場所は経堂のファッションビルのカフェー。
里帰りで一ヶ月の休暇をとっているたつみさん、毎日旧友との再会で多忙とのこと。すこし疲れ気味だったかもしれない。そんななかで、私の要望を聞き入れていただき、親友若林暢について想い出を語ってもらった。その内容はまた別の機会に披露すると思うので、今回はたつみさんのことを記述しておきたい。

 ルーツは東大阪。どうやら千年以上続く旧家の出らしい。聖徳太子の斑鳩から見て辰巳の方向にある、ということで家名が付いたというからすごい。旧家中の旧家だろう。代々地主で庄屋を司っていたという。父君は次男だったため家業を継ぐことなく、上京して音楽産業界に入られた。そういうこともあって、彼女も「家」に縛られることなく、それどころかニューヨークを足場に置いて、長く海外で活躍することになるのだが、不思議な運命を担っておられる。
 開放的できさくなたつみさんは根っこに関西のノリがあって、話していて楽しい。なによりおしゃべり。取材は楽というのは素人のアサハカさで、現実は厳しい。このサービス満点のおしゃべりのペースに巻き込まれると、話題はあっちに飛びこっちにショートして大変なことになる。失礼にも、インタビューの冒頭に、「すみません。お話を途中で止めさせていただくこともありますが、なにとぞご了解ください」とお願いする。分かっているわと、目をくりくりさせて悪戯っぽく答えるところがたつみさんの持ち味。

 驚いたのは、たつみさんの少女時代の体験が、名作「岸辺のアルバム」を生み出していたこと。当時、狛江の多摩川沿いに住んでいて、あの水害のときに実家はグランドピアノともう一台のピアノもろとも流されたという辛い体験をたつみさんは持っていた。音大を目指していたたつみさんにとってピアノは命以上のものであったと誰もが思った。ワイドショーのリポーターらも、被害者であるたつみさんにマイクを向けて、「無くされて一番悲しいものは何ですか」と聞いて来た。ピアノという答えを期待していたはずだ。少女たつみきょうこは、頑に「アルバム」としか応えなかった。その真意は何だったのですかと私が問うと、「本当に想い出が消えていくことが悲しかった」とけれんみもなくスッと答えた。この言葉に私の心はもっていかれた。いいな、この人の音楽を聴いてみたいとそのとき思った。
その少女の映像をシナリオ作家山田太一は見ていたにちがいない。彼も少女の無念を知り驚き、そして感動したのだろう。半年後に、「岸辺のアルバム」がTBSで放送され、最終回の名場面が流れた。ドラマであったが、多摩川の氾濫のパートには実写のニュース映像がインサートされていた。

 素顔はいたって関西のノリ。物まねが得意で、若林暢の剽軽な面も演じてくれる。その一方、彼女の心のなかにずっと巣食っていた「さびしさ」というものにも気づいていた。ただし、このさびしさが何処から来るのか今もって分からないそうだ。

 数年前、たつみさんは世界公演を決行したとき、大事な腕を痛めたことがある。今は、ピアノ演奏だけでなく、トークを織り交ぜたレクチャーコンサートが主体になっている。きっと楽しいコンサートに違いない。「お客さんがたくさん来てくれるのよ」と嬉しそうに語る。

 このところクラシックの演奏家に会う機会が増えた。実にさまざまにして強烈な個性が並ぶ。得てして、ソリストは我がまま。そして気分屋が多い。コンサートの会場でいくつもそんな姿を見かけた。そんな人種の中にあって、たつみきょうこさんはまったく普通。気取らない、だけど周りに気遣うことも忘れない。約束の時刻もきちんと守る常識人。すっかりファンになった。
 
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2017-07-11 22:10 | Comments(0)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧