定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

<   2016年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

木戸銭はらって

木戸銭はらって

 日本映画が好調と噂を聞いて、この半月は映画館へ足を運ぶことが多い。「君の名は」を2日前に見た。新海誠監督のアニメ作品で、私のすこし苦手なSFファンタジーだ。
映画館は若いファンで7割かた席が埋まっていた。興行収入200億はまんざら嘘でもないようだ。映画が始まって、キャストの紹介でプロデューサーに川村元気とあって、彼はこういうジャンルまでカバーするのかと驚いた。担当していた「課外授業・ようこそ先輩」の最終回は彼の授業だったから、その後の動静にも関心をもっていた。
「君の名は」の映画そのものは、テンポがあって飽きることがない。十分楽しむことはできたが、最終局面ではカタストロフィー回避の仕掛けがいまいち分かりにくかった。画面は噂どおり、アニメとは思えないほど精緻にして華麗な色使いで十分堪能した。ジブリとは違ったテーストをもった画作りであることを知った。
カットレベルだが、電車のドアの開閉の画がとても心に残る。
難点は、物語の段落ごとにブラックアウトするのはパターンになっていること。いささか興がそがれた。上映時間が長く感じないほど、お話にテンポがあったのは、監督の今後の活躍を期待させてくれた。

 ということで、久しぶりにアニメを見たせいか、マンガを読みたくなり、オフィスに戻ると、棚に「夏子の酒」が20巻あったので、12巻まで読破。

 そして、本日5日。台風一過。秋晴れ、どころか気温が32度まであがって暑い日。
いまもっとも関心を集めている映画「怒り」を見に行くことにした。予約は朝のうちに済ませた。スクリーンに向かって左側、下手のIの1番。さて、どんな映画だろう。

それから4時間後。
まさに怒りだった。あまりの出来に落胆を超えて怒りがこみあげた。あれだけの上手いといわれる役者をそろえ、3つの局面を並行して走らせるというアクロバチックな構成。いかにも大作という表面(おもてづら)とはまったくうらはらの空しい読後感。人間の寂しさ、狡猾さとそのアワイが描けていない。今村昌平だったら、もっと凄い作品に仕上げていただろう。(「復讐するは我にあり」の緒方、三国、倍賞の圧倒的な芝居)

 冒頭、日本映画が好調と書いたが、いささか疑わしい。「怒り」上映前に流れた予告編で、スコセッシ監督の「沈黙」が流れた。遠藤周作の名作を再映画化しているらしい。前作の篠田監督の「沈黙」はなかなかの労作だった。今度のスコセッシ版はどれほどのものが出来上がってくるのだろうか。
日本通で知られるスコセッシ演出は、けっして「サユリ」のようにはならないと信じているが。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング


 
[PR]
by yamato-y | 2016-10-06 12:11 | Comments(1)


人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧