定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

<   2015年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

あっつんの結婚

あっつんの結婚

昨日の日曜日、娘が結婚式をあげた。5月24日は仏滅だったが、本人の誕生日でもあるし、父方の家はクリスチャンホームであるからそんな験はかつがないはずと嘯いて、ためらうこともなくその日を選び、無事式をあげた。
天気予報では、24日は曇りのち雨となっていて、野外での記念撮影ができないかもしれないと娘は前夜やきもきしていたが、一滴の雨もなく無事に有栖川宮記念公園でお望みの記念写真を撮ることができた。

 花嫁の父という役回りはできるだけ避けたいと願っていたが、とうとうやらされることになった。本当ならば、あのバージンロードを娘と手を組んで歩くなんて無様な姿は人目にさらしたくないのだが、今回ばかりはそうもいかず、とうとうフランス料理店の地下の小さな祭壇の前を粛々と歩くことになった。式当日は披露宴の進行が気になり、娘への思いも何もアタマから吹っ飛んでいたが、一夜明けて冷静になってみると、少女時代の姿や言動があれこれと思い出されてくるのも不思議な回想のメカニズム。

 娘は長崎で生まれた。その週が聖マリア降誕節だったので、マリアの一字をもらい麻子となづけた。活発な子で、1歳になるかならぬかのうちから悪戯ばかりするガキになったので、「あっつん」と呼ばれるようになった。
子育てにはほとんど参加していないというのが、家族の私への評価。大磯の小学校、中学校、県立の大磯高校と公立ばかりをぬるく生きてキタらしいが、その実態をほとんど知らない。その時期、プロデューサーとして乗っていた私は、番組の仕掛けや取材、編集にばかり気をとられていた。

やがて、娘は東京の女子大に入学して、2年目にフランスへ語学留学した。小学1年のときにパリへ遊びに連れて行ったことがあって、フランス文化に関心をもったらしい。大学の専攻もフランス文学科だった。10ヶ月ほどパリの語学学校に通ったとき、私はひとりで様子を見るためパリを訪ねた。そのときの3日間が娘とはじめて向き合った日々だったといって過言でない。
 そのとき、娘は文章表現に長けたものがあると気づいた。就職活動の時期に入ると、出版社をめざす。その頃、エントリーシートのチェックぐらい手伝ったかな。やがて、銀座にある中規模の出版社に入り、実業書を編集するようになる。文学書を担当したかったらしいが、ひとまず実用書の編集部で実務を教わり、社会人としてのマナーを磨いてもらった。忙しいとぶつくさ言いながらも、本を作る喜びは何ものにも代え難いらしく、深夜遅くまで働くようになっていた。フランスから帰国してからは、実家から追い出して、ひとりアパートに住む暮らしに追いやった。いつまでも甘やかすと当人のためにならないという息子の有り難いご託宣に従った。といっても同じ町に住んでいたから、晩メシを食いソビレたからと言って、しょっちゅううちにやってキタのだが。
こんな色気も味気もない思い出しかないが、そういう交わりも終わるとなると、いささかの寂しさもある。
娘が嫁いだのは、大阪の京都と境を接する川沿いの町。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2015-05-26 23:47 | Comments(2)

スリリングな手法

スリリングな手法

5月の「課外授業 ようこそ先輩」の4本は新作がずらっと並ぶ。その1本目が先週金曜日の5月8日に放送された。先輩は、AR三兄弟の川田十夢さん。2015年度新作の第1号に相応しく、川田さんはこの番組のファンで、これまでも作品を熱心に見てきた。そして、一度出てみたいとひそかに野心を燃やしていたと、番組冒頭のインタビューで語る。面白い人物だ。

 ARというITの技術は最初文章で読んでもなかなか理解できなかった。Augmented Reality(拡張される現実、強化される現実)の略が AR。コンピュータをある対象に向けると、その対象の現実以上の情報が付加される技法を指す。言葉でいうより、現物の画像を見れば一目瞭然。川田さんは、このARというITの技術のトップランナーの1人だ。

  ARを学校という環境のなかで実際に子どもたちに作り出させようと、川田さんはもくろんだ。そのために子どもたちに現実の「余白」のなかから想像力を目一杯働かせてみろと、唆す。

 主人公の川田さんはあまりに頭がいい性か、言っていることが難しくて、なかなか他者には伝わらない。ましてや子どもたちにうまく伝わらない。想像をめぐらす時の入れものを、川田さんは「余白」と説明する。その余白を探せと子どもらに命ずるが、子どもらはチンぷんカンで、見よう見まねでいろんなものを探してくる。どうもセンセイと子どもたちの心がうまく交わっていない。その後も授業が続くが、川田センセイの空回りが次第に大きくなる。
一日目が終わった。自分の伝えたいことが、子どもたちにうまく伝わらないことに、川田さん本気で悩む。そして焦る。ここまでで、川田さんが考える「授業案」と、とまどう子どもたちの「授業イメージ」。両者のすれ違いがくっきり明らかになる。

 さあ、ここから第2幕が始まる。この苦境に対して、センセイは必死になってリカバーに入る。そのときの「センセイの頭の中」が次第に視聴者に見えてくるのだ。手前味噌だが、実に秀抜な仕掛けだ。こうして、「課外授業」は新しい手法に挑戦を始めた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2015-05-12 14:27 | Comments(1)


人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧