定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

<   2015年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

俺もやりたい

今夜見たテレビ

日曜は夕方の「笑点」から始まって、Nスペor下町ロケット、ミヤネ屋のニュースショー、情熱大陸とテレビの前に座り込みがちになる。普段、一晩に1本2本しか見ないことに比べると日曜日は"熱い"日といえるかもしれない。

今夜の「映像の世紀」は落胆した。似非教養主義がプンプン臭った。皮肉をこめていえば、これも反知性主義だろうか。いまどきは50分サイズのドキュメントがなかなかうまくいかない。大きな物語は時代と合わないのだろうか。

翻って、「情熱大陸」(30分サイズ)は刺戟的でエクサイティングな番組だった。番組冒頭から斜に構えたセリフから入ったので、例によって放送作家という(私には理解不可の)存在が作りこんだ作品かとおもったが、どうやら違うという匂いが画面からしてくる。ディレクターの”作者”意識の息づかいが聞こえるような気がしてならない。番組の最後に流れたスタッフロールには放送作家という肩書きはなく、演出名表示しかなかったから、おそらくディレクターOnlyの作品ではないだろうか。今回の嘉納某という名前は気になる。覚えておこう。

それにしても主人公の小松美羽(画家)は実に魅力的 だ。初めて彼女の画業を知ったが、一見して心臓をぎゅっと鷲掴みにされた。たしかに絵に粗さがあるが、それを押しのけてエネルギーの放散がすごい。小松は「絵三昧」を一心に生きている。そのくせ世俗を越えるというか見下すような似非芸術主義に陥っていないキャラクターはその美形の容姿と相俟って当方のすけべ心をつよく刺戟する。

幼い頃から動物を飼い続けてきて、その皮膚のその奥に潜んでいるものにずっと関心をもってきたという、フェチめいた小松独特の美意識にますます当方は魅惑された。憎い!あん畜生め。

今年に入って、情熱大陸はジャーナリスティックなテーストを強めている。放送当日に起きた直近の話題を意識的に取り込んだ「疑似生スタイル」を頻繁にとるようになっている。今という時代性にこだわっている。今夜の小松美羽もそうだった。放送日が小松の誕生日でかつ勝負の日という手のこんだ設定。だがわざとらしく見えないのがいい。現場のディレクターの奮闘もいいが、それを支える毎日放送の局プロデューサーがいいのだろう。なんだか番組画面を通して彼らの喜色が見えるようだ。

情熱大陸の新しいプロデューサーは勝負に出ているなぁ。俺もそうありたい。小松の地元のワークショップで範例の絵を早書きするシーン、彼女の憑依されたような目つきをきちんと切り取っていたことに感心もし、かつその場に立ち会えた幸運を羨ましくも思った。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
x人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2015-11-30 00:33 | Comments(1)

一駅歩き

一駅歩き

2015年11月11日、本日より目黒、恵比寿一駅歩きを始めた。いよいよ冬が始まる。昨冬もこの一駅歩きを半年続けた。桜の季節を迎え、額に汗が滲むようになって中断。半年ぶりの再開となる。コースは目黒駅から線路沿いに長者丸、恵比寿ガーデンを経て恵比寿駅にでる。およそ15分。意外に短時間であるのは途中動く歩道が300米ほど続くからだ。
一駅歩きのコースはもう一つある。恵比寿ー渋谷間だ。これも恵比寿駅の広尾口を出て、渋谷区東町の大通りを一直線に渋谷警察署の前を経て渋谷駅に出るコース。こちらも所要時間15分。この2つのコースを交互に歩いて日頃も運動不足を補うのだ。

今朝は湿度も低く、空はからりと晴れ上がった。渋谷駅前のスクランブル交差点には外国人観光客と修学旅行生の姿が目に付いた。ことしは本当に外国人の数が増えた。昨年まで1300万人の来日客が本年は一気に2000万を突破するに違いない。ツーリズムの世界化は驚くべき速さで進行している。

本業の「課外授業 ようこそ先輩」の番組作りがいよいよ本格化。12月の4つの枠の編集作業が先週来から始まっている。先輩たちの顔ぶれは、ユーチューバーのマックスむらい、デザイナーの佐藤オオキ、歌人の斉藤斎藤、メディアクリエーターの真鍋大度の4人。なかなか渋い組み合わせではないかと、プロデュースする側としては悦に入っている。が、ロケの上がりがどれほどのものであったか、これからその成果を見ることになる。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
x人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2015-11-11 10:19 | Comments(0)


人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧