定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

<   2016年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ねらいとねがい

ねらいとねがい

 テレビの企画書を書くのは難しい。そこには、タイトルとねらいと構成・内容の書く欄がある。

まずはタイトル。番組の顔だ。これが決まらなければ、スタイルも内容も決まらない。これがすっきり書き込むことができると概ね企画はうまく立ち上がる。現実はなかなかそうはいかない。10~15ほどの文字数でうまく中身を表しているか、耳目を引くような新鮮さはあるか。最後の最後まで四苦八苦する。

 次に苦心するのがねらい。構成・内容は番組の概要だからそれほど難しいわけではない。難しいのはねらい。ねらいは本番組が誰に向かって、どんなことを、どんな「ねらい」で、どういう仕掛け遣り口で、どう伝えるかを記す。「ねらい」とは作者のメッセージを表す。本番組を通じて世の中にどんなことを言いたいか伝えたいか、これを見ればこんないいことがある、得をする、感動をするなどという効能まで書き込むのだ。ここが難しい。読み手つまり企画書を受け取る人の心をゲットするキモはここにあるのだ。(言わずもがなだが、心をゲットすれば企画は通る)

 最近、企画書を書いたり読んだりしているうちに、上のねらいの考えに違和を感じるようになった。テレビは知らないことや感動的なことを視聴者に教えたり伝えたりすることを使命とするメディアなんだろうかと。視聴者はテレビから知識や感動を得たいと思って見ているのだろうか。どうも、最近の視聴者の態様は違うのではないだろうか。

 まずテレビだけに情報源を求めるのは老人しかいなくなった。ほとんどの層(児童・少年少女・青年・成年)はケータイをしながら、PCを打ちながら、本を読みながら、家事をしながら、勉強をしながら、仕事をしながらテレビを見ているのではないだろうか。つまり”ながら”視聴になっている。「本気」で見ているわけではない、かといって「ついでに」見ているわけでもない。関心がある話題であれば、ながらを止めて注目もするし、つまらなければながらに戻る。さらに、視聴者は制作者からのメッセージを厭う傾向が増えた。押し付けがましい主張はうざい暑苦しい、鬱陶しいと敬遠されるようになった。自分に役立つ部分、感動する部分だけのイイトコドリの視聴になりつつあるように思う。

 こういう情況のなかでは、メッセージ中心のねらいというのは世の動きとあっていないのじゃないだろうかと考えるに至った。しいて言えば、ねらいでなくねがいではないか。
 本番組を通して、こんなふうに見てくれると嬉しいがという制作者の思いをこめるほうが有効ではないかと考えるようになった。
 だが、こういうことを言うと志が低いとか作家性が薄いとか批判されるだろう。でも過剰な番組の自己主張は嫌われ、視聴者(というか利用者)の主体が尊重されるSNSやネット動画などに関心が集まっている現実を無視できない。
 テレビと視聴者の関係をボケとツッコミで分類すると、テレビはボケの側に廻りつつあるように思える。
 今、企画書のあり方だけでなく、テレビ番組のあり方そのものが大きく問われている。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2016-02-26 13:31 | Comments(0)

テレビが好き

普通にテレビが好き〜サタデーナイトは特に

今年に入ってから土曜日夜間はほとんどてれび付けになっている。面白い番組が7時から11時まで切れ目なく並んでいるのだ。特にNHKがいい。
19時半からブラタモリ、今週は真田一族ゆかりの沼田。利根川水系による河岸段丘の町をタモリの博学で紹介していた。前リサーチが行き届いていて飽きない。それにしても付き添いの桑子とかいう女子アナはボケていて気が効いていてなかなかいい。この番組の尺が不思議で、20時10分すぎまである。続けて、名古屋局制作の「超絶 凄ワザ!」。これがめっぽう面白い。何気にジュニアのコメントがうまい。素人の出演者だが、達者なキャラクターを発揮させるなど作り手はなかなかの使い手だ。
普段なら21時台はいったんテレビから離れるが、本日は司馬遼の思索紀行と聞いたので視聴。50分通して見たが、薄味で物足りない。
むしろ22時からのドラマにおおいに期待した。6回シリーズ「逃げる女」のなにせ今夜が最終回だったから。ドラマの舞台が肥前平戸、ヒロインが水野久美とくればおおいに期待する。脚本が「金妻」の鎌田敏夫とあって少し不安がよぎったが。
1から5回まではなかなか良かったが、エンドの脚本いささか雑になっていた。悪徳上司のそこうの意味もはっきりしない、同行する謎の女の所持する拳銃の顛末も明確に語らない、気が狂った実母のことも尻切れのままなど、いくつも不満はあったが、最近のドラマのなかではもっとも心に残る作品だった。仲里依紗は気張り過ぎ、若いうちからあまり飛ばさないほうがいいと思うが。にしても水野久美はどこか鈍感な儚さがあっていい。
23時台は日テレ・マツコ会議と有吉反省会の名作が続くのでトイレに行くタイミングを失する。このところETV特集はすっかりご無沙汰している。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2016-02-14 00:53 | Comments(0)

節分の悪夢ー鬼が来た

悪夢か

今ニュースで伝えられつつある北朝鮮のミサイル発射の映像を目にしたとき、一瞬眩暈がした。1986年にソ連の亡命映画監督アンドレイ・タルコフスキーによって製作された映画「サクリファイス」の巻末のシーンを思い出した。今見ているこの「画像」は本当に起こった出来事なのだろうか。まさか、稀代の悪戯家が仕掛けたなーんちゃって映像ではないのか。

もし本物とすれば、そのミサイルが巡航している最中にアクシデントが起きて墜落、不時着もしくは爆発する可能性はきわめて高いのでは。たしかに、局の男性アナは緊張して原稿を読んでいる。一方、首相談話となると、…憂慮する、と官僚の書いた原稿を棒読みするだけでまったく切迫感がない。みんぽうの他のチャンネルもほとんど報じていない。この漫画的な国民間の温度差はいったいどう考えるべきだろうか。

昨日あたりから桜島が噴火をし、北関東東北で地震が頻発、さらに台湾 南部で激震が発生している。自然の猛攻にさらされる危殆をはらみながら、今の我々はフィクションではない「核戦争」の悪夢と向き合っている。この緊張にいつまでどこまで耐えることができるだろうか。

翁長沖縄県知事の率直な恐怖に強い共感を抱く。今、ここにある危機。-

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2016-02-07 17:36 | Comments(0)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧