定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

<   2012年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

光あふれる都大路

光あふれる都大路
c0048132_623342.jpg

昨日の朝といい今朝といい、京都は大気が澄みわたっている。美しい光であふれている。
石田波郷の有名な「バスを待ち」の句を思い起こさせる風景があった。さっそくパチカメで押さえておこう。
それにしても、波郷の句はなんと平易にして味わい深いか。
バスを待ち大路の春をうたがはず
実際は東京の街路で詠んだのかもしれないが、私にはいつも京都、都大路に思えてならない。
もう一枚の写真は四条大橋の西詰から南座、東山を方向を撮ったもの。逆光で南座が影絵になった。こののどかな風景に、先週起きた車暴走の荒事が潜んでいる。だが今朝の四条の繁華街にはまばゆい光しかない。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

c0048132_6265332.jpg

[PR]
by yamato-y | 2012-04-28 06:23 | Comments(1)

朝いちばんの都大路で

快晴の京都

昨夜は小雨があったが、今朝は晴れ渡った。
朝6時半。ホテルを出て、鴨川のほとりを散歩。
河原に外国人のカップルが大きなバッグをかかえて座り込んでいる。野宿したような様子。
ジム・ジャーミッシュの映画の一場面のようだ。

上流をながめると、北山がくっきり見える。今日はかなり大気が安定しているようだ。
昨日は一日中眠かった。授業をしていても、途中で睡魔が襲ってくるような気がした。
とにかくベッドに潜り込みたいという気分だった。
だから10時には床についていた。明け方まで一度も目が覚めることもなく眠った。

ただ今9時半。そろそろ出発の準備をしないといけない。さきほど撮影した写真だけはこのブログにアップしておこう。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

c0048132_939415.jpg


c0048132_9434098.jpg

[PR]
by yamato-y | 2012-04-27 09:29 | Comments(0)

霧立つ

霧立つ

今日から関西へ行く。2日間、学生たちに映像の仕組みを教える。今年もまたメディア論の授業が始まる。
母が生きていた頃は、この授業の帰りの日曜日に敦賀へ寄って一晩過ごしたものだ。その習慣も2年前で終わった。今では、京都単純往復。
ただ今、午前5時。あと2時間したら朝食をとって、品川の駅に駆けつけて、新幹線に乗り込み、昼前には京都百万遍に立つ。
まもなく5月だというのに、雨模様の日が多い。京都もそうなのだろうか。青紅葉の季節は晴れ渡ることが望ましいのだが、そうもいかない。
昨夜、9時頃、長崎の知人から電話があった。職を退くので、そのお祝いにみんなで集まって宴会をしているという。20年前の遊び友だちである私を一同が懐かしがって電話をくれたのだ。ありがたいやら悔しいやら。そこへ駆けつけて混じることができないことが歯がゆい。驚いたのは、その仲間たちはもう80歳に近い年齢になっていたことだ。

朝鳥が鳴いている。うす霧がだんだん晴れてきた。目黒の高台でも霧がかかることがあるのだ。

このところ多忙な日が続いて、体が少し疲れていた。この関西行きはすこし本でも読んでのんびりしようと思う。水村美苗の新作『母の遺産』を持って行くつもり。パソコンも携帯用の小さいものをバッグに入れる。ひさしぶりにS先生とお会いして、学問の世界のことを教えていただくことを楽しみにしている。こんな心境にある私というのは老境に入ったのかしらむ。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2012-04-26 06:18 | Comments(0)

職場のおわりどき

職場のおわりどき 
c0048132_16113314.jpg




6時を回ると、退社の準備を始める者もいる。数年前勤務がフレックス制になってから、各自ばらばらの勤務時間に変わった。こうなると、個人主義に職場はなるから、連れ立って飲みに行くようなことも減った。
一方、勤務がまだ終わっていない者は、外国へ国際電話をいれたり、せっせとパソコンを打ったりする。職場がわさわさしている。
私はといえば、一区切りがついたから、帰ろうかと思って机のうえのものを片付けていたら、先月買った、平松洋子の『なつかしいひと』が積読のなかから出てきた。手にとってぱらぱらと読む。「夏の日の悅ちゃん」と「ツー・ストライク、ノー・ボール」という文章をさらさらと読んだ。読み終えて、じんと来た。平松に期待したそのものがしっかり私のなかに生まれている。

7時から、東急ハンズ前の居酒屋でささやかな打ち上げがある。玉木宏さんのドキュメントが好評のうちに無事放送を終えたことを祝して、関係者が集まる。

玉木さん本人は前からの予定があるので、やむなく欠席で、編集のS君は今広島で仕事をしているからあやはり欠席。打ち上げは7時に始めて、9時終了の予定だ。今回の番組の苦労話でもするのかな。

番組を送り出したあとの打ち上げというのは、なんだか大きな荷物を宅急便に出したような軽い虚脱感がある。今年に入って、この「裸にしたい男」がもっとも大きな作品だったから、気のぬけ方も大きい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング


c0048132_1611572.jpg
c0048132_16121261.jpg
しかし、よくこんな大雪をかき分けながら玉木さんも登ったものだ。
[PR]
by yamato-y | 2012-04-23 18:51 | Comments(4)

しぶやさんの歌

しぶやさんの歌

昨日も一昨日も仕事だった。下町紀行の5本の15分番組全部を結局監修することになったのだ。
4本までは取材も順調にすすんだのだが、ラストで難破した。ネタが足らない。だから、ここ2、3日はジタバタした。
そういうときに、大先輩の訃報が飛び込んで来る。同じ広島勤務をしたドキュメンタリストで、テレビ史に残るようないい仕事をした人。その人の葬儀のことやあれこれを知りたいと思うが、情報を聞くだけで、精一杯という多忙が続いた。

 そこへ、25年以上会っていない川池聡先生から連絡があって、22日に西荻窪のライブハウスで渋谷毅サンのコンサートがあるから来ないかと誘いをうけた。川池先生は渋谷さんのお兄さんで、かつてラジオ音楽教室で講師をしていたことがある。その頃の付き合いだからもう30年前のことだ。お互いの消息が分かったのが先月のこと。一度会いたいねといっていたので、再会を渋谷さんの音楽会にしたのだ。その再会には、もうひとり、私の敬愛する先輩Yさんもいっしょだ。

ということで、寒さがぶりかえした昨夜。西荻の駅に待ち合わせて、ライブハウスあけたの店へ行った。

渋谷さんは私が音楽番組を担当していた頃から名前だけは聞いていた。ジャズの演奏家だが、子供の歌も作る。その歌がめっぽう可愛く楽しい。「北風小僧の寒太郎」で有名な福田和禾子さんの芸大時代の仲間で、伝説だけは知っていた。その渋谷さんのこども歌だけのコンサートがあけたの店であった。会場は30人ほどのファンでぎっしり。8時半に始まって10時半に終わった。

あしたのあしたのまたあした
くじらのとけい
雨だれピチカート
雪はこどもに降ってくる
あっちこっちたまご
おおきいてちいさいて
ちょっとまってふゆ!
ふゆっていいな
あやとり
さるが木からおっこちた
ぼくのミックスジュース
ふたりでひとつ

こういうこども歌がおよそ30曲。途中一度の休憩をはさんで2時間びっしり。渋谷さんの老人化したおしゃべりを耳にし、美しいこどもうたを聴いていると陶然とした。「ちょんまげマーチ」では思わず声をあわせて口ずさんだ。

久しぶりにカルチャーショックを受けて、この文章がまとまらない。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング


 
[PR]
by yamato-y | 2012-04-23 08:12 | Comments(1)

本日 後編の放送

今夜11時15分 BSプレミアム

「裸にしたい男」は4月から新しく生まれ変わった。それまでの「今、裸にしたい男たち」とは微妙にしてかつ著しく変わったのだ。「いま人気の俳優・タレントに密着取材。その人気の秘密、創作の舞台裏、そして知られざる素顔に徹底的に迫る人物ドキュメント」という基本コンセプトは変わってはいないといえるだろう。

放送形態が変化したのだ。それまでは90分1本の長い尺の番組として設定されていた。重量感、お得感があると思われるような設定だ。あのスタアの素顔が90分も丸ごと見せてくれるなんてというファン気質を読んでの配慮だったろう。
ところが、今年度からは45分×2本の前後編スタイルとなった。お楽しみ感を先延ばすことによってますます醸成されるファンの思い。より「せつない」ものにしたいというプロデュースする側の意思がそこにはあると推測される。

そのあたりを、制作する側である我々も読んで、玉木さんの魅力が一段と引き立つ場を探した。答えはすぐ出た。玉木さん本人が、冬山に行きたいという意志を即座に鮮明にしたからだ。前から行きたいと念願しつつなかなか実現しなかった冬山行。自分が行きたい場所へ行くのだ。当然、当人のなかにふつふつと燃えるようなものがあった(にちがいない)。

この前後編スタイルの第1回作品が本日完結する。いよいよ物語はクライマックス。この構成の妙をぜひ楽しんでいただきたい。
「裸にしたい男 玉木宏」
 放送は、今夜11時15分 BSプレミアムで。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング


 
 
[PR]
by yamato-y | 2012-04-21 12:48 | Comments(0)

紙芝居

紙芝居

 今編集作業に入っている「3丁目の夕日を探して」(仮)で、子供たちを夢中にさせた紙芝居のことが出て来る。昭和28年から33年の頃だ。
 教育委員会などは巡回図書館や移動図書館の施設や車を作って、良書や偉人伝をこどもらに読まそうとするが、そこへやって来る街場の紙芝居にこどもらは夢中になったと、東京足立区でインタビューした私と同世代の男性が証言する。

 全国的には、紙芝居屋は自転車に積んでやって来て、客集めは拍子木を打ち鳴らしたとものの本には書いてある。
私の記憶では、わが街ではラッパを鳴らした。つば広の帽子(ハット)をかぶったおじさんが、自転車のスタンドを立て、紙芝居をセットすると、腰にぶらさげたラッパを口にあてて、トテチテターと威勢よく鳴らしてこどもらを集めた。それを聞きつけたこどもは5円か10円を握りしめて、列を作った。
紙芝居の見物料代わりに水飴を、おじさんから買うためだ。おじさんは引き出しを開けて、中の水飴を割り箸で巻き取って、ウエハースを2枚くっつけて、代金と引き換えに子供にわたした。水飴を買ったこどもらは紙芝居の前に一番いい場所に立って、見物することができた。
 うちは紙芝居の売る水飴は不潔で食べてはいけないことになっていた。買いたくてもお金をもらえなかった。だから、紙芝居を「ただ見」することになるから遠巻きで見ることになった。

 離れてみると、絵の詳しいことが分からないから、筋があまり理解できず、夢中になることはなかった。
ただ紙芝居の絵柄は好きで、のちに山川惣治の「少年ケニア」に出会ったときはすぐ好きになった。私から見て、紙芝居系の漫画は山川のほかには小島剛夕、水木しげる、滝田ゆうがいた。

 私には紙芝居に夢中になったという実感がない。人だかりしている紙芝居の自転車から離れた場所から、うらやましそうに眺めている姿しか浮かんで来ない。他のこどもらのように「買い食い」できない我が家の掟をうらんだ。だから、街頭映画会があると、禁止されていたにもかかわらず、友だちや幼い弟をひきつれて、自分の街以外の映画会でも出かけた。行く時は夢中だが、9時を回って帰宅するころになると、家人から叱られることを思い出して悄然としたことを思い出す。
 紙芝居→街頭映画→うどん屋の店頭のテレビ、が私の初期メディア体験かな。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2012-04-20 07:05 | Comments(0)

忙しいくせに

忙しいくせに

朝9時に家を出て竹橋の近代美術館へ出かけた。まもなく閉幕する「ジャクソン・ポロック展」を見る為だ。
3月に「極上美の響宴」で、ポロック芸術の秘密を解く番組を作ったときから、本物が見たいとねがってきた。今年は彼の生誕100年ということで、日本で特別に展覧会が開かれた。めったに集まらない内外の作品が70点以上一堂にあるのだ。ぜったい逃してはならないと、眠い目をこすりこすり東西線で竹橋まで行った。

44歳で急死した彼の人生のピークは1950年。この時期に描いたドリッピング、ポーリングの作品はどれも傑作。ところが、この作風に見切りをつけて新しいことに挑み、脱皮がうまくいかなくなった時期1953年あたりから、作品がつまらない。少なくとも、私は楽しめなかった。会場でも、そのへんの陳列はどんどん飛ばした。むしろ、初期の蛇のイメージに執着していた頃の油彩などに、ポロックの才能を感じた。今、手元にないので正確に記せないが、会場で入手したリストに鉛筆で作品評価を自分なりにつけておいた。暇になったら、ゆっくり画集と付き合わせて、再度、ポロック芸術を味わいたいものだと願っている。

実は、のんびり絵を見ているなんてことは許されないほど忙しい。「3丁目の夕日を探して」の編集がどかんと大きな暗礁というか氷山というか難題に衝突してしまった。致命的な認識のミスが、作業の手を止めてしまったのだ。この修復を急いでやらなくてはならない。
にもかかわらず竹橋なんかへ行ったりしてと、自分で自分を叱り飛ばして、編集室にむかった。

表現するということはけっして楽なことばかりじゃない。むしろ困難なことのほうが多い。これは、40年現場を歩いて来た経験から知っている。分かっている、のだが、いざ困難に直面するとため息がもれる。どーっと疲れがやって来る。
昨夜も9時過ぎまで編集に付き合い、スタッフのふたりと相談を兼ねてお好み焼き屋へ出かけた。帰宅したら12時前だった。

現状で手一杯だというのに6月と7月放送の「極上美の響宴」を担当しろとオーダーがはいった。イギリス特集で、ターナーとミレイをとりあげるのだ。その番組を担当している者が急遽ロンドンオリンピック特番を作ることになり、アナが空いたので入ってほしいというのだ。昨日、6時から40分間だけ、その引き継ぎをした。ターナー関係の資料がごそっとある。またしても、大きなため息をついた。

ところで、江戸時代、閻魔様の縁日にはおおぜいの小僧さんがお参りに来た。なーぜだ。
丁稚奉公していた少年たちは、この日だけはお休みをもらえたのだ。閻魔――エンマとは古インド語で休息という意味があるんだって。
千住にあるエンマ堂にはその名残が今もある。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2012-04-19 08:14 | Comments(0)

ウヒヒ

ウヒヒ

 「裸にしたい男・玉木宏」の私専用のDVDを、会社の女性幹部に届けたのが、先週末。
その人Tさんは、DVDも見たし、土曜日の本放送も見た。とても良かったといって、さきほど直に私のデスクまでDVDを返却してきた。

もしかして、私が不在かもしれないと思って、DVDにメモを付けてきたといって、白いペーパーを、席に坐っている私にしっかり広げて見せてくれた。
〈お借りしたDVDもBSプレミアムも視聴させていただきました。玉木宏がこんなに魅力的とは思いませんでした。またまた、○○さんマジックですね!〉
○○さんの部分には私の本名が書かれてある。

Tさんは四十路半ばのベテラン。かつて社長秘書も経験して、現在は事業の担当部長の要職にある。仕事でも有能だが、お洒落で美しい人だ。最初見たときは、お高くとまってツンツンしていらあ、才媛ぶってという悪印象をもった。外見ですぐ判断するのが私の悪い癖。

ところが、私が「冬のソナタ」を担当するようになり、このドラマの大ファンだというTさんに物語のツボを聞きに行ったことから親しくなった。2005年早春のことだ。まだ冬ソナが評判になっていない頃だ。その段階で、Tさんは冬ソナについて猛烈によく知っていた。ツンツンウーマンと思っていたが、実際は純愛大好き、ぺ・ヨンジュン大好きのベタなお姉さんだった。
私が4回にわたって、ソナチアン特集番組を制作できたのも、Tさんの援護射撃があったからだ。チェ・ジウとぺ・ヨンジュンの二人が出演したら、もういいだろうという幹部を説得して、さらに2回も冬ソナファンの集いの番組を私にあてるよう運動してくれたのも、Tさんのおかげだ。ユン監督を日本に呼んだときも、彼の演出の絶妙に私とTさんは「ユン・マジック」と讃えた。そのことを、さきほどのペーパーで言及している。「○○さんマジックですね!」というクダリだ。ユン監督の歓迎会もTさんがセットしてくれた。Tさんは私にとって芸能ドラマ番組に関する最大のアドバイザーなのだ。

といってもTさんはなんでもかんでもオーケーというわけではない。鑑定眼は厳しい。本物でないと、評価はケチョンケチョン。そのTさんの御めがねから見ても、玉木宏はバツグンに魅力的だったというのだ。文章では足らず、口で玉木がどれほど格好良かったかを、えんえん私に語ってくれた。
思わず、内心、「ウヒヒ」

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2012-04-18 16:26 | Comments(1)

コメディエンヌ

コメディエンヌ

来月の東京スカイツリーの開業に合わせて、NHKも民放もいろいろな企画を練っている。
そのうちの一つを今手がけているのだが、これがめっぽう面白い。先々月までスカイツリー本体を一度も目にしたことがなかったのだが、3月に入ってバタバタと3度も4度も間近でご本尊を見ることとなったのも、この番組のせい。
番組のまだ正式タイトルは決まっていないのだが、押切もえの3丁目の夕日を探してというようなイメージ。小さな旅番組だ。

スカイツリーの周辺には江東区、墨田区、葛飾区、足立区、江戸川区の下町が広がっている。今から50年前の昭和30年代に、俳人石田波郷はその5区を歩いて「江東歳時記」という新聞連載のコラムを書いた。人気漫画「3丁目の夕日」の表す時代と重なる。ちょうど高度成長をむかえつつある東京下町はいろいろなものが大きく変わろうとしていた。そのなくなりつつあるものを惜しむかのような記録を波郷は115回にわたって断続的に読売新聞ローカル版に連載したのだ。

春待つや小鳥のなかの桂ちゃぼ
葛飾に歳時記を閉ず野火煙

その頃、カメラに凝っていた波郷は記事を書き俳句をひねるだけでなく、各地の風物を愛用の2眼レフカメラで切り取った。その膨大な写真が残されている。
その写真に残された地域をモデルの押切もえさんが5回にわたって旅した。

千葉県と接する矢切の渡しから深川までかなりの広範囲をもえさんは歩き回る。手がかりは波郷が写した写真。その場所は今どうなっているだろうと探し回った旅を、今編集している。

例えば深川。春の雨が降っている。隅田川の河口でかつてたくさんの用水があった地をもえさんは傘をさして行く。屋形船の止まり場まで行くと、法被を着た老人が雨でやや傾いたテントを直している。「雨で直しているのですか」ともえさんが声をかけると、「雨だから直しているんでい」と巻き舌の答え。そこから、二人は落語か漫才かのような会話を交わす。このやりとりがそこはかとなく面白い。編集しながらつい聞き惚れる。
美形のもえさんが絶妙の合いの手をいれるから、話し相手はみなたっぷりサービス精神を発揮して話すのだ。ユーモアがあり、お転婆でおきゃんな面を、もえさんはたっぷり見せてくれる。
矢切で渡し船に乗ったときなどは、大風が吹いて船が揺れているのに面白がって、遠くに霞むスカイツリーをこよなく愛でていた。

この楽し過ぎる旅番組をどうやって5本の枠のなかに収めるか、今思案の最中。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2012-04-18 06:48 | Comments(0)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧