定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

<   2014年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

いい肉の日

いい肉の日

 久しぶりに大江さんの声に接した。新宿サザンシアターで開かれた講演会でのことである。このたび、池澤夏樹による日本文学全集の刊行を記念して、池澤×大江対談が開かれた。版元である河出書房新社がその会を主催している。河出の知人に招かれて、その会に出席した。

 10年ちかく京都の大学で教えてくると、私にも教え子と呼ぶべき存在が百人ちかくなる。そのなかのひとりが3年前に河出に入って活躍しているということを知ったのは今月のはじめだった。今度大江さんがわが社の主催する会でお話になるので来ませんかと声をかけてもらい、その人にも会いたいと思って私は参加することに決めた。

 雨模様の土曜日というあいにくの天気にもかかわらず、サザンシアターの会場はほぼ満席。私は開演30分前に席についた。

 会の冒頭、池澤夏樹が語った言葉が心に残った。他国に比べてひときわ自然災害に多く見舞われるこの国に、なぜ私たちは残ったのだろうかという「問題提起」。

日本文学というのは3つの特徴があると池澤は言う。1300年という長い歴史をもつこと。これは中国以外にない。2つめは恋を主題とするものが多いこと。3つめは最初中国、次に西欧という異文化を受け入れてきたこと。これらの特徴をもった日本文学を池澤は独自の選択で30巻の全集に仕上げた。そのなかの22巻に大江健三郎が収録されている。従来の日本文学選集であればかならず入っている芥川や三島の名前はなく、個人として立っているのは現代であれば、谷崎潤一郎、大岡昇平、吉田健一、中上健次、石牟礼道子、須賀敦子という不思議なオーダーがそこにあった。この全集の刊行が始まり、それを記念して池澤×大江公開対談の会が11月29日に紀伊国屋サザンシアターで開かれた。

 78歳の大江さんは見事な銀髪になっていた。私の知る大江さんは多毛でごま塩だったが、ここ数年ですっかり白髪になった。背骨はすっと伸びて足取りもしっかりしている。話初めこそ声が低かったが、丸谷才一の「悪口」を言い始めたころからはすっかり興に乗って、大きな声で面白おかしく語っていた。相変わらず偽悪ぶる大江さんは健在で、東大時代に恩師渡辺一夫のそばにいた院生たち先輩にいじめられたと菅野昭彦、清水徹らの名前をあげていた。(よほどいじめられたのか、50年経っても固有名詞で大江は語る)

 午後5時閉会。外へ出ると雨があがり、夕暮れの赤い空があった。私はすっかり愉快になっていた。この半年間、ずっと勉強もしないでネット記事ばかりに目を向けていたことをおおいに反省した。

 11月29日、いい肉の日。我が家にとっては大事な日であった。娘が我が家から独立していったのだ。あたらしく籍をもうけるためにこの日届けを出した。これからその新しい絆で娘は生きて行く。その絆同士は肉が好きだということで、いい肉の日に独立を決めたそうだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2014-11-30 08:50 | Comments(0)

幸あれ

少し思いがあふれて

 4ヶ月ぶりに大磯へ戻った。9月から大学の授業が土曜日に編制されたので、それまで週末に帰っていた日程がたたなくなり、ずぶずぶと日延べが続いていた。今回の3連休で日月と休日がとれたので帰還することにした。
 台風シーズンが明けたあと、ちょっと大掛かりな家の改修もしていた。その仕上げがどうなったかの点検もあったので家に帰ったのだ。

 家は若返っていた。20年の歳月で少し老化していたが、窓枠をサッシにしたりベランダのテラコッタタイルをすべてシーリングにするなど新しい建材を使用したこともあって、家に安定感が生まれていた。

 庭が草ぼうぼうになっていた。前庭も後庭もすっかり萱草とススキで覆われ、さらに隣の空き地から生え伸びた蔓草が押し寄せていた。昨日今日と、草むしりと蔓草切りに追われた。夢中でやったせいか、帰りの湘南電車のなかで足腰にどうんと疲れがたまっていることに気づいた。一心不乱に草をむしったのだから、これぐらいの反動は来るにちがいない。

 なにか自分を罰したい気分があったから、草むしりに挑んだのだ。
 家の改築に合わせて、部屋の家具を大きく移動させていたのだが、その修正をひとりでやった。そのときに、子供たちの幼い頃の写真や通信簿などがあるのを見つけた。
 この家が建った頃、私は広島に単身赴任していて超多忙の毎日を送っていた。子供らの高校進学、大学進学のことなどほとんどコミットしていない。息子も娘も地元の県立大磯高校へ通っていて、自由な学風でのびのびやっているということだけ家人に聞いていた。

 今回、ひとりで夜酒を飲みながら、子供らの青春のアルバムをすこし見た。すこし胸が熱くなった。

 なんときらきらした高校生活を送っていたか。麗しい友だちに囲まれて青春を送っていたか。娘のルーズソックス姿にはち切れそうな笑顔を見たとき、俺は半分後悔と半分安堵の思いが胸をかすめた。

 いつか家人から息子の高校生活のことでこんな話を聞いた。大磯高校は海に面していて、校舎のすぐそばに砂浜がある。息子の嫌いな科目の時間のこと。友だちが席に息子がいないことに気づいて探すと。
 ヤツは砂浜で友だちとフリスビーをしていたという。太平洋が広がる砂浜で、けらけら笑ってさぼってフリスビーしている息子。学校の帰りには友だちをいっぱい連れてきて、子供の部屋から人が溢れていたとも聞いた。

 娘のことはもっと知らない。友だち同士で浦安のDランドで行っていたなんてことは、今回初めて写真を見て知った。そのとき撮ったと思われるプリクラ。なんと嬉しそうな笑顔。こんな笑顔の日々があったのだ。

 親父である俺はこんなことを何も知らなかった。
 知らなかってよかったのだ。親(少なくとも男親)の知らないところで、彼らは彼らなりの青春を歩いていたのだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2014-11-30 08:45 | Comments(0)

癒えると癒す

癒えるのか癒すのか

 番組をおおきな流れで作ってしまうと、あとは気が抜ける。テロップの表記やナレーションの表現などの細部などはツイ見過ごすことが多い。まもなくクランクアップという最終段階で小さなミスを見つけることが多い。

 芭蕉の名句
 閑さや岩にしみいる蝉の声
 担当者は、しみ入と表記した。角川の芭蕉全句集に依拠してそうしたという。江戸時代にはそう表記したのだろう。だが、このままでは現代の視聴者はミスだと思って、訂正を求めるファックスの2つや3つは来るだろう。どうしよう。これは間違いではないが、誤解をできるだけ避ける工夫が求められるケース。

 もうひとつ。小学生が作った俳句に、説明を加えるシーンで、「天国に行って、癒やされて」というテロップを打った。癒やされては間違っていて、癒されてではないかという声がスタッフからあがった。担当者は辞典を参照したら、癒やされてと癒されての両方が併記されていたので、そこから選んでこうしたと弁解する。
 この措置は正しい。両論あるかもしれないが、癒やされてを取るほうが妥当だ。なぜなら、癒えるという用法もあって、語幹の「い」以外は活用する部分になるからだ。

 なんて議論が、作品がすっかり仕上がって、最後の技術試写するなかで発見されるからがっくりくる。またやり直しかとタメイ気のひとつも吐きたくなるのだ。でも――。
でも、こうして番組を作り続けることができるだけでも幸せだ。もし仕事がなかったら、定年した身をもてあます年金主義者にならざるをえない。これといった趣味もない、ゴルフもスポーツクラブもドライブも海外旅行も苦手な小生は、ナレーションのコメントを一行考えるほうがはるかに充実するから。

 
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2014-11-13 17:07 | Comments(0)

晩秋雑感

晩秋雑感

 わが母校の寮歌に、「北の都の秋たけて」という歌詞がある。11月、木枯らしが吹く季節となり気温が10度を下回ると、まさに秋がたけたという感がしてくる。秋は冬という季節の死に連なり、なんとなく負のイメージがつきまとう。

 昨日、風悟さんの訃音が猫翁さんから入った。これで、わが俳句倶楽部のメンバーが、わずか1年で3人も永眠したこととなる。かすみさん、一甫さん、そして風悟さんだ。前のふたりは80の齢を重ねたが、風悟さんは50の坂を越えたばかりの働き盛り。しかも植物状態となって1年以上の果ての死だからやりきれない。風悟さんのあのシュルリアリズムばりの、跳んだ句に出会うことがないと思うと淋しさもひとしおである。

 俳句といえば、今制作中の「課外授業 ようこそ先輩」のゲストは、俳人の長谷川櫂さん。母校熊本県宇城市立小川小学校で、音をめぐる句作の授業を展開している。5年生の子どもたちだが、見よう見まねでもなかなかいい句が生まれるのは、やはり長谷川さんの指導する力が大きいということだろう。この授業は、ぜひ俳句をたしなむ人には必見ですよ。

 寒くなったせいもあるが、トイレが近くなった。おそらく前立腺肥大の値PSAが上昇しているにちがいない。今年に入ってから主治医から要観察を申し渡されたが、いよいよ進退が極まったかと憂鬱だ。ところで、晩年の谷崎潤一郎がこの前立腺肥大におおいに悩まされていたということを知って、いささか安堵したというのは身勝手な自己弁解か。

 ということもあって、歩くことだけが病気対策となり、この半月、通勤に徒歩の負荷をかけることにしている。目黒=渋谷の山手線通勤定期を使用しているが、朝夕の通勤で、一駅を徒歩に変えている。目黒―恵比寿、恵比寿―渋谷のいずれかを電車を降りて歩くことにしている。
目黒―恵比寿は15分。恵比寿―渋谷は18分の所要時間となる。今朝は、目黒―恵比寿をスェーターにコートを重ねた姿で歩くと、汗びっしょりとなった。こうして男子用便器に向かうと、ほとばしるような液体の形状が現れ、すこし溜飲が下がる。

 国際情勢があわただしい。2年半ぶりの日中首脳会談があったかと思えば、日露交渉が活発化し、イスラム国の狼藉すこぶるとなり、米大統領の中間選挙敗北、ユーロの混迷・アジア中進国の台頭。そしてアフリカ西部のエボラ病の脅威はいっこうに消えない。二十世紀には考えられなかったような国際間のつながり、縛りである。何か、新しい思想もしくは宗教が生まれ出ようとしているのか。その契機となる状況が今進行しているのだろうか。大澤真幸、小熊英二、東浩紀ら、若手論客の著作が気になる。わが世代では、内田樹さんがひとり奮闘している。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2014-11-12 11:55 | Comments(0)

亡き友たち

同窓会

昨夜の同窓会を新幹線の車中で思い出している。車窓全体に伊吹山が広がっている。頂には大きな雲が掛かっている。この山の向こうに故郷の越前若狭があると思うと、今すぐにでも帰りたい気分になる。

 同窓会は2つの組の合同だったせいか思わぬ多数の参加者で盛況となった。中には高校を出て以来の顔もいくつもあった。懐かしいがその後の生き方が異なっているせいか、向き合っても話が続かない。互いに、老けたなあ、元気かの言葉以上のものはない。

2次会にカラオケスナックへ流れてからはさらに会は散漫となった。地元の歌手とやらがやたらでたがる。こんな男のご当地ソングなんてどうでもいい。
 結局、対話も隣に座った田中君だけとなる。彼とは同じ大学へ進学したこともあって話題もいくつも共通するものがあって楽しかった。だが、彼は越前市に住んでいて終電に間に合うよう10時前に帰って行った。

トイレに立ったとき酔いが回って少しミスをした。素面ならないことだ。ショックだった。このままでは泥酔するかもしれない、何かやばいものを感じて、私は幹事に断わりを入れて早々に辞去することにした。外に出ると、晩秋の冷たい糠雨が降っていた。

ホテルまでひと気の絶えた駅前通りを雨に打たれながら歩いた。途中小腹が空いたので屋台のラーメンを食べる。ラーメンは昔の味だったことがなぜだか嬉しい。屋台のテントからはみ出て、雨の中に立つ。落ちてくる雨粒をラーメンどんぶりで受ける。味の薄くなったスープを一気飲みす。なんだか自己処罰をしているみたいだ。見回すと、商店街に人影はなく、この街の暗い未来を勝手に妄想する。雨はいっこうに止まない。

同窓会の参加者のことより不在の死者のことが気になって仕方がなかった。実はボディブローとなって、心に響いていたのだ。最近のジュンボウとハシバさんの早過ぎる死の影は払いのけてもいっこうに消えなかった。60を過ぎたばかりの、人生8合目の死。すこし早すぎる。他人事とは思えなかった。

急に人恋しくなり、銀行の前のベンチに座り
広島の旧友に電話をかけた。こちらの荒れた気分を察したのか、深夜にもかかわらず電話の相手は気持ちよく私の突電にも応じてくれた。愚にもつかない話をするうちに心が落ち着いた。時計を見ると、とおに11時を回っていた。雨脚はますます激しくなっていた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2014-11-03 10:29 | Comments(0)

山中温泉

父母のしきりに恋し

今朝一番の便で小松空港に降り立った。山中温泉の医王寺にある先祖の墓に眠る父母の霊にある報告を線画為、冬支度に入った北陸の地に飛んだのだ。雨上りの白山山麓の町や村2は濃い朝霧が立ち込めていた。
加賀温泉駅から知人の車で山中をめざした。塩梅のいいことに、昼に近づくにつれ雨がやみ陽がさしてきた。途中、花屋に寄って供花を買う。季節的にも菊の花がいいだろう。
私の家の墓は山中温泉医王寺の墓地にあって、3年前、遠縁の人に導かれて母の埋骨で訪れたことがある。そのときの記憶を手がかりに墓を探したが容易に見つからない。当時のしゃしんと現地を
見比べても今ひとつ土地勘がしっくりとこない。時間はどんどん経つが、いっこうにはかの手がかりが掴めず諦めかけてたときのことだ。山道をいったん離れて車道から墓地を眺めると、我が一族の名前を刻んだ墓石が浮かび上がった。あ、あんなところに父と母が眠っていて、私が来たと手を振ってくれているように、墓石は輝いていた。嬉しかった。もし出会えなかったら何のために東京から来たのか分からない。
何かかたじけない大いなる御心が作用してくれたのではないだろうか。出会えることが出来、私は安堵した。
持ってきた2つの花束をさっそく花活けに差し込み、私は墓に向かって手を合わせた。

こ半刻して辞去した。墓地の麓から父母の墓を見上げると、さきほど差した花束に、黄色い蝶がまとわり遊んでいた。あ、二人が私の来訪を喜んでいるとちょっかんした。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2014-11-01 22:45 | Comments(0)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧