定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

<   2013年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

久しぶりのミーティング

最後の定期券

大磯―横浜、横浜―渋谷という2枚重ねの定期券。有効期限は2月28日までとなっている。サラリーマンとして使用してきたこの券も、これからは使うこともないだろう。カウントダウンして28日に向かっているが、最後の定期券だと思うとちょっと複雑だ。

 昨日は面白い人と会った。サイエンスライターの吉成真由美さんだ。彼女が著したというNHK新書『知の逆転』が今売れている。アメリカを、いや20世紀を代表する科学者、ワトソンやチョムスキーにインタビューした記録で、科学と文明の行く末について吉成さんが聞いているのだ。いささか難しい内容にもかかわらず、6万5千部も発行したという。

この本の元になったインタビューを、吉成さんは映像で記録してある。というのは現在アメリカに住んでいる吉成さんは、20年前日本にいるときは私と同じNHKのディレクターだったのだ。青少年番組やNHK特集などを次々に作っていた。だから、著作する場合も映像をパラレルに撮影するという技能をもっているのだ。

 知の巨人、ノーアム・チョムスキーやオリバー・サックスなどの映像が30時間分もあるので、それを使って特集番組が出来ないだろうかという相談が昨日行われ、その席に私も参加した。

 在米20年の吉成さんはさすがに物怖じしない仕事の出来る女性。次々に自分の考えを披瀝して、意見を交換する。けっして独りよがりでないところが、日本でディレクターをやっていたときと大きく変化した点だろうか。今回は、ご主人の仕事の都合で2週間ほど来日しているという。

 ところで、『知の逆転』のなかでワトソンが興味深いことを語ってる。彼の知見によれば癌はまもなく克服される段階まで研究が進んだというのだ。こういう達見をワトソンはいくつも述べているという映像を見たくなった。久しぶりに番組を作ってみようか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2013-02-28 08:20 | Comments(1)

コメモレーション

コメモレーション

 ずっとこの聞き慣れない言葉と格闘している。
日本語では適当な訳がなかなか見つからない。しいていえば、「顕彰行為」とでもいうか。
広島の日を記念して、毎年8月6日に平和公園で記念式が行われるようなことを指す。
1945年の8月6日に起こったこと、それが記憶されたこと、歴史として記述されたこと、現地記念碑として刻まれたこと、の間には微妙なずれというか差異がある。そのことの研究が近年盛んであるが、その一角に私も参加しようと小論を書く企てをたてた。2年前のことである。
 テレビが描いたヒロシマの出来事というテーマに私は挑んだ。

それは、京都の大学で開かれた「戦争の記憶」研究会の会合で不定期に三回ほど発表したが、取材も遅々として進まなかっただけでなく考えもなかなかまとまらなかった。締め切りは昨年の1月であったが間に合わなかった。
その会合では研究成果を昨年春に出版したが、私はそこに加わることができなかった。あらためて学問する能力が低いことを思い知ったわけだが、一方置いてけぼりを食った悔しさも残った。だから、その後もひとりでこつこつ調べて文章にしてきた。書いては消し、消しては書き直すという作業を繰り返し、先週ようやく最後まで書き通すことができた。字数にして53000、130枚ほどの分量になった。
もちろんこれはまだ第1稿というべきで、全体調整を施す必要があるのだが、一応ひとつのまとまりになったということで、「査読」をS先生にお願いしようと考えている。その私の願いは昨年末に先生に伝えてあるので、受け取っていただけるとは思うが、読みやすい原稿に改変しなくてはと、今朝も元原稿を眺めながら気をひきしめた。

 テレビドキュメンタリーにあってはヒロシマを主題にした作品はハチロクと呼ばれて、1950年代から優れた作品が数多く制作されてきた。被爆者の苦難の生活を描いた原点もの、兵器としての原爆の威力とその殺傷力、放射線の影響、被爆者運動、さらに核事故、など多彩に描いて来た。このハチロクという記憶の場をコメモレーションという視座から見つめてみようという試みだったのだが、さてどれほどの成果物となったものか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2013-02-27 09:42 | Comments(0)

不動の心

 不動心

週末は大磯の山の家で一人でいた。書きかけの論文の仕上げに専念したいと考えたのみならず、来し方を特にこの10年の歩みを振り返ってみたかった。ぼんやりと50代の半ばから65歳となった今年までのことを思い出してみたかったのだ。

 昨夜は冷えた。山の家が寒かったのか、大気が冷え込んだのか分からないが、とにかく炬燵のなかに潜っても、肩や背中から冷気がじんじんと侵入してきた。高山で経験した寒さと似ていた。
夜中、厠に起きると、窓に月明かりがあった。見ると丸い月が寒風のなかぽっかり浮かんでいた。
些細なことで怯えていることを発見する。東日本大震災以来、地震襲来の恐怖は身近にある。ちょっとした揺れで心が乱れる。もしかしたらと悪い予感を抱いてしまうのだ。

プライベートなことでも悪い話や相談は受けたくない。
いきおい、メディア関係者とは疎遠になっている。

寿命の残余も少なくなり、仕事の一線から退いた今になれば、春の雲のような心境でありたい。早春の空にぽっかり浮かぶ片雲のような、そういう心境でありたい。

地震にうろたえ、領土問題でいらいらして、学問で自信喪失するようなこの状況を打破したい。それには不動心がいる。何者にも惑わされたり騙されたりするようなことがない不動の心。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2013-02-25 07:21 | Comments(0)

奇妙な時空間

奇妙な時空間

 新しい身分に変わって半月。さまざまな手続きや病院騒ぎで、気がついたら3週間経過していた。
昨日は終日家にいて、前から書き足している広島局の制作してきた8/6(ハチロク)の系譜の論文を直すことに費やした。
ニュースは安倍の訪米と北日本の豪雪のことばかりを報じている。自民党がはしゃいで経済の元栓をゆるめているが、はたして正しい政策を選択しているのだろうか。外交においても日本の立ち位置を見定めて動いているのだろうか。何か半可通のプロとは思えない人物ばかりが登場しているように思えてならない。

 とぶつぶつ呟いても実際の行動を起こす気力がないのは、いささか健康に不安があるからだ。1月末に打撲した右肩、腕の痛みはまだ続いており、右手はまっすぐ上方にはまだ上がらない。どこへこの国が向かうのか、自分の人生航路はどう走るのか、はっきり見えない。薄い霧のなかにいるような気分。時間は動いているような、いないような。空間にいたってはまったく固定したような、軽い閉塞感。

 4月から2つの大学で講義を行うので、そろそろ授業計画を立てて、それに相応しい映像作品を準備しなくてはならないのだが、3月の声を聞くまではだらだらといくのだろう。

あ、そうだ。ラストレターの投函がまだだった。300近い封書を作る作業があったことをすっかり失念していた。やはり、どこかぼんやりしている。

 本日は放送センターの資料室に向かう。そのあと、職場のデスクへ行って溜め込んだ資料の整理作業にかかろう。
寒さのせいもあって、体が丸くなっている。肩が凝り腰が鈍い。体を動かしていないからこんなふうになる。
寒風のなかを大股で早足でぐんぐん歩こう。停滞する時空間、打破。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2013-02-22 07:52 | Comments(0)

嬉しいことがひとつ

嬉しいことがひとつ

昨朝9時に大橋の東邦病院に”出頭”した。2週間前に前立腺検査した結果を受け取るためだ。
この部位からの異常を知らせる信号PSAの値が7を越えたときから、主治医によって、癌の疑いを深めていたのを、正式に調査した結果がいよいよ出る。すこし緊張気味で病院に入った。

「3番の部屋にお入りください」という声に促されて、さわだ医師の待つ小部屋のドアをノックした。
30代後半と見受けるさわだ先生は爽やかな表情でむかえてくれた。「癌はひとつも発見されませんでしたよ」

 うれしかったなあ。最悪も覚悟していたが、案に相違して癌細胞は無検出だったのだ。
途端に、世の中が薔薇色に見えるのも現金なものだ。
寒風が吹きすさぶのもものともせず、大橋から道元坂うえ、円山町を通って、20分かけて出社した。

 昼過ぎから気温がぐんぐん上がった。ネルのチロリアンコートを脱ぎ紺のVネックスェーターで昼めしを食べにでた。食欲が旺盛になっていたのだ。

 そして懸案にしていた企画「歌舞伎一本道」を一本の提案票にまとめたのも、気力が充実していたからであろう。海老蔵さんのあらたな挑戦をドキュメントしたいと、最新資料を駆使して、A4一枚の企画にまとめたのだ。

 こころなしか、道路端の街路樹の裸木の先端に冬芽が伸びている気がした。春は遠くない。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2013-02-21 05:16 | Comments(2)

いろいろなことがあって

いろいろなことがあって

なかなかブログが書けない。新しい境遇に馴れなかったり、病院の検査があったり、番組を作ったりしていたら、記事を書くことが後回しになっていた。
本日、検診の結果が判明する。生検した細胞の種類が決まれば、治療のやりかたも決まるはず。午前9時からだ。

2月24日(日)午後5:30~放送の「課外授業・ようこそ先輩」を久しぶりに制作した。主人公はロボット博士、古田貴之さんだ。テーマは「ロボットとぼくらの未来」。若い女性ディレクターが奮闘した佳作だ。

 厳しい寒さが続き、知人の物故が相次ぐ。岩波ホールの高野悦子さんが亡くなったことを新聞で知った。
 冬のソナタが大ヒットした夏、高野さんと岩波ブックレット「冬のソナタから考える 私たちと韓国のあいだ」を共著したことがある。まだペ・ヨンジュンさんがそれほど注目されなかった時期に、高野さんはいち早くファンであることを表明した。あのエキプドシネマの岩波の高野さんが「メロドラマ」への共感は意外であり、担当者としても嬉しかった。
 ご高齢になられた高野さんには、今年の寒さがさぞ辛かったにちがいない。春を待たずに逝かれた。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2013-02-20 07:25 | Comments(0)

日進月歩

日進月歩

パソコンを打ちなれることは長く抵抗した。しぶしぶパソコンを打つようになったのは少なくとも2001年以降だったと記憶する。
オフィスに一人一台ずつパソコンが配布され、庶務的な事象(タイムカードの処理とか車券の整理)はすべてパソコンに打ち込むべしという御達しが出てからだ。
嫌々、パソコンを打つことになった。
そのうち文章を作るのに便利かなと思いはじめ、どうせ打つなら新書でも書き上げようと、番組制作のテキストつくりをはじめた。記述するためにパソコンとフロッピーディスクの使い方を覚えるようになった。

2005年ごろまでパソコンと紙の伝票の混用が続いた。2006年あたりからオフィスの全面デジタル化が始まった。だが私は必死で逃げて、最低の情報インプットしかやらなかった。できなかった。

 此のたび新しい仕事に手をつけることになったが、手続きはすべてデジタルとなっていて、まったくチンプンカンプンである。とにかく、この10年の間のオフィスの進化はすさまじい。

20年前の息子のマリオゲームに夢中になっていた時代が懐かしい。
そんな電子ゲームのようなものは、一時の流行ですぐパソコン文化なんて滅ぶぞと、息子を脅したものだが、わが先見の明のなさを今となって知る。

できれば、パソコン論理に関わることのない人生終末をむかえようとしていた私の計画は見事に失敗した。とにかく、目の前に覚えなくてはならないパソコン言語、文法がゴマンとある。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2013-02-14 17:17 | Comments(0)

耳鳴りの忌

耳鳴りの忌

歌人正田篠枝は35歳のとき、爆心から1.7キロという近距離地点で被爆し必死で逃げた。逃げながら市民が無差別に殺されていく光景を目の当たりにして正田は憤りを抱いた。その時の体験を短歌に表した。
炎なかくぐりぬけきて川に浮く死骸に乗つかり夜の明けを待つ
1947年、アメリカ軍の占領下にあったが、篠枝は原爆の悲惨を詠んだ短歌100首を集めて歌集「さんげ」を編み、密かに出版した。原爆について出版すれば占領軍によって処罰されるという噂が流れるなか、正田はこの歌集を知己や被爆者に配布した。被爆者たちを励ますとともに核兵器に対する激しい抗議でもあった。死刑になってもよいという気持ちで出版したと後に手記で正田は記している。正田篠枝は伝説の人になった。

戦後、正田は被爆の後遺症による貧血に苦しめられる。死ぬまで激しい耳鳴りに彼女はつきまとわられる。 
耳鳴りのはげしきわれは耳遠くされど聞こゆる対岸の蝉
 さらに過酷な運命が彼女を襲う。
1963年、正田は乳がんのため余命は幾ばくもないと宣告された。ついに寝たり起きたりの生活になってしまった。その正田篠枝の8畳の病室にカメラが据えられたのは、1964年の秋のことだった。正田篠枝の最期の日々の撮影が始まる。
床にふせって耳鳴りに苦しむ姿。原爆犠牲者の冥福を祈って「三十万名号」の念仏を書写しつづける篠枝。そして体の調子がいいときには鏡に向かって髪を梳き、紅をさす正田篠枝の姿。レンズはじっと凝視する。カメラマンは吉野兼司。
ある日、友人が見舞いに訪れる。途中で摘んできたという土筆を篠枝はプレゼントされる。はしゃいで篠枝はその土筆の匂いを胸いっぱいに嗅ぐ。撮影が始まった時木枯らしが吹いていたのが、季節は変わり、春がめぐって来ていたのだ。
だが、夏が近づくにつれて、正田篠枝は体調を崩す。日に日に弱っていく・・・。
このドキュメンタリーは、ある人生「耳鳴り~ある被爆者の二十年~」という1965年の作品。ディレクターは岩下恒夫。

1964年、岩下恒夫は発表されたばかりの大江健三郎の『ヒロシマノート』を読んで深い感銘を受けた。ディレクターになってまだ2年目の岩下だったが、テレビドキュメンタリーでも人間の声が響く広島のドキュメンタリーを撮りたい、被爆者の常套化された物語でないドキュメンタリーを作ってみたいと考えた。原子雲が冒頭に出て、ケロイドの姿の被爆者が登場するというパターン化した作品でないものを岩下は作ってみたいと願った。折しもローカルのラジオ放送で正田篠枝の存在を知った。
早速、正田篠枝を「ある人生」の企画として提案した。「正田さんの人生を八畳一間の病室で描きたいと考えました。ノミ・クイ・アルキのないドキュメンタリーを作ってみたい」と岩下は企画書に書き込んだ。
こうして、岩下はウゴキの少ないいわゆる画にならない室内ドキュメンタリーに果敢に挑んだ。耳鳴りに耐え、ガンと闘って、一心不乱に写経を続ける正田篠枝の壮絶な日々を岩下は記録(ドキュメント)した。
全国放送「耳鳴り~ある被爆者の二十年」が流れたのは1965年4月25日のことだ。放送からほどなく、20年目の原爆の日を前にした6月半ば、正田篠枝は死んだ。
この番組は、被爆歌人の最後の濃密な時間をよく記録したと高い評価を受ける。

ディレクターの岩下さんは私の部長だった。寡黙で温厚な人柄だった。鹿児島出身と聞いたが、剛毅な面もごくたまに見せたことがある。この「耳鳴り」を20代に作ったと知って尊敬していた。私が広島へ転勤してからも、私の番組を批評する葉書を数通いただいた。ヒューマンドキュメンタリーにひときわ関心をもっていた。

去年暮れ、正田篠枝取材のときの話を聞きたいとインタビューを申し込んだら、末期がんにかかったから体が言うことをきかなくなったといって謝絶された。では、もうすこし陽気がよくなったらと電話を切った。
岩下さんの訃報が昼過ぎ入った。昨日2月11日に逝去されたそうだ。

岩下さん、これまでの御好意とご厚誼に深く感謝します。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2013-02-12 15:27 | Comments(1)

この夕暮れに

この夕暮れに

大船で降りて寿司を食べた。
5時を回って風が冷たくなっていた。ホームに立つと正面に観音様がある。背後に金色の雲が流れていた。誰も気がつかないようだが、冬の夕暮れに見る観音は息をのむぐらい美しい。

ぼんやり小学校の頃を思い浮かべた。木造の古い校舎だったが慈悲に満ちた祖父のようなやさしい佇まいであった。毎週、月曜日の朝には全校生徒が参列する朝会が行われた。冬の寒い日は床の冷たさがしみた。あの頃、小学生は裸足で校内を飛んで歩いていた。校長の話は何も覚えていない。足裏が冷えていくのが辛かったこと、学友の背中が揺れていたことだけを思い出す。

講堂には4つの出入り口があって、その上の壁には1年生から6年生までの子供たちが書いた絵や習字が並べられて張ってあった。月ごとに作品の入れ替えがあった。
弟が2年生だったときに、彼が描いた母の絵がその壁に張られたことがある。私は5年生だった。素朴な線でシンプルに描かれていたが、たしかに母親の特徴をよく掴んでいた。
参観日のとき、母はその絵を見て喜んだ。

たったそれだけのことだが忘れられない出来事になっている。

気がつくと空は暗く、京浜の町町には灯りが満ちていた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2013-02-12 10:09 | Comments(0)

ラストレター

ラストレター

 年賀状をほとんど書かない年となったのは、この1月末で退職の日を迎えるという事が分かっていたから。
横着かもしれないが、退職をしたという報告の「最後の手紙」を作って、長い間交誼していただいた方、お世話になった方、親しくなった仕事仲間にあてて投函しようと考えていたのだ。

 これまでの年賀状や住所録などを集めて、送り届ける人たちのリストは作ってあるのだが、肝心のラストレターの文面が出来ていない。
早くしないと退職日からどんどん離れて行く。よし、この週末に書き上げることにしよう。

 書くべきことをまず洗い出そう。
 22歳で大学を出て、1970年4月に日本放送協会(NHK)に入社。以来、65歳になる2013年までの間、43年間勤務した。
その間に、大阪、東京、長崎、東京、広島、東京と転勤し、NHKエンタープライズに出向して、やがて定年となり、第2の定年としての今回の退職をむかえることとなった。

 テレビ番組制作の現場でずっといられたことに感謝する。当初はディレクターとして関わり、23年もプロデューサーを勤めるとは思いもよらなかった。この番組作りの場でこころに残ったことは2つ。ひとつは大江健三郎さんの成熟期に立ち会えたこと。もうひとつは長崎、広島と異動して、被爆という20世紀の主題と遭遇したこと。

 仕事人間として走り続けたが、その間に健康上の大きな危機が2つあった。47歳のときに発症した脳内出血。62歳のときに発見された胃癌。前の脳内出血は突然襲われたから、不測の事態もおおいにありえたが、辛うじて生きながらえた。後の胃癌は検診で発見されたから初期で、措置がうまくいって予後も順調。だが加齢により、病はあれこれと発生するに至る。

 私生活にあっては結婚して一男一女に恵まれた。仕事にかまけて子育てにはほとんど参加していない。だが親はあっても子は育つ。
 息子は私と同業の番組作りに進み、娘は出版の編集者となった。二人ともジャーナリストをめざしてくれたのは嬉しかった。

 以上のようなことをもう少し詳しく書くつもりだが、今後のこと、抱負をどう書こうか思案している。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2013-02-09 08:18 | Comments(0)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧