定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

<   2014年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

やっぱり野球選手

やっぱり野球選手

「課外授業・ようこそ先輩」のゲストティーチャーの1人に、今年度もある野球選手を予定している。

1998年4月から始まった本番組は、これまで16年間で570名余りの「先生」を故郷の教壇に送ってきた。さまざまな職業、業績をもった人たちだ。そのなかに、野球選手が11人含まれている。おそらく職種別でいえば最多の登用だろう。ちょっと、その足跡をたどってみる。

1998年11月 中畑清(野手)「大声で・・・夢をつかみ捕れ!」
2000年2月 古田敦也(捕手)「記録でつかめ、チームの勝利」
2001年12月 長谷川滋利(投手)「大リーグ式 心のコントロール」
2004年5月 村田兆治(投手)「本気でキャッチボール挑戦」
2005年1月 星野仙一(解説者)「悔しさを見つめる」
2005年3月 松井秀喜(野手)「夢を夢で終わらせない」
2009年4月 山崎武司(野手)「チームのためって、どんなプレー」
2010年3月 板東英二(タレント)「野球で人生を学ぼう」
2010年5月 野村克也(解説者)「『失敗』と書いて『成長』と読む」
2010年7月 赤星憲広(野手)「勇気をもって一歩を踏み出せ」
2014年1月 三浦大輔(投手)「一球にかける集中力」

必ずしも“大選手”ばかりとはかぎらない。でも、人とは違う才能をもった異才と目して選抜してきたことはすぐ分かる。盗塁の名手赤星、華麗な守備の山崎、巧みな配球指示の古田らの登場が示している。こういうタイプの主人公の授業計画は立てやすい。赤星であれば、1、2塁間の盗塁をいかに成功させるか。走力、瞬発力の強化をメインに授業案を組み立てればいい。古田であれば、スコアブックをテキストにして球種の変化のさせ方などを番組上の「仕掛け」にすることができる。
 一方、偉大な選手で、野球人たちからもリスペクトされるような野村などになると、具体的な野球論より生き方を示す人生論が優先されがちで、そうなると番組は講義中心となり、「課外授業」としては魅力が半減することもおおいにありうる。大選手の「授業」が必ずしも面白いとは言い切れない。
 もちろん、野村の場合もそうならないように、事前にしっかり動き(アクション)のある授業計画を担当者は立てて本番に臨んだから、授業が退屈ということはけっしてなかった。このことは本人の名誉のためにもしっかり明記しておく。

では、他のスポーツ分野での先生はどんな人材で、どれぐらいの数の登用があるのだろうか。参考までに他のスポーツの登場者を以下に列記しておく
陸上高野進(元オリンピック陸上選手)1999年5月「富士を走れ、自立のススメ」
伊東浩司(短距離ランナー)2002年9月「工夫で越えろ、自分の限界」
為末大(プロ陸上選手)「こえよう、走りの限界」 2008年2月
朝原宣治(北京五輪銅メダリスト)「信じてバトンをつなぐ」2009年5月
マラソン増田明美(スポーツジャーナリスト) 「走ってころんで、また走れ」1998年9月
有森裕子 (マラソンランナー) 「苦しい顔がいい顔」2000年6月
バスケット 
神保康広 車椅子バスケット選手 「優しいパスで勝利をめざせ」2002年7月
柔道山下泰裕 (柔道八段) 「強くなるほど優しくなれ」2004年1月
古賀稔彦(柔道家「あきらめからは何も生まれない」)2008年7月
鈴木桂治(柔道家) 「本当の強さって何だろう」2012年1月
大相撲九重貢(元千代ノ富士、相撲親方)「負けて覚える相撲かな」1998年4月
舞の海秀平(元大相撲力士) 「土俵で学ぶ勝負のこころ」2002年4月
ボクシング具志堅用高(元プロボクサー) 「最後まであきらめるな」1999年1月
坂本博之(元プロボクサー)「拳で伝えろ」2007年11月
村田諒太(ボクサー)「出会い、苦しいときこそ前に出る」 2012年12月
スキー岡部哲也(元W杯スキー選手) 「ピンチはチャンスだ」2001年3月
萩原健司(元ノルディック複合選手)「めざせ、キングオブスキー」 2003年2月
スケート荒川静香(フィギュアスケーター)「スケートでつなぐ みんなの心」 2007年9月
清水宏保(スピードスケート金メダリスト)「体話をしてみよう」 2011年1月
サッカー北沢豪(サッカー解説者)「観て・考えて・動く」2006年1月
上川徹(元サッカー国際審判員)「ルールは自由の源だ」 2008年9月
テニス伊達公子(元テニスプレイヤー)「決めろ、明日へのリターンエース」1999年7月
杉山愛プロテニスプレイヤー) 「“すること”を楽しもう」2010年6月
ソフトボール宇津木妙子(元全日本ソフトボール監督)「あきらめないで、もう一歩」2008年1月
バレー吉原知子(元バレーボール選手)「アタックは“ありがとう”」 2007年12月
荻野正二(男子バレーボール主将)「限界をとっぱらえ」 2008年12月
柳本晶一(女子バレー監督)「失敗のとなりにチャンスがある」2006年4月
ゴルフ青木功(プロゴルファー)「工夫で挑め、ホールインワン」2003年4月
水泳長崎宏子(元オリンピック水泳選手)「水のパワーでリラックス」2001年2月
鈴木大地 (元水泳選手)「どこまで魚になれるだろう?」 2003年9月
成田真由美(パラリンピック金メダリスト)「諦めない気持ちで泳いでみよう」2005年2月
体操森末慎二(元体操金メダリスト)「潜在能力を引き出せ」2000年9月 

ラグビー大八木淳史(ラグビー元日本代表)「心にパス、友情にトライ」1999年10月
競輪中野浩一(元競輪選手)「ペダルを踏んで夢に挑む」2004年4月
ヨット西村一広(ヨットマン)「風と友だちになろう」2004年9月
白石康次郎(ヨットマン) 「夢はかならずかなえられる」2005年6月
アーチェリー山本博(アーチェリー銀メダリスト)「自分をはげます元気のもと」2005年11月

こうして比較すると、野球選手の数が圧倒的に多い。やはり、日本ではまだまだ野球がスポーツの王様といえるのかもしれない。だが、早晩、男女のサッカー選手の増加が起きることは予想し難いことはない。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2014-05-28 16:22 | Comments(2)

時代はめぐる

20年は小過去か大過去か

映画のVHS化されていた作品でもDVDやブルーレイなど新しい媒体になっていないものがずいぶんあるようだ。こんな名作がと思われる作品でも現代では見ることができないという不便な状況が生まれている。
先々週、授業でアウシュビッツの逸話について触れたとき、スタイロンの「ソフィーの選択」を学生たちに推奨し、映画化された作品がツタヤへ行けば入手できるだろうと広言した。後日、確認に行ったところVHSは廃盤で、新媒体のDVDはなかった。たしか、主演のメリル・ストリープが映画祭でグランプリを受賞した名作中の名作だったにもかかわらず、DECADE現在では見ることがかなわない。
昨日、映画の好きな友人Kと最近のビデオ事情について意見を交わしたときのことだ。ウォン・カーワイの「欲望の翼」の画質が悪いビデオテープを入手し、久しぶりに見た感動をあつく語っていた。「欲望の翼」なんて作品は20年ほど前だから、当然ビデオ化、DVD化されていると思ったがそうでもないらしい。
 この映画を撮っていた頃のウォンの才能はきらきらしていたが、その後名前を失っていく。最近、新しいスタイルで復活してきたと、Kは期待をこめて語った。
 最近の若者は、ウオン・カーワイの名前などほとんど知らないと嘆いてみせると、Kは面白いことを言った。
 自分らが青春だった1970年代の頃、20年前のオーソン・ウェルズのことをどれほど知っていただろう。あの当時、「市民ケーン」「第3の男」など古臭い時代遅れの作品に見ていたではないかと自戒をこめて語った。
 たかだか20年というDECADE。60代のわれらから見ればついこの間の「小過去」。でも20代の若者から見れば、彼の人生まるごとの「大過去」になってしまうのだ。そういえば、昔ベストセラーで「象の時間、ねずみの時間」というのがあった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2014-05-27 14:25 | Comments(0)

同期の会

同期の会

昨夕、昭和45年入社の同期4人が、西口前の中華料理店S楼に集まった。本来15人ほどいるが、定年を契機に故郷(くに)に帰ったり、病をやしなったり、親の介護で多忙であったりして5月の例会に集まったのは、わずか4人。

幹事のY君がしょげているからどうしたかと聞くと、ここ数日ついてないことが続くとこぼす。その最たるものが、昨日交通事故をやってしまったという。そのわりに外観はどこも異常がないがと問うと、自損事故で車をガードレールにぶつけてしまったとげっそりして言う。運よく千葉の田舎道だったので交通量も少なく、自分だけの被害であったとそこだけ安堵した表情で語った。
そこから始まったのが、各自の病気への備え、闘病のコツなど病気自慢。前立腺がん、糖尿病、脳梗塞、など現在治療にいそしむ自分の病をさも大事そうに語る。闘病は大変だと言いながら、いきいき病態を語っている姿を見ると、実は病を愛しているのではと冷やかしたくなる。

いつもダンディなY君が前立腺がんとの闘いをさらりとかつ腹立たしげに語るさまには、同病ということもあって共感した。ただし、小生は前立腺肥大。彼はがんだからもう少し深刻かもしれない。
とにかく、病気の話で2時間があっという間に過ぎた。
雨上がりの澁谷の町を4人はやはり病気の話の続きを語りながら、駅へ向かった。44年前、入社したばかりの4人や仲間は希望と野心にあふれて、澁谷センター街を闊歩していたはずだが、紅顔は鬢に白いものが混じり、甲高い声はしわがれ、歩幅は狭くなった。だけど、少しも悲しくない。むしろなんだか嬉しい。なぜだろう。老人力がついたからだろうか。
死ぬこと、老いることは必然。それがどうした。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2014-05-22 10:53 | Comments(1)

ニューズレター

ニューズレター

「課外授業・ようこそ先輩」の新作がここまでに3本出た。あちこちで話題になりはじめた。ちょっと嬉しい。このシリーズの好調ぶりを、制作に参画してくれている各プロダクションに伝えようと、昨日ニューズレターを出した。その一部を紹介する。

「お久しぶりです。
課外授業は、新年度に入ってから好調です。
1本目、畠山美由紀さん。気仙沼の故郷を思う心と、「二十四の瞳」のような子どもたちとの出会いに心震えたというお手紙やメールがありました。
2本目、水道橋博士。博士の小学生スタイル、学生服に半ズボン、それに学帽というイデタチでクラスの子どもたちも観客の心もぱっとつかみました。しかし、授業内容は実にシリアスで、子どもたちに他者とあることの意味を深く語り、プロ筋から高い評価をいただきました。
3本目、デーモン閣下。どかんと話題になりました。むろん、あのメイクのまんまの「魔物になるすすめ」。これも外観とちがって、実に深い人生観開陳で、おおぜいの共感を得ました。視聴率もぐいぐい上昇しはじめ、ついにデーモン閣下で大台を越えたのです。評判がいいので特別に6月1日(日)の午後帯に再放送になりそうです。

この後、ファンタジーの巨匠角野栄子さんが6月20日に登場します。角野さんはあの「魔女の宅急便」の原作者。子どもたちには根強い人気を誇っています。きっと楽しい授業が展開されるのではないかと期待しています。
夏になると歴史家の磯田道史さん、建築家の伊東豊雄さんが登場。磯田さんは岡山、伊東さんの故郷は下諏訪。両方とも野外でのスケールの大きい仕掛けが見どころになっています。」

この他、生物学者、ファッションモデル、野球選手、脚本家ら多彩な人材を今着々と準備中。
 

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2014-05-21 11:49 | Comments(0)

懐かしい詩人

魂魄の裂け目に夏風邪忍びけり

注 8月14日に、この句を見直す。魂魄の裂け目に夏風邪忍び入り


先週の半ば、晩酌の度が過ぎて、そのまま薄着でうたた寝を2時間。てき面夏風邪をひいた。木曜日の朝には声がかすれ、金曜日には微熱をともないとうとう、金曜夜半には声は音を押し出すのが精いっぱいといった有様に成り果てた。金曜日の4限は大学で映像メディア論の講義をせねばならない。こんな状態で大丈夫だろうかと危ぶんだが、なんとか90分乗り切った。多少無理をしたのか、翌土曜日から床に伏せったままとなる。

日曜の昼下がり、やっと咳が止まり発語も少しずつ回復。外を見ると、五月の若葉があざやかで空には穏やかな雲が浮かんでいる。気散じに駅中の有隣堂書店でものぞいてみようという気になった。

現在、3階の書店のスペースは改築中で、仮店舗の5階にまで上がらなくてはならない。不便だから、きっと御客も減っただろうと予想したところ豈ハカランや、休日ということもあるのかもしれないが、フロアには老若男女がうじゃうじゃいた。こんなに日本人て書籍が好きな民族だったっけ。近年嘆かれる活字文化衰退などという常套句が嘘のような光景が目黒駅アトレの有隣堂で広がっていた。

店頭に話題書がカラフルなポップカードを従えて、えらそうに並んでいる。湊かなえとか百田尚樹とか、いわゆる売れる書籍、話題の文庫本である。そのなかに意外なものがあった。「吉野弘詩集」である。今年亡くなった詩人吉野弘を偲んで企画された文庫本かもしれないが、こういう「地味な」書籍が店頭に並ぶとは思いもよらなかった。

 その詩集の解説に脚本家の山田太一が寄稿している。吉野の感受性の豊かさを愛でたあと、代表作の「花ひらく」にまつわるエピソードを紹介しているのだ。これを見て少し胸が熱くなった。

 吉野と山田を結びつけたきっかけを私はかつて作ったことがあるのだ。昭和49年だったと思う。ラジオの番組で、「昼休みのおくりもの」という小さなDJ番組を私は担当していた。その月のゲストを決めるのも新人である私の希望で可能という稀有な番組だった。吉野はちょうどNコン(NHK全国学校音楽コンクール)の高校の部の作詞者として、私の部の企画に参加していた。先輩の推薦もあって、思い切って吉野にラジオのゲストDJとしての出演を交渉したところ、快く引き受けてくれた。私は嬉しかった。

 4週間分の番組収録をまとめてするのだが、あらかじめ、どういう内容テーマ構成でいくかということを吉野と打ち合わせた。そのとき、吉野は「今、山田太一さんのドラマにずっと心惹かれているのです。彼をフィーチャーするような内容ができませんかね」と呟いた。まだ雛でしかない新人ディレクターの私には、この要望に応えることはできないまま、そのラジオ収録は終えた。

 私は吉野の山田ドラマに対する思い入れの深さが、その後もずっと気になった。なんとか売れっ子山田太一と接触して、吉野弘の思いを伝えることができないだろうかと腐心した。――そして、ついに、彼のもとへ、吉野の思いをこめた録音テープを届けることが可能となったのだ。私は、夢中でテープを梱包して山田太一宛ての小包を作った。

 その後、二人の関係がどうなったかは知らない。だが、折に触れて読む山田のエッセーに吉野の詩のことが言及されることが多くなったと私は感じるようになった。
 そして、今年の吉野の訃報である。
おそらく、新しく出た文庫本「吉野弘詩集」の編集協力に山田さんもおおいに力を貸したにちがいない。二人はそこまでの関係になっていたのだと思うと、私の胸はいつしか熱くなっていた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2014-05-11 17:36 | Comments(1)

昨日も本日も明日も仕事

昨日も本日も明日も仕事

土砂降りの雨から一転して晴れ渡り夏日になった。天気予報では、昼過ぎには25度近くまで気温があがりそうな気配。ブルーの長袖を7分ほどまでまくりあげ、チノパン履いて出社。澁谷の街角には半そでの熟女やノースリーブの若い娘たちがいた。黄金週間ということで、都心には人が減っているように思えるが、逆に外国人観光客の数がハンパでない。

午前中にアポが入っていない場合は、東急本店そばのコーヒーショップ「C」に寄ることにしている。オーダーはいつもレモンティ。コーヒーショップのくせに、セブンイレブンの店頭珈琲よりまずい。出しがらのような豆で、風味がほとんどないから、ましなレモンティを注文する。代金200円。コーヒー、190円。断然、レモンティをとる。

窓辺の席に陣取り、アイパッドをセッティング。まず本日のスケジュール確認。番組制作に関する打ち合わせ、作業が入っていないか、定期病院検診はないか、外部のインフォーマントとの接見はないか。以上を確かめたうえで、やおらネットの2チャンネルを開く。お気に入りは「気団談」「浮気ちゃんねる」など不倫発覚ドキュメントだ。読者投稿による記事で、なかには創作もあるそうだが、大半が実話(と信じている)ということで、生々しい臨場感があって、目下これにはまっている。はまりすぎて、ブログ執筆のエネルギーが衰弱しているというのが実情だ。

婚姻をしている男女のどちらかが浮気をしているということに、片方が気付いたというところから「物語」は始まる。やがて、興信所などに詳しいリサーチを依頼して、結果が返ってくると、それが事実(マックロとネット住人たちは表現している)と判明し、物語はいっきょに修羅場に突入する。最大のドキドキは、不倫する男女のまさにその最中に現場を押さえに、筆者が飛び込む場面。他人事ながら、筆者の怒髪天の怒りは当方にも伝染し、読みながら憤りに耐えなくなる。やがて、その現場を押さえられた二人に対して、筆者が「もう終わりだ」と言って"天誅”を与えるところが、プロレス的劇場感あんどミトコーモン的カタルシス満載。
 ということで、毎朝、1記事を読んでスカッとして、出社する(といっても契約社員だから毎日出る義務はないのだが)ときの「通過儀礼」となってしまった。この半月のことだ。まことに恥ずかしいかぎりだがネット依存にあるといえるだろう。
 この半月に購入した新刊書籍、「セラピスト」(最相葉月)、「思い出のアメリカテレビ映画」(平凡社新書)、「写字室の旅」(ポール・オースター)、「教誨師」(堀川惠子)
 先週神保町で手に入れた古書「木屑録を読む」、「中村草田男句集」。このなかで読んでいるのは「セラピスト」のみで、現在154頁。まったく話にならないぐらい資料読みが出来ておらず、ネットの実話ものに淫している。ネット言葉でいえば、「脳内お花畑」状態。

実にさまざまな記録がデータベースとして並ぶなかで、昨日、ついに名作に遭遇した。「既婚者の墓場」のサイトにある「クソ旦那マジむかつく」だ。冒頭の文句も明快、「旦那にバレた・・・」。
見事な短編で、読後思わずため息が出た。
 
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2014-05-01 12:35 | Comments(0)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧