定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント

<   2012年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

卒業

卒業

58歳で定年をむかえることを卒業という。昨夜は、愛すべき後輩のクサカワちゃんが卒業むかえてお祝いの会が開かれ、そこへ出席した。
会場は局近くのライブハウス(我々の仲間が早期退職して営んでいる)で、ディレクターの後輩や先輩のプロデューサー、編集パーソン、カメラマン、私のようなOBまでおよそ40名弱が集まった。

ディレクターの送別にふさわしく、プログラム代わりにクサカワちゃんのフィルモグラフィーが配布された。後輩の若手たちが苦心して作った彼の手がけたテレビ番組のリストだ。 クサカワちゃんはわたしより5年下にもかかわらず、そこにリスト化された作品の数が夥しい。よく聞いてみると、番組のタイトルロールに明示されたものであれば、とりあえずすべて所収したということだ。さもありなん。だが、彼自身がディレクターとして作ってきた作品の名前を斜め読みしただけでも、錚々たるものが並ぶことに、あらためて驚く。
会場の中央にスクリーンが設営され、クサカワちゃんの代表作がエンドレスで流されている。なかに、見覚えのある懐かしいものがあった。「ぐるっと海道3万キロ」のなかの山口県響灘を舞台にした、魚の行商で生計を立てるおばちゃんたちを描いた1986年の番組。題して「カンカン列車ハマチの旅」。作品はフィルムで撮影されている。日本海側で獲られた魚を下関のほうへ運んで行って行商するおばちゃんたちは、早朝の電車のなかで魚の売り買いをするという名場面は実に映像が生き生きしている。フィルムという媒体がもつぬくもりとはいったい何だろう。

その映像を見ながら、クサカワちゃんは思い出話をしっかりと語った。アルコールのない彼は実に明晰だ。
ちょうど10年前、彼は断酒する事態に陥った。実に人生の窮境にあったと思うが、よくそこから生還して、放送局を無事卒業することになった。
私が広島局から東京へ転勤になった1995年、被爆50年の夏に彼は入れ替わるようにして広島へ赴任した。さらに東京では同じ制作班になり、「未来潮流」という実に自由な番組枠(ただし、番組予算はめっちゃ安い)で楽しい仕事をいくつもいっしょに作った。彼との思い出は今になってみると良き思い出ばかり。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2012-07-31 09:52 | Comments(1)

市民の声

国会包囲

陽が落ちた5時過ぎ、日比谷に向かった。地下鉄の駅からおおぜいの年配の男女が列をなしている。私と同世代の60代と見受けた。みな今夕の国会包囲のデモに参加する人たちと思われる。髪には白いものが混じっているのが目につくが、生き生きした顔が感動的だ。

日比谷公園の入り口に出ると、大音響がこぼれてくる。「再稼働反対。大飯をとめろ。」地鳴りのようなシュプレヒコールが響いてくる。

新橋に向かうデモ隊の列に加わって霞ヶ関まで歩いた。デモの人波は東京電力本社前や経済産業省前を通っていく。灯をともしたろうそくやペンライトを空にむかって人々は掲げる。東京電力前では「原発要らない」「再稼働反対」の声がひときわ高まった。といっても実に整然と行進が流れて行く。30年前の労組の単産から送り込まれたときの荒れたデモとまったく違う雰囲気だ。親子連れ、老年の夫婦といった顔ぶれが圧倒的に多い。空にはヘリコが4機浮かんでホバリングしている。ずっと無視してきた大メディアもいよいよこの声なき声の大衆を見据えるときが来たようだ。それにしても外国人の取材が目につくが、新聞社、放送局の腕章を巻いたものが一人も見ないのが気にかかる。

デモは1500メートルほど歩いて、そのまま国会議事堂へと流れて行く。
議事堂正門前には驚くべき数の民衆が結集していた。あとでネットで調べると、当局発表で1万数千人とある。冗談じゃない。そんな小さな数ではない。
警備のための過小評価という言い分かもしれないが、日本の民主主義をねじ曲げる悪辣な策動だといいたい。私の見立てで3万から5万の群衆。否、10万近い数かもしれない。

原発」を訴えるデモ行進は、「原発やめろ、野田やめろ」と政治的スローガンが混じっていることになにか新しいうねりのようなものを感じた。
参加している人々の表情が穏やかでかつ理性的だ。そのくせ、なにか変革の期待がいりまじる祝祭空間が、国会前に現出していた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
c0048132_11013100.jpg

[PR]
by yamato-y | 2012-07-29 22:56 | Comments(0)

盆踊り

盆踊り

門前仲町まで足を伸ばして富岡八幡さまにお参りしてきた。夕暮れの下町は美しい。
帰り道、立ち飲みやで冷やをいっぱいひっかけて地下鉄銀座線で恵比寿まで出た。
JRに乗り換えようと駅前に出ると、大音量で「炭坑節」が流れて、おおぜいの人が浴衣がけで踊っている。
白人の親子連れや青い目のカップルが目につく。手足をそろえてみな楽しそうに踊っている。おそらく広尾あたりの大使館関係の人たちであろう。
曲が恵比寿音頭のようなソウル風に変わると、踊りの振り付けもヨサコイソーランのように活きのいいものになる。盆踊りの列の進行も一段と早くなる。音楽の途中でブレイクが入ると、いっせいに「うー、わー」というかけ声がかかる。老いも若きも、黒い瞳も青い目も、男女を問わず喜色満面。万国納涼盆踊り、平和な光景だ。

会社を出る前に、京都の学生から連絡が入った。今月末締め切りの、放送局の後期採用エントリーシートを検分してほしいというのだ。よく聞くと、後期試験の応募が月曜日消印まで有効ということで慌ててその学生はシートを作成した。その仕上げたシートを私にチェックしてアドバイスしてほしいというのだ。いまから出かけようという直前のぶしつけな申し出に、いささか腹が立った。「いったい、今まで何をしていたんだよ」と声荒くして叱った。
こっちの事情などおかまい抜きで、自分勝手な頼みごとをするいまどきの学生気質。あまったれた根性に腹がたつ。
といっても窮鳥懐にいれば猟師もなんとかの例えもある。仕方ないので5項目3000字ほどの分量を読み下して、問題点を洗い出した。
その仕事が終わったのが6時前。現在、編集作業中のETV特集のチームに資料を届けに赤坂編集室まで行く。そこで、週末の作業予定や連絡先をたしかめ打ち合わせたあと、門前仲町まで出向いたのだ。

帰宅したもののあまりの暑さで読書する気にもなれず、テレビをつけてみたもののつまらない。お笑い芸人のどうでもいい体験談か夏の熱中症対策の情報番組か相も変わらず安易で思考が伸び切ったような番組ばかり。
これならまだ小説を読むほうがいいと、話題になっている三木卓の『K』をベッドに寝転がって読む。Kとは三木の72歳で亡くなった妻のこと。小説といっても題材はノンフィクション。これって私小説と考えるべきなのかしらむ。

――気づくと、よだれを垂らして胃眠っていた。

来る日曜日は目白遊俳倶楽部の句会ではあるが、反原発の集会に参加してみようと考えているので今回は投句しないつもり。というか、この半月俳句のことはまったく失念していた。句境をいだくことは芥子の粒ほどなかった。あわてて季語帳をとりだしても遅い。今回はいさぎよく出稿するのをやめて他のメンバーの作品をじっくり拝見しよう。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2012-07-28 07:43 | Comments(0)

真夏日

29日のデモ

金曜日。官邸を取り巻くデモに参加しようかなと思って、ネットで検索したら本日はいつもの主催者のデモは中止。別の団体がやっていると書かれてある。
いつもの主催者は29日の日曜日に日比谷公園から官邸までのデモを呼びかけている。そこに行くことにした。
ということで、昨夜の男子サッカーの見事なプレイをじっくり味わい、余韻にひたる今夕にすることにした。そのためには、酒場でサッカー談義を出来る仲間を探さないといけない。
今朝、始業前に入ったコーヒーショップに、同期のY君がいた。私より半年早く生まれているから、定年はこの夏にむかえる。
「退職したら、そのあとはどうするの?」と尋ねると。
「家にじっとしているのも耐えられないから、なにかマスコミとは関係のない仕事というか作業を探してみようかな」
悟りきったようなY君を、夜の酒席にさそっても、サッカーなどは話題にならないだろうなあ。

朝一番、かかりつけの大橋病院へ行き、定期診断を受けた。胃、血圧はきわめて良好だが、前立腺の値PSAが少し高いのが気にかかるところだと、主治医のナガオ先生から指摘を受けた。先生と私は同年だが、現役ばりばり。いつまでも仕事ができる境遇が羨ましい。

大橋から澁谷神南までおよそ20分、早足で歩いた。汗が吹き出てくる。真夏の太陽がじりじり照りつける。プラタナスの街路樹は青々と茂っている。途中、神泉の駅で踏み切りの遮断機の光景に出会い楽しむ。円山の三業地も昔風の料理屋などが消えて、ペンシュルのような細いマンションが続々建っている。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2012-07-27 11:49 | Comments(1)

ザ・ベストテレビ

ザ・ベストテレビ

毎年、膨大な数のテレビ番組が制作されている。一説によれば20万本。しかし、その大半は、一部地域だけでの放送であったり、再放送の機会に恵まれない作品が少なくない。特に、ドキュメンタリー番組はその傾向が顕著だ。放送される時間帯も深夜であったりして多くの人が視聴しやすい時間とは言いがたく、ドラマなどと違って、DVD化されることもめったにない。名作・傑作・力作であっても埋もれている。
そこでNHKでは、その年の主だった「テレビ賞」に入賞したドキュメンタリー作品のダイジェストを一挙に紹介する番組を4年ほど前から始めた。「ザ・ベストテレビ」だ。20万本の番組から300本ほどがコンクールに出品され、そのうち20本ほどが受賞作となるわけだ。

6つのテレビ界を代表するコンテスト、日本民間放送連盟賞、ATP賞テレビグランプリ、日本放送文化賞、「地方の時代」映像祭、文化庁芸術祭賞、放送文化基金賞で受賞した作品のいくつかが選ばれて並ぶ。題して「ザ・ベストテレビ2012」。

この枠に、私のハイビジョン特集「若き宗家と至高の三味線~清元二派88年ぶりの共演~」が紹介される。といっても全編ではなく、一部紹介映像となるが、それでも、この枠に選ばれたということは名誉なことだ。

放送は。8月4日(土)、BSプレミアム 第1部が14時から18時まであって、私の作品はおよそ4時30分頃に放送されることになるだろう。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2012-07-25 17:35 | Comments(2)

気になること

気になること

 昨夜のNスペは3つの福島原発事故調査の結果をまとめたものだった。そのなかで、国会事故調の委員長がさりげなく発言したことが心底にどすんと響いた。
政府内閣が一番おびえた(もしくは怖れた)ことは、4号機のそばにある使用済み燃料の格納が裸になったことだというのだ。
たしかに、ある時期、内閣が異常に緊張しているなと思った時期があった。災害全体に対しての緊張だと思っていたが、どうやらそうではないらしい。4号機の暴走を恐れていたようだ。

報道カメラマンのOBと昨日雑談を交わした。その人は2011年3月11日の地震発生から数日間に原発で起きたことを説明してくれた。なかで一つの情報が私のセンサーにちりちりと響いてきた。アメリカの情報筋が4号機の危険性をいちはやく伝えて来たというのだ。建屋が爆発で吹っ飛びむき出しのままになっている状態は最悪の事態になりかねない、アメリカも協力しようかという申し出。それに対して菅内閣は断ったという。

それでどうなったかというと、今も1年半前と変わらない向き出しの4号機。いったい、この始末を野田内閣はどうするつもりか。この処分も決められないうちに、大飯原発の再稼動を次々に進めている。仮に国民をうまく操作できても、国際輿論がこの国の動向を注視している、けっして黙ったままというわけにはいかない。きっと何らかの反応反響があるはず。それぐらいは総理も想像しているはず。

エネルギー政策に関する意見聴取会で電力会社社員が3.11災害のなかで、放射能で死んだものはひとりもいないという発言をしていた。冷静に考えると、この人は何と傲慢・横暴なことを語ったのだろう。
もし放射線ですぐ死に至るほど拡散していたら、もはや東北はノーマンズランドになっていたはずだ。
先のOBは、先年東海村で起きた事故のことを広く知らされていないことが、現在の奇妙な楽観につながっていると、厳しく批判していたことを思い出す。

まだはっきりと把握はできないが、なにかもやもやとするものがある。
このまま、電力が不足するからといって、次々に休止している原発を稼動させることになっていくことは看過できない。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2012-07-25 09:12 | Comments(0)

アナクロ

アナクロ

ここ2,3年の出来事の継起がなかなか私のなかで統合されない。記憶がなめらかに流れていかない。
母の死んだことは去年の初めのこととして私の記憶は納まっている。で、その半年後に大江さんと大石又七さんの番組を作ったと感じている。昨年の8月のことだ。そこから日をおかずして杉本博司の文楽の番組が出たと記憶が並んでいる。
つまり、私の記憶は以下のように組み立てられていた。
昨年2011年のまだ寒さが残っていた頃に母が死に→直後に私は胃がんの手術をし→6月頃に大江―大石対談を収録して8月の初頭に放送→8月中旬に杉本文楽の公演があって→10月に杉本博司の文楽の番組が放送。
こういう並び方で私の記憶は納まっていたのだ。

今朝、2009年の手帳を見ていて、母が死んだのは2009年12月22日だということに気がつき、クロニクルの混乱(アナクロ)を知って愕然とした。「本当の」正しい時系列はどうなっているか、ノートや手帳をひっくり返してじっくり探ってみた。
2009年12月に母の死→2010年1月4日に入院して7日にがんの手術を私は受けた→恢復順調で、8月にはS先生とともにタイ、チェンマイへ行く→秋、美術番組の立ち上げに力を注ぐ→2011年3月11日、上野の画商を取材している最中に東北大震災発生→福島原発の問題意識から6月に大江―大石対談を実施→7月3日に大江・大石対談をベースとしたETV特集を放送→本公演は無理かと思われた杉本文楽の横浜公演が8月中旬に開かれた→10月に「杉本文楽」をETV特集として放送。
 
母は3年前に昇天していたのだが、私のなかではまだつい最近のものとして記憶されていることが混乱の原因だ。母の死が実際の時間よりも近いところに私は置いていた。なぜそんな倒錯をしたのか。
母の容態が悪化して弟の家を出て東海大学病院に入院した2009年10月から最後の3か月のことはなまなましく記憶している。と同時に忘却しているものもある。意識的に忘れようとしたのだ。やさしく穏やかであった母が病のため猛々しくなって狡い表情に変わっていくことが耐えられなかった。そういう負の母を見るのが苦痛だったから、忘れようとしたらしい。

レベッカ・ブラウンの『家庭の医学』を読んだ。彼女の母の死をめぐっての物語。「死んでいくプロセス」を描いたノンフィクションである。兄、姉、レベッカの3人兄妹の母はひとりで北部の田舎町に住んでいたのだが、体の不調を感じてレベッカをロサンジェルスから呼びよせた場面から物語は始まる。
夫と離別し、3人の子供をひとりで養ってきた気丈でしっかりものの母が次第に弱っていき、介護の手を借りていくさまをレベッカは冷静に見守りながら、ともすれば堰を切って迸り出そうな母への愛情を必死でこらえながら、筆をレベッカは進めている。

夢中で読みながら、私は母の闘病の3か月間のことを思い出した。4人部屋の窓際のベッドに寝ていた母は横浜の新開地の風景を見ながら、北陸の雨と雪の多い(日ごろはうっとおしいと疎んじていた)町を恋しがっていた。他国の病院では聖書と短歌だけが暮らしのハリとなった。肺がんが脳に転移して余命半年しかないという事実を知らされず、退院後のホスピスでの暮らしを案じながらも楽しみにしていた。本当のことを告げるべきか迷ったが、結局は最後まで明かすことはなかった。母は空虚な希望を持ったまま最期をむかえた。

しっかりものとして生きてきたレベッカの母ですら、最後は幻聴幻視が始まり子供たちにすがって頼ろうとする。だが、その行為をレベッカは否定することなく自然のなりゆきとあたたかく受け入れる。レベッカの包容力に比べて私はなんと狭量であったか。私はこの世から次第に遠ざかってあの世へ移行しつつある母の「異様なプロセス」を許すことができなかった。母の死が長くないうちに来てほしいと願う自分があることを知ってぞっとした。

7月、祇園祭の頃に京都の大学での仕事を終えて、敦賀の実家に寄ったときはいつも京菓子の水無月を買った。大津生まれの母の好物だった。「これを食べる頃になると、平野神社の宵宮を思い出すなあ」とほっこり語っていた母を、今朝、私は白々明けのなかで思い出していた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2012-07-23 16:32 | Comments(0)

週初め

歯が浮いている

6月までかかった美術番組でやや体が草臥れたらしい。
もともと弱っていた左顎の下の奥歯がぐらぐらになった。歯科医へ駆け込むと、老化が主因だから暫定で処置するしかないという。ふだん、健康のときはもつが、いったん体を壊すと一番脆弱な部分が露呈してくる。
どうも右奥歯ばかりで噛んでいると、肩がこってくる。くたびれやすい。
おまけに老眼がすすんで、細かい文字が見えづらくなった。読書する熱意が薄れる。

泣き言はこのくらいにして、さあ出社しよう。
月曜日。しゃきっとしなくては。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2012-07-23 09:11 | Comments(0)

夜半、雷雨

あとのまつり

まもなくオリンピックが始まると、テレビのプログラムは大幅に変更することになる。本来入っていたトークやお笑い、ドキュメンタリーなどのレギュラー番組が時間をずらされたり消されたりしていく運命となる。
時には、思わぬかたちで復活することもある。
春に放送した「裸にしたい男・玉木宏」がとても評判がよかったので、作り直して放送したらという声があがった。当初の番組は43分の前後編に分かれた2本の組番組だったが、これを59分の短縮バージョン1本に編み直しの条件がついた。2本のまま編成するのはなかなか難しいのだ。それでももっとおおぜいの人たちに見てもらいたいと編集することに応じた。むろん、機械的にカットすれば作品になるわけでなく物語の筋を変えることなく割愛するものは割愛し、新しいナレーションのコメントも付加して、59分の番組が昨日仕上がった。短くなったぶん、とても見やすいものになったかもしれない。もし、そうであれば嬉しいのだが。
ちなみに放送日は。8月5日、23時30分から59分。BSプレミアム。「裸にしたい男・玉木宏」

 この作業を終えたあと、赤坂の編集室で行われている、9月放送のETV特集「吉田隆子(仮)」の進捗状況を検分した。編集作業はまだ始まったばかりで、撮影したビデオテープ(ラッシュ)を見るだけで4,5日かかると、その量の多さに担当者はぼやいていた。
私はこのドキュメントに関しては一通りではないものがある。おそらく私にとって、最後のETV特集になるかもしれないからだ。教育テレビのドキュメンタリーの枠「ETV特集」は、私を鍛えてくれ、大江さんや河合隼雄さんたちと出会った大切な場であるから。丁寧に仕上げていきたい。

午後4時半。東銀座、松竹本社でKさんと打ち合わせ。歌舞伎取材のためのかなり突っ込んだ条件交渉。予想以上に厳しい。タフなネゴは結局不調に終わった。疲れがどっと出る。
気分転換したくて東西線に乗って、門前仲町まで行く。夕暮れの深川八幡、富岡八幡宮の森を散策。子供たちが公園の水道を悪戯して、水合戦に興じていた。飽かずに眺めていたら日が傾いたので、慌てて駅前の大衆酒場「魚三」に行く。
人気のこの店は1階も2階も空き席を待つ客の行列ができていた。10分ほど待って、2階の窓側に入れてもらった。熱燗、イカ刺、ぶりのカマを注文。酒はコップ酒でなみなみと注いでくれる。これを2杯キューっとやると酔いが回る。

7時半。千鳥足で魚三を出て、東西線、銀座線を乗り継いで澁谷。駅前のツタヤに入って、小林政広監督「フリック」と今村昌平作品をレンタルする。再び山手線に乗り込んで帰宅。
 懐かしい友人から手紙が届いていた。幼馴染だが、長い間山陰で仕事をしていたということで音信が不通になっていたのが、ひょんなことで分かり、先日私は手紙を書いた。その返事が来た。
 工学部を卒業したその人は、趣味はゴルフ。手紙の3分の一はゴルフの話。私にはなんのことか分からない数字がいくつか並んでいた。やはり、40年以上、違う世界を互いに生きたのだなと感慨。
 9時ごろ、稲妻が光った。落雷の大きな音がして、はげしい雨が降ってきた。

 夜10時からソングスで桑田佳祐が久しぶりに登場したので、20分ほど視聴。そのあと、小林作品「フリック後編」を最後まで見た。感想、つまらない。「春との旅」のような感動はまったくなかった。なんだか時間を無駄遣いした気になる。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2012-07-19 12:57 | Comments(0)

17万の声

17万の声

各テレビ局のニュースの編集責任者はどういうつもりで脱原発の17万の声を無視しているのだろうか。昨夜の11時のニュースのオーダーを注意して見たが、「さようなら原発10万人集会」のことがほとんど報じられていない。それはなくともロッテが勝利をおさめ巨人が首位をかためたというスポーツの話題がそれぞれ1分もかけているのに、17万の声なき声の行動がまったく扱われないという「歪み」。

昨日の天候は度を越えていた。午前中から30度を上回り、正午には渋谷で炎天下にあれば35度を越えていただろう。まさに炎天のなかを私は会場の代々木公園をめざした。「暑い」。用心のためペットボトルの大きいやつをセブンイレブンで購入する。センター街をぬけて公園通りの坂道を登るあたりでは、集会参加者が目につくということもない。センター街に遊びに来た若者たちの顔のほうが多い。きっとこの暑さで高齢者や家族持ちは志があっても参加することをためらったのではないだろうかと、会が低調であることを危惧した。

 ところが東武ホテルのあたりから人の群れが一段と密になり、公園入り口では入場規制を受けなければならないほどの人の数となった。すべて10万人集会に向かう人たちだ。しかも参加者の顔ぶれをうかがうと年配が多い。私と同世代の団塊以上古稀世代が目につく。組織としての参加でなく明らかに個人参加だ。手にしているプラカードの文言は「孫にだけは安全を」というようなものが多い。

 集会が始まり、スピーカーを通して呼びかけ人の挨拶が始まった。懐かしい大江さんの声がする。大江さんの話は敬愛する中野重治と家族が治安維持法で弾圧されたときのエピソード。中野のみならず、妻も赤子である長女も警察に拘引されたとき、中野の家人は「私らは侮辱のなかにあります」という感慨を表明したという。その例と変わらない状況が今目の前にあると大江さんは訴える。灼熱の太陽を浴びながら、私は大江さんの声に耳を傾けた。

 77歳の大江さんに続いて84歳の澤地久枝、90歳の瀬戸内寂聴が登場して、さようなら原発のメッセージを力強く語る。途中、主催者から本日の参加者の数が17万を越えたという報告。たしかに10万をはるかに越えた人の波が幾重にも代々木の森に広がっている。だが、警察発表では1万とか2万という実態とかけはなれた数が、後刻報じられるのだろうか。その虚報することを恥だと当事者は感じないのであろうか。これでは大津市の教育委員会と同じ愚劣な存在でしかない。
 同様のことがテレビ報道で起こっていないだろうか。なんの政治的背景をもたない市民たちが、脱原発というスローガンだけに10万を越える数の規模で集まったという事実を無視する。一方、ネットではかなり詳細なリポートがおおぜいの人の手で記される。このメディア差は近い将来大きな結果を生み出すことになるのではないか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2012-07-17 07:05 | Comments(1)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧