定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

<   2012年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

退職して22年

退職して22年

イイダさんは往年の大カメラマン。あのベトナム戦争のときに凄いスクープの映像をいくつもものしている。とにかくサイゴン陥落のとき、混乱のなかに止まって国が滅んでいくということはいかなるものか、その実像を記録したのだ。北から進軍してくる解放戦線や北ベトナム軍と遭遇すればどうなるか分からないという恐怖のなかで、イイダさんは踏みとどまって「歴史」を記録した。フリーのカメラマンの数人以外、イイダさんのような局のカメラマンは皆無だった。ベトナム戦争に従軍したジャーナリストたちを描いた「叫び声が聞こえる~ジャーナリストたちの戦争」を私は去年1月に作った。

イイダさんは今年79歳になる。57歳で早期退職したから、天下の素浪人になって22年。元の古巣へ行っても、この大カメラマンのことを知っている人はほとんどいない。私は職場を異にしていたが、居酒屋「たつみ」でよく顔を合わせることがあり、その店が廃業してからも酒席をともにすることが少なくなかった。気があったのだ。奈良出身で、関西弁がいまだに抜けきらないイイダさんとテレビの話、撮影のコツ、突撃取材の見切り方などを聞き出すのが楽しみだった。

本日、昼休みにイイダさんはやって来て、イタリアンの飯を食べながら、互いの近況を報告しあう。話題は3・11のときの福島原発のことにおよんだ。どこで入手するのか分からないが、マスメディアには流通していないような情報をイイダさんは掴んでいた。まだまだ事実はたくさん埋もれている。というか隠されている。ジャーナリズムはもっと深く掘ることをしないといけない、とイイダさんの表情が厳しくなる。
食前酒の白ワインを一杯飲んだせいか、顔が朱に染まってすっかりご機嫌のイイダさん。銀髪が美しい。イイダさんはきれいな老人だ。近年の“幼稚園”のようになったテレビについて厳しい意見を開陳する。あんたたちの責任だよと叱られている気がする。

リタイアしてからの22年間は退屈しなかったですかという質問に。「一日なんて、農業を始めたらすぐ時間が経つよ。健康への無用な心配はしない。健康診断は20年間受けていない」と師匠は生き方を伝授してくださった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2012-03-28 15:41 | Comments(0)

絵の番組、後味すっきり

c0048132_1381411.jpg
番組の告知

春が来た。桜のつぼみが膨らんでいる。今週、久しぶりに関わった番組が放送されるので、告知しておきたい。「極上美の饗宴」の枠だから、美術ドキュメントだ。この番組の長さ(内部では尺という)は57分。ちょうどいい。物語が小気味いいぐらいスムーズに流れていく。プロデューサーのアサノくんは、私といっしょに「木村伊兵衛」のドキュメンタリーを数年前に手がけたことがある。そのとき、うまいディレクターだなあと感心したこともあって、今回、取材の段階から期待していた。案の定、期待を裏切らない佳作を作り上げた。番組のタイトルは、「飛び散る線の謎 ~ポロックの“自然”~」。あの二十世紀伝説の画家、ジャクソン・ポロックの抽象画にアサノ君は取り組んだのだ。

美術界の革命児と評され、巨人ピカソをも超えたともいわれるアメリカの画家ジャクソン・ポロック。西洋絵画というものは、画布をイーゼルに立てて、そこに絵筆で直接絵の具をこすりつけて生み出されるものという固定観念があった。ところが、ポロックは、キャンバス床に置き、そして筆をキャンバスにつけず上から絵の具を垂らすという独特の技法(アクション・ペインティングと呼ばれる)を発明。また、作品から一切の「形」を排してしまった。縦横無尽のさまざまな色味の線が走り、点が弾けた。見るものに無限の想像力をかきたてる抽象絵画の世界を生み出し、二十世紀の絵を大きく変えたといわれる。ポロックはジェームス・ディーンと同じ頃、自動車事故で44歳の若さで死んだ。その劇的な人生にも心惹かれる。

実は、今年はポロックの生誕100年にあたり、今、東京で展覧会が開かれている。場所は東京国立近代美術館。2012年2月10日~5月6日まで開催されている。番組のなかで紹介されているいくつかの絵も、その会場で目にすることができる。私も会期中に行こうと計画している。

  放送日: 3月28日(水)21:00~(57分) BSプレミアム
再放送日: 4月 3日(火)21:00~(57分) BSプレミアム
        4月 4日(水)08:00~(57分) BSプレミアム 

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2012-03-27 13:09 | Comments(0)

何合目かなあ

何合目かなあ

土曜日に、玉木宏さんの「裸にしたい男」の荒編集試写を行った。45分×2本分つまり90分サイズの映像を通して見た。おおざっぱな感想だが、素敵な番組になるだろうという予感がした。詳しいことは追々書いていく。

印象に残った談話がある。
「今の自分は、人生の何合目にあたると思いますか?」と、ちょっと嫌味な質問。
これに、30代前半の玉木さんが「5・5合目」と答えるのだ。どうやら、彼は人生60年と考えているのだろう。現在の彼は、人生の折り返しを越えた地点に立っているという自覚。むろん、これは生物的生命としてのことでなく社会的生命としてのことを指すのであろうが。しかし、64歳の私がそれを耳にすると、複雑だ。

 ずっと知りたいのは、リタイアした人たちは毎日どうやって日々を送っているのだろうか。亡き父は早くから引退して、お茶を習ったり作陶をやったり、毎日が忙しいといいながら71で逝った。母親は父の死後16年生きたが、思い出と短歌で生きた。晩年はお迎えを待っていたような気がする。

玉木さんが挑んだ冬山は西穂高の主峰。その一段下の独標近くまで攻め込んだのだが、猛烈な吹雪と強風に行く手を阻まれることになる。その悪戦苦闘の最中に、奇跡のように風がおさまり雪がやんだ一瞬があった。そのとき、遥か尾根の南にきらきらと高山の町の灯りが光っていた。吹雪と戦ったことも忘れて、うっとりと灯りに見入る玉木青年の純情。
 ぜひ、番組をご覧いただきたい。美しい北アルプスの自然と魔の山に果敢に挑む玉木宏の心意気。乞うご期待。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2012-03-26 14:54 | Comments(1)

2つの原爆映画

2つの原爆映画

 原爆に関してのラジオ放送は、被爆直後から始まっていたが、映像としての放送つまりテレビ放送が実現するまでには12年ほどの年月を要することになる。この間、米軍による検閲という時期もあったにせよ、原爆の映像がまったく人々の目に触れることがなかったわけではない。映画がその役割を果たしていたのだ。ニュース映画もあったが、2本の劇映画が製作され、全国で上映されて、広島で起きた出来事を伝えた。その映画は、事件は過去の物語でとどまることなく現在も悲劇が進行しているという原爆の事実を描いて、日本人に深い衝撃を与えた。
 1952年8月に公開された「原爆の子」(新藤兼人監督)と1953年8月に封切られた「ひろしま」(関川秀雄監督)。この2本とも、51年に刊行された文集『原爆の子』(長田新編、岩波書店)という広島の被爆した子供たちの体験をもとにして、作られた映画である。 新藤の場合、原作からいったんはなれて、「新たなオリジナルシナリオ」を自ら書いて映画を撮った。幼稚園の先生だった若い女性たか子は8月6日被爆して、その後島へ逃れて教師をしている。そのたか子が7年ぶりに広島へもどって、かつての園児たちと再会するという物語。
関川作品は、文集をそのまま八木保太郎によってシナリオ化して映画を撮っている。高校生のみち子はある日白血病で倒れる。その病床にあって、あの原爆に遭遇してからの出来事を回想するという構造で話が組み立てられている。このなかで、みち子の同級生の男子が、この広島の悲惨を世界の人よりも日本中の人たちに知ってほしいと叫ぶ場面がある。被爆から7年しか経っていないこの時期、広島の出来事はよその地域ではまだほとんど知られていなかったのである。

この2本の映画は、原爆投下された瞬間を描く映像の技法においては対照的で、後に映像表現上大きな意味をもつことになるので、やや詳しく検討する。
 関川は原爆という未曾有の災厄を描くことに渾身の力を揮った。爆弾が炸裂して阿鼻叫喚の地獄となった場面を再現することに多大の力を注いだ。〈B29の爆音を聞きつけて、不安そうな女子学生や教師たち。その瞬間、画面が白くなり、ほこりが立ち、家が潰れ、馬が衝撃で倒れ、やがて死者、負傷者が延々と大地に横たわっているという光景に大きく変化。倒壊した家屋の下敷きになってうめく人々。発生した火災に追われて水の中へ逃げ込む生徒や教師。〉この被爆の場面のために8万人を超えるエキストラを動員し、太田川の現場で火炎を再現するなど、可能なかぎりの「演出」をして、関川は原子爆弾の悲惨、非人道性を表そうとした。
 一方、新藤は原爆が落ちた瞬間を「生で」描くことを避けて、象徴的なカットを連ねるモンタージュで惨劇を表した。〈迫ってくるB29、河原で子供たちがキャッチボールをしている、母の乳房をしゃぶる赤ん坊、秒針が動く、ひまわりがしぼむ、〉から爆発後の〈死んだ母の乳房にすがりついて泣き叫ぶ赤ん坊、小鳥が鳥かごの中で焼け死ぬ〉という一連のカット群である。運命の瞬間の再現には膨大なカネがかかるから、この手法をとったと新藤は正直に記している。だが、爆心の地獄そのものを描くことができなかったことを新藤は今も悔いていて、将来「ヒロシマ」という映画を作って、そのなかで巨費を投じて被災、被災直後を映像化したいと新藤は熱く語っている。現在99歳の新藤はまだ映画を撮り続けている。

 原爆の「残酷」をいかに描くか表すかは大きな問題である。再び新藤の言葉を引く。
《1秒2秒3秒の間に何が起きたか、白閃光に人間が焼かれ、爆風に吹き飛ばされ、何万という人間が悶絶した、その実態は、だれも示していない。》
 原爆を映像化するとき、劇映画であれドキュメンタリーであれ、この表現が作品の質に大いに影響する。テレビドキュメンタリーではだいたい3つの技法を多く用いてきた。
一つめが新藤さんが採用したモンタージュ。テレビ現場ではイメージカットと呼ばれている。2つ目は、広島に投下された実際のきのこ雲の映像で運命の瞬間を表す技法。3つめは、画面を真っ白に塗りつぶすホワイトアウトの技法。これらの技法を用いるとき、共通に大切なことは、同時に流れる音響だ。その効果音が映像の指示する意味をさらに強化する。

 なぜ、こんなことを考えたか。
あらためて、日本人の原爆観はテレビというメディアを通して形成されていると知る。では、いつごろから今のような8月ジャーナリズムになっていったのかを俄然知りたくなった。去年の3/11以来、原爆、核というものが、われわれの脳の襞にどう染み込んでいるのかを腑分けすることが肝要じゃないだろうか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2012-03-25 16:49 | Comments(0)

イノシシが

イノシシが

久しぶりにお休みをもらった。
ゆっくり大磯へ帰った。相模川の鉄橋を渡るとき車窓から富士山がくっきり見えた。春の陽射しがまぶしい。だが、汽車から降りてみると風は冷たい。まだ春とはいえない寒さが大気のなかにある。

戸板康二の『句会であった人』をのんびり読んだ。クボマンにつながる人脈だ。川口松太郎、小島政次郎、安住敦らの素顔がほっこりと描かれている。弛緩して、気持ちを洗濯するにはうってつけの本だ。昼過ぎ、喉が渇いて台所を探したら、隅に「酔心」の5合瓶があった。4分の一ほど残っている。冷蔵庫にはツマミになるようなものは見当たらないから、冷のまま飲んだ。

5時過ぎ、戸締りをして家を出た。夕日が向山を照らし出してきれいだ。2つの鞄をぶらぶら下げながらツヴァイク道に向かう。
道の入り口に、「イノシシ注意」の看板が立ててある。以前より警告の度合いが進んでいる。
山道の脇にムラサキハナナが可憐な花を咲かせていた。
麓まで行くと、建築士のHさんと出会う。大きな荷物を両脇にかかえて、ゆっくり登ってきた。お久しぶりですと挨拶を交わして、近況報告しあう。
分かれしな、Hさんが遠くを見ながら、「あれ、置物かしら」と呟く。麓に広がる草わらのほうに目をやると、イノシシが佇立していた。
じっと、こちらを見ている。が彫像のようで恐怖心はおきない。
Hさんも呆れた様子で、「ずいぶん近いところにいるのねえ」
しばらくすると、イノシシは向きを変えてとぼとぼと山道を上がっていく。やがて、林のなかに消えた。
なんだか、夢を見ているような気分。夕日が足早にかげっていく。
Hさんと別れて、イノシシが消えた林のほうへ、そっと近づいてみた。何の物音もしない。
もっと近づいて、イノシシを挑発しようかとも思ったが、黄昏時では危険かと思い直して、本道にもどる。
ツヴァイク道を通い始めて15年になるが、獣に出会ったのは初めての出来事だった。Hさんの話によれば、先年、イノシシを飼っていた住民が引っ越して出ていくときに放置したのが野生化したということだが、無責任な飼い主もいるものだ。

 山影はすっかりくろずんで、カラスの鳴き声も絶えていた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2012-03-22 07:23 | Comments(0)

ジャクソン・ポロック

このところ多忙

春分の日も仕事だった。来週放送の「極上美の響宴/ジャクソン・ポロック」のMA(マルチ・オーディオ)作業が終日赤坂で行われた。57分のビデオ構成で、ナレーションの分量も半端でない。語りは井上二郎アナウンサーだから長丁場のコメントも安心して聞いていられるが、作業は慎重に進められた。

プロデューサーは旧知の浅野くん。かつていっしょに木村伊兵衛のドキュメントをやったことがある。力のある人だ。彼の指揮のもと作り上げて来たポロックはなかなか見応えのあるものとなった。
今年はポロック生誕100年。それを記念して、現在ポロック展が近代美術館で開かれていて、なかなかの盛況だそうだ。ポロックの名前が注目されたのは、2006年に「ナンバー5」という作品が165億円で売買されたときだ。ピカソを越えたと喧伝された。
番組は、代表作「秋のリズム」をめぐっての逸話を軸に展開していく。

近代美術が宗教や歴史の従属から解放されて、絵の自律を目指して歩んで来た果てにキュビスムまで来て隘路に陥る。そのとき君臨していたのがピカソだ。そのピカソの呪縛を越えたいと、現代アートはさまざまな格闘をするのだが、そのひとりがポラックだった。

彼はキャンバスをイーゼルから下ろして床に置き、絵筆を画布から離して、「垂らす」という技法を発明するのだ。そのアイディアのもとになったのが幼い頃見聞していたネイティブ・アメリカンのナバホ族の砂絵だった。
こうして、ポロックの絵筆から絵の具が滴り落ちて描かれる技法、ドリッピング、ポーリングが生み出されるのは、私が生まれた1948年頃のこととなる。

この番組で面白いのは、この技法を実際にアーチストの石井竜也さんにやってもらうことだ。一見お気楽そうにみえるドリッピング、ポーリングもやってみると至難の技であることがみえてくる。
さらに、オーストラリア在住の物理学者にも「ポロカイザー」という自動描画装置を使ってもらって絵を描くシーンなどもめっぽう面白い。

ポロックの絵は、画面に焦点をもたない「オールオーバー」というのが特徴。見る者の視線をあちこちに散らすというこの概念をはじめて実現したのがポロックだったのだ。この絵は近年の言葉を使えば、「フラクタル」を有していたということが次第に明らかになってくる。全体像と部分がおなじ構造をもつ現象。実は、これは自然のもつ規則性でもあるのだ。

現代アートの革命児であったポロック。だが、その盛りはわずか4年ほどしかない。その後描けなくなり酒におぼれていく。ほとんど自殺に近い交通事故で急死する。ときに享年44。

わが番組の副題は、「飛び散る線の謎〜ポロックの”自然”」。3月28日、BSプレミアムで放送される。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2012-03-21 09:46 | Comments(0)

深川あたり

深川あたり

 スカイツリーの関連番組で江東をロケして歩いている。

森下町から清澄にかけて、雨のなかを行った。深川あたりとでもいうのだろうか。
古くからのどぜう屋「伊せ喜」がある。昔から、庶民の銷夏法としてどじょうを食べることが多かった。その本場がこの店だ。
石田波郷の「江東歳時記」でも、この店を材にとっている。波郷はこの店で趣味のカメラを駆使して、かなりの枚数の写真を撮った。大半が店内の客の様子と調理場の料理人の姿。屋外は一枚もない。ほとんどが男同士の酒飲みたちだが、なかに家族連れやアベックもいる。(この時代はカップルといわずアベックだ)
波郷の写真は、灯りといい構図といい、まるで小津の映画の1シーンのような懐かしい作品となっている。波郷の何を、その泥鰌やは掴んだのだろうか。それを知りたくて、現在休業している「いせき」のあちこちを見て回った。

 結核で2度入院して、胸うすいと自認する波郷だが酒はめっぽう好きであったようだ。無駄口をきかず、酔っても乱れない波郷の酒品は好もしいものであったようだ。
息子の修大さんの著書を読むと、何かにつけ波郷は酒を飲んでいる。当然酒席の句も多い。
街角から2軒目バア寒の内
コニャックバア鶴も寒明くるらし
敗荷(やれはす)の寂しき酒を温めけり
 そういえば、波郷の句集に「酒中花」というのがあった。

 こんな波郷の匂いも嗅ぎ取りたいと、森下町のどぜう屋に出張ったものの、店は休業となっていた。去年の3・11で木造の老舗の一画が壊れてしまったのだ。店のご主人の話によれば、改造して、新しい店舗でもういちど江戸の味を復刻させたいと願っているとか。

 その店から50メートルほど離れて、馬肉を食べさせる粋な店がある。そこに回って、美味しいさくらを頂いた。ここの欄間にかかる寄せ木細工の上に「志ん生」という札があった。当人が貼った本物だそうだ。
 今度は、仕事を離れて、晴れた夜にでも来たい。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2012-03-20 10:42 | Comments(1)

地下鉄のドアにもたれかかって

地下鉄のドアにもたれかかって

昨日は終日江東でロケ。本日は赤坂で11時からポロックの最終試写。かなりハードな日程が続いている。とうとう風邪をひいたらしい。鼻水がたまる。どことなくぼーっとした状態。

今朝、赤坂に向かう地下鉄のなかでのことだ。
しんどいから、体を出入り口のドアに預けていた。ぼんやりドアの右側に張ってある宣伝のシールを眺めた。
「いまサヨナラしなければ、出会えないあなたがきっといる」と書いてある。一瞬、頭がしゃきっとした。フレーズの新鮮さがぼんやりした頭をひっぱたいた。
いまあなたと別れることがないなら、運命の人としてのあなたとは将来出会うこともないだろう。ラブストーリーの番組宣伝にしては、なかなか手のこんだ言葉遣いだと感心した。
どこのステーションだろう。web movieとある。ネットの番組なのだ。出演者もスタッフも何も記されていない。どうやってみるのかも、パソコンに弱い私には分からない。

でも、こんなピュアに思う恋心のドラマとは、いったいどのようなストーリーか気になった。
白金高輪台、六本木1丁目と過ごして、まもなく溜池山王に近づいた頃、もういちど、さきほどのコピーを読み下した。
「いまとサヨナラしなければ、出会えないあなたがきっといる」
うん?いまと。 いまではなくいまとであった。なーんだ。それであれば凡庸な用法でしかない。軽く落胆。

どうやら風邪はだんだんきびしくなってきた。熱か鼻水か、頭のなかにどたっと居座っていて、思考を鈍らしている。

昨日訪れた、石田波郷の居室の映像が脳内でフラッシュバックする。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2012-03-16 14:33 | Comments(0)

春遠からじ

春遠からじ

午前6時。薄墨の雲に陽がさして、ぼんやり白く光っている。青い空がまばらに広がっている。穏やかな青空の青のなかに春が萌している。3月も半ばを過ぎた。まもなく4月。2011年度が終わり、12年度が始まろうとしている。

この冬は例年になく寒い日がいくつもあった。底冷えの夜はいくつあったか、あまりの寒さに大磯行も控えることが続いた。大磯の風呂場ではなかなか暖まらず、風呂に入ってかえって風邪をひくということもありえた。だから足が遠のくことにもなった。たまに帰った息子が水道の栓をひねっても水が出ないと、深夜電話をしてきたこともあった。10年以上大磯もみじ山に住んでいて、水道管が凍るというのは初めて。いかにこの冬が寒かったか。
昨日の朝とて、陽はさしているが風は冷たかった。駅までの5分の道が寒くてつらかった。

ようやく春になろうとしている。会社のそばの遊歩道の茂みに沈丁花の実が赤く熟れている。まもなく馥郁たる匂いが広がるにちがいない。梅が咲いて、辛夷の白い花も咲いて、やがて桜が来る。どうか大きな地震が到来しない、穏やかな春でいてほしい。

今朝は11時から赤坂で、ジャクソン・ポラックの2回目の試写。局プロデューサーが二人も立ち会うというから、早めに行って、担当の浅野くんとも打ち合わせておかねばならない。昼から、映画監督のアーサー・ビナード氏と会うことになっている。カナダ在住の氏が先週来日した。文楽の映像を近年撮りつづけている私に会わせたいと、森島さんが仲介の労をとってくれた。氏は10数年前に、近松の「冥途の飛脚」を映画で撮って話題になった監督だ。当時、まだ存命であった吉田玉男らが演じた至宝の作品と名高い。どんな人物だろう。気難しい人だったら嫌だな。スコセッシのような映画大好き人間だといいのだがと、今のうちから気おくれしている。

夕方には、モデルの押切もえさんとのロケ打ち合わせに立ち会う予定。いよいよロケは明日になった。5回のロケの最初である。番組の狙いや取材ポイントの確認など、最後の詰めには参加しておかなくてはならない。ゲストを配置するかどうかの課題はまだ解決していない。しっかりスタッフ、出演者たちと議論しておかないといけない。
明日のロケは9時赤坂出発。私は現地砂町に11時に合流する予定。石田波郷記念館から撮影を開始する予定。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2012-03-14 07:42 | Comments(0)

波郷の句にひかれて

波郷の句にひかれて

石田波郷の名前は、むろん前から知っている。だが、あらためて波郷句に正面からむかうことになった。

泉への道後れゆく安けさよ
結核の治療を終えた波郷が、久しぶりのピクニックに出たときの句である。波郷は終生肺病に追われた。清瀬の療養所で始めた句を通しての交わりは広がりをもち、幾人かの俳人と小説家を生み出すことになる。結城昌治のみならず、直接ではないが、藤沢周平にも影響を与えた。病者たちの労作は療養句というジャンルとなっていく。

実は、今、波郷の「江東歳時記」という50年ほど前に書かれた新聞のコラムを利用して番組を作っている。5月にオープンとなるスカイツリーの関連番組だ。波郷が歩き回って書いたエッセーの舞台は、スカイツリーのお膝元にあたるのだ。半世紀前の現地の様子を波郷は丁寧に愛おしげに綴っている。当時、彼は砂町に住んでいたのだ。四方を運河に囲まれた埋立地で、地方からの人が多く住む庶民の町だった。空襲の跡もあちこちにあった。
秋草や焼け跡は川また運河

そういう江東の地を波郷は歩き回って文章をものするだけでなく、趣味のカメラで風景を切り取った。ときには、小学生になったばかりの長男とその妹の二人の子を連れていった。
 長男の修大さんは、「(カメラを持って)やがて焼け跡をかけまわる私たち兄妹のあとを、ゆっくりゆっくり歩いていた父を思い出していた」と回想している。
病む身来て五月の廃墟風遊ぶ
波郷には終生病がついてまわった。享年も50を少し超えただけ。早い死であった。

 その波郷ゆかりの地を、モデルの押切もえさんと5回にわたって歩く紀行番組。放送は五月。これを機に、波郷句を読破しようと思う。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2012-03-13 16:21 | Comments(0)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧