定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

<   2013年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

じじい部隊

じじい部隊

昨夜、震度3の地震があった。あわてて起きてテレビをつけて震源地を確かめた。
房総の内陸部が震源地のようで津浪の心配はないということで一安心。そのまま眠られずテレビをぼーっと見ていたら、仙台放送局が制作した福島原発被害のドキュメントが始まった。立ち入り禁止区域となっている大熊町で活動する役場のOBたちじじいの物語。

60の定年をむかえた7、8名の男たちが、放射線の被害も厭わず現地に留まって、盗難防止や除染作業のデータ収集などを行っている。自らじじい部隊と呼んでいる。
妙な悲壮感もなく、淡々と実務をこなし、村の将来計画を冷静に見据えていこうとする彼らの姿勢に静かな感動を覚えた。

私と同世代ということがなにより共感する理由ではあるが、雑草を刈ったり立木を切ったり肉体労働に勤しむ姿は美しい。ひるがえって、同世代の都知事のあさましい弁解する記者会見を思い出すだに吐き気がする。若い世代がわたしらのことを「団塊のくず」と罵倒していることを先日週刊誌で知ったが、都知事を見ているとそういわれても仕方がない。

話を大熊町じじい部隊に戻すと。除染が少しずつ進んで、帰宅する日も遠くないという見通しをリーダーが語っているのを見て複雑な思いをもった。原発から1キロも離れていない大熊町の表土の放射能が多少減衰したとしても、住民が大挙して帰宅することが可能だろうか。おそらく人が暮らしていくほど回復するのは数百年かかるのではないか。
 ところが住民の気持ちを代弁するじじい部隊のリーダーは早晩帰宅できるだろうという見通しをもっていることに切ないものを感じた。

このドキュメントは汚染地帯の苦境を強調することなく、ユーモアをまじえた希望を語ろうとする姿勢にはおおいに共感するのだが、見終わったあとの印象はなんとも苦いものが残るのだった。  

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2013-11-29 08:34 | Comments(0)

ちりぢりに

明け方に目が覚めて

 午前4時30分。目が覚めトイレに立つ。真水をいっぱい飲んだら目がさえた。ベッドの上でぼんやりしていたら、不意に「落ち葉焚き」の歌詞が脳裏をよぎった。
 ♪垣根の垣根の曲がり角 たき火だたき火だ 落ち葉焚き
  あたろうか あたろうよ 北風ピープー 吹いている
  
  さざんか さざんか 咲いた道 たき火だたき火だ 落ち葉焚き 
  あたろうか あたろうよ しもやけお手てが もうかゆい

 口ずさんでいたら遠い金沢時代を思い出した。暮れが近づく頃、家庭教師のバイトで材木町の上のほうまで歩いて通った。尾張町からバスの駅にして5つほどあったか。当時はバス代がもったいないと歩いた。2、30分の道のりが少しも苦にならなかった。くねくね曲がる道筋にはたしかにさざんかも咲いていた。雨上がりのときなどは黒い地べたにぽっかり白い花が浮かんでみえた。

 夜9時過ぎ。横山町から賢坂辻まで出てバス道とは違う路地をぽとぽと歩いた。師走の金沢は雪の便りもちらほら聞こえてきて、寒さもひとしおだったと思うが、たしか靴下もはかずに薄着で行き来したものだ。

 詳しいことは知らないが、ロンドン五輪で優勝した女子柔道の松本薫さんの出身もこの地区で、兼六中学に通っていたと聞いた。私の教え子も兼六中学から錦ヶ丘高校へ進学した。勉強を教えたあとで出してくれるラーメンが、麺が伸びてはいたが空きっ腹にしみた。松本選手を画面で見ると、いつもそのラーメンを思い出す。

 あの頃、可愛がってくれた人たちもみんな死んでしまっただろう。今生きていれば百歳に近い。ひとりひとりの顔ははっきり思い出せないが表情や口調やその人の気配のようなものが浮かんで来る。竹馬やいろはにほへとちりぢりに、か。


cc
[PR]
by yamato-y | 2013-11-26 05:32 | Comments(1)

千ベロ

千ベロ

1000円出せばべろべろに酔える居酒屋を言う。
私のお気に入りの門前仲町の「魚三」などはその最適の例だ。去年の秋に富岡町の魚三を知ってから、本店の門仲の店に至り、以来渋谷から遠いと厭うこともせず、2月に一度は店の前の列に並ぶようになった。冷静に考えると、あての魚の値段がべらぼうに安いわけでもない。ただ500円以下の値札がずらりと並ぶと安い気がしてくる。おまけに周りは定年後の前期高齢者ばかり目につく客筋で、みな懐が豊かと思えない御仁ばかりだから、きっと低所得に似合った低価格だろうと思い込んでもいる。

ネットで千ベロと打ち込んだら、同類の都内の店の名が20軒ばかりあがってきた。品川、渋谷、新宿、立石など。これをひとつずつ「お遍路」していこうかな。

ところで、土曜日のNスペを見ただろうか。認知症の母と共生してきた日々を追った、極私的ドキュメンタリー。作者はNHKの元ディレクターでドキュメンタリーの「大道香具師」を標榜してきた巨匠相田洋さん。大先輩だ。御年、77歳。「核戦争後の地球」をはじめ、名作をいくつもものしてきたが、現役を離れてもなおマイカメラで認知症の母上を撮影しつづけてきた労作が、看板番組NHKスペシャルとして、週末のゴールデンに登場したのだ。

番組は緻密さから遠く離れた粗いものだが、見る者をぐいぐい引き込む求心力があった。見当識も低下した母が、5分前のことも忘れる童子のようなイノセントで、息子におぶわれて、「どこへ行くの」と聞く。母をかついだ相田氏は、「あの世さあ」とやけくそに軽やかに答える。この乾いたアナーキーなユーモアは何だろう。度肝を抜かれる。

この番組は2つのことを考えさせる。ひとつは、番組制作者はいつまでたっても作るという嗜癖から脱け出せないということ。もうひとつは、ドキュメンタリストは究極の作品は自分の私秘性をすべて明かす覚悟が問われるということ。とてもじゃないが、後者などは私にはできない。



来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2013-11-25 17:57 | Comments(1)

キャリー

キャリー

早めに店仕舞いをして、映画を見に行った。こちとら60以上のシニア料金、全て1000円。ホラーの名作「キャリー」のリメイク版のロードショーを見に行ったのだ。こんな面白い映画だから満員だろうと思っていたら、場内には10人ほどしかいない。ロードショーだっていうのに大丈夫かよう。噂で洋画に人が集まらないと聞いてはいたが、こんな悲惨な状況とはおもいもしなかった。

ところで映画は。ハイスクールの女子学生キャリーが主人公。カルトな母のせいで、生理を教えてもらっておらず、体育の時間に突然
来たものだから、キャリーはパニック。そのざまを見て、いじめっ子はますますキャリーをいじめにかかるという、前半はお決まりのイジメエスカレートの場面。
キャリーは気弱なキャラといっても豊満な谷間をもつ美少女だから、あまり彼女に同情をもつような気にならない。

それでも騙されて卒業パーティに出て、策謀にかかって全身黒ペンキだらけになってから復讐鬼に変貌していくクダリは分かっていても溜飲が下がる。でも、いじめの加害者への報復は意外にたんぱくでややしらける。首を
竹ノコギリで挽く 「ノコギリ挽きの刑」のような陰湿な復讐を期待していたが、そうでもなかった。
とにかく1時間半があっという間に過ぎた。間然とするところがないぐらい面白いのだ。木戸銭1000円は高くない。

・・・昔、敬愛する人が言ったことを思い出した。「人生には、何年かに一度、どうしてもゆるせない存在というのが出てくるものだよ」
 日頃、哲学の叡智などを語る人がこういう言葉を発するのかと、意外な思いがした。その人は続けて、「そういうときはすぐにそういうことに付き合うのはよせ。しばらく経ってほとぼりのさめた頃に・・・」
 この人でも、こういう思いをすることがあったのかと、それを聞いた時感に堪えなかった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2013-11-19 10:07 | Comments(0)

句仲間、猫翁さん

句仲間、猫翁さん

11月の句会が昨日目白であって出席した。8人ほど集まったのだが、4人は私も初めての若い20代30代の会員。馴染みの古い仲間は、みな病気で闘病、入院の境遇にあるということを知る。
私をこの句会に紹介してくれた猫翁さんも、泌尿器の癌と現在闘っていて、11月の会には出てきていない。10月はひょろひょろしながらでも参加していたのに、あの飄々とした猫翁さんの風貌に接することができないことはさみしい。

それでも投句だけは精力的で、雑句、兼題句にはすべて出品していた。
「立冬」のお題にあてた彼の句
口吸われ冬晴れ見たり少女の目
下5の目がいまひとつ工夫のいるところだが、句全体の風情はいかにも猫翁さんらしい諧謔に満ちていて、健在であるなと少し安心した。
 ところが、それ以外の句は――
切り取らる空の一部よ冬病舎
生キテイル小声デ言ッテ悴(カジカ)メリ
寝首のせ枕を冬の海引ける

篤い病を思わせる字句が並んでいることが気にかかった。
石田波郷の療養句、境涯句のような作品があるから、病の身をうたうなとはいわないが、ノゾミのある闘病とは思えないような作品が陰々と並ぶと、大きな声で猫翁さんに「やめろ」とどなりつけたい気分。

 でも、あの皮肉屋の猫翁さんがかほどこぼすのはよほど容態はよくないのかなと心配が頭をもたげて来る。
「ニシニ ビョーキノトモアレバ イッテガンバレト ハゲマシ」てあげたい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2013-11-18 07:35 | Comments(0)

冬が来た

冬が来た

 すっかり冬になった。北海道の人が、今年は夏からすぐ冬になったと語っていたが、その実感に近い。
 長い間、ブログの記事を書く気になれなかった。何かが心のなかで邪魔をしているのだ。そいつは、朝の瞑想を終えた頃になるとひょこひょこ顔を出す。7時を回ると、そいつはドタバタと俺の腹のなかで騒ぎ出し、ついにはパソコンのキイを打ち続ける気力をなくすというもの。そのかわりに、「鬼女」や「かぞくちゃんねる」のスカッとする話などのゴシップ記事や人生相談の記事をネットサーフィンするというくせがついた。

 今朝は、そういう記事に目を配るのをやめて、自分の記事作成に集中しようと思う。
 今、大江さんの新しい著『晩年様式集』を読んでいる。「3・11後」の大江さんをモデルにした作家長江古義人が主人公の超私小説だ。
 この物語の重要な事柄にエドワード・サイードの評論『レータースタイル』とテレビ番組「放射能汚染地図」がある。この後者に私も少し関係することもあって、その扱いが読書中もずっと気になっている。

 「放射能汚染地図」は、広島時代の友人Oがディレクターとして取材構成した作品。あの年の初夏に放送されて大きな反響を呼んだ。それを大江さんは視聴して大きく揺さぶられていたのだということを、今回の小説から読み取ることができる。長江古義人の行動として描かれた場面。
《この日も、福島原発から拡がった放射性物質による汚染の実状を追う、テレビ特集を深夜まで見た。終わってから、書庫の床に古い記憶とつながるブランディーの瓶が転がり出ていたのを思い出して、コップに3分の1注いで戻り、録画の再現に切り替えたテレビの前に座った。あらためて二階へ上って行く途中、階段半ばの踊り場に立ちどまった私は、子供の時分に魯迅の短編の翻訳で覚えた「ウーウー声をあげて泣く」ことになった。》
このくだりについては、大江さんはかなり詳しく洟泣した理由を説明している。
原発事故が起きて1週間ほどの福島県内。避難指示が出て、ひとけが絶えたなか、灯りをつけた一軒をOが訪ねていく。そこの家の主人は子馬が生まれそうだから家を離れるわけにいかないという。翌日の夜Oが再び訪ねていくと、子馬が生まれたことを告げられる。
《しかし飼い主の暗い声が、生まれた仔馬をあの草原で走らせてやることはできない、放射能雨で汚染されているからといった時、それは降りしきっている細雨を実感させた。》
 われわれ同時代を生きるものは、この放射性物質で地面を汚染させた。「われわれの生きている間に恢復させるとことはできない」
この思いに圧倒されて、古義人は泣いたのである。

 『晩年様式集』の冒頭の場面である。「3・11」を描いた小説で、これほど美しい表現を私は他に知らない。

 昨日、Oにこの小説のことを告げると、彼はもうしっかり「群像」に連載されているときから読んでいて知っていた。私がこの場面の美しさとその契機になったOの仕事を讃えると、うれしそうな声がかえってきた。

 
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2013-11-15 08:00 | Comments(0)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧