定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

<   2014年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

広島の山と海そして川

庚午の家

広島に移り住んだのは1993年の頃。ひょっとすると1992年の初夏だったかもしれない。このごろ記憶がどんどん薄れる。ただ視覚記憶は鮮明だ。初めて入った庚午の一軒家のまわりの風景はいまもはっきり覚えている。向かいの児童公園の白い土に埋め込まれた動物たちのレリーフや家の玄関の薄暗い光景も昨日のように覚えている。

今振り返ると、あのあたりの白い美しい土は花崗岩の風化した「まさ土」だったのだろうか。握るとつぶつぶの砂利のような感触があった。私が住んだ庚午の町は海に近い場所でおそらく埋めたてされた区域ではなかったろうか。盛り土に中国山地のまさ土が用いられていたのではないかと推察する。雨が降ってもすぐ乾く心地良い土だと感じていた。それが、今回の土砂災害では元凶となったという。無念としか言いようのない。

電車の駅は、宮島線の古江。駅のそばにアバンセという高級食材を扱うマーケットがあって、関東の味が恋しくなると時々利用した。
駅からすぐ近くに山麓があり、5分も歩けば小高い丘のような山にたくさんの住宅が軒を接するようにして並んでいた。凪の多い広島では風通しのいい山の住宅は快適のように思えたのだが。
体力育成を兼ねて、山の頂きにある神社まで散歩した。少し早足で駆け上がり、峰に出て、広島湾を一望するのが楽しみであった。穏やかな安芸の山や川がまさかあのような修羅に変わるとは想像もつかなかった。
今、ふと思った。井伏鱒二の名作「黒い雨」の主人公たちが出発するのも古江の港だった。舟が港を出てまもなく黒い雨と遭遇する。古江は爆心地の風下にあたり、70年も前に大きな災厄に襲われていたのだ。こんな大切なことを、当時の私はまったく一顧だにしていなかった。

広島で大きな土砂災害が起きて10日あまり。すっかり気温が下がり、東京は秋の風情がただよう。本日で8月盡、子どもらの夏休みは終わり明日から学校が始まる。広島の避難所にいて壁新聞を作ったという少女たちの暮らしは確保できたのだろうか。9月になれば台風のシーズン。今年はなにとぞ雨台風が来ませんように。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2014-08-31 11:56 | Comments(0)

急激な“冷え込み”

急激な“冷え込み”

 今朝の気温は20度を切っていた。戸を開けて寝たら寝冷えをしそうになり、慌てて明け方に閉めた。この10日ほどの気候の変動はいったいどうしたことか。何が地球の表面で起きているのだろうか。畏友ハタノ氏によればバクテリアレベルでは地球というガイアは何も変わっていないということなのだが、人類など哺乳類のレベルでは変化が著しい。豪雨、洪水、竜巻、ひょう・・・
 
 永田浩三君が力作を8月に発表した。岩波現代文庫『NHKと政治権力~番組改変事件当事者の証言』。2001年に起きた慰安婦問題の番組が改変されたことをめぐって、裁判でも争われることになった。その当事者の1人であった永田君が、顛末を彼の視点から克明に描いたノンフィクションである。彼には、同じ主題をとりあつかった作品『NHK 鉄の沈黙はだれのために』が先行してあるが、2014年の問題意識のなかであらためて事件を見つめたのが本作であって、けっして類作を再生産したわけではない。今日の政治構造、為政者や放送局中枢らの動向をにらんで、永田君は深い危機感をもってこの作品を一気呵成に書き上げたと推測される。端々にその情熱が白熱している。生々しい事件の顛末もさりながら、放送表現のあるべき理路を求めて必死に情況と格闘しようとする筆者の健気な姿勢に胸に迫るものがある。

 こういう問いかけに対して、今のわたしはどれほど情況と向き合っているだろうか。振り返ると忸怩たるものがあるが、それでも日日の番組をひとつひとつ取り組むしかない。
8月は3本の新作を制作したが、すべてスポーツ関係者とした。帝京大学ラグビー部監督の岩出雅之、元ヤクルトで野球解説の宮本慎也、そしてソチ五輪で銀メダルの葛西紀明。
 9月放送の新作分も夏休み前に撮影をしておく関係上、業務がいくつも重なりこの1ヶ月は超多忙な状態となった。まったくの休みなし。それどころか休日出勤もいくつも重ねて、ようやく最終段階までこぎ着けた。
9月は1週、2週が建築家の伊東豊雄、3週がモデルの冨永愛、4週が評論家の山田五郎。伊東作品は2週連続の特別バージョン。試写の回数も通常の倍かかった。山田作品は「課外授業」に始めて参加する会社の制作。熱心ではあったが、手間もかかった。昨夜、最後の作品「冨永」の本編集が終了した。どれも面白いが、とりわけ中学生を相手に冨永が担当した授業のテーマは「怒りって何だろう」という14歳問題に肉迫するもので、なかなか興味深い作品となった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2014-08-28 14:18 | Comments(0)

早く逃げて

土砂災害

 昨夜ナレーション吹き込み作業が、新橋のスタジオで遅くまで続いたこともあって、今(11時過ぎ)目が覚めた。テレビを点けると中国山地で発生した土石流のすさまじい空撮映像が飛び込んで来た。何があったのだ。痕跡は半端ない。山肌をごっそりエグっている。中国山地といっても広島市内に属する標高の低い里山のような山地だ。

被害は広島市の安佐南区、安佐北区の市街地の山間部に集中している。中継映像で見るかぎり、やられた建物は古民家でなく比較的新しい現代建築が多い。あの時の長崎の惨状と同じではないか。嫌な予感が脳裏を過った。30年前、長崎大水害で起きたことと同じようなことが起きたのではあるまいか――。

 昭和57年7月末、長崎に一晩で300ミリを越す大雨が降った。そのため市内各地の山間地、傾斜地でたくさんの土砂崩れ、土石流が発生し300人を越える犠牲者を出すこととなった。私はその一月後の8月に長崎に転勤する。
 そこで見たものは想像を絶する大規模な地崩れの爪痕だった。その同じ光景が、今朝の広島山間地にいくつも広がっている。

 長崎の場合、土石流が発生した地域を調べると、滑石(なめし)、鳴滝、本河内など土石が流れやすい地域の特徴を織り込んだ古い名が浮かび上がった。被害が出た場所は古来くりかえし災害が起きていたのだ。古人はこのようにして危険区域のことを伝承してきたのだろう。古くから住んでいる住民はもともと地盤がゆるいということを知ってはいた。しかし、新しく戦後移り住んだ人たちは地形の元来の様相を知らないままであったから、大水害発生のときも避難に遅れが生じて、かなりの犠牲が出た。このことを私は半年かけて調べ、次の年の7月に特集番組として全国に報じた。そのとき在来の住民と到来新参の住民の間に情報の格差があることを強い危機感を持って訴えた。情報の共有こそ命を守る武器だと私は言いたかった。

 今回の広島の被害区域の様子を見ていると、どうも”新しい”住民の居住地が多くやられているような気がする。なかには土石流の筋道のなかにあって被害を受けている現代建築物もある。かつてそのあたりに地崩れなどが発生したことがあるやもしれないが、そういう古説はおそらく昔から住んでいる人には伝わっていたかもしれないが、新しい住民には伝わっていなかった可能性が高い。新住民には現在の造成された宅地しか見えず、古来の地形の特徴などを知る機会などなかったのではないだろうか。現代の進化した建築技術は、皮肉なことに災害発生の可能性の高い区域ですら住宅を建設することが可能になったのだ。

 上述したことはあくまで仮説でしかない。災害は発生したばかりで、原因究明はこれからだ。だがこれ以上の被害を出さないためにも避難は早めに決断してもらいたい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2014-08-20 12:35 | Comments(0)

ラリっぱなし

ラリっぱなし

 アイパッドに夢中だということは前に書いた。特に2ちゃんねるの「不倫・浮気」ドキュメントがお気に入りで、そのなかから骨太の作品を見つけようと、毎夜鵜の目鷹の目で記事を読みふけっている。コレクションが50本ほどになった。さすがに部屋にこもってアイパッドばかり眺めている亭主の姿は面妖で、「頭がおかしいんじゃないの」と御伴侶さんからきついお叱りの言葉を受けるありさま。

 すべて投げ捨てネットの不倫記事を昼夜別なく読みふけっていたら、ほぼ読了になりつつある。めぼしい作品はほとんど目を通した。ラリっていた頭がすこし正気にもどり、昨日今日とブログの記事を起こしつつある。その一方、読むべき記事がなくなりもの足りなさも感じている。そこで、今朝は「泣ける話」というカテゴリーにちょっと立ち寄ってみた。
 どうせお涙頂戴だろうと上から目線で読みはじめると、駄目だ。汗が、腕や脚から出ないで目からぽたぽた出てくる。
 たとえば、「赤いランドセル」。・・・詳細はここでは書かない。このボキャブラリーで検索すればすぐ出てくるから、関心のある人はご自分で検索されたし。

 ということで、「不倫・浮気」のリーディングがそろそろ終わりに近づいたと思ったら、今度は「泣ける話」探しにはまってしまった。まったく度し難い。

 さて、自慢ではないが、まったくの機会オンチ。いまだにアイパッドの機能の5パーセントぐらいしか使いこんでいない。ウィンドウズなら、同僚に教えてもらいながら機能を覚えるのだが、マックはほとんど使うものがいないので、IT技術が進まない。ラインですら出来ないのだ。だから、ときどき他からアイパッド活用の指示が来ても、私としてはお手上げだということを知っていただくうえでも、この際ここにそのことを記しておく。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2014-08-14 12:54 | Comments(0)

ちょっと休息

ちょっと休息

8月13日。うすぐもり、蒸し暑い。といっても、先週初めまであった暑熱、炎熱の類ではない。今朝は、午前中ずっと家にいて英気をやしなっていた。このところの多忙で、体がすこし悲鳴をあげていたからだ。

8月に入ってから、「課外授業」を4本並行して制作という無茶苦茶なスケジュールに追い込まれているのだ。来週金曜日放送の「宮本慎也 快感!ダブルプレー」。来月放送予定の「山田五郎 街はキャッチコピーでいっぱい」。9月あたまに2週連続放送の「伊東豊雄 湖畔にみんなの家をつくろう」。このうち、宮本篇、山田篇は昨日までに完成。本日、最終の試写を終えて納品する予定になっている。

ちょっとだけ隙間ができたので、朝のうちに骨休みしたというわけ。
作品の出来はというと、やや自慢めくが、なかなか巧みな両作品になっている。宮本さんは19年間ヤクルトで活躍し、ゴールデングラブ賞を10回も獲得した名手。今年から野球解説者として活躍している。その宮本さんが、吹田市にある母校でダブルプレーを子どもたちといっしょに挑戦するのだが、このプレーに役立つ大事なことを事前にちょっと注入すると、子どもたちの動きが俄然よくなってくるのだ。さて、その大事なこととは。
12CHの人気番組「アドマチック天国」でおなじみの山田五郎さんが母校のある世田谷若林の名物を子どもたちといっしょに探すお話が「街はキャッチコピーでいっぱい」。街の達人だけあって、五郎さんの探すポイントはちょっと捻りが効いている。その教えを受けた子どもたちが松蔭神社や世田谷線界隈をくるくると走り回って、街の魅力をみつけてくるのだ。世田谷は今開発が進んで、まわりには下北沢、三軒茶屋、二子多摩川など新しい街作りが進んでいる。そんななか。若林にはどんな特徴があるのだろうか。5つの班に分かれた子どもたちが若林のあちこちに散らばっていて、そのフォローをする五郎さんはママチャリに乗って登場というユニークな演出もいい。
こうして、佳作にまでこぎつけたから、すこし余裕のあるコメントをかましているが、先週は編集が停滞してなかなか主題が定まらず苦しんでいた。やっとトンネルのひとつを抜けた気分。
 明日からは、“大作”の「建築家・伊東豊雄」篇と「冨永愛」篇のトンネルに突入する。

 作るたびに思うのだが、この「課外授業」という番組の主人公は、ゲストティーチャーだけでなく授業を受ける子どもたちもだということを痛感する。最初緊張している子どもたちが、時間を重ねるごとに「良い顔」に変わっていく。その場に立ち会える喜びを制作者たちは、いっつも感じている。

 とにかく8月9月は新作が7本も並び多忙であるが充実したときを送っていた。まもなくその成果を世の中に押し出す。いささか緊張かつ武者ぶるい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2014-08-13 13:34 | Comments(0)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧