定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

<   2014年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

嵐の日曜日

春の嵐か、桜の花か

 午後。白金台5丁目まで我が家から歩いて3分。国立自然教育園に嵐のなか足を運んだ。広い園内には、私のほかに数人しかいない。潔い風景がそこここにある。お花見もバードウォッチングも独占状態。全部、私一人のためにある。たとえ強風にあおられても、雨に叩き付けられても、この春の嵐、居心地はけっして悪くない。
それにしても、庭園内は荒廃していた。何と多くの古木が倒壊しているか、どうやらこの冬の降雪と秋の颱風が甚大な被害を生み出したようだ。樹齢200年以上の椎の木や松の木が根元からばっさり折れている。小楢の林もかなりの数が倒れていた。

 嵐のなかの本日の出動の目的は園内中央のひょうたん池ほとりの桜狩り。染井吉野の見物。エントランスから一気に池まで突き進む。雨風をものともせず、どしどし歩いて池まで行くと見事な桜並木が池の水面に大きな枝を広げていた。ピンクの花びらのせつない美しさ。開花してまもないからか、花びらはしっかり枝とつながっていて、桜はその奢りのような華やかさを木全体で誇っていた。誰もいない。この美しい風景を愛でるのは私ひとり。雨風は一段と強くなる。

 ひょうたん池のS字遊歩道を行くと、正面の水辺に大きな白い羽ばたきが降りてきた。アオサギだ。上面が灰褐色、頭部が灰色の羽毛で被われている。頭部の飾り羽が目立つ。バッグからカメラを取り出して、この大型鳥を狙った。この教育園に通うようになって3年ほどになるが、これまででもっとも接近した鳥観察。少し興奮した。
 さらに近づいた。サギは逃げない。ゆったりと水面の小魚を物色している。私は矢継ぎ早に、シャッターを押す。
 サギが私の方を見た。何か言いたそうな風情だと思ったのは、意識の過剰だろう。サギは私を無視して、飛び立った。

 得をしたような気分で出口に向かう。すみれが薄紫の可憐な花をたくさんつけていた。その傍にカタクリの花がピンクの大きな花弁をゆらゆら垂らしているのに出会った。これまでも図鑑では見ていたが、実物の開花に出会うのは初めて。

 桜見物のつもりで自然教育園に入ったが、それ以上の春の風景にいくつも出会って、十分堪能した。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2014-03-30 16:20 | Comments(0)

春待つ心

花冷えもあだな心と知りながら

朝から冷たい雨が降っている。一昨日の広島の陽気はなんだったのだろう。気温差15度以上の寒さがぶり返している。なかなか春が近づいて来ない。

昨夜は新橋で呑んだ。テレビでお馴染みのサラリーマンの町だ。青森料理の居酒屋で日本酒を二人で六合呑んだ。珍しく深酒になったのも話が盛り上がったからだ。当方の持ちネタをひとしきり喋ると、相方はお返しに、欽ちゃんの逸話をいくつか教えてくれた。そのなかに本人が成仏したあとのプランがあって、これが秀逸のテレビ論になっていて感心した。欽ちゃんはやはり「天才」だ。

明け方の寝床で、50年前の親子で雪の中をクリスマス礼拝に出掛けたときのことを思い出した。粉雪が吹きすさぶなかを、母は末の弟を負い、父は次弟の手を引き、私は先頭に立って駅前の長い新道を歩いた。子供の足で25分はかかったと思う。教会の裏門に着いた頃には、体が熱くほてっていた。長靴を脱ぎオーバーをとって、礼拝堂に向かった。硝子戸の向こうに石炭ストーブが赤く輝いていた光景が忘れられない。若い母親は、3にんの子供らが無事到着できたことを心底ほっとしていたに違いない。晩年、母は折につけてこのときのことを語った。
このエピソードは私の中では、上方落語の「藪入り」と重なる。もしくは蕪村の「春風馬堤曲」の母恋か。慈母の懷袍別に春あり

春を待つは、母を待つに衣替えしていたという他愛もない話、今朝の冷たい雨。
iPadから送信

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2014-03-20 11:44 | Comments(1)

新しい送信のやり方を見つけた

ブログ再開、新しい送信のやり方を見つけた

昨年後半からめっきりブログ作成に向かうことが減った。書いた記事に対してクレームが入ったり、皮肉を言う人がいたりして、いささか嫌気がさした。やはりネットは「公道」なのだ、誰が見ているか分からないという被害妄想をいささかもった。そこへもって、年末にiPadを購入すると、ねっとは「読み」専用になって、書くことがめっきり減った。iPadでブログ記事を立ち上げるのはなかなか面倒なものがあるので、つい敬遠していると、いつの間にか1ヶ月もお休み状態が続くことになった。そのくせ読むほうは四六時中となり、時には深夜にまでおよんだ。

亡くなった喜多さんは晩年の6年間、毎日のようにブログの記事を作成し、他者とのコミュニケーションを持ちかつ自己を表明した。毎日数行の身辺雑記を記すことは彼女にとってきつい作業であっただろうが、「命の道具」でもあった。その喜多さんの血のにじむような努力を知って、最近の自分の怠惰を見苦しく思った。嫌悪。こころを入れ替えて再びブログに戻ろうと決めた。
ところが、iPadのinputの煩わしさを克服するということが課題として残った。

しばし思案。

このメモ作成の機能に送付というのがあることに気づいた。これを使って、記事立ち上げは本来のマイPCでやってみたらいいのではないだろうか。よし、早速実行してみよう。今、ドトールでiPadを使って記事を作成しているが、この完成した原稿をデスクのパソコンに送りつけるのだ。うまくいけば、この記事は11時半頃に、「定年再出発」にアップされているはず。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング
 



iPadから送信
[PR]
by yamato-y | 2014-03-19 11:38 | Comments(0)

50日祭

50日祭

17日、広島に行った。1月5日に死去した喜多素子 さんの50日祭への遅い参加だ。喜多さんの自宅は広島からJRで2つめの五日市にある。正式には佐伯区楽々園。かつて海水浴場であった浜が戦後の早い時期に埋めたて造成された新興の住宅地に、喜多さんのお父さんが閑静な和風建築を建てたのが40年前のこと。電力会社の技師であったというお父さんは口数が少ないが笑顔を絶やさない純朴な人。代わりに喜多さんの最後を詳細に語るお母さんは明るく社交的な人だった。
午後3時。喜多家の門を叩くと、両親が温かく迎えてくれた。わざわざ東京から平日に来てくれたとえらく恐縮している。そのことがかえって当方の緊張をさそう。お悔やみをどう切り出そうかと、持参した東京の菓子折りを手にしたまま一瞬狼狽えた。

玄関を入ってすぐ左手にある和風の応接間に通された。奥の床の間あたりに喜多さんの祭壇があった。写真と遺骨箱をぐるっとお花が囲み、背中には青々とした榊の葉の柱がずらりと並んでいた。線香もないし位牌も戒名を記した短冊もない。そのことを問うと、父上が「うちの故郷の尾道では神式が主流なんですよ」と答えた。

2時間ほど、喜多さんの思い出で話が弾んだ。思っていた以上に、両親は喜多さんの生前の働いていた姿のことを知りたがり、私の持ち出す職場エピソードを面白そうにかつ珍しそうに聞き入ってくれた。ついつい私も調子に乗って、20年前の現場のドタバタ話を仕方噺で語ることとなった。喜多さんは家では職場のことをまったく話してはいなかったということで、私から聞かされた逸話は、まったく知らない別人の話を聞くようだと、満足げに言っていただいたことに、来た甲斐があったと安堵した。(子が親よりも先に逝くという逆縁。お二人はどんなに苦しまれたことだろう。)

17日はいつになく穏やかな春の日和、気温が18度を超えていた。私たちの笑い声で、遺影の喜多さんも心なしか微笑しているように思えた。

辞去する前に、喜多さんの闘病のことを聞いた。それは私の想像を絶するものであった。16年前に食道の異物を見つけて、すぐ食道癌を発症。放射線治療を重ねて恢復。癌細胞をすべて除去したと安堵して8年ほどは元気に働き遊んでもいた。ところが、ふたたび食道に異変を感じると、重篤な病が彼女を襲った。舌癌まで発症。この4,5年はほとんどベッドに伏せったままの状態となる。そして、昨年の後半から末期治療としての緩和ケアの病室に入って、最後を覚悟していたようだ。口から食べたり飲んだりできないので腸瘻(ちょうろう)をつけた。この1年間、かのじょはまったく食べ物を口にしないばかりか水も自分の唾液も飲まなかったそうだ。どれほど喉が渇いたであろう、どんなに空腹であったろう。そんな境遇に苛立つことも激することもなく従容と運命を受け入れていた。

最期の日も、自分では食すことはできないが、野菜サラダを作ろうとしていた。少し
気分が悪くなって床に伏せた。すると大きな吐血。母上は喜多さんの体を抱いた。苦しむこともなく眠るように喜多さんは逝った。お母さんは後に、「まるで、神様がすーっとすくいあげるように」と書いている。素子さんのからだも魂も、お母さんから神様にを引き取られたのだ。そのとき。
喜多さんはやっと苦しみから解放されたのだ。

お疲れさまでした。サヨナラ喜多さん。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2014-03-18 13:56 | Comments(1)

魔物になったら

魔物になったら

 なんとなく憂鬱なことが多い。今年は「冬ソナ」放送から10年目という節目、にもかかわらず日韓関係険しく、玄界灘波高しだ。シリアもウクライナも、イラクやエジプトまでもすべて波乱含み。幼い難民の窮状が毎日のように飛び込んでくる。3年目のフクシマとてその苦悩は少しも和らぐものはない。土曜日深夜のETV特集はその厳しい現実を伝えていた。

 私自身の番組作りも、いよいよ新年度放送の作品用のロケが始まっている。先週はシンガーソングライターの畠山美由紀さんが故郷気仙沼で「歌の力」を発揮する授業を無事終えた。4月25日放送の作品。
 さらに5月放送のデーモン閣下のロケが今週末から始まる。魔界からやってきたデーモン閣下も幼いころは中野の小学校に在籍したことがある。そこで繰り広げられる授業は、子どもたち全員が魔物に変身して、悪魔のこころで何でも言ってみたり行動したりしてみようという授業だ。
 この授業案を練るとき、ディレクターたちの幾度も議論をしたのだが、そのなかで「悪魔は自由で、人を身分や外見で判断しない」というテーゼが飛び出してきたことは実に愉快なことだった。悪いということは、必ずしも意地悪や恨みや暴力だけとはかぎらないのだ。強いこと、すべての存在は対等であること、などの属性もまた悪魔のものなのだ。いまどきのオトナもこの悪魔のご利益にすこし与ってみるのも悪くないのでは。

 昨日、田舎の中学校の同窓生が4人集まり、ミニ同窓会が澁谷で開かれた。そこに50年ぶりのトモが来た。中学校を卒業したあと他県の高校へ進学したため消息が不明になった。奇特な人がその存在を探してくれて、昨日の同窓会となった。50年以上も前のことが、まるで昨日のことのように思い出される、というのも同窓会の効用。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2014-03-10 17:21 | Comments(0)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧