定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

<   2011年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧

たえてなく

たえてなく

明け方に見た夢は、我が家が海のそばに建っていた。娘が呼ぶから窓から裏を見ると、海の水が窓下まで来ていた。満潮らしい。そして、水中にはおびただしい魚があちこちから寄っていた。なかに古代魚の姿も見える。近在の漁師らしい若者が海に入って、魚の鼻面をこつこつ蹴っていた。豊かな海、という印象が残った。

 目が覚めて時計を見ると5時だった。枕元に置いてあった斎藤環の新著『「社会的うつ病」の治し方』を読む。現代文明の病理の原因に”操作主義”というものが根強くあるという論にひかれ30ページほど読み進めたが、またまどろんで夢を見た。

 敦賀の故郷の実家だった。母もおらず、裏の小川だけが雪解けの水を満々とたたえて流れていた。春先で、庭の木々も赤くなっている。おだやかな風が吹いている。帰りたい。

 車の音で目を覚ます。今見た夢と双葉町のお年寄りの姿が重なった。福島原発で追われた人たち。なかに家に舞い戻って隠れ住んでいる人がいるという。飼っている牛の世話であり、庭の手入れを理由に残っているというではないか。自分が生まれ育ったこの地を離れれば、いつ帰って来ることができるだろう。おそらく汚染区域として10年20年帰れないかもしれない。ならば、いっそこの地に止まって・・・。

 私とて、あの原発銀座のふるさとの町に帰れなくなればどうするだろう。

 寝床のなかで、唱歌「故郷の廃家」を口ずさんだ。幾とせふるさと来てみれば 咲く花鳴く鳥そよぐ風 窓辺の小川のせせらぎも 馴れにし昔と変わらねど 荒れたるわが家に 住む人たえてなく

 荒れたるわが家に 住む人たえてなく の箇所で思いが溢れてくる。遠い日の家族も離散し父母も他界し、残された故郷の廃家には住む人も絶えてしまっていない。そういう意味のはずだが、私は最後のフレーズを「住む人も絶えて、泣く」と聞こえてならない。 

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2011-03-31 08:50 | Comments(0)

かえるくん、地球を救う

かえるくん、地球を救う

 本日のアサイチで放射線の質問に答えてというテーマを取り扱っていた。不安が広がっているからだろう。
3・11で福島第1原発の4基がダメージを受けたと聞いたときから、いくつかの影響が想定された。5キロ避難が指示されたとき、そういう範囲ではすまないだろうと推定されたが、その後10キロ、20キロ、30キロと徐々に広がった。この小出しの警告が不安を与えたのであろう。当然、大気への拡散はもっと広いだろうし、薄まっていくだろうしと予想された。
ここへきて、たまり水の放射線の高濃度が懸念を呼んでいるが、これとて冷却のために外部からの大量放水をすれば、想像のつくことだ。今、ようやくトレンチの水を心配するステージまで来たのだ。問題は、これを外部に洩らさずに回収できるか、だ。現場では必死の解決策を探っているはずだ。リスクをどこまで分散させるか。

 どうも海外で報じられる日本被災情報は生々しく強烈のようだ。現場の惨状をむき出しで報道しているから、各国から見れば終末論的状況に見えるのだろう。故国へ帰っていく在日外国人が増えたのもそういう影響だ。だが、今日本で起きている危機ははたして日本独自かというと、そうとはいえない。原発をかかえている西欧はどこでも、(人為ミスによって)発生する危険性はある。成長著しい中国などは、増大するエネルギーをかなり原発でしのいでいるのではないか。そこで事故などは起きていないと断言できるか。不確定なことが多すぎる今、ここにある危機は地球規模だということを知るべき。どこへも逃げられない。

 村上春樹の「かえるくん、東京を救う」は3・11以後の今読むと、とても寓話として読めない。そこに書かれたことは実に生々しい。
阪神淡路大震災の2ヶ月後に新宿直下の地震が発生するという託宣をもったかえるくん。彼が風采のあがらない信用金庫の職員片桐くんの前に現れ、その地震を阻止するために、元凶のみみずくんと闘う物語。決死の覚悟のかえるくんは、びびる片桐くんに素晴らしい言葉を贈る。それを、自戒をこめて書き残しておく。

●ニーチェが言っているように、最高の善なる悟性とは、恐怖をもたぬことです。
●ジョセフ・コンラッドが書いているように、真の恐怖とは人間が自らの想像力に対して抱く恐怖です。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2011-03-30 09:39 | Comments(0)

狂気の道を生き延びる

狂気の道を生き延びる

重い閉塞感が続いている。われ等の祖先は原子力などというものを持たずに“狩猟”を生業にして生きてきた。その時代を懐かしいと言うか。はたまたこの文明を看過してきたこと、自業自得と首をうな垂れるか。

 空には春の雲がのんびり浮かんでいる。花の便りも聞こえてくる。道行く人にも笑顔がある。誰も表立って慌てたりしていない。穏やかだ。不思議な風景だ。

 大江さんの初期の小説「われらの狂気を生き延びる道を教えよ」は、オーデンの同名の詩集から引用したものだ。原文はO teach us to outgrow our madness。これを上のように訳したのは深瀬基寛だ。
普通、outgrowは脱却するとか要らなくなるという具合に使われるのだが、深瀬は生き延びるとした。現代文明の光は消え去る危機にあり、まさに狂気の一歩手前に、われ等は在る。正気を保ちつつ生き延びること――。

オーデンの詩もさりながら、深瀬の独特の訳に大江さんは引かれていて、自分の小説のタイトルにこの詩の言葉を使ったと聞く。その深瀬独特の響きを味わいつつ、幾度も口にしてみる。「われらの狂気を生き延びる道を教えよ」

 だが、大江さんが折りにふれて用いるもう一つの言葉も同時に響いてくる。
――抵抗しながら滅びようではないか。
フランスのセナンクールの言葉だ。もう少し詳しく記すと。
「人間は所詮滅びるかもしれず、残されたものは虚無だけかもしれない。しかし抵抗しながら滅びようではないか。そして、そうなるのは正しいことではないと言うようにしよう。」
 何かせつないものがこみ上げてくる。
 
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2011-03-29 14:13 | Comments(0)

最新の時代区分

最新の時代区分

こんなことでは駄目だ。しっかり気を強くもってと言い聞かせるのだが、その聞かせたはずの自己の内奥からどぼどぼと暗いものが吹き出て来る。
福島原発の危殆に瀕した状況を見ていると、暗澹たる思いになる。

 戦後の社会を3つの時代に区分したのは、1990年の見田宗介だった。敗戦から60年代までを「理想の時代」。60年から70年代半ばまでを「夢の時代」。1975年から90年までを「虚構の時代」とした。
 1期はくらしを建てるために理想をもとめて走った時代、2期は高度成長の夢に生きた時代だった。そして3期の終わりごろにバブルが弾けるのだが、この頃から人々は演技するようになってきたと見て、虚構の時代と見田は把握したのだ。

 其の5年後の1995年に、見田の弟子にあたる大澤真幸が90年以降を「不可能性の時代」と規定する。冷戦が終わりグローバル化が進み、不況が覆って閉塞感が続く時代だ。こうして、戦後65年は4つの位相を見せながら変遷してきた。

そして、2011年。天災を契機として大変動が起きる(と予想される)。5つめの時代区分が始まるのだ。これまでの戦後の歩んで来た経済成長一辺倒の行き方を大きく揺さぶられる。無限と見られた物質は限りあるものであることを身をもって知ることになり、大地を乗せた地球もまた不変なものでなく限りあるものだと見切った認識が前提となる時代が来るのだ。見田や大澤のひそみにならって、これからの時代を何と呼べばいいか・・・。
想像はつくが想像したくない。

しかし、自分の青春を送った時代は夢の時代であったと聞かされると相当の違和感をもつ。あんなに血みどろに生きたのに、豊かで華やかな夢を食い続けたと言われると。何か違うよなあと不平のひとつも言いたい。

仮にそうであったとしても、理想も夢も終わった。ステージはライトダウンして暗転か、終幕か。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2011-03-28 08:58 | Comments(1)

ドキュメンタリスト

ドキュメンタリストの死

70年代初頭から「苦海浄土」(70年)、「記者ありき 六皷・菊竹淳」(77年)などの骨太な作品でテレビドキュメンタリーの世界を切り開いてきたRKB毎日放送の元ディレクター木村栄文さんが亡くなった。76歳。
一つ上の世代のドキュメンタリストで、私らは強い影響を受けた。
1994年、広島にいるころに私は木村さんから手紙をいただいたことがある。おりしも、「もう一度投げたかった~炎のストッパー津田恒美の直球人生」と「響きあう父と子~大江健三郎と息子光の30年」という番組を立て続けに作ったばかりのときだった。

博多の知人から、この番組を制作した人はどんな人って、木村さんが聞いているよと知らされた。とくに「響きあう父と子」を高く評価していただいたと聞いて嬉しくなり、礼状を書いたところ返事をくれた。

木村さんはこんなことを書いてくれて私を感激させた。「あの2つの番組のような傾向の番組を作れるプロデューサー、ディレクターは最近、極端に減ったと思います。個人の思い入れを、稚ないものと見做すオトナが増えたのでしょう。つまらんことです」

この手紙に先立って、氏は毎日新聞の地方版で、この作品のことをこう書いてくれていたそうだ。
《NHK広島制作のNHKスペシャル「響きあう父と子」は感動的だった。大江氏の言葉は視聴者の心に染み、光さんの無垢な気持ちと才能がよく伝わった。なにより取材者のやさしさ、物静かさが印象に残った。障害児をかかえた親御さんの多くが、この番組に共感され、やはり障害児(といっても29歳の娘だが)を抱える我が家にも何本かの電話をもらった。光さんという障害者にとって、大江家の環境は恵まれている。この恵まれていることは、実はドキュメンタリーの制作にとって厄介なのである。他愛ない話だが、障害児を抱えた家庭は中流以下の庶民的なであるほうが視聴者の共感を呼びやすい。・・・》

実は、木村さんにも障害をもった優ちゃんというひとり娘がいて、名作「あいらぶ優ちゃん」という作品を制作しておられるのだ。番組の骨法をよく見抜いておられることに感心した。

晩年、氏はパーキンソン病と闘う日々だった。それでも再度ドキュメンタリーを創りたいと闘病していたと聞くと、今の自分の甘さを叱咤されているような気がした。

美しい早春の空がある。鳥のさえずりが楽しい。人の心に望みの灯をともすような番組を作りたい。
 

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2011-03-27 13:59 | Comments(0)

うらうらと早春の日に

うらうらと早春の日に

ゆっくり朝寝して、今から東海道に乗って大磯へ帰ろうと思う。
湘南新宿ラインは節電のため運行していないから、品川経由しかない。少し混むかもしれないが、やむをえない。

太宰治の『津軽通信』は、戦争の終わる頃から翌年ぐらいまでの頃に書かれた作品だ。
やはり、あの戦争の余燼がくすぶっていた時期には異様なことがいろいろあったようだ。爾光尊事件のようなカルトな出来事も頻々とあったと、太宰は記している。

16年前の阪神淡路大震災のあった2ヶ月後に、地下鉄サリン事件が発生した。
今回の3・11ではどうなるだろうか。むろん、福島原発が終息したわけでないから、あの危機はまだ続いているのだが、ヘンテコな事件が起きなければいいが。

 ふと世界に目を向けたら、リビア情勢が緊迫していた。スペイン内戦のマドリッド攻防戦のような緊迫した情勢だ。終わったと思われたシリアでも発砲騒ぎが起きている。この北アフリカ、中東の熱い闘い。なんだか、不謹慎だが、福島の1号炉から4号炉のような喧しさを彷彿させる。

 ミャンマーでも規模は大きくないが地震があって被害が出ている。地球の地殻運動はアジアの局所だけだろうか。ユーラシア、アフリカ、アメリカ、南極などに綻びは出ていないのだろうか。

 地震と津波は天災だから避けようがないと諦めもつく。が、原発事故は明らかに人災だ。しかも不気味さはまだ続く。今、世界には核兵器、平和利用の核、などの保管はどうなっているのか。これまで兵器以外は考えたこともなかったが、実は重大な人類の課題であったのだと、今回の事故を通じて認識した。

ところで、「地震酔い」という言葉があるそうだ。ふとしたときに、周りが揺れているという気になってしまい、気持ち悪くなる気分を指すようだ。実は、いささかその酔いにやられているみたい。
ちょっとした衝撃に、上からぶら下がっているものの振動をつい確かめる癖がついた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2011-03-26 11:05 | 3・11 | Comments(0)

3.11

3.11

昔からの友達4人と、昨夜新宿で飲んだ。
歌舞伎町の「三日月」という居酒屋だが、店には中年の客で満杯だった。
いずれのグループもみな東北関東大震災の話題ばかり。毎日、緊張が続くから気分転換に飲みに来たのだと開き直っている人もいた。そのなかに、朝のワイドショーで見かける、某新聞社の花形記者がいて、他の客の質問に得意げに答えていた。「あの玉音放送は、貴重なもので、これまで2回しかない。一つは終戦のときであり、もう一つは今回だ・・・」どうやら、先日放送された天皇の災害に寄せての言葉のことらしい。記者は意気盛んに解説していた。今朝、家人から聞いたが、被災者のために宮内庁病院を開放したとか。町の郵便局へ行ったら、災害義捐金の窓口に列が出来ていた。いつもの災害後の風景と今回はすこし違う。

私といっしょに飲んだ仲間の一人は、元A新聞の経済記者だった人だが、彼は今回のことを3・11と呼んでいた。2000年の9・11と同じくらいの衝撃だからだという。いかに、現在の日本が危機管理できていないかということに熱弁をふるい、都知事選挙の想定される最悪の結果を予言していた。
テーブルにはオールグリーンと呼ぶアスパラ、ピーマン、の炒め物とカキフライが乗り、私は熱燗を飲んだ。薄味の酒でなかなか酔わない。震災論議の話に酔った。紅灯の巷はわりと賑わっている。三日月を出て、風林会館の前の交差点で客引きがしつこく誘う。友人は「諸行無常」と一喝。言われたお兄さんはきょとんとしている。渋谷より新宿のほうが華やいでいる気がした。

河岸を変えてゴールデン街とんぼへ。店はそれなりにいっぱいだった。カンパリソーダを飲む。8時半過ぎに店を出た。山手線に乗るため新宿駅に向かう。靖国通りには中国人観光客のナイトツアーバスがふだんなら並んでいるのだが見当たらない。ホームレスの姿も少ない。というか、地下道に寝ている人は一人しかいなかった。地下街にいくつも暗がりがある。どうやら節電対策らしい。
紀伊国屋には相変わらずおおぜいの人が本を漁り、立ち読みしている。新刊書にはまだ災害関連が並んでいない。版元は今頃大忙しで作っているのだろう。

少し暗くなったかもしれないが、新宿の街には花木(ハナモク)の華やぎはあった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2011-03-25 16:48 | 3・11 | Comments(0)

原爆展中止

原爆展中止

4月に開幕予定だった、目黒区美術館の特別展「原爆を視る1945―1970」が中止になった。福島第1原発の事故の影響大きいからだという。運営する芸術文化振興財団は「放射線被害を含む原爆と事故のイメージが重なる今は、鑑賞してもらう内容ではない」と判断したという。

東北関東大震災による公演やイベントなどが相次いで中止になっている。私も関わっていた神奈川芸術文化ホールの文楽公演も延期となった。他の展示なども日程など変更が出ていることは承知している。しかし、この特別展中止の理由は、放射線被害の内容を問題にした。変ではないか。

中国新聞の記事はこう伝えている。《 田中晴久館長によると、事故を受けて財団で対応を協議。財団理事でもある館長は「被爆からどう復興してきたかを知る意味でも意義は大きい」と開催を主張した。これに対し、他の理事からは「放射能汚染に敏感になっており、鑑賞に来る気になるのか」という意見が多く、この日の理事会で正式に中止を決めた。》

鑑賞に来る気になるかと問う理事の姿勢が変だ。むしろ、こんな時だからこそ放射線被害というものの実態を正確に知ったほうがいいし、そういうもの本質を見に来る人も多いはずだ。放射線の正確な知識を広く知らせるという責務がミュージアム側にあるはずだ。この美術館のある区域には、「めぐろ平和の鐘」と「被爆二世のカキ」がある。元来、放射線被害に対して目黒は敏感だったはずだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2011-03-24 12:01 | Comments(0)

娯楽か

娯楽か

広島局から仙台被災地に応援で入った人から聞いた。
現地の寒さは半端でなく、被災者は本当に必死で避難所で生きていますよと。
食糧や薬もたしかに必要ですが、娯楽に飢えていますと、彼はメールで書いてきた。
避難所の長い夜、ようやく映るようになったテレビだけが娯楽になるのだが、ずっと被災関連番組ばかりで、年寄りはもちろん子供たちも娯楽番組が流れることを期待しているという。

そうだよなあ。辛く寒い夜に、せめてドラマなり笑いなりが流れていれば、一時であれ苦難を忘れることもできるから。この行為を逃避などといって非難などできるわけがない。
その意味で、被災地のための番組を流す局もあれば、ドラマを流す局もバラエティを流す局もあっていいだろう。でも、それなりの節度があってほしいと思う。

ひょんなことから、この事件の間、村上春樹を読み始めた。彼の評論集が面白かったということもあって、「海辺のカフカ」を読んでいる。これが止められない。お話が面白い。冒頭の読みづらさを抜けると、時間が経つのも忘れるほどだ。たしかに、この小説は今の私の最大の娯楽になっている。俳句は、蕪村を読むことはあるものの、作る気がしない。

 
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2011-03-23 18:25 | Comments(0)

上井草駅前で取材して

[原爆の図」を追って

午後3時、上井草駅前のコーヒーショップで、早大の小沢先生に取材した。早大では、今度の災害で入学式などを取りやめ、新学期は1ヶ月以上遅れて始まることになったそうだ。

先生は『「原爆の図」描かれた記憶、語られた絵画』(岩波書店)の著者である。2002年に書かれた著だが、丸木位里、俊夫妻が描いた「原爆の図」の詳細があますところなく記されていて、目からウロコの箇所をいくつも発見した。

この絵は30年以上にわたって描かれた15の連作だ。最初の作品「幽霊」が発表されたのは1950年の2月である。まだ占領軍によって原爆のことは厳しく検閲されていた時期だ。アンデバンダンの出品作とはいえ、当然、当局から睨まれたことは想像される。にもかかわらず、二人はこの作品を描かずにいられなかった。

位里は広島出身で、家族が広島で被災したと聞いてすぐに広島へ向かった。わずか4日後ごろに入市している。俊も遅れて半月後に入っている。だから、直接、原爆を体験したわけではないが、かなり近いところにいた。実際、俊は3年後に原因不明の下痢が止まらなくなっている。おそらく入市被爆の影響と思われる(二人とも被爆手帳は取得)。彼らは、被爆した位里の父母や妹から、原爆直後の惨状を聞かされた。爆心地から彼らが住んでいた三滝町まで、ぞろぞろと幽霊のようにしてやってきた人の群れを、強烈に記憶していた。このときの、手をぶらりと下げた姿は、後に「幽霊」に描きこまれる。この表象は原爆を語られるときの重要な表象のひとつになっていく。「ハダシのゲン」などが発表されるのは、これからずっと後のことだ。

そういう原爆被災と近接する場にあって描かれた「原爆の図」だが、絵が発表されたときからずっと批判されてきた。ひとつは、直接原爆を体験していないということ。2番目の理由は、(初期の3部作については)放射線の恐怖が描かれていないこと。などである。
同じようなことは、井伏鱒二が『黒い雨』を著したときも、当事者でないから原爆が分かっていないという批判が起きた。原民喜のように、実際に被爆した人物でないと芸術的価値がないということか。狭小な論理。

こういう批判や、「原爆の図」のもつ今日性について、小沢先生におよそ2時間話しを伺った。寒い日だったが、先生の熱のこもった「講義」に、私も時間が経つのを忘れた。

 最後に、今回の津波被害の話に及んだとき、福島原発の事故は、「原爆の図」の意味をさらに深めることになったのかもしれませんねと、ひっそり語る小沢先生に私も共感した。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2011-03-22 18:33 | Comments(1)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧