定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

<   2015年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2015クリスマスイブ

2015年クリスマスイブ

午後7時、家に帰り着くと、長崎から小包が届いていた。差出人は純心学園の理事長でシスターの片岡千鶴子先生だ。毎年、この聖誕節になると先生は自ら調理したクリスマスのアップルパイを送ってくれる。今年も届いた。同時に、被爆70年目となった純心の記憶を綴った「純女学徒隊殉難の記録」という書籍も同封されていた。

昭和57年、私は長崎へ転勤した。そこで最もこころを奪われたのは、長崎に古くから伝えられてきたキリシタンの教えであり、その伝統を今も
守っているカトリックの信徒たちであった。その人らの心底が知りたいと最初に制作した番組が「浦上四番崩れ」で、そのメインの出演者が片岡先生だった。以来、いまに至るまで先生との親交は続いている。その先生からクリスマスイブに便りが届くとはこのうえない喜びでもある。

片岡先生の先祖も江戸時代からの潜伏キリシタンであった。この伝統をを受け継ぐ長崎地方のキリシタン、カトリック教徒たちについては言いたいこと、書きたいことがたくさんあるが、ここでは書かない。いつか機会を改めてじっくり調査研究したものを表してみたい。

昭和59年夏に、純心学園の女生徒で、原爆の犠牲になったひとりの少女の行方を追った。少女は在学していたにも関わらず、学園の原爆犠牲者名簿から名前がもれていた。私はその少女のアリバイを探して東奔西走した挙句、ある偶然から真実を知ることとなった。そして、その少女の身内から原爆の形見ともいうべき品物を私は頂いた。それは被爆した鉄製の花瓶だった。それを持って東京や広島、大磯へと渡り歩いた。
昨年、ふとこの貴重な形見は純心学園に置くことが一番いいと思いつき、知人を通して学園に寄贈した。その出来事も片岡先生はよく覚えてくれたのだった。

イブの夜、長崎の思い出に耽る。尽きない。この文章もとりとめもなく広がっていく。明日、出社して、職場のpcでもっと整理して記すことにしよう。でもここまで書いたから、未完のままブログにアップしておく。

<
bplockquote>来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
x人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2015-12-25 00:03 | Comments(0)

恵比寿ガーデンホール

畠山美由紀のクロっぽさ、アンサリーの呟き

 昨夜、恵比寿のガーデンホールで、「畠山美由紀・アンサリー 2人のルーツショー」を聴きにいった。祝日とあって、開演は午後5時。ちょうどいい時間帯の公演だ。終演は7時半、会場から歩いて帰宅できるから8時過ぎには一風呂浴びているはず。自分にとって都合のよいコンサートになった。会場の800の席がすべて埋まっていた。私のような老年世代の男性が目についた。むろん、若くておしゃれなカップルが大半であったことは言うまでもない。

 プログラムがないので、うろ覚えの情報となる。共演のアンさんと畠山さんは同年で誕生日も一日違い、歌手デビューした年も同じという似たもの同士。声質が野太く華麗な歌いっぷりの畠山に対して、アンは感情過多気味のやや甲高く繊細な歌声。デュオになると対照的な2つの声はよく溶け合った。印象に残ったのは。アンは中ほどの演目でキューバを望郷として歌ったスペイン語の曲、タイトルはよく覚えられなかったから失念したが、スローなバラードで心に沁みた。畠山の最良の曲はローリングストーンの「painted black(黒く塗れ)」。あの68年の名曲を畠山は易々と歌いこなしただけでなく、ロックというマニッシュなジャンルに女の色香を含んだ歌声が圧巻だった。ぜひ、この曲はレコーディングして残してほしい。

 当日は朝から寒かったが、会場も通風(冷房ではない)が効き過ぎて肌寒い。コートがなければ風邪をひいたかもしれない。だが、そんな外的なことなど吹っ飛んで、内面に2人から何か熱いものを届けられた気がした。それにしても、15曲ほどの演目の節目のコーナーでのデュオで、「何日君再来」「蘇州夜曲」と中国に関わる歌を取り上げたのは、何か意図でもあったのだろうか。
オープニングで松田聖子の「スィートメモリー」が美しいハーモニーで歌われて、これって名曲じゃないと自覚。さらに、大滝詠一作曲松本隆作曲の「探偵物語」はまさに80年代モダニズムの決定版ともいうべき作品、これを発見した畠山チームに絶賛のエールを贈りたい。

<
bplockquote>来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
x人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2015-12-24 15:47 | Comments(0)

母の昇天した日に

6年前の冬至の日に、母は死んだ

明日は天皇誕生日、休日の前とあって、新宿も渋谷もおおぜいの若者たちが街にでている。
6年前の2009年の今日、母は死んだ。八十二歳だった。天寿と言いたい年齢だが、私にはまだ早いという不満が残った。短歌を得意とする母からもっと聞き出しておきたい事柄がたくさんあったはずだが、その千分の一も叶わぬまま母は逝った。

亡くなってまだ3年ほどと思っていたら、6年も経っていた。人はだんだんじかんと場所と時代を忘れていく。自分の年齢さえ正確に割り出せないときも少なからずある。

母が死んだ朝は寒さが一際厳しい日だった。死に顔を見ながら若かった母が手の水虫で泣いて苦しんでいることを思い出した。30になるかならない頃の母は両手に出来た水虫で毎夜苦しんでいた。次弟となんとかははの苦しみを取り除いて上げたいと必死で祈っていた。そのことを、今夜不意に思い出した。なぜだろう。

6年の月日が流れても、あの死の生々しさは少しも減じない。八木重吉の詩のごとく、かあちゃんでも母さんでもない、ああちゃんと呼んでみたい存在となってしまった母。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
x人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2015-12-22 22:36 | Comments(0)

雨の権之助坂

時雨来てとんぼの形見ほろほろと

時雨のなか、目黒図書館に出かけた。日曜日とあって、権ノ助坂には家族連れが多い。冬が始まったばかりなのか、どことなく賑わいというか華やぎというか、ヒトのぬくもりのようなものが多く感じられた。むろん雨は冷たいから、けっしてほっこりした気分に長くいさせてはくれない。でもせめてそれぐらいのぬくもりをあの去っていった人にも贈って上げたい。

前回のブログの御題どおり、寒くなると途端に訃報訃音が次々に舞い込んで来た。
昨日の朝、敬愛する先輩のTさんから一報が入った。新宿ゴールデン街の「とんぼ」の秋子ママがついに亡くなったという。2年ほど前に乳がんになり闘病を始めたと聞いていたから癌が最大の敵だとは知っていたが、まさかこんなに早く逝くとは予想しなかった。
1ヶ月前、久しぶりに店が開いていたので寄って、秋子さんと30分ほど話し込んだことがあった。そのときは、脱毛してウィッグをかぶっていて、本当は丸坊主だよと自嘲しながら語っていたが、死期が近づいているなんてことはこれっぽちも思わせなかった。来年は週に一日だけ店を開けるつもりだと笑って語っていたのに。

 秋子さんとは出会ってから今年で25年ほどになるだろうか。ちょうどバブルの真っ最中で、まだ主婦だった彼女は友人のやはり主婦のHさんといっしょにKさんの主宰する飲み歩きの会に参加していた。そこで私たちは出会った。主に新宿や四谷の割烹や居酒屋を徘徊したが、年末年始には浅草の観音裏の江戸料理の店や「あまかす」などで節季のお祝いなどをしたものだ。その頃、タクシーがなかなか掴まらず、始発の電車を待つため、ゴールデン街で夜明かしすることも少なからずあった。

バブルが弾ける直前、美空ひばりの死からほどない頃、飲み歩きの会のリーダーのKさんが五十半ばで急死した。主人を失った飲み歩きの会は次第に萎んで行った。

数年後、秋子さんは主婦をやめてシングルになったと言って、ゴールデン街の真ん中で「とんぼ」という酒場を始めた。私はディレクターの仲間や後輩を引き連れて繁く通うようになる。
その後、私は広島へ異動し、帰ってきて脳出血を発症したり大磯へ転居したりして、とんぼへ通うことも少なくなる。この3、4年は秋子さんと顔を会わせることも、年に2、3回となっていたであろうか。だが、20年来の友は懐かしく、新宿へ足を向けるようなことがあると、よく「とんぼ」の前まで行ったが、最近は店が閉まっていることが多くなっていた。

 秋子さんはたしか私と同年のはずだ。まだ67歳だった。画が得意で、店の壁には自分で描いたデッサンが架かっていた。彼女の前半生がどういうものであったか詳しくは知らない。が、涙と無縁の人生ではなかったのじゃないだろうか。時折、伏し目がちになる表情にそういうことを感じた。結局、25年も付き合って、何も知らない人生だったが、秋子さんという大事な友だちを失ったという喪失感が、ほろほろとこみ上げてくる。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
x人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2015-12-13 16:33 | Comments(1)

寒くなると訃報が増える

人並みに哀悼を

 身内でもないのに、死去したことがそれなりに響いた女性が二人いた。原節子と加藤治子。
そりゃあ、水木しげるが死んだことはショックだけど、あの人は高齢でなんとなくあの世とこの世の間で生きているような存在だったから、喪失感はそれほど深くない。
原は94歳で小津神話の人物ゆえ生身の死を意識することはなかったが、やっぱり死んだというピリオド感が、訃報に接したときぐいとこみ上げた。同世代の評論家、中野翠が追悼のエッセーのなかで、彼女の好きな原節子出演の映画10本を挙げている。「河内山宗俊」「新しき土」「わが青春に悔いなし」「お嬢さん乾杯!」「青い山脈」「晩春」「麦秋」「めし」「東京物語」「山の音」。「河内山宗俊」「新しき土」「お嬢さん乾杯!」の3本は見ていないが、それ以外の作品の選出にはまったく異議がない。特に、「山の音」が入っているのは嬉しい。
原は年とともに鼻の立派さが目だってきて、あのまま役者を続けていれば、きっとハナセツコを完遂したにちがいない。大女優とはそういう宿命かなと世迷い言をほざくのは、吉永小百合に同じ現象を見てしまうからだ。近年の吉永は遠めの絵でないと、長く見ていられない。原が吉永と違うのは、長く映画界に身を置いて、「母べえ」とか「母と暮らせば」とかうそ寒い作品群と交差しなかったことだ。原の引退の時期はまったく正しかった。(京マチ子もそうだった)

加藤治子が死んだとき、お母さん俳優の死のような論調が続いたとき違和感をもった。彼女ほど勁い女優はいないと思っていたからだ。彼女のパートナーは演出家の加藤道夫。名作「なよたけ」の作者で戦後の演劇シーンで異彩を放った人物だ。彼は若くして自死した。その死を発見したのは加藤治子である。その経緯を描いた文章をネットのなかに見つけたので、ここに引用したい。
〈1953年(昭和28)12月22日、加藤治子が文学座の観劇から夜10時すぎに帰宅すると、自宅には電気が点いていたが呼んでも返事はなかった。ドアは中からカギがかけられており、髪からピンどめを外して鍵穴に挿し入れると、キーが部屋の内側へ落ちる音がした。窓からのぞくと、加藤道夫が本箱に寄りかかって座っているのが見えたので、「なんだ、いるんじゃない」と大声で呼んだが返事がない。このとき、加藤道夫は本箱の上に寝巻のひもを結んで縊死していたのだ。遺書は、治子夫人と芥川比呂志に残されていたが、彼女は怖しくて遺書を読んではいない。〉
加藤はこれほど過酷な体験をしたにもかかわらず、まったくその影を女優人生に落とさなかったことだ。真逆の慈母のイメージをふりまき、大衆もまた見事に乗せられた。
しかし、近くにいた人は加藤の苦悩と勁さを知っていた(と思う)。向田邦子だ。
「寺内貫太郎」で出会ったふたり。強い引力が働いた。ふたりは影と形のように結びついた。それぞれが心にしまっていた「恋」の顛末を互いに打ち明けた。向田の若い日の不倫の相手のことを、加藤は知っていた。向田没後20年のときに、加藤にインタビューしたが、そのことには加藤は毛ほども語らなかった。
向田も恋人の自死の最初の目撃者だ。加藤と同じ体験をしている。2人は出会ったとき、運命のような結びつきを感じ取ったにちがいない。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
x人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2015-12-09 17:21 | Comments(0)

絶句

魂消た

むかし妻と牧谿の柿のごとをりし  森澄雄

――こんな句を知った。今日の明け方のことだ。午前5時前だったか、トイレに起きて、床に戻ったとき、ふと句論を読みたくなって、青山学院短大の国文学の教師の文章を読んだ。名前を失念したが、その人はくだんの短大の教師として、あの加藤楸邨と席を並べていたというエピソードが心に残っているだけで、その人に関心はない。たしか専門は仏文といったか。

その人がかつての巨匠森澄雄の作品を紹介していて、そこにこの「むかし」が入っていた。
中国の文人画家牧谿が描いた柿の実ふたつが並んだ図を見て、まるで私たち夫婦のようだと森が感じたのだ。そのことをこの句で表している。こうやって読み下して説明すると、途端にこの句のもっているアウラがするすると消えていく。愚か者め。句を説明するな。

それにしても、なんという言葉のあしらいの巧みさ。凡人が富士山頂で逆立ちしたって、けっして出てくる言葉じゃねえ。
むかし妻と▽をりし、と流れるところに、牧谿の柿のごとという一言が断ちわって入ってくる。その無礼大胆な狼藉、かつ優雅さ。
句はじめから柿のごとまで一気に駆けくだってきて、ぽつんと放り出す「をりし」。魂消た。

とここまで書いて、試写の始まる時刻になったので、この文、中断。

明けて12月8日。開戦日か。

今朝も4時半に小便で目が覚め、その後、俳句および俳論に読みふける。最近、「ゐる」と「をる」という語のもつ深さに感じ入っている。
ムカシ、吉永小百合が歌謡曲のなかの朗読で次のような「短歌」を朗唱していた
遥かなる 大空のもと 丘のポプラは揺らぎ ひとりいはなべて悲し
短歌ではなかったかもしれないが、この歌を私は気に入り、愛唱するようになった。だが、どうも「ひとりいはなべて悲し」の句が腑に落ちない。ひとりはなべて悲しではないのはなぜか、ずっと分からなかった。
今朝、はっと分かった。独り居はなべて悲しなのだ。独り居はひとりゐと表記するはずだ。

このように、「ゐる」と「をる」という語は存在を表すという高度な役割を担っていることに、今頃になって気がついた。(オロカモノめ)

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
x人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2015-12-07 13:51 | Comments(0)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧