定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

<   2011年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

4月の俳句

4月の俳句( 4月17日の句会)

久しぶりに句会に出席した。新しいメンバーが加わり、めじろ遊俳倶楽部は盛況だ。
いくつかの気になった言葉や句をメモしておこう。
当季雑詠の部門で心に残ったのは。

リラ冷えやノーアイロンのシャツの襟
片仮名が小気味のいい音を刻んでいることに感心した。作者のなをさんは句歴のながい人で、けっして無選句などは作らない。次の句もなをさんだ。
雪解光夢につづきがあるやうに
措辞がモダンだ。雪解光なんて季語があることを知った。

微熱もて遠足の朝明けにけり
父も母もまだ若く、小学生だった私は遠足の前の晩は興奮してなかなか眠ることができなかった。朝、微熱をいだいたような気分で朝ご飯を食べていたことを思い出す。作者の葱男さんは私と同世代で、博多の出身だ。

予報アリ晴ノチ一時蝌蚪(カト)ノ雨
蝌蚪とはおたまじゃくしのこと。数年前に突然オタマジャクシが空から降ってきた事件があった。原因は不明であったが話題になったことがあると、宗匠はこの句の面白さを評価した。最初は理解できず私は無選としたが、解説を聞き、今読み返してみるとなかなかの句だと思う。片仮名表記がいかにも天気予報の言葉らしくいい。

今回の兼題は、七曜(もしくは各曜日)、象、外国地名であった。

七曜で心に残ったのは。やはりなをさんの句で、「デイサービス」と前書きのある作品
月・木の母の出勤小米花
読みは、「ゲツモクノ ハハノシュッキン コゴメバナ」小米花は雪柳の別名だとか。介護を受ける母が「出勤」するというユーモアがおかしくて悲しい。

象では私の句をとってくれた人もいたが、下五の「春天守」は頂けないと注意される。天守の春とかに工夫すべしということ。
安土にも象は踏み入り春天守
織田信長の居城に南蛮人が象を連れてやってきた光景を句にしてみたのだ。

外国地名の句では風悟さんの句が高い評価を得た。
ゴミ出しの金曜の帰途ゴルゴダへ
これは七曜と外国地名の2つが入っている。ゴミ出しの帰りにゴルゴダの丘に立ち寄ったという奇想天外ぶり。風悟さんは仏文の先生と聞くが、ときどき風変わりな句を提出する御仁だ。
九州在住の五六二三(ゴロニャンサン)さんの句の評判もよかった。
種を選るブルノの若き修道士
ブルノは中欧の都市。いかにもらしい風景だと、一座の賛同を得た。

俳句に呼びかけはいらない。そもそも呼びかけなのだから。すべてを言い切っては駄目だ.6割は隠せと宗匠の教えであった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2011-04-26 08:05 | Comments(0)

みんな忘れていない冬ソナ

冬ソナの講演

秋に関西のある会合で冬ソナについて講演してくれないかと、依頼を受けた。7年経っても冬ソナへの関心は高いのだ。そこで、私は頭をひねった。
永遠の「冬のソナタ」~メロドラマの真髄を語る~という演題でどうだろう、と主催者に打ち返した。 
                   
「冬のソナタ」の魅力はメロドラマであること。これに尽きる。

メロドラマとは、事件、事故、病などによって物語が衝撃的に展開する手法で、観客はそれによって情緒を揺さぶられ深い感動を得る。
このスタイルは19世紀のイギリスで流行り、その後アメリカに上陸し、映画やテレビに広がっていった。

 主人公のユジンは、仕事の相手が初恋の男チュンサンにそっくりの男ミニョンと知って恐れ慄いた。運命的なものが近づいていると直感で知ったユジンは避けようと、その仕事から降りようとする。
が、運命は二人を皮肉にもさらに引き付けさせていく。しかも親友チェリンの悪意によって、ユジンは苦境に立たされながら、そのことが返って二人を引き寄せることになる。そういう運命の流れにユジンは大きな不安を抱く。運命の愛が近づいているとユジンは直感するが、そのことを婚約者であるサンヒョクには言えない。言えるはずもない。

避けようと努力して避けることが出来るぐらいなら、運命の愛ではない。一直線に繋がるのではなく、禍福があざなわれて、運命は少しずつ二人をからめとっていく。それが「冬のソナタ」の真髄。

というようなことを語ろうと思うのだ。
ずいぶん以前に購入したピーター・ブルックス著『メロドラマ的想像力』を、再度引っ張り出して読むことにしよう。メロドラマこそが西洋近代文学においてもっとも重要なモードであると指摘する本書は、1976年に発表されるや、たちまち英語圏の比較文学と映画研究の分野に大きな衝撃を与えたと言われている。

私も、ちょうど「冬のソナタ」特集に関わっていた時期で、すぐ手にとって読んだのだが、細部はかなり忘れているから、もう一度読みこなして、再度冬ソナ論をしっかり構築しよう。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2011-04-25 16:09 | 冬のソナタを考える | Comments(0)

雨の国から来たスパイ

雨の国から来たスパイ

今朝早く、敦賀の実家を出て東京へ向かった。
冷たい雨が町をすっぽり覆っていた。駅のホームに立つと、海そばの西方岳には雨雲がかかっていた。嶺南地方でもっとも高い野坂山には残雪がある。寒い。おそらく気温は10度はないだろう。反対ホームには芦原行き通勤列車が止まっている。誰も口をきいておらず、冷たい雨をぼんやり見たり仮眠をとっていたりしている。そこへ上りホームに寝台特急「日本海」が滑り込んできた。青森から大阪までの長距離寝台車だ。カーテンを開けて、寝間着姿の乗客たちが窓の外を眺めている。雨は蕭条と降っている。

8時10分、特急しらさぎは米原を目指して発進。大きな雨粒が列車の窓に吹き付ける。敦賀機関区の操車場には人影はない。給水タンクに雨が激しく突き刺さっている。町の郊外に出ると、小高い丘が見えてくる。その頂には戦没兵士を悼む忠霊塔が建つ。その石塔の姿も雨でけむっている。
衣掛け山から敦賀断層地帯に入っていき、両側に深い山々が連なる。このあたりはひときわ寒冷な地であろう。東京では終わった桜が、ここでは最後の盛りを見せていた。山桜が雨にしとどに濡れる風景。春の愁いというより秋の悲哀に近い。雨、雨、忘れていたが、北陸は雨の国なのだ。傘を忘れて外出はできない雨の国。冷たい雨が降っている。
40年前、私はこの郷関から太平洋に面する大都会へ出かけていったのだ。

国境の山を抜けると近江。
近江塩津では遥か琵琶湖がけぶっていた。雨が小降りになっていた。余呉湖では湖面から朝霧が立っている。気温が上昇しているようだ。

米原で新幹線に乗り換えて、伊吹山のそばを通り抜け、濃尾平野に出ると、陽射しがもどっていた。浜名湖、静岡あたりでは青空もある。
やがて、多摩川を越えると、春霞の東京となった。いよいよ地震地帯に“潜入”する。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 

c0048132_1624217.jpg
雨の機関区
[PR]
by yamato-y | 2011-04-25 12:42 | Comments(0)

長い付録

長い付録

山科に住む大先輩のHさんを訪ねた。今年72歳になる。大阪時代にずいぶん世話になった。当時から山科に住んで大阪梅田までの遠距離通勤をしていた。興がのると、私を連れて梅田から山科の自宅まで突撃した。突撃の対象は、共働きの奥さんである。深夜に帰って、それからまた宴会となった。朝が早い奥さんは、さっさと寝床につき、HさんとHさんのお母さんとで夜遅くまで飲んだ。

Hさんは54歳で退職した。その後、大学に行きなおして、大学院まで続けた。滋賀大学の経済学部。彦根にキャンパスがあって、山科から毎日通った。3つ下の奥さんも、同じ年齢になったとき退職して、こちらは神戸大学の大学院に通学するようになった。よく、そんな年齢で勉強するものだ。二人とも立派な修士論文を書いた。
60歳になったとき、学業もすべて終えて、まったくの素浪人になったと「自慢」する。

60歳から72歳の今日までどうしたのですか、と聞くと、Hさんは「週休7日の生活」とこたえた。うへえ、たいしたものですね、毎日退屈もしないで12年間くらしてきたとはと半畳を入れた。いつも泰然としているHさんだから、カンラカンラと笑いとばすだろうと思っていたら然にあらず。マジな目つきでこう言った。
「本誌より長い付録というのは困ったものだ。これからの日本人はどうやって長い老後と付き合うかがかなり大きな問題だよ」人類がこれまで体験したことのない状況に入っていくと深刻な顔で打ち明けた。いつも話しをはぐらかす人だから、こんなマジメな顔で返されるとこちらがドギマギしてしまう。

長命が寿というわけでもない時代になったのだ。だからといって、長命が不善というわけでもないが。

そういう話で盛り下がっている最中に、奥さんがやってきた。Hさんと違って、奥さんは意気揚々。現役時代より数キロ体重が増えたようだ。顔の色艶もいい。それを指摘すると、奥さんは「毎日が日曜日ですから」とノンシャラン。女は強い。

5月に京都へまた来ますからと告げると、二人は顔を見合わせている。「生憎、留守しています。お会いできなくて残念ですね」と奥さん。5月連休過ぎから二人で北欧3国へ行くそうだ。フィヨルドのクルージングの旅に出かける。なんと優雅なことか。やはりHさんらしい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
c0048132_16225322.jpg
山科駅前のしだれ桜
[PR]
by yamato-y | 2011-04-24 19:42 | Comments(0)

ウッチャンの魂祭り

ヤスベエ

仙台の友人ウッチャンの弔いの夢をみた。
2月に急死したウッチャンの葬儀に立ち会っている夢だ。

若い頃、ウッチャンとは机を並べて仕事をしたことがある。58歳で退職してからは生まれ故郷の盛岡に近い仙台に住むことになった。現役時代、数年仙台の局に勤務したことがあって、土地勘があったのだ。セカンドライフのアドバイザーとして活動していたと聞く。

快活でさっぱりとした気性の人物だったにもかかわらず、一人暮らしで発作を起こしたため発見が少し遅れるという苦しく辛い死を選ぶことになったウッチャンのことは、悲報を聞いて以来ずっと私の心の深くにあった、と思われる。

津波犠牲者のニュースに接して、ウッチャンも辛かっただろうなあと思い出すことが最近あった。盛岡の出身であり、晩年は仙台に住んだという境遇から、東日本大震災の惨事と重なって、今朝夢に現れたらしい。

明け方にみた夢は、ウッチャンの棺に花を添える光景だった。62歳とは思えない、若々しいかんばせを見せていた。静かに目を閉じた顔は安らかそうだった。

 葬儀会場のモニターには、在りし日の彼女の姿が映っていた。のど自慢に出場して、司会のアナウンサーからあれこれ聞かれている様子が映し出されている。彼女らしくない女っぽい髪型で、照れくさそうにぽつぽつ答えていた。いつもズボン姿だったのに、画面の服装は黒のスーツ姿だった。東北の女性らしく素朴な話しぶり、穏やかで化粧した顔。ああ、ウッチャンは成仏したのだ。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2011-04-24 08:01 | Comments(0)

不思議な温度差

不思議な温度差

これほど安堵するとは思わなかった。
東京にいれば2日に一度ぐらいで強い余震を感じて、テレビの緊急速報にびりびり反応していた。胃に鉛をくわえ込んだような不快が続いていた。だが、わずか500キロ離れた京都に移動しただけで夜はぐっすり眠ることができるし、人々の話題にも地震は上らない。
晩春の都大路はゆったりしたものだ。八重桜の最後の花が華やかに開き、白川や高瀬川の水はさらさら流れている。いつもなら春の観光客で賑わう河原町も人は少なく、外国人も普段の3割程度で、なんだか適正な人の群れになった気がする。夜とて、ネオンや電飾は関東ほど節電しておらずそれなりの賑やかさがある。

同じ国内でもこれほどの差があるのに、むしろアメリカやヨーロッパのほうが東日本の痛みや苦悩に敏感に反応しているように思えてならない。

 少しずつ心に余裕が出来て、昨日はとうとう美術展に足を運んだ。平安神宮そばの国立近代美術館で開かれていたクレー展「終わらないアトリエ」を1時間見てきた。

スイス生まれの画家パウル・クレー(Paul Klee, 1879-1940)。早くから日本でもおおぜいのファンを獲得していてこれまでも大きな展覧会がないことはなかったが、生憎私は見ていない。久しぶりの大きな展覧会だということで東京でも開かれたことは知っていたが行く機会がなかった。ちょうど京都で開催されていたので、昼からの授業までの1時間を振り向けてせわしく見て歩いた。

生涯一万点近い作品を作り続けたクレーのうち、170点が出品されているのだが、それでも十分堪能できるほど中身の濃い展覧会だった。この展覧会の特色は作品がどのようにして作られたかという技法を詳しく解説している。油絵転写などという技法は今回初めて知った。
有名な天使シリーズを探したが、残念ながらなかった。ヴァルター・ベンヤミンが愛したという「新しい天使(エンゲルス・ノーブス)」。故久保覚が引用した作品で、本物を見たかったのだが、今回のコレクションには一枚も天使はなかった。

本当なら3時間ほどかけてじっくり見るべきではあったが、昼からの授業の時間が迫り、おまけに冷たい雨まで降り始めたので慌てて銀閣寺行きのバスに乗って、銀閣寺道まで帰った。そこから今出川通りを歩いて百万遍まで雨のなかを小走りで抜けた。

途中、私の好きな古書店が店を開けていたので思わず立ち寄る。山田稔、武田百合子の珍しい書を見つけたが、いささか手元不如意で買い控えた。

昼からの授業では、クレー展の感動が覚めやらず10分ほどこの展覧会について学生たちにとくとくと語り、ぜひ見たほうがいいと宣伝をした。本日は企画論の授業だが、9本の企画案のなかから2本を選出し、2本を再度リサーチして提案するよう指示して終わった。今年の学生たちも目がきらきらしていていい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2011-04-23 07:02 | Comments(1)

春は闌ける

春は闌ける

泊まっているホテルの前に高瀬川が流れている。並木は八重桜で、今が盛り。
四条河原町の人の流れは例年より少ない。修学旅行の中高生はそれなりにいるが、一般客や外国人がいない。静かな京の町を歩こうと、白川沿いに平安神宮に向かった。この区域を流れる白川は美しい。番の鴨が並んで泳いでいた。

並河七宝記念館に行った。京のしもた屋をそのまま美術館として使っている。ここをたずねるのは2度目だが、美しい佇まいに引かれる。
c0048132_2319142.jpg

いかにも瀟洒な京の町家だ。
c0048132_23182898.jpg

縁側の下は内池。大きな鯉が3匹。鮒のような小魚が数十匹泳いでいる・
c0048132_23184497.jpg
c0048132_2318597.jpg


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2011-04-22 23:15 | Comments(0)

都大路の晩春

都大路の晩春

久しぶりに京都へ来た。連続授業の2日と研究会出席の、都合3日の京都滞在。
東京を離れ、西日本へ来てみると、あまりのアトモスフィアが違うことに驚く。
例年より外国人観光客が少ないいささかの節電ということはあるものの、ほとんどこれまで通りの都の春だ。行き交う人の顔も、東京ほど緊張していない。繁華街の賑わいもある。
ある意味で嬉しい。東に居れば、この國の行く末はどうなってしまうのかと不安だが、西に来て見れば従前どおりの日本が残っているからだ。

 京都駅前から銀閣寺行きのバスに乗って、出町柳で降りた。鴨川の合流点にはおおぜいの人が春の水遊びに興じていた。

たらたら歩いて百万遍の大学まで来ると、懐かしい吉田山が招き寄せてくれる。しみじみ都の春に癒される。

午後1時から90分。2時50分から90分。4時から20分。トイレ休憩を2回挟んで講義した。新しい学部3回生の目はきらきらしていて、つい調子にのってがんがん飛ばした。
5時前、講義が終わってキャンパスの庭に腰を下ろすと、体が張ってぱりぱりになっていた。やはり63という年齢を感じる。この大学に初めて来た8年前だったらこんなふうにはならなかったが、今の私は3コマの授業はきつい。

だが弱音は吐けない。明日の連続授業のほうがもっと過酷のはず。映像メディア論、4月の陣はこれからだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 

c0048132_2375357.jpg

春の夕暮れの京大吉田キャンパス
[PR]
by yamato-y | 2011-04-21 18:54 | Comments(0)

熱い思い

熱い思い

今朝の朝日新聞。大江健三郎・定義集の「人間らしさ万歳への共感」の記事を読み、大江さんの熱い思いを感じた。
エッセーは、3月11日の体験から始まっている。そこから、第五福竜丸の乗員で、ビキニで被爆した大石又七さんへ言及していく。大江さんと大石さんの対談を、実は3月の月末に予定して、私は準備をしていたのだ。対談場所、日時を設定し、3台のカメラ、音声、照明の手配も終わっていた。事前に、私は成城のお宅を訪ねて、大江さんと内容的な打ち合わせも終えていた。

 そして、3月11日。大江さんは、「大きい横揺れに宙吊りになった気分」を体験する。途轍もない大災害が勃発した。地震、津波という天災だけでとどまらず、さらに深刻な原発事故も発生したのだ。
 対談収録に参加する予定だったカメラマンたちスタッフは一斉に現地取材へ投入され、会場も不具合があって、対談は延期となった。
 だが、本日のエッセーでも大江さんはけっして対談を諦めていないことを明言している。
むろん私も諦めていない。いや、むしろ今こそ大江さんの、大石さんの声が聞きたいと思う。被爆国の日本が、その原点であるヒロシマ・ナガサキを戦後しっかり受け止めてきたのだろうか。ビキニで被災した福竜丸のことを日本人はしっかり思想化してきたであろうか。

この今朝のエッセーで、大江さんはフクシマと表記していることに注意したい。広島の出来事をヒロシマとして考えてきた大江さんが、福島をフクシマと考えることの意味。重大な問題意識を感じ取る。
 大江さんは、今回の事態をただならぬ静けさで受け止めている市民の奥深い感情に注意している。
《誰もが見ていたはずのテレビ広告、みんなで頑張ろう日本!の呼び掛けとは別の、もっと個人の深みに根ざしている、しかもこの国・この国びとの「喪」の感情、それに重なっている色濃い不安、そしてよく自制している静けさ。》
「自制している静けさ」という言葉が胸を射抜く。

今こそ、大江さんの言葉が聞きたい。そう願って、5月実現に向けて、私は準備に入った。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2011-04-20 14:23 | 3・11 | Comments(0)

送別

送別

この春に二人の知人の娘が故郷(くに)へ帰っていく。ヒロシマとナガサキの知人だ。

昨夜はナガサキの娘キヌの送別をした。今は立派な社会人だが、3歳のときから知っている。長男が入った幼児のスポーツ倶楽部で出会ったのが始まりで、家族ぐるみの付き合いをしてきた。長崎時代の終わりごろ、2家族で佐賀まで遠出したことがある。一台の車に親子8人が乗って、竹崎まで蟹を食べに出かけたことがあった。生まれたばかりの子をリアウインドウの篭に入れて、幼稚園児3人は4人の大人の隙間に置いた。今なら考えられないが、1984年当時のことだ。其の頃は子供同士ふざけあって、喧嘩をして、泣いて、泣かされて、親たちから叱られていた。今のキヌの顔とべそをかいていた顔が重なる。
長崎へ帰ったら、父親の歯科医院の手伝いをするとか。5年ほど暮らした東京にもそろそろ飽きたのだろうか、未練はなさそうだ。昨夜の宴、お酒も入って盛り上がった。遠く離れた長崎の両親の話題も飛び出て、笑い転げる。

娘同様に可愛がってきた子が離れていく。50歳前だったらどうってことはなかったが、今ではすっかり弱気になって、もう会えないかもしれないという気になる。
仕事においても契約社員の身分ともなれば、行動範囲もおのずと狭まる。まして、遥か九州の長崎ともなれば、現役時代のようにほいほい出かけることも難しいだろう。年々歳々人同じからず、の言葉がしみる。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2011-04-20 11:57 | Comments(0)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧