定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

<   2013年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ある決断

ある決断

とにかく忙しい時期をむかえている。ピークは7月だが、その序盤が先週あたりから始まった。本日は2つのイベントがはいっている。一つはレギュラーの「課外授業」の最終試写、もう一つは夏の特番「世界の叡智6人」の吹き替え録音だ。特番は60分サイズが2本あって、登場するのはノーベル賞級の高名な科学者たち6人。みなアメリカ人で、その発言を日本語で吹き替えることにしている。その作業が昨日から始まった。一人の科学者を吹き替えるのにおよそ2時間かかる。なかなかホネの折れる仕事だ。本日はゴゴイチから開始。

もう一つの「課外授業」は午前10時から制作会社の編集室で行なわれるのだが、3回目の最終試写。これが苦戦している。まだ番組の「芯」が見えてこない。今日の試写会でそれが達成できていないと重大な判断を迫られる。前回の試写を終えたあと、ディレクターに厳しい意見を伝えたつもりだが理解しているだろうか。

とあれこれ走り回っているさなか、外国へ出張している友人から連絡が入った。母上が重篤な病になったのでその対応で一時帰国を果たしたのだとのこと。
87歳の御母堂に胃癌が見つかったそうだが、年齢からみても開腹手術をすることは好ましくないと判断したこと。ご本人がそう望まれたことなどを友人は淡々と語った。
ーー私もそうすべきであったと、後悔の念が2年前の母の死についてこみ上げてきた。83歳の母に抗ガン剤治療など施さなくてもよかったのにという悔いが苦い味でこみあげる。
その決断はなかなかいいと思うよと、友人の潔さに感服。

多忙のなかにあって見失っていたが、人生の終末期は正しい選択こそ肝要で、仕事の成否は二の次だったはず。もう一度、今歩いている道を見直さなければなるまい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2013-06-27 05:55 | Comments(0)

まぶしい、若さ

若さまぶしけれど

大学3,4年の50人を相手にしていると、そのエネルギーに圧倒されるばかりか、肉体的にも疲れがどっとたまってくる。

今、4本のミニ番組を彼らといっしょに制作している。キャンパスの内情や魅力を語った番組で、「一人飯事情」「名物職員」「キャンパスのオシャレさん」「ナイススポット」と多彩なテーマに学生たちが取り組んでいる。その姿勢は思いがけず真摯で、懸命に構成を考えたりナレーションのコメントをひねったりしているのだが、その合間での彼らのお気楽な会話に65歳はなかなかついていけず、疲ればかりがたまるのだ。

1チーム、10余名のメンバーでひとつの主題を作り上げるのだが、編集のパソコン1台ではどうしても4,5人は蚊帳の外になってしまう。そのメンバーたちが所在なげに世間話に向かうことになる。愚にもつかないことをあーだらこーだらしゃべっている。かといって、この授業が面白くないのかというとそうでもないようだ。

授業の後半に、コメントペーパーを渡して授業の感想を書かせると、協力しあって番組を集団で制作することは楽しいと口々に書いている。「なんだ。みんな結構演習にのっているのか」と安堵しながらも疲れは押し寄せる。

90分の授業を終えて、内庭に出てみるとにわか雨の後だったらしく、地面には大きな水たまりがいくつもあった。見上げると園木の緑は青々と茂り、枝には露の玉が無数に光っていた。若さにあてられた私は大きなため息をひとつ。

40年前を思い出す。学業をさぼって金沢の郊外、粟ヶ崎のアカシア林を逍遥したときを思い出す。何が楽しかったのか、仲間たちと笑い転げてばかりいた。日本海に向っくぇええmmかって広がる内灘の大きな砂丘を縦横に駆けずり回った。いつか、おのが額に星を受けてやると、井上靖の詩「北国」の一節を口ずさんでいた。あの無用にして無償のエネルギーはいったいどこから来ていたのだろう。アカシアの白い花が咲いていたことも思い出す。j

q
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2013-06-26 07:59 | Comments(0)

のび太の気持ちが分かるよ

c0048132_7274158.jpg
春休みの午後のような
トキワ荘の研究会に呼ばれて、今度の土曜日に「トキワ荘と団塊世代そしてメディア」というような題名で話をすることになっている。2007年から9年にかけてマンガカルチャーに関する番組を5本ほど作ったということで、お声がかかったようだ。そこで当時の制作ノートを引っ張り出してアレコレとお話の要素を抽出しているのだが、一方で新しい知見も手に入れておこうと藤子不二雄F氏の完全保存版を書館で見つけて精読している。

最初に氏の作品と出会ったのは、創刊間もない頃の少年サンデーの「海の王子」だった。今から考えると藤子漫画の骨頂であるSF作品だったことに気がつく。その後、高校、大学へと進むと、児童漫画のF氏のものは物足りなく感じるようになって読むことが減った。あの名作「ドラえもん」すらきちんと読んでいない。そこで保存版を読むと、実に琴線にふれる質の高い作品が多いかということを知った(あまりに遅過ぎるのだが)。

氏がSFを愛していたことは知っているが、青年漫画の作品は読んでいない。今回目にした「ミノタウロスの皿」はその作品の深さに驚いた。
なにより「。ドラえもん」の上等なペーソスには参った。のび太がドラえもんと別れる「さようならドラえもん」で、のび太が別れた後の寂しそうな場面は、心にしみた。
小学生のころ、学友が春休みに転校していったときの、あのさみしさを深深と思い出させる佳作だ。

こんなニワカ勉強を重ねて、今週の講演会に臨むのだからいい気なものだと、自分でも呆れる。
(今回の記事もアイパッドで書いた)

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2013-06-20 07:16 | Comments(0)

おもかげを風にあたえよ

おもかげを風にあたえよ

短歌のことはよく知らない。が、タイトル「生のうた死のうた」にひかれて、佐伯裕子の編んだ短歌のアンソロジーを手にした。
そこに尾崎翠のことが書かれてあった。昭和の初期に活動した作家であることぐらいしか知らないが、その名前は小説「第7官界彷徨」という不思議な題名で覚えている。
尾崎は落合に住んでいる頃、林芙美子と交流をもっていた。そのころ苦しい恋をした尾崎はミグレニンという薬物の中毒にかかってしまい、その治療のため故郷鳥取に帰ってしまう。その後、林芙美子は文壇でも盛名をはせていくようになるが、尾崎の行方は誰も知らない。
先年、自主映画で「尾崎翠をさがして」という作品が全国を巡回し、若い女たちの関心を集めているということをメディアを通して知ってはいたが、それほど深い関心を私はもたずにいた。が、今から考えると、その行方知れずになった尾崎の人生を探し、女の生き方の苦しさを見つめる映画であったのかと不覚を思い知る。

佐伯の書によれば、尾崎は帰郷後、山陰の田舎で行商をして歩く人生を送ったらしい。昭和46年、75歳となった尾崎は誰も知られることなく鳥取の老人ホームでその生を終えている。佐伯はこう記している。
《死の際に、「このまま死ぬのならむごいものだねえ」と、大粒の涙を流したと伝えられている。》

その尾崎が残した小説のなかでうたわれている詩を、佐伯は紹介しているが、その詩が今朝の私の心を鷲掴みにした。

おもかげをわすれかねつつ
こころくるしきときは
風とともにあゆみて
おもかげを風にあたえよ

・・・このシンプルな言葉の群れに呆然とした。
吾にかえって、佐伯裕子とはいかなる人かと奥付けを見た。1947年杉並に生まるとある。私と同世代だ。それを知ったとき時空を超えた不思議な同時代感覚をもった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2013-06-19 07:55 | Comments(0)

夏風邪

夏風邪をひいた

この週末は映画を見る以外一度も家を出なかった。金曜日の夜に窓を開けたままで眠り寝冷えして風邪をひいたのだ。小さな咳がしつこく続いた。コンタックを飲んでおとなしくしていた。読書にふけったかというと、堅い本は一つもなくせいぜい別役実の『東京放浪記』やブルボン小林の『マンガホニャララ ロワイヤル』などをポツポツ読んだ。テレビも見るべきものはほとんどなく寂しい週末であった。

蒸し暑いので外気を入れようとすると、身体が冷え小咳が続く。じっとしていると汗が額に噴き出してくる。鼻もつまり鬱陶しいことこのうえもなかった。今も身体がやや怠い。

なだいなださんが亡くなった。84歳だった。先月の「中央公論」に「人生の終楽章だからこそ"逃げずに"生きたい」という文章を寄せられていて感銘していたから、この突然の死は思いもかけずという面と覚悟の終末という面がある。なださんは、胃ろうだとか、意識のなくなった人間に栄養補給することなどまったく意味のないことと書いていておおいに共感した。死んでいく身だから不甲斐ない政治や社会のことなど放っておけるかというとそうもいかないと、今の表層の政治を批判している。まさに「鶴の一声 」ではないか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2013-06-10 07:30 | Comments(1)

「桐島、部活をやめるってよ」は二重丸

「桐島、部活をやめるってよ」は二重丸

40年前、貧しかったが中国の人民は素敵な笑顔をもっていた。トラクターはなくとも人力で田を起こし、最新の機械ではないぼろい旋盤で金型を削っていたが、はつらつとしていた。少なくとも日本に流れてくる中国の人民像は希望に満ちていた。
アグネス・スメドレーが描く『偉大なる道』の朱徳将軍のような深い人格をもった“英雄”が国をしっかり指導しているのだと尊敬の念をいだいた。

20年前、天安門事件が発生した。その頃からあの国の流れが大きく変化した。中国は通商に力を入れるようになり、日本への出稼ぎも増えた。日本で蓄財した富で帰国して成功するという沿岸部の中国人のうわさが流れてきたのは世紀末の頃であったろうか。「万元戸」なる言葉がもてはやされた。

たしかに1990年初頭、21世紀の半ばには中国は大発展を遂げていると予想する経済ジャーナリズムがあったが、当時は何と大げさな表現とそういう記事を軽侮していた。
ところが東アジアで今起きていることは、20年前の予想を裏切らないほど発展拡大した中国の存在だ。拡大のあまり、領土問題、海洋資源問題、防衛問題などにおいて、帝国主義的態度があからさまになっている。国力が増すにつれて、報道担当官の発言も態度も傲慢にさえ思えるほど尊大になってきた。かつての英雄的微笑をもらす中国人民の姿は皆無となった。

ということで、昨今の尖閣をめぐる動きで、気分がなんとなく愛国的になっている自分に気が付いてイライラすることが多い。なんとか吹っ切りたいと願っていたら、職場の同僚で映画・芝居好きのWさんと話をしていて、「桐島、部活をやめるってよ」が佳作だから見たほうがいいと薦められた。封切りは2年前だからDVDででも見ようかなと考えていたら、目黒シネマという2番館で上映していていることが分かり、昨日の土曜日の午前の回に足を運んだ。

併映の「ジョゼと虎と魚たち」が11時40分開始。5分前に入ると、客席は8割埋まっていた。やはり「桐島」の人気が高いのだと痛感。

午後3時過ぎ、映画が終わり小屋を出た。ウキウキした。
久しぶりにうまい演出の映画を見た気がした。吉田大八という監督はすげえ。シナリオにも共同執筆で手を出しているが、なにより若手の役者たちの「ウゴカシ方」が堂にいっている。KYなどを気にする高校生たちの気分やこの世代特有の移り気な感情をよく掴んで、演出をかけていることが見てとれた。

しかし、なにより小気味がいいのは、この物語の構成だ。金曜日から始まり火曜日で終わる各人の視点が、最後の場面ですべてつながっていくという仕掛け。まさに映画というケレンだ。この監督の才人ぶりに感心した。

最近の洋画で感心したのはポランスキーの「ゴーストライター」ぐらいで、ハリウッドの作品など見るものはひとつもないなか、インド映画と並んで日本映画は今勢いがある。
それとテレビドラマは「あまちゃん」。民放のドラマは軒並み凡俗でつまらないなかで光っている。脚本の宮藤官九郎もいいが、それに応えて”悪乗り“している演出がいい。誰が軸になって演出を引っ張っているのか知らないが、たしかにきちんとした演出意図があることは見ていれば分かる。この演出陣のなかからも「桐島」のような才能が出てくるような気がする。そういえば、「あまちゃん」で活躍する橋本愛はこの「桐島」で注目されたのだと気がついた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2013-06-09 08:45 | Comments(0)

本日も肌寒し

本日も肌寒し

昨朝も早起きして、7時半までに出社した。上野で行われるロケ隊にくっついていくためだ。半袖で出かけたら肌寒かった。本日も6時過ぎに目が覚めて窓を開けると冷やかな風がすーっと通り抜ける。
昨日の多忙だった一日を寝床でぼんやり思っている。
朝から午後5時までのロケに立ち会い、帰社してから伝票整理、スケジュール調整に追われて家にもどったのが8時。めしを食べ、風呂を浴びたら、まぶたが重くなった。どうやら9時過ぎには眠ったようだ。明け方の4時に一度厠タイムで起きたが、また寝して目が覚めると7時近くになっていた。たいしたことのない日帰りロケでもこれだけ体にこたえるようになっているのかと驚く。

「文明というものは築き上げるときはステップバイステップ(一歩ずつ)だが、亡ぶときは早い」「20世紀初頭、地球の人口は17億、現在70億、30年後には100億に達するだろう」
私の肉体が亡ぶのが早いか、近代文明が滅ぶのが早いか。

自分ひとりだけのことなら、別に地球がどうなろうとかまわない。だが子のことを考えると行く末を案じる。こうして人は子や孫を通して人類という規模で存続を願うのだが、あらゆるシステムは終わりをむかえるという原則に立てば、30年後か1万年後かいずれかの終末時間がやって来て、人類に引導をわたすのは必定。

この1か月早起きが続いている。ハードなスケジュールにつぶされないでおこうと、健康防御のため早寝するようになったからだ。夜中に最低1度は目が覚めるが、寝つきがいいからすぐ熟睡に入れるのはうれしい。

 最近、俳句をまったく読んでいないことに気がついた。読む気にならなかったのだ。それが朝風に吹かれていたらふと読みたくなった。水原秋桜子、石田波郷、木下夕爾、らの句世界が懐かしい。今月の句会にはせめて投句だけでも試みたい。そのためには句帳をせっせとつけねば・・・。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2013-06-07 07:45 | Comments(1)

おためし

はじめてのiPad

これはiPadで打ち込んでいる。扱いがいまひとつ分からないが、恐る恐る船出している。
このやりかたで最後まで続けることができるのだろうか。半ば不安である。
昨日は久しぶりに終日家にいて時代小説を読みふけった。葉室麟の「陽炎の門」である。舞台は九州、豊後鶴ケ江の黒島藩。そこで舞い起こる御家騒動とミステリーという私の好きな藤沢周平スタイルとくれば期待は大きい。文章がこなれていれば嬉しいのだがと、ワクワクしながら読んだ。
おもしろかった。昼飯も忘れて最後まで一気に読んだ。その間、仕事のことも授業のこともすっかり忘れた。まさにエンターテイメントである。
藤沢文学が北の凄絶、哀しみを主題にしているに比し、葉室は南国九州の男くささを「売り」にしているといえるかな。これからこの人の作品を探す楽しみができたのは嬉しい。

10時過ぎの東海道線に乗った。大磯へ向かう。赤塚不二夫とトキワ荘の資料を読むためだ。先年、サンデーマガジン創刊物語を制作したときに収集した書籍やインタビューの書き起こしなどのデータは紅葉山の家の一階に置きっ放しになっているので、出向くことにした。
品川11時発に乗車したのだが、横浜で120パーセントの乗車率。ずいぶん混んでいる。車内はやや不快だが窓の外には新緑が美しく、ほっとする。都内では 味わえない風景が広がっている。



来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
  
 
[PR]
by yamato-y | 2013-06-02 08:52 | Comments(1)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧