定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

<   2011年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

あの頃

あの頃

小学校の頃の夏休みを想い出す。朝のラジオ体操を終えて、午前中は宿題を片付けていた。
8月の終わりは、始まる学校の準備に追われた。いつも、算数のドリルの後半が残っていた。西東三鬼の句を読むたびに、その秀逸に感動する。
算術の少年しのび泣けり夏

あの頃の友達の顔を思い浮かべる。森山くん、菊川くん、宮本くん、沢崎くん、岡野くん、
みんなどこへ行ったのだろう。故郷に帰っても、その噂は聞いたことがない。工業高校へ行ったのが数人いたが、ほとんどは中学を出ると就職した。都会へ出て行ってそのままになったのだろうか。

夏休みの終わり、夕方から夜にかけて何をやって遊んでいたかはっきりしない。これという遊びもやらず、日蔭に入って、蟻の行列を見ていた。日暮れは赤とんぼを追い回した。蝙蝠を追ったこともある。田んぼに入って、イナゴを積んで、サイダーの瓶に詰め込んだ。

ある年の自由研究で、石を集めたことがある。方解石や黄鉄鉱を探して、線路向こうの防空壕跡に入ったこともある。コッぺパン2つもって1日洞穴で遊んでいた。気の利いた道具などない。せいぜい肥後の守1本だった。そのナイフの先で岩石を切り出していた。堀文雄くんは級長で理科が得意だった。石のコレクションは彼が始めたので、真似たのだ。夏休みが終わって、自由研究の発表会では彼の作品が特賞に選ばれていた。

堀くんは6年生の頃、福井へ引っ越して行った。彼の親戚に俳優の宇野重吉という人がいる。少し自慢げに語ったことを覚えている。藤島高校へ進学したことは、風のうわさで聞いたが、その後は知らない。

夕飯を食べて、行水を浴びたら、8時過ぎになった。その頃になると目がしょぼしょぼした。10時過ぎまで起きていることはめったになかった。蚊帳をめくって布団に身を投げ出すとすぐ睡魔が来た。歯も磨かず手も洗うことなく寝たことを、母はぶつぶつ言っていた。その声がだんだん遠くなっていった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2011-08-31 14:34 | Comments(1)

本当に強い人は

本当に強い人は

お客様をスタジオ見学に連れて行った。スタジオで、春風亭小朝師匠が貴乃花親方と対談していた。カット撮りですぐ終わるだろうと思ったら、延々30分続いた。話は興味深いことばかりで飽きはしなかったが、立ったままの視聴だったのでやや苦痛であった。終了の合図が流れたときは疲れがドッと出た。話があまりに面白いので、集中して内容に埋没していたから、無理な姿勢で聞いていたのを忘れていたのだ。
 徹底的に強い人になりたいと若い頃の貴乃花は願ったそうだ。そのための練習、習慣、は何でも取り込んだ。無駄なエネルギーの放出はしないようにしたし、普段は出来るだけ「脱力」させていた。
対談の途中、小朝師匠と貴乃花親方は握手して、力の出し具合を互いに試したが、親方の余りの小さな力に小朝師匠は呆れた。勝負以外では無用な力を出さないと、きっぱり親方は言った。後ろから呼ばれても、絶対にくるりと振り返るのはしない。不用意にやると、首が吊ったりする。それを恐れてゆっくり振り返るように習慣づけていると、親方は語る。怪我や事故を極端に恐れる。靴を脱ぐときも靴を揃えてから脱ぐようにしている。足の指たちを活用させて、訓練するためだ。一挙手一投足、すべて相撲をとるための訓練を優先していた。

貴乃花は、先代の父貴ノ花を崇敬していた。大相撲のテレビ放送で父の勝負を見ながら、一心不乱に応援した。父が勝てるなら自分の命と引き換えてもいいとまで願ったそうだ。楠正茂と正行親子ではないか。いまどき、そんな少年がいるだろうか。

彼は大相撲を愛している。相撲以外にあまり関心はない。強くなれるなら、そのための努力を惜しまない。無用な力は使わない。無用な動きをして、怪我をするような事態からは出来るだけ離れている。
一時、貴乃花は親子をめぐる騒動に巻き込まれ、変人というレッテルを貼られることがあったが、本日の対談を見て、それはまったくの誤解だと感じた。貴乃花は、常人では考えられないくらい真面目で硬いのだ。その律儀な性格は、傍の凡人から見ると変人に見えるだけだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2011-08-30 15:27

目にはさやかに見えねども

目にはさやかに見えねども

今朝の雲は秋だった。
瞑想を終えて、窓の外を見たら透き通るような風が流れていた。太平洋上、はるか父島あたりに台風が居座っているそうだが、今日の関東地方はすっかり秋となった。

向田邦子原案のドラマ「胡桃の部屋」が話題になっている。民放の今風のドラマがうまくいかないなか、このドラマは平均10パーセントの視聴率を得ているそうだ。この作品はもともと向田のエッセーでしかなかったのだが、シナリオ化してドラマにした作品だ。昔、朗読劇として放送されたような記憶があるがさだかではない。向田脚本のドラマというわけではないが、それでも彼女独特の香りがすると評判をとっている。ここに来て、向田伝説が再び取沙汰されている。先日読了した鴨下信一の向田論はめっぽう面白かったので、最新の太田光の『向田邦子の陽射し』も読むことにした。

4,5年ほど前になるだろうか、私が作った「向田邦子が秘めたもの」という番組の一部を太田光が使いたいという話があった。どうやら、向田の若き日の恋人のことに太田が言及したいので、その材料として、拙の番組を所望したらしい。そのときから、太田光が向田文学に執心していることを知ってはいた。が、彼の向田論を実際に読んでみたいという気は起らなかった。その意味で、『陽射し』ははじめての書となる。
冒頭の「思い出トランプ」に関するエセーはまあ面白かったが、「あ・うん」の幸福論はつまらなかった。太田の文章に湿り気も味もなかった。洞察も鴨下のような意地の悪い目が光ってはいなかった。読む意欲が失せた。ぱらぱらとページを繰った。

向田の父のことを言及している箇所で、ふと手が止まった。「父の詫び状」のモデルであり、いつもガミガミ怒鳴り散らしていたというあの伝説の家父長だ。向田の父というのは、晩年に至ってそれまでの横暴さの角がやや丸くなって、老人の風貌を見せ始めたという印象がある。むろん、向田のエッセーからの推定だが。私のなかでは、70代半ばの老人をイメージしていた。

「父」の亡くなったときのことを向田は記している。その件は以前たしかに私も読んでいた。「父」は好きなプロレスを見て、酒を飲んで寝たら、翌朝には昇天していたと向田は記していた。そこまでは、以前読んだ記憶どおりだった。だが、寿命をあらためて読んでたまげた。64歳とある。
ナニイ、64。今の私と1つしか違わないじゃないか。
頑固で卑屈で権柄づくの父。傷心の向田を慮って、実家から追い出した父。酸いも甘いも知り尽くした父。それが、64歳だったとは。もう、あと1年しか私にはない

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2011-08-30 08:03 | Comments(1)

夏の終わりのベランダで

夏の終わりのベランダで

朝から蝉がしきりに鳴いている。8時頃までは暑さも盛りを過ぎたかと思っていたが、10時になれば何のことはない。気温はぐんぐん上昇して30度を越えているだろう。

この10日間は、個人的にも不調であったし、日本社会もろくなことがなかった。1年少し続いた内閣が倒れたが、新しい政治にも期待はできず、暗澹たる思いは続いている。展望がない。
 私自身の体調もまだ戻ったとはいえない。朝、起きたすぐには痛みが走ることもある。

 今日は日曜日。母が生きていれば、朝10時からの教会の礼拝に出かけたはずだ。母の死後、教会との関係もめっきり薄れた。
 昨夜は、すこし仕事をした。懸案の「戦争の記憶」の小論をまとめたのだ。おおよそ書き上げたのだが、どうもメッセージが曖昧な気がする。もう一度、資料の読み込みからチェックしてみよう。それは夜にすることにして、昼間は映画のDVDでも見よう。ひとつは、トリフォーの「黒衣の花嫁」。もうひとつは最近の話題作「告白」だ。

 久しぶりにブログのコメントにひかれた。昔に書いた「ちぎれ雲」の記事にどなたかが感想を寄せていただいたのだ。
そのオリジナルの私の記事を読み直す。なんだか、自分が書いたとは思えない。穏やかで余裕のある文章。今の私はどこかギスギスしたものを抱え込んでいる。体のせいか、社会の息苦しさのせいか、気候のせいか。

本日は、気分を換えようと映画を3本見た。トリフォーの「黒衣の花嫁」、中島哲也の「告白」、そしてテレビ映画の「バラッド」だ。バラッドの原作はクレヨンしんちゃんと知って、SF仕立てだが最後まで見た。「戦国自衛隊」的仕掛けだが、まあ最後まで見れた。
ちょっと驚いたのは「告白」だ。軽い作品だと思っていたが、なかなかの濃い中身。よく出来たシナリオだと感じた。
でも、映画的な面白さはやはりトリフォーだった。主演のジャンヌ・モローは取っ付きが悪いが、映画としてのスピード感は最高。

鴨下信一さんの向田邦子論を読み始めたら止まらない。名文探偵としての捜索もさりながら、同時代をともに過ごしたという得難い体験に裏打ちされた推論は絶品。向田の恋文を世に出したという立場から、一度鴨下さんと議論したいものだ。ちなみに、先日いただいた衛星放送アワードの審査員のひとりが鴨下さんだった。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2011-08-28 10:29 | Comments(1)

除染で解決できるか

除染で解決できるか

いったん堆積した放射性物質を除去したから安全になるわけではないはずだ。だが、政府の発表を聞いていると、除染すれば安全だといわんばかり。
むしろ、3月12日のフクシマ水素爆発以来、各地に飛び散ったパーティクルがどれだけ、住民に外部、内部被爆させたことだろう。その累積の値こそ重要だと思うのだが、そこは微妙に外されているのが気になる。

ここへ来て、フクシマへの恐怖はやや薄らいでいるが、そんなものではないはずだ。ヒロシマでは原爆投下から3、4年後からさまざまな後障害が発生したこと。チェルノブイリの風下地域での少年少女たちの被害のことなど、過去に学ばなければならないことがたくさんある。
こんな大事なことが、紳助の引退話などで希薄になっていくこと。歯がゆい。今、チャンネルを8に回したら、司会者が「天才司会者が辞めていくことは残念」と歯のうくような恥ずかしいコメントを発している。

首相が本日辞意を表明する。ああ、なんの道筋をつけることもなく、ダッチロールを続けた政権。
この混迷は日本だけではない。欧州もアメリカも、さまざまな地域で収縮、バックラッシュが起きている。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2011-08-26 10:26 | Comments(0)

弱った体に起こること

弱った体に起こること

とうとうくたばった。この夏の私の活動は、限界を超えていた(らしい)。
3日前に、ウィルスにより体に異常を発症し、ついに病院を訪ねた。
体がくたびれているときに起こりやすいから、まず休息をとれと。
次に酒を飲むな、風呂に入るなと、次々に禁止された。

本を読む気もおこらない。映像も見ない。いわんやパソコンも触りたくない。
で、じっと蟄居したまま2日間。

やっと、痛痒い状態からやや脱した。なんとか、食も増えた。
気力が出てきたので、こうしてパソコンに向かっている。

明日、大事な研究会があって、報告することになっていたが、こういう状態ではとても京都まで出向くことができない。心苦しいのだが、ドタキャンをお願いした。実施日の2日前だ。非常識きわまりないことは重々知っているが、どうしようもなかった。

とにかく、しばらく減速させる。休息をとることにする。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2011-08-24 13:43 | Comments(0)

いちばん

いちばん

 広島原爆のことを調べている。特に、落ちた後の出来事に注目している。占領軍は、この「戦術」に対して日本人の批判を封じた。
新聞のプレスコード、放送のラジオコードを布告して、投下したアメリカの責任を問うような発言を一切封じたのだ。今では信じられないが、広島、長崎で其の年の終わりまでに30万近い人が犠牲になったのだが、それは風評でしか伝わらない。現地で何が起きて、何が進行しているか、他の地域ではまったく知る術もなかった。

『アサヒグラフ』1952年8月6日号が出て、日本人は初めて原子爆弾の非人道性を知った。これが初めて原爆被害を伝えた雑誌だ。サンフランシスコ講和条約が1952年4月28日に発効し、日本が独立して、初めてこの事実が世に出たのだ。先日のNスペで、長崎に進駐した米軍の将官が、原爆の惨さに怒りを表したというエピソードを伝えていたが、そんなヤワな話ではないのではないか。人体実験としての広島、長崎をアメリカは戦後もずっと調査の対象にしていたのだ。比治山のABCCは被爆者の健康状態と被爆状況の相関を追跡していた。

 何の為に、追跡調査をしていたか。それは、その頃から始まっていた原子力産業の安全規準を確立するためだったのだ。つまり、被爆した線量と「原爆症」との関係を数値化していたのだ。
 被爆者は、どの地点でどういう状況で(屋外か屋内か)被爆したかを調べる。一方で、その地点での放射線量をあてはめると、障害が発症するリスクが浮き彫りになるのだ。この図式を裏付けるために、実はアメリカは広島と同じ状況を作って実験していたのだ。ネバダの砂漠に、広島原爆が炸裂した500メートルの高さに、原爆と同じ出力をもった原子炉をぶら下げて、そこから放射線を発生させて、拡散の状況を試していたのだ。この作戦をアメリカは「ICHIBAN」と呼んでいた。この頃から原子力産業が動き出している。

今まで、原爆の悲劇しか語られなかった。今年の夏は、原子力産業との連関が注目されている。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2011-08-17 21:24 | Comments(1)

減速

減速

明け方、左脇腹が痛くなった。瞑想を20分して落ち着きを回復させ、また寝をした。
8時過ぎに目が覚めても、横腹の痛みは依然続いている。心当たりといえば、昨日一日中重い鞄を2つかかえて歩き回ったことか。もしくは寝そべったままテレビを見続けたせいだろうか。
が、テレビ視聴は毎日のことだから、突然痛みが起こることも考えられない。やはりロケに一日中ついて回ったことが関係しているのだろうか。
筋肉痛だろうか。もしかして悪い病気ではないだろうか。と不安がもたげてくる。

 半時間、さすったり運動したりして痛みを緩和させようとした。こころなしか、脇腹から背中のほうへ痛みのようなものが回ったような気がした。痛みが動く以上は、内臓には関係ないようだと知ると、気持ちが落ち着く。なぜ、こんなことになったか反省してみた。

この1か月の動きは過度であった。「極上美の饗宴」で深夜まで編集の直しに付き合い、その合間に次のテーマの取材に同行した。それに加えて、一昨日から始まっている文楽のロケ。自分では気がつかなかったが、いつのまにかオーバーワークになっていた。

 40代のP時代の記憶が体に染みついている。2日続きの徹夜、現場複数掛け持ち、旅から旅へのロケ、家に帰らず編集室での貫徹、廊下のゴロ寝。
 あれが出来たのだから、この程度はへいちゃらと、どこかで現実をあまく見ている。それが重なって、今朝の痛みの警告。

 胃癌発見から2年近くになろうとしている。手術当時は健康管理にかなり神経を使っていたが、この半年は多忙に惑わされ、おざなりになっていた。番組を作り続けたい意欲はある。が、体がついていかない。その現実を今まで以上に深刻にとらえなくてはなるまい。
 つまり人生スピードを減速させなくてはいけないのだ。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2011-08-14 12:25 | Comments(0)

風よ雲よ空よ

風よ雲よ空よ


風よ雲よ空よ お前たちは知ってるかい、というペギー葉山が歌った歌があったよな。
ラジオ歌謡かなにかで流れていた。学生時代の頃だから1968年ぐらいだったろうか。
夏の信州の山々を思いながら、この歌を聴いていた。

 暑い日が続いて危険とワイドショーは警告しているが、あの頃だって相当暑かった。連日35度を超えていたし、熱帯夜は1週間は続いていた。クーラーなどはなく、もっぱら団扇しかなかった。本を読むべき時代であったが、読んでいない。もっぱら貸本屋の大衆小説ばかり読んでいた。石原慎太郎の青春小説や山田風太郎の忍者小説だった。白土三平に夢中になっていたか。映画は好きだったが、劇場で見る金もなかった。

 外国へ行くことに憧れていた。五木寛之のようにシベリア経由でヨーロッパへ行ってみたいと夢想していた。近づいていた1970年代というものが、何か希望に満ちたものがあると、無根拠に信じていた。せめて気分だけでも味わおうと、五木がよく溜まっていたという喫茶店ローレンスに入り浸っていた。

 思い立って内灘へ行った。暑い日なのに、木陰などない砂浜の海水浴場へ向かった。金沢駅そばの私鉄の駅から電車に乗ってガタコト揺られた。
案の定、内灘の砂丘は白茶けて、爆発しそうなぐらい暑かった。そこまで行ったのに水遊びもしないで町まで戻った。あの頃の駅前はバス乗り場しかないさびれた場所だった。常盤橋経由循環バスに乗って尾張町まで。

 夕方になると、卯辰山に登った。頂上の公園まで上がり、遠く日本海を見て降りてくるだけの意味のない散歩。金がなく時間だけが余っていた。
それから半月ほど経った秋祭りの頃、胸ときめく出来事に出会う。あの狂おしいような激しい時間がやって来るのだ。そんなことも知らず、時間を持て余してぼくは退屈していた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2011-08-12 07:31 | Comments(0)

左ぎっちょ

左ぎっちょ

鋏を使うとき、左手になる。普段不器用なくせに、紙切りをやらせると結構ちゃきちゃきやるから見直されることがよくある。
さきほども、原稿の切り張りをやっていて、傍にいた人から「左ぎっちょですか」と聞かれた。
左ぎっちょなんて言葉は久しぶりだ。左利きという言い方に揃えられているなか、この言葉には昔風の差別のにおいも含んでどこか趣もある。

幼稚園まで、私は左ぎっちょだった。絵を描くのが好きだったから、いつも左手にクレパスをもっていた。そのうちに、食卓につくと箸の持ち方に親からクレームがつくようになった。左手で箸をもつのが悪いと言いはじめた。それまで誰も何も言わなかったのが、突然の変更にとまどった。おそらく、母親が誰かから言われたのだ。左の手でお箸をもつなんて行儀が悪い。なんて告げ口を受けたのだ。まだ若い母親だったので、それを聞かされて動揺したのだろう。父にまで話が行ったとみえて、朝夕の食事には二人から私の手元に視線が飛んだ。
「どっちの手で箸を持つの?」という声がする。私はとまどいながら、「右」と応えるも左右どちらの手が右か一瞬分からずもたもたした。この経験は深刻で、1年生になって向かって右、向かって左、という概念がなかなか把握できなくなる。いや、今だって、時々分からなくなっている。

街に木枯らしが吹く頃、母は私の左手に包帯を巻いた。ご飯を食べるときも、字を書くときも包帯が巻かれていない手でやること。包帯を巻きながら母はこう諭した。
 私は苦痛だった。何か体全体が縛られているようで窮屈で苦しかった。このときの拘束感が大人になっても記憶されていて、手術で体をベッドに固定されるときなど、異常に精神が昂ぶるのだ。

時々、左手の包帯を巻かれた、幼稚園児の私の姿が見える。心細そうな顔の私を見て、たまらなく愛おしくなるのはセンチに過ぎるのであろうか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2011-08-11 13:55 | Comments(1)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧