定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

<   2014年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

エッセーのようなもの

エッセーのような番組(もの)


 昨夜、本体のMプロデューサーと意見交換を兼ねて酒を飲んだ。Mさんはとても優秀な52歳で、今もっとも乗っているプロデューサーのひとり。先年、「英語でしゃべらナイト」という新機軸の番組を制作して名を挙げた。現在は私の担当する「課外授業・ようこそ先輩」の元請けプロデュースをするほか、現代思想を一覧するようなトーク番組を受け持っている。

 3月も近づいて、来年度の「課外授業・ようこそ先輩」の放送計画について意見を交わすことにしたのだ。Mさんはワイン派なので、会社の近所のフランスめし屋で一杯傾けながら4月から8月までに登場する人物をめぐって参考意見を聴いた。これに関して私の考えとMさんのそれはそれほどずれはなかった。「課外授業」に関する話し合いはすぐに終わった。

 夜も更けて、当該の番組よりも番組の制作論に話が及んだ。そこでMさんは面白い意見を語ったのだ。
 番組というものは、ロケで撮影してきた素材だけできっちり構成するいわゆるフィーチャードキュメンタリーからスタジオで出演者がトークする番組までさまざまな形態がある。それぞれ持ち味があって、どれがいいというわけではないが、往々にして緻密に構成されたドキュメンタリーがテレビ番組のなかで内外から高い評価を受けることが多い。その典型はNHKスペシャル(通称Nスペ)。これは数ヶ月かけて取材した素材を、アタマからケツまできちんと並べ構成した作品性の高いもので、ディレクターであれば誰しも憧れる番組形式といえるだろう。特集と名をうつだけあって、取材の厚さにしても仕上げの丁寧さにおいてもレギュラー番組とはひと味違う。こういう特集ドキュメンタリーをハード(本格派)ドキュメンタリーと一応呼んでおこう。
 このハードな作品までいかないが、それなりに構成され構造化された番組群がある。「課外授業」もそのひとつ。こういう作品をエッセーと呼んだらいいのではないかとMさんは言うのだ。面白いことを考えているなあと、私は少し嬉しくなった。

 エッセーとは和訳では随筆という文学形式を指す。つまり折々に感じたことを文章に表した文学の小作品というようなものだろうか。小説のような大きな結構を持たないが、一応オープニング、エンディング、クライマックスというプロットをもって構造化された文章を指す。感想・思索・思想をまとめた散文で、取り扱うジャンルは一応ノンフィクションといえる。このエッセーのようなものにあたるテレビ番組の群れをMさんはハードドキュメンタリーとは違うノンフィクションの作品群として括ったらどうだろうというのだ。
 ああ、ここにもテレビの形式というものを懸命に考えている人がいるなと、私は嬉しくなったのだ。
 最近、週刊誌などで番組批評などを読むと、ほとんど印象でしか語っていないうすっぺらいメディア学者の意見を目にすることが多い。なんだかおばさんのお茶飲み話のような意見をご大層に持ち出しているのを見ると、この文化の薄っぺらさを感じて不快だったが、Mさんのようにテレビという視聴覚メディアの可能性をまだまだ追究していこうとする人がいることが、わが事のように嬉しかったのだ。
 ちなみにウィキペディアによれば、《「essai」の原義は「試み」であり、「試論(試みの論文)」という意味を経て文学ジャンルとなった。》とある。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2014-02-26 07:49 | Comments(0)

無為の日々

無為の日々

時が経つ。流れると言っていいだろうか、日々がただ過ぎ去っていく。
たしかに、束の間五感を通して染み入るものがある。晩冬の丹沢、早春の青空を仰いで晴れやかさを感じ取ることもある。ものの芽のほぐれる様を見て時節の移り変わりにため息をもらすこともある。ただ振り返ると、記憶というか思いというか淡い。そのとき何を考えていたのか、何を望んでいたのかはっきりとは覚えていない。つまり、どうでもいいことをただだらだらと時間を貪って生きていたに過ぎない。

 人生の晩節を生きるということはどういうことなのだろう。死に向かって生きるということか。新しい希望をもって生きるということではなく、終わりをどう迎えるかということを腐心して生きることなのか。それでは「生きる」ということでなく「死を生きる」ということにならないだろうか。分からない。

 大澤真幸から教えられたのだが、インドでゼロが発見されたのは思弁的ではなく、人間の社会活動の実践のなかで生まれたと考えるほうが妥当だという。インド哲学に表れる「空」がゼロという概念を導いたと考えるより、実際の商いや建築、収税など為事のなかで生み出されたのではないかという。ちょっと感動した。

 死を観念のなかでもてあそぶのではなく、実際の仕事や口喧嘩、病気、苦悩、連帯感、軋轢、隣人愛、旅行、スポーツなどの活動のなかで捉えていく。想起する。安易に形而上の世界に滑っていかない。こういう考え方もあるかもしれない。

 山田洋次の「小さいおうち」を見た。原作も前に読んだ。物語の時代が昭和十年というのがいいなと思っていたが、この映画もその雰囲気を作ることにかなり注力していることがすぐ分かった。松たか子、黒木華の主役は悪くないが、山田好みの米倉斉加年、ラサール石井, 中嶋朋子,吉岡秀隆, 橋爪功,吉行和子, 松金よね子, 妻夫木聡, 笹野高史, 小林稔侍, 林家正蔵, 夏川結衣らの顔ぶれは鼻につく。特に、終章の大事な役回りの米倉はでっぷりと悪人面で、物語のはかなさという通奏低音がまったく流れない。先年、「東京物語」のリメイクを撮ったせいか、処々に小津構図が登場するのは愛嬌といえば愛嬌か。
 御年80を越えてのラブストーリーに傾ける情熱には頭が下がるが、もう少しモダンにするかもっと古臭くするか、どちらかに吹っ切ってほしい。終わりがいささか冗漫だが、シナリオはうまいものだ。
劇場は平日の昼間だというのに7割ほどの入り。悪くない。大半が私と同世代の前期高齢者だった。



来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング
 


 
[PR]
by yamato-y | 2014-02-24 16:16 | Comments(0)

旅にしあれば

旅にしあれば

 先週、水曜日から3日間九州へ取材に行った。博多で歌謡曲の専門家と会い、長崎で流行歌のコレクター、佐賀で流行歌手の縁の地を訪ねた。

今、日本の戦前の流行歌手たちの動きに関心をもって、社会の流れを見つめようとしている。
 昭和初年、レコード会社が東西に創立され流行歌ブームが起きる。やがて日中戦争、太平洋戦争の時代に突入していくことになるのだが、レコードを通しての歌謡曲の流行は全国に伝播していき、あの「暗い谷間の時代」のエートスを作り上げることになる。という仮説を今私は立てていて、その素材を九州に見いだし、久しぶりに取材旅行に出たのである。

 なぜ九州か。そこには日本の歌謡曲の大きな特徴であるセンチメンタルを表現した巨匠が誕生していたのだ。俳句の世界で言えば高浜虚子にあたる人物といえよう。その人物をめぐって日本歌謡界は戦前から戦後にかけて大きく動いていたのではないかしらむ。
 詳しいことはもっと全容が見えてきた頃に記したいが、この旅で出会った幾人かの研究者、証言者は実に面白い話をいくつも聞かせてくれた。博多の夜は心躍るものがあったということをメモしておく。

 長崎に宿泊して帰途に着く日、底冷えの寒い日となった。早朝の「かもめ」に乗車する前に、駅前の西坂にある二十六聖人像を見に行った。昔働いていた職場のすぐ裏手にある。誰もいない西坂広場の片側に、あの26の聖人のブロンズが静かに林立していた。舟越正武の名作である。30年前に比べて像のプロンズの一部が退色していたのが気にはなったが、依然神々しさが失われていない。感動した。この像たちの前に立つたびに胸を衝かれるのは殉教者のなかに混じっている3人の少年たちだ。あどけない頬をもつ10代前半の男の子らの一途なまなざしが見るものの心を掴んで離さない。この像に再会できただけで旅して来たことを感謝する。

 金曜日、東京へ帰る日。大雪警報が発令され欠航のおそれがあったが辛うじて羽田まで飛ぶことができた。私の乗った次の便から遅延、欠航が続くことになるのだが。京浜急行の車窓の東京の景観は普段より緊張しているように見えた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2014-02-18 08:01 | Comments(0)

もやもや

もやもや

 昨日の都知事選挙の結果を見ても、ソチの五輪の日本の下馬評どおりに立ち行かない記録を見るにつけても、オモシロクナイ。もやもやとしたものが脳内で渦巻く。雪があがって、まぶしい光がもどってきて、春は遠くない、心晴れ晴れ、と言いたかったのに、そうはならない。
 対外的にも、例の靖国参拝で、タカ派の女性評論家は「心が震えた」と手放し礼賛だが、アメリカの失望を買い、中韓からは反日の言説が毎日のように届く。円安で景気のいいのはトヨタや輸出産業で、エネルギー補完の天然ガスの購入が増え貿易赤字は増大、大半の中小企業はマダアベノミクスの余慶にも預かりなし。

かと言って、1年前の1ドル70円台の不況のときほど、経済が落ち込んでいるわけでもなし、大地震のあとの余震も減少したし、南海トラフ大地震襲来の噂もじょじょに減り、ソチ五輪祝賀にご相伴するぐらい、のぬるま湯的繁栄のさなかにある。タクシーの運転手に、「景気は?」と聞くと、「いっこうに良くならないけど、と言って、ひどくもない」

中途半端な気分だ。なんかもやもやする。

だが、こういう気分に陥っている私の感覚というか認識というようなものは、何の情報によって得ているかというメディア論的なことがらにも注意をしておいたほうがいいかもしれない。

最近の週刊誌月刊誌は、どれもアメリカの凋落、衰退、と、アメリカ×の表現ばかり。
ところが、2001年9月1日のテロの頃は、ソ連がこけた後の世界の覇権はアメリカ一国に集中するというアメリカ「ユニラテラリズム(単独行動主義)」が喧伝された。それから10年余りでアメリカの時代は終わったという話に変わっている。たった10年で真逆の流れに変わったんだよ。この間、言われてきたことは本当かよ。いかなる根拠でそういえるのか、ひとりひとりが検証したわけでもなく、なんとなく気分でメディア情報を受け止めている。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング
 
 
[PR]
by yamato-y | 2014-02-10 15:59 | Comments(0)

雪の日に

雪の日に

 吉野弘に「雪の日に」という絶唱があって、なかにこういう文言がある。
 
 雪はひとたび ふりはじめると
 あとからあとから ふりつづく
 雪の汚れを かくすため

 純白を 花びらのように かさねていって
 あとからあとから かさねていって
 雪の汚れを かくすのだ
 
雪の汚れとは純白であらねばならないとありつづけること、純白のなかに宿る汚れをさらに覆い隠すようにして降り積むことを指す。雪の かなしみと吉野はどこかで解説していた。
 最初に読んだのは30歳の頃だったろうか。感傷的な気分も交えたうえで、この詩の美しい言葉遣いにひかれた。

 雪が降る。已む事なく降り続く。吉野の故郷酒田の体験がもとになっているのだろう。
 今日の東京の雪はまさにそういう雪だ。たいていは未明から降っても昼過ぎには泥だらけの雪がての道になってしまう東京の道が今日はずっと白さを維持したまま。さらにその上に新しい雪が降り積む。まるで吉野の詩のように。

追録
 吉野弘は今月死んだ。晩年は富士の見える静岡に移り住んだようだ。出身は山形の酒田だが、長じて上京。詩人として活動を始めると埼玉の狭山に住む。狭山という詩集もある。遺骨はそのゆかりのある狭山に葬られるとうわさで聞いた。春になったら一度Y先輩と墓参りに行きたい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング
 
 

 
[PR]
by yamato-y | 2014-02-08 17:56 | Comments(0)

ふるさとの味

ふるさとの味

リサーチで1時から4時まで、東横沿線のある民家の資料を3人がかりで調査をした。家の応接間に戦前のレコードがゴマンと積み上げられてあった。昭和6、7年から12年までのものが大半だが、当時、売れっ子の歌い手は年に6枚も7枚もレコードを吹き込んでいる。だからわずか数年のレコードだけで山ができる。こんなにたくさんの俗歌、流行歌が世に出ているとは思わなかった。庶民は生でなくてもスタアの歌が聴けるレコードに熱狂していた。でなければ、こんなにたくさんのレコードが生産されるはずがない。

どうも戦後生まれは、戦前は不自由で不便で封建的で軍国主義の暗い時代とすぐ常套のイメージをもってしまうくせがある。(今放送されている「ごちそうさん」の描き方を見よ)
むろん、現代のようななんでもありの世界ではない。情報局の厳しい目があるから、さまざまな規制のなかで流行歌は作られてはいた。
レコードのラベルに音楽のジャンルが印刷されている。
流行歌、国民歌謡、新民謡というワードの他に、時局歌、軍歌というものもある。昭和13年の時局歌に「コロンビア慰問隊」というのがあったので、さっそくターンテーブルに乗せ、レコード針を落として聴いてみた。それは歌謡ショーだった。流行歌手、民謡歌手、俗曲の歌い手が次々に登場してお得意の歌を歌い、歌の合間に戦地にいる兵士に激励や感謝の言葉を寄せるのだ。
前線の兵士たちは、こういうレコードを聞いて故国を思い、恋しいスーチャンを偲んだのであろう。こういうメディアが昭和初年に流行っていたなどということは初めて知った。

 調査開始から3時間。あちこちを調べ苦闘したが、「大発見(スクープ)」というべきものは残念ながら見当たらなかった。調査は半分空振りだったのだ。いささか気落ちしてオフィスに戻った。

 引き出しに先週の勉強会でもらったおやつ昆布があった。小腹もすいたので、袋をばりばりと破って、数枚の昆布を口にする。うまい。さすが北海道の本場の味はいい。どれどれと生産者の所在地をたしかめると、敦賀市金ヶ崎町とある。
なんだ、わが古里じゃないか。途端に、ふるさとの金ケ崎の海がぱーっと目の前に広がった。といったら劇的だが、そうはならない。
ただ昆布を口のなかでぐちゃぐちゃ噛み締めていると、何か懐かしいものが思い出されてくる。あの町の銭湯に夕方行くと、昆布の臭いをまとった若い衆がいたな。仕事のあとの湯なのか疲れて充血した目をまぶしそうにしばたかせていた。夕方のぬるい湯はどこか貧乏くさいと感じていた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング
 
 
[PR]
by yamato-y | 2014-02-06 17:42 | Comments(0)

知死期

知死期(ちしご)

 鏡花の「高野聖」を読んでいたら、知死期という珍しい語に出会った。今はの際、臨終を指す言葉だという。
死が近づいてまもなく死に至るであろうと覚悟する時期をそう呼んだにちがいない。ありがたいというか残念というか私にはまだ知死期がない。

 2ねんほどかけて書いた論文「8・6という記憶の場」が研究誌に収録されたのを機に、抜き刷りを100部ほど作成してもらったので、それを知人たちに細々と送った。そのリアクションの手紙が数通届いた。
 そのなかに京都に住むTさんがいる。一昨年、東京で開いていた番組制作会社を閉じて故地に移り住んだ。年に一度の賀状のやりとりしかないが、いつも氣になっている人だ。高名な思想史の研究者であったTさんに拙論を読んで評価をいただきたいと、冊子を送ったのだ。
律儀に返事と近著を添えた宅配便がTさんから届いた。そこに書かれていた私の論に対する批評は、身にあまる評価の高いもので私を感激させた。
 そして併送された書物は、Tさんが解題を記した、故上山春平の憲法9条論であった。私は昨夜むさぼるようにTさんの解題を読み、感動した。そこに書かれてあること、そして私への批評の言葉を合わせて、あるひとつの企画案が浮かんだ。今年の夏の戦争ジャーナリズムに一石を投じるようなドキュメントのアイディアである。わくわくした。だが、まだ誰にも話さない。話してしまうと、感動した気分はシャボン玉のようにぱちんと弾けることを知っているから。詳細はいずれ動き出したときに書く。

 高野長英を思った。蛮社の獄で連座して牢にとらえられた高野。その後、牢屋が火事になったとき、獄を脱け出し、逃亡の長い道のりを歩くことになった人物。吉田松陰の英雄的な生涯にも劣らない気高い生き方を全うした高野長英。この人物と敬愛するTさんを、いつも私は重ねてしまう。

 とここまで書いて読み返したら、なんとも思わせぶりな文章になってしまったことに気付く。なに気取っているのだいという声もあろうが、あえて私はこういうスタイルで昨夜の感動を残しておきたい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング
 
 
[PR]
by yamato-y | 2014-02-06 11:18 | Comments(0)

雪もよいから一転青空

雪もよいから一転青空

昨夜は夜半過ぎにボタン雪が舞った。積もりはしなかったが、久々に大きな切片を新宿のネオンのなかで見た。タケ先生の診療所で鍼を200本打ってもらって軽い疲労の状態のまま診療所を出て、歌舞伎町をぬけ駅ビル地下街にはいった。おおぜいの人ごみのなかからたくさんの中国語が飛び交う。どうやら春節で大陸から中国人が大挙して押しかけているのだ。日本の団体旅行より小規模のグループを形成した彼らは怖いものなしで繁華街のあちこちをうろついている。(たしか中国の報道官はいつも日本に対して厳しいコメントを発しており、日中間には緊張したものがあるという新聞の論評など、まるでなかったかのような光景)

午後10時を過ぎると雪はやんだ。強い寒気だけが残った。11時ごろ、発刊されてまもない『教誨師』(堀川惠子著・講談社)を手にとって最初の章から読み始めたとき。表で男女の怒鳴りあう声が響いた。痴話喧嘩にしては度を過ぎた音量と叫びだ。恐る恐る窓を開けて耳をすませたが、怒鳴っている言葉の中身は判然としなかった。
あらためて自分は大都会の陋巷に住まっていることを実感した。

明けて2月5日。からりと晴れ上がった。たしかに雪や雨がなくて安心なのだが、風がとびきり冷たい。気温は零度に近いのではないだろうか。出勤途上で水溜りに薄氷が張っているのを見た。昔から冬には強い。少々の雪や氷はものともしない。むしろ痺れるほどの寒さは、今年に入ってからぐだぐだしている私の「精神」をぶちのめしてくれる。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング
 
 
[PR]
by yamato-y | 2014-02-05 13:21 | Comments(0)

病院週間

病院週間

今週は病院に通いづめになりそうだ。
本日が9時半から。腹部エコーおよびCT(コンピュータ断層撮影)、血液化学検査が行われ、終了したのが11時半となった。外へ出ると冷たい雨風が降っていた。大橋の東邦大学病院から神泉を抜けてオフィスまで徒歩で20分。あえて傘をささずにダウンコートのフードをかぶってどしゃどしゃ大またで歩いた。歩くうちに身内がだんだん暖かくなり、こころなしか足取りも軽い。

明日は10時から同病院で泌尿器科にかかる。五十代後期から始まった前立腺肥大の定期診断である。一応ハルナール1錠を毎朝服用しているのだがよくならない。主治医に言わせるとこれ以上悪化させないこと、細胞が癌化させないことが肝心だという。明日の診断のために前々週下腹部のMRIを撮影したが、これが最悪だった。閉所恐怖の私にとって、あの洞穴のような狭い空間に押し込められて10分間耐え忍ぶのは至難である。途中で一服したが、何度もギブアップしそうだった。でも曲りなりにもなんとか耐え忍び、明日の診察ではそのデータが使用されることになるだろう。これだけ苦痛に耐えたのだから、いい結果経過が出ていてほしい。

そして、金曜日午前9時半から、第3外科にて胃癌の予後診察となる。2011年1月に胃の癌細胞切除の手術を受けた。以来、毎月診察を受けていて、金曜日は2月の診察日となる。振り返ると手術から3年経過していたのだ。主治医の長尾先生はどういう診断を下すことになるだろうか。

病院に行くたびに老人の多いことにあらためて日本の高齢化が進んでいることを痛感する。最近は明らかに私と同世代の男女が増えている。さらに老老介護の付き添いも珍しくない。たしかに医療費が嵩んで財政を圧迫していくだろうという予想はおおむね当たっているのではないか。その「要因」が団塊世代で、私はほかならぬ張本人のひとりとなるのだ。どうすれば子や孫世代に迷惑をかけずに老後を終えることができるのだろう。

思えば、父や母たちは若い頃は戦争に翻弄されて辛い前半生を送っただろうが、晩年はある意味で平らかな穏やかな時間を生きていけたと推測する。老母は今の境遇はありがたい、感謝しているという言葉を繰り返した。それに比べて昨今は暗い将来しか見えてこない。年寄りたちも苛立っている。

一昨日、駅前で荷物をかかえて杖をつく老婆がよろけているのを見かねて、声をかけた。「お手伝いしましょうか」。すると、老婆は一瞬顔をそむけたかと思うと、額を朱に染めて罵声を浴びせかけた。「うるさーい。黙れ、この××野郎」「あっちへ行けええ」
何があったか知らないが、見ず知らずの人間に放つような言葉でないものを放つ老婆。頭にくるより哀れにしか思えない。

しかし、時間が経つにつれてだんだん腹がたってきた。あんな人なかで罵詈雑言のうえににらみツケまでして。まるで私が何か加害したといわんばかりの振る舞いは、いくらなんでもないのではと思うと同時に、あれじゃ、いつか大きな災厄に出くわすことになるぞと忌々しく思った。

 さまざまなことが去来する。病院に通いづめになっている私も、路上で癇癪を起こす老婆も、50歩100歩じゃないのか・・・。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング
 
 
[PR]
by yamato-y | 2014-02-04 13:03 | Comments(0)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧