定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

<   2015年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

旅立ち

c0048132_1819356.jpg
旅立ち

今朝(1月25日のこと)、品川駅の新幹線ホームまで娘を見送ってきた。半月ほど前に結婚した彼女は、パートナーの待つ大阪へ旅立ったのである。ここ数年、駅で人を見送るということがほとんどなかった。別離ということはあまり好きでないことや、年を重ねて億劫になったこともあるのだろう。そんな私でも、長く私のもとで育ってきた娘が巣立つということであれば、何かケジメがいるだろうと思い、セレモニーとしての「別れ」を果たすことにした。

娘は長崎で生まれた。すぐに東京へ転勤となった父親のせいで、成増の社宅に住む。幼児のころは長屋アパートで末っ子あつかいで可愛がられた。小学校は、広島庚午小学校に入学。青い制服を着て入学式に臨む。そこで2年間過ごした後、大磯へ移り住む。紅葉山という里山の窪地に私が建てたマイホームで、彼女は高校を卒業するまで暮らすことになった。青春前期を送っていたはずだが、私は何も覚えていない。番組作りに追われていた私は、同じ屋根のしたに住みながら、此のころの彼女の動静をまったく知らない。ルーズソックスを履いて、放課後は平塚の町を買い食いして歩き回っていた、などということは最近になって知る。

 編集者になりたいと、4年ほど前から銀座にある出版社に勤めるようになった頃、家を出て目黒のアパートにひとりで暮らすようになった。といっても、私たちも目黒の集合住宅を本拠地にするようになったから、スープの冷めない距離の間柄であった。仕事についてからは、マスコミという同業意識もあって、ときどき表現をめぐっての議論などもふっかけてくるるようになった。生意気にも幸田文が好きで、その硬質な文体を喋喋するのをにやにやしながら聞くのが、退屈しのぎにもなった。一方、親に対する目も鋭くなり、私のだらしない態度や生き方を批判するようにもなってきた。前期高齢者に突入した私は、あらゆる面でとろくなり、踏ん張りがきかなくなった。酒を飲んでも、たった2合で睡魔が襲ってくるようになった。娘の批判に反論することも少なくなってきた。形勢が次第に逆転しはじめていた。そろそろ巣立ちが近づいていると感じていた。

 ――そして、昨年末に結婚。しばらくは、東京と大阪へ離れて住んでいたが、ようやく娘の仕事にも段落がついて、昨日、身の回りの品を詰め込んだリュックを背負って、娘は大阪へ向かった。10時17分発の博多行きのぞみを見送ると、すこし気が抜けた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

 
[PR]
by yamato-y | 2015-01-26 16:31 | Comments(1)

老少不定

老少不定

 二十歳まで、親しい人の死に遭遇することが少なかった。友だちが忌引きで休むのをうらやましく思ったこともあった。葬式の様子やお返しの葬式饅頭などについて知識がない自分が不甲斐ないように感じてもいた。

 二十二歳で仕事について以来、年賀状を書く習慣がついた。返礼の賀状を受け取るようになる。当時のものはないが、1980年代のものは一部残っていたりもする。その送り人の名前をぱらぱらと見ている。この30年間にずいぶんたくさんの人と別れてきたのだと実感する。
 賀状の届く前に、黒い縁取りの死亡通知の葉書が舞い込むことが多くなったのは、2000年前後。それまでは物故したとはいえ、ほとんど80を越える長寿の目上の人たちであったが、2000年ごろから身近な先輩や仲間たちの名前が増えていった。
 昨2014年に別れた人たちの名前と推定する年齢を書き出してみる。
喜多さん(30代後半)、一甫さん(70代後半)、風悟さん(50代前半)、松尾先生(80代半ば)

老少不定という言葉を知った。死ぬのは年の順とはかぎらないという謂。古人は偉い。人生の理を喝破している。この場合もっとも悲惨な死は、逆縁という親より先に子が死ぬこと。こういうめにだけは遭いたくない。

 そんな御託をつぶやいて、グーグルニュースを見た。錦織選手のスコアが気になった。その記事の上段に、柔道の斉藤仁氏の訃報があった。一瞬、目を疑い、享年を探すと、54とあった。彼の晩年に何があったのだろう。これほど早い死を準備する病かそれとも大きな苦難があったのだろうか。正直で律儀な印象の斉藤選手の死はあまりに場違いの感あり。それにしても人世、老少不定。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

 
[PR]
by yamato-y | 2015-01-20 11:34 | Comments(0)

67

67

 今日は何の日だ――。
誕生日!
 67回目の我がバースデイ。嬉しいような嬉しくないような複雑な気持ち。
朝から次々に予約が入っていて、やっと一息ついたのが午後5時。今頃になって、自分の誕生日を思い出している。

 昨夜から大磯の山の家に泊まり、朝早く出てきた。家を出るとき、吐く息が白かった。冷え込んではいたが、雪が降るほどでもなかった。大山には冠雪がない。遠く丹沢にはうっすらと雪渓の溝がいくつも出来ていた。やっぱり丹沢の標高は高いのだ。

 古くからの朋輩の賀状。90を越えた老親の介護で、田舎へ行ったきりになっている。「仕事に戻りたいよ」と泣き言が記されていた。普段、愚痴などめったにこぼさない人物だから、よほど今の境遇が辛いのだろう。老年のしんどさの一つを、朋の悲鳴からつくづく知る。

 さて、今年の目標。レギュラー番組で成果をあげるのはもちろんだが、特集を1本作りたい。できれば新しいコンセプトの番組を作ってみたい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

 
[PR]
by yamato-y | 2015-01-19 17:52 | Comments(1)

照る日

照る日

 前日の冷たい雨からうって変ったような陽光ふりそそぐ、冬の日。
 ちょっぴりいい事があった。正月2日の夕方に放送した「ボクの課外授業・猪子寿之」がある賞を受賞したのだ。年末年始という特番の激戦区のなかで、Eテレの地味な番組が選出されたということは驚きであると同時に、スタッフたちの苦労が報われたと感謝する気持ちと番組改革の道筋は間違っていないという自信のようなものが交差する。
 
 来る2015年度の「課外授業」は現行のものより番組時間(尺)が伸びて、30分弱のドキュメンタリーの体裁がとりやすくなる。といってもガチの本格派ではないが、状況をある設定したシチュエーションドキュメントほどの作品を目指すのだ。そこへ向けて、いまさまざまな試みや変革を、これまでのスタイルに付け加えようと躍起になっている。例えば、オープニングの絵柄は、音楽は、テーマソングは、など検討する課題が山積している。多忙だが楽しい。

 ツタヤで神代辰巳の「一条さゆり 濡れた欲情」を借りて見た。前から、神代の才能の高さは聞いてはいたが、この作品ではそれほどの切れ味も感じることなく、ひとり伊佐山ひろ子のみずみずしい演技にだけ心奪われた。現在では大河ドラマのお女中などでお茶を濁している伊佐山だが、かつては日本映画衰退の美を一身に背負っていたのだぞと、若い後輩たちに伝えたい気になる。そういえば、この人は文才もあって、エッセー集を出していたことがあったはず。今度の日曜日に神保町で探してこようかな。
 日本映画が力を失ったと言われた頃、ロマンポルノとやくざ映画だけは気を吐いていた。あのころ活躍した内田高子、風祭ゆき、宮下順子、片桐夕子らの盛名は風に吹かれてちりぢりになった。辛うじて、伊佐山と並んでテレビで顔をときどき見るのは、美保純、絵沢萌子ぐらい。
 主役の一条はむろん俳優としては素人だから、お芝居はぎこちないのは仕方がないが、ストリップの舞台で見せる立ち回りの迫力には驚いた。

 土曜日。午後7時50分開演の話題作「ゴーン・ガール」をシニア料金1100円で見た。終演は10時半という長丁場であったが面白かった。最後まで悪女のロザムンド・パイクの怪演に目も耳も心も奪われた。また、この悪い妻を際立たせるようなぼんやり男のベン・アフレックの愚鈍さもよかった。それにしてもシナリオがうまい。後で調べると、原作者のギリアン・フリンが担当している。この人43歳の女性だそうだ。後生恐るべし。

 帰宅すると、Eテレで「吉本隆明」をやっていたので、つい見ていると午前1時半となった。最近夜更かしが多くなっている。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2015-01-17 13:41 | Comments(0)

じんわりと

じんわりと

 昨年のクリスマスイブの日、旧作「もう一度、投げたかった~津田恒美の直球人生」が
10年ぶりに再放送された。昨年がプロ野球80年という記念年で、その一環として放送されたのだ。嬉しかった。生前、津田さんは記録に残るのではなく記憶に残る選手になりたいと語っていたそうだが、そのとおりになったと嬉しかったのだ。

 あの番組を見ましたよ、あなたが担当していたんだねという声をちょくちょく聞く。自分ではつい昨日のような出来事なのだが、本放送されたのは1994年。今から20年も前になる。若い人などは、再放送で初めて津田さんのことを知ったというケースも多い。「降る雪や明治は遠くなりにけり」の気分とけっして無縁でない。昭和もほどほど遠くなっていく。
あの番組で、腕白坊主のダイキ君とキャッチボールをしていた奥様も健在で、今も現役で働いておられる。今年届いた賀状は番組再放送の反響が少なからずあったことをうかがわせる明るい文面であった。健気な母と子に幸多かれかし。

 広島の古い友人、キタさんの埋骨が昨年の暮にあったと、父上からの新年のお便りに綴られていた。記憶がおぼろになっているが、キタさんが早世したのは昨年1月だったはず。もう1年経ってしまったか。亡くなった人が遠ざかっていくスピードはとてつもなく早い。だが最近思うのだが、死者は消滅したわけではない。記憶のなかに存在している。私という人間が生きているかぎり、私につながる人たちの記憶は消えない。つまり“生きている”。生前の姿を知らないが縁あって伝記を制作することになった津田さんもいっしょに仕事をしたキタさんも、時々蘇って私の近くに来てくれる。一番よく来るのはどうやら亡母らしい。ときどき目黒のリビングのテーブルの前にちゃっかり座っている、らしい。死んでも、おっちょこちょいの長男が気になるのであろう。

 年の初めから死など縁起でもないというなかれ。年始は一番死者を思い出される季節ではないか。年の初めのめでたさというのは、死を内包しているから蒼ざめた祝いとでもいえまいか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2015-01-14 14:44 | Comments(0)

長者丸 曲がりのはな

目黒長者丸 曲がりのハナ

 このところ一駅分歩いている。目黒ー恵比寿間だ。朝は恵比寿から目黒に向かって強い北風が吹く。逆風にさからってのしのし歩くことは小気味いい。

目黒駅ロータリーから歩き出し、目黒のホーチキ社から始まって、恵比寿ガーデンを抜け、動く歩道をヒト走ると恵比寿に着く。所要時間15分。冷えた体も目的地に着く頃はすっかり暖まり、リュックを背負う背中にもじんわり汗が吹き出る。その道は目黒から恵比寿に走る山手線に向かって右岸にあたる。左岸は目黒区だが右岸は品川区大崎。

 その途中に、山手線が大きく曲がるポイントがある。地番は上大崎2丁目だが、私は目黒長者丸 曲がりのハナと呼んでいる。蛇行を繰り返す山手線のなかでも指折りのカーブではないだろうか。電車が通過するとき、キイキイと車両の軋みをひどく響かせる。そのカーブは鉄道写真ファンにとっては絶好らしく、ときどき幼い撮り鉄が身分不相応な立派なカメラを構えて立っていたりする。

そのあたりは、大正以前は長者丸と呼ばれた。その名残は近所の珠算教室の名前にある。白金から遠くないから、昔白金長者がいたという伝説と呼応しているのかもしれない。左岸の目黒区の地名は現在三田。かつて文豪丸谷才一が住んでいた。10年ほどまえ、丸谷が「輝く日の宮」を出版したときに、インタビューで2度ばかり訪れたことがある。地名の三田は港区の間違いではないかと訝しんだが、やはり目黒区三田だった。

ここにまだ鉄道が走っていない頃、関東大震災の少し前までは長者丸と呼ばれていた。ここに画家速水御舟のパトロンともいうべき吉田一族が住んでいた。御舟も若い頃寄宿し、仲間とともに画業に励んだ。その一派を目黒派といわれた。
 明治27年に浅草で生まれた御舟は、昭和10年に40歳の若さで亡くなるが、代表作「炎舞」など象徴的画風の名作をいくつも残した。4年前に、この「炎舞」誕生の物語をアートドキュメンタリーにしたこともあって、この御舟や炎舞、長者丸について詳しく知ることとなった。当時、私は大磯に住んでいて、よもやこのあたりが通勤路になろうとは思いもしなかった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2015-01-09 23:54 | Comments(0)

本日深夜再放送

本日深夜再放送

 今日の午前0時から、正月2日に放送した特集番組「ボクの課外授業・『デジタルで世界を変える 猪子寿之』」が再放送される。前の放送を見逃した方は、ぜひご覧いただきたい。
 レギュラーで放送している「課外授業・ようこそ先輩」は22分半の尺だが、これは特別プログラムだったことで42分の長尺作品。正月の特番だったからだ。

 これまでの「課外授業」より、先輩の人物描写を多くして、ヒューマンドキュメントのテーストを強くした。おかげで猪子さんのユニークな人柄がおおいに喧伝できた。最先端のメディアを駆使する猪子さんはきわめてピュアな人柄。世間体とかお愛想などには頓着しない。話に夢中になると、顔に貼り付けていたバンドエイドがはがれてビラビラしていてもまったく気にしない。会社の代表にもかかわらず、アポで人と会うときも自ら玄関まで出迎える。そのくせ、子どもたちに授業をするとなると、繁忙の隙間を縫って懸命に授業案を構想するのだ。でかいいたずらっ子というイメージ。思わぬ子どものアイディアには無条件で感動する。こんな魅力あふれる人柄を描いた「ボクの課外授業」。どうぞご覧ください。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2015-01-09 11:54 | Comments(0)

悲しみ深く胸にうずめたら

悲しみ深く胸に埋めたら

 年賀状が当人からでなく、家族からの訃音であったことが目立つようになった。分かっていても、つらい。
こちらが住所を変更したことや少し病気をしたこともあって数年賀状を出さずにいたことがあった。今年はいつもより多めに賀状を書いたこともあって、数人の動静が分かったものの、その人は数年前に亡くなっていたということをご家族から知らされる。自分の不明を知るとともに、ご家族にもご不快を与えたと思い、所業を恥じ入るばかりなり。

 一方、このブログを読んで往時を思い出し、知人と笑い合ったというような賀状ももらった。じょじょに書くことが減ったこのブログでさえ人の御役に立つこともあるのだと安堵もしてみたり。だが同世代の賀状の文面はどれも老いの憂いに満ちたものを感じるのは当方の僻みであろうか。なかに、元気でいるうちに「私たちだけの同窓会」をやりませんかという有り難い交情が記されていたのもある。かと思えば、あと数年は丁寧に生きようという最後の決意を打ち明けたものもあった。葉書の住所氏名をながめて、その人のことを思い出し懐かしさと切なさをかこつ身となったことを、しみじみ思う。

 井伏鱒二の有名な「サヨナラだけが人生だ」のなかに、正月に阿佐ヶ谷あたりで大酒のんだという一節があったことを思い出す。
26から30にかけて私は荻窪の天沼に住んだ。その頃はよく遠出して阿佐ヶ谷あたりで酒を飲むこともあった。仲間は天沼八幡前の喫茶店ポロン亭の常連が多かった。金も地位も名誉もない田舎出の若者を、あの区域の住民はよく暖かく迎えてくれたものだ。夜中の2時3時まで店を渡り歩いて飲みほうけていた。あのとき一緒だったミヨさんやドピローやカズオミやシスカらは、天国へ逝ったり病に倒れたりしてしまった。あの当時、よく聞いていた高田渡も先年死んだ。浅川マキもいなくなった。嗚呼。
死者は蘇らないが、歌だけは生きている。マキの「赤い橋」・・・。
♪知らない橋が、この街にある 渡った人は帰らない

景気が悪いが、正月早々逝った人人の魂を招いて、この1月6日の深夜にひとり水割りを飲んでいる。ウィークエンドの「岬めぐり」の一節。「悲しみ深く胸に埋めたら この旅終えて町に帰ろう」

 そういえば、今日、共済会に電話をして国民保険への切り替えについて、ホリノウチ君に話を聞いた。彼も荻窪時代の遊び仲間だったが、まだ仕事についている。彼の賀状には、「子供が中学3年生なので、まだまだ頑張らないといけない」とあった。忙しいことや煩わしいことは悪くない。それらはすべて生きているものの側にあるから。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2015-01-07 01:24 | Comments(0)

2015元日

2015年元旦

 数日来、寒気が来ていたが、元日の朝は思ったほど寒さは厳しくなかった。おだやかな正月だと思ったのは尚早で、昼近くになって白いものが空から降ってきた。積もりはしなかったが、細かい雪がちらちら舞った。1月1日の雪は7年ぶりとか。

 昨夜は遅くまでテレビを見ていたので今朝は寝坊した。昼近くになってお節料理をいただく。ニューイヤー駅伝を中継していたので、ついそれに巻き込まれて3時までテレビの前から離れず。

 正午のニュースで雪山の遭難を3件報じていた。槍岳や北岳などベテランが挑むような山岳に、60代の男女が挑んで遭難したという。偶然かもしれないが、すべて60代である。きっと団塊世代にちがいない。まだまだいけると思ったものの、現実には当人たちの体力が雪山についていかなかったということではないか。身につまされる。

 先日、ジョギングをしたとき、運動公園でぶら下がり鉄棒に挑んだ。鉄棒にだらんとぶら下がって少し背骨を伸ばすかと、あまい調子で体を動かした。たかがぶら下がりと舐めていた。ぶらさがった途端、右肩に熱い痛みのようなものが走った。きつい。4、5秒も経たないうちに手を離したくなる。たかがぶら下がるだけのことなのに、ぶら下がり続けることができない。腕の筋肉がまったく衰えていたのだ。あらためて老化が進んでいることに気づいた。
 どうも、今の60代は見た目は若ぶっていて、かつ自己認識も甘いようだ。老化という現象を目や耳だけで他人事のように理解しているから、いざ実戦となると自分の実体力の貧困に愕然とする。

 正月早々、景気の悪い話から始まったが、これが67歳、中期高齢者の自分の実状だ。まず実態を把握することから始める。

 一方、瞑想の行は1週間ほど前からスムーズになってきた。一日に朝夕2回の、20分間の瞑想を実行することになっているのだが、この半年ずっと50%の実行率しかなかった。が、この2、3日は朝夕ともに20分間を無理なくこなせるようになっていて、瞑想後の精神衛生は悪くない。というより心が落ち着いている。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2015-01-02 15:42 | Comments(0)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧