定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

<   2015年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

春は遠からじ

春は遠からじ―「阿部一族」

 一昨日、澁谷公会堂前の白もくれんが枝もたわわに大輪の花を咲かせていた。昨日は渋谷宇田川の「春の小川」の暗渠の盛り土。そこに植わった沈丁花の蕾がぱんぱんに膨らみ、赤みを帯びていた。もうすぐ蕾は弾けて、香りがあたり一面に満ちてくるはず。春はすぐそこ、遠からじ。そして今朝、恵比寿ガーデンの植え込みに飾られたすみれが濃紫の美しい花弁を広げていた。3月17日から19日にかけて発見した歳時記。

 昨夜、深作欣二の「阿部一族」ディレクターズカット版を見た。1995年にテレビで放映されたもののDVDである。娯楽時代劇として立派な作品だった。重厚なセット、衣装、配役はさすが映画(本編)育ち。深作の演出は奇をてらわず真っ当な表現に徹していた。まず、中村吉右衛門の語りは主題にふさわしい、慇懃にして丁重。正しい人選だ。

 キャストは、当代のテレビドラマ作りでは最高のクラスに属すると思われる。豪華にして堅実。
•阿部弥一右衛門…山崎努
•阿部弥五兵衛…佐藤浩市
•おいち…藤真利子
•阿部権兵衛…蟹江敬三
•キヌ…渡辺美佐子
•林外記…石橋蓮司
•竹内数馬…杉本哲太
•細川忠利…仲谷昇
•たえ…麻生祐未
•柄本又七郎…真田広之
  藤真利子、蟹江敬三、杉本哲太の演技が際立っていた。特に死地に赴く杉本の幽鬼におびえる様は圧巻。むろん、佐藤浩市、真田広之の華のある存在をけっして軽するものではないが。
 この“不良”監督と「飢餓海峡」「血槍富士」の名匠、内田吐夢の資質がきわめてよく似ていると感じるのは、私だけであろうか。最近、深作の演出論が身内によって出版されたと聞いた。悪ぶってみせる深作は実はすさまじい勉強家で、たえず映像の実験に挑んでいたと聞く。さっそく取り寄せて読んでみたいものだ。

 さて、原作の森鴎外『阿部一族』は、ファシズム全盛のころにブームとなったせいか、戦争翼賛の作品としてすこぶる戦後は評判がよくない。その一因となった、1938年制作の東宝映画「阿部一族」。監督は熊谷久虎。原節子の義兄であり、映画界の日本主義のドンとでもいうべき存在。フシギなことに、熊谷は左翼の前進座の面々を起用して、この作品を映像化していた。「阿部一族」は熊谷の代表作と見ても間違いないだろう。
「阿部一族」の物語そのものはなかなかスペクタクルで映画人の興味を引くのはむべなるかな。

 戦争俳句に阿部一族を取材した鈴木六林男の名句を思い出した。
 遺品あり岩波文庫『阿部一族』
 戦死した若者の遺品のなかに鴎外の『阿部一族』があったという句。実景とは思えない。六林男の想像句ではないか。
死者は学徒出陣した若者と思われる。この若者は鉄砲の弾が飛び交う前線で、文庫本「阿部一族」を読み続け、恐怖と闘った。「阿部一族」はあたら若い命を奪っていく「役目」を担っていたと六林男の句は黙示したのではないか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2015-03-19 16:26 | Comments(1)

詩人追悼

魂のはなしをしよう

 紀伊国屋新宿本店の店頭に、「吉野弘」という文字が表紙を飾る雑誌を見つけ、すぐ購入した。
「ユリイカ6月臨時増刊号 吉野弘の世界」青土社 定価1300円

表紙は吉野さん自身が描いた、主婦とおぼしき女性の後姿のデッサン。薄縁を基調としたエプロン姿の女性の姿。
書をよくされることは、私自身吉野さんからいただいた扁額を所有しているので知ってはいたが、吉野さんが絵心をもっているとは知らなかった。

 「吉野弘の世界」には、谷川俊太郎による追悼の詩、中村稔の思い出の記、和合亮一による詩論などが所収されている。それらを掻い摘みながら一晩で読んだ。読んだうえで、あらためて平易で繊細な吉野さんの世界に魅了された。
 中村稔は、吉野の代表的な詩として、「夕焼け」「祝婚歌」「I WAS BORN」を挙げている。祝婚歌以外は異存ない。が、他にも気になる作品として、私は「虹の足」と漢字喜遊曲のなかの「静」、「香水・グッドラック」を挙げたい。

 その言葉が内奥深く沁みこんでくる。
〈なんという長い間、ぼくらは 魂のはなしをしなかったんだろう〉
〈やさしい心の持主は いつでもどこでも われにもあらず受難者となる〉
〈ひとが ほかからの期待に応えようとして どんなに 自分を駄目にしてしまうか〉
〈生命は 自分自身だけでは完結できないように つくられているらしい〉

 難しい表現をとってはいるわけではない。シンプルな言葉遣いで心の深く(たましいというべきか)に染み渡ってくる。それが吉野弘の世界であった。
 詩集「北入曾」が出た頃から、吉野さんの詩集はすべて目を配って集めてきた。もう吉野さんの新しい詩集は出ないのだと思うと、悲しみとあきらめがこもごも襲ってくる。

 もともとの出会いは、吉野さんに合唱コンクールの課題曲の作詞をお願いしたことからだ。「雪の日に」という美しい合唱曲が作られていて、そのモチーフをそのまま高校生のための合唱曲に書き上げてほしいとお願いにあがったところから吉野さんとのお付き合いが始まった。
そして、「昼休みのおくりもの」というラジオの小さな番組で、私の好きな曲というお話を4回にわたってしていただいた。そのとき、吉野さんの心をとらえていたのは山田太一ドラマだった。そのラジオ番組のなかで、どれほど山田ドラマが深いかということを、(吉野さんには珍しく)熱く語ったことは忘れられない。
 ちょうど昭和が終わりに近づいていた頃だったなと、「男たちの旅路」を懐かしく思う。

 合唱コンクールの担当を終えて、私は長崎へ転勤した。そこで、吉野さんをむかえて紀行ドキュメンタリーを制作した。題して、「西海の夕焼けを見たことがありますか」
このロケは、ちょうど長崎原爆の日と重なった。その日、吉野さんは爆心地公園を歩き回った。そのなかで、原爆句碑に脚をとめ、ひとつの句に見入ったことがある。その句――
 凍焦土種火のごとく家灯る 下村ひろし
凍焦土という語の勁さに吉野さんは立ちすくんでいたことを思い出す。

 かつて、ある現代詩人が吉野さんの詩をセンチメンタルが多すぎるというような意味の批判を加えたことがある。代表作「夕焼け」などがその槍玉にあがったと記憶するが。この批判が長く棘のようにささっていた。
 一方、先週の句会で、私の句がべたべたとセンチメンタルに流れていると批評された。いささか叙情に偏っていることは認めるが、なにが悪いという開き直りというか自己弁護が内心に起きた。むろん口には出さなかったが、おそらく私の顔はふくれっ面になっていただろう。吉野詩と私の句をいっしょになど論ぜないが、この国では感情を露にするということが不当に貶められてはいまいか。そんなミニ怒りの炎が、吉野詩にぐーんと接近させることにもなった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2015-03-06 02:22 | Comments(0)


人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧