定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

<   2010年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

世代論を排すべきかや

世代論を排すべきかや

ジャンルの青春で、ノーテンキなことを書いている自分が少し恥ずかしいが、それでもお便りをいただくと嬉しいものだ。「峠の山賊」さんが、あの文章のなかで特急の機関手は機関士の間違いではないかとご指摘された。なるほど、あのころのつばめの運転士といえば国鉄のエリートのなかのエリート。単なる役割分担の手ではなく士かもしれない。だが、なぜ士が偉くて手が格下になるかが、いまひとつ理解できない。線路工夫や郵便配達夫の夫がなぜ忌避されるのかがいまひとつ私自身分かっていない。士という言葉には男性性というのが含まれていると思われる。武士の士であり居士の士であるから。
だから看護しは看護士と表記せず看護師と書いて中立性を確保しているのだろう。

さて、コメントをいただいた「峠の山賊」さんも私と同世代の団塊組ではないだろうか。なんだかんだ言って同世代の意見は共鳴もするし、理解もしやすい。
このところ、加藤典洋の敗戦後論をめぐっての議論に関心をもっている。2000年ごろに起きた議論で、敗戦のよごれとねじれを解消するためにいかにあるべきかという議論を、加藤は打ち立てていた。
当時の教科書を考える会の動きなどと同一視されて、すこぶるインテリには評判の悪かった議論である。後発世代の高橋哲哉はこの加藤の意見を内向きの議論として批判した。高橋の意見に与することが多かった。印象論でいえば、高橋のほうが加藤を論破したということで決着したと思われたが、ここへ来て加藤再評価の機運が高まっている。
ひとつは、高橋よりさらに下の世代から発せられた議論である。名古屋大学の修士の論文がもとになった平凡社からの『日本人に戦争をした「当事者意識」はあるのか』(伊東祐吏著)で、副題は「敗戦後論」を超えてとある。
この著では、加藤批判の細部を検討して、その迷妄を修正しつつ、加藤の意見に対しても新しい批判を加えるという意欲的な試みが見られる。まだ全部読み終えていないが、指摘の新鮮さに目を奪われている。

一方、同年生まれの加藤自身の新作『さよなら、ゴジラたち』も私の関心と重なってとても興味深い論説集となっている。なぜ、ゴジラ映画が20数本も作られることになったか、日本人の無意識に触れた論考である。私と同世代だから、彼の引用する体験や語り口のひとつひとつがびんびんと感じられる。
最近、彼や竹田青嗣、橋爪大三郎といった同じ世代の意見にかなり共鳴しやすくなっている。世代論はナンセンスと排してきたにもかかわらず、今、私のなかで起きていることをないとはいえない。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2010-07-31 13:37 | Comments(0)

夏こそ危ない

夏こそ危ない

夕方、Mさんから電話があった。先月のミーティングで映画ビジネスの話をしてもらって以来だ。
ケータイに名前が現れたので「おひさしぶりです」と声をかけると、「どうも」。明るい声が返って来た。
「いやあ参りましたよ。梗塞をやっちまって」
一瞬、耳を疑った。10日前にも電話をもらっているから、誰か別の人のことを話しているのかと思った。

Mさんの釈明はこうだ。10日前から少し頭が重いという気がしていて、脳出血を昨年発症したIさんに朝電話した。それは危ないからすぐ病院へ行けと指示されて行こうと思った矢先にふらふらときたという。
それから10日間、駒沢の救急医療センターに入院することになり、今日やっと医者の許可をもらって電話したのだ。
65歳で、やや太りぎみのMさんは元来糖尿の要素ももっていた。先月お会いしたときもやたらに汗をかいていたので、私が少し注意したほうがいいですよと、軽口をたたいていた。それが本当になってしまった。

 円谷プロとの窓口になっていただいているMさんとは、来年にはゴジラの秘話を映像化しようと相談していたばかりだから、今回のアクシデントは不幸中の幸いとしなくてはなるまい。早くリカバリーして、年末には仕事の話をしたいと願う。
 たしか、昨年一年間、東大で映画論を語っていたMさん。それをまとめて秋には出版の予定だったはずだが、その企画も少し遅れることになったようだ。まずは、命あっての「ものだね」。

 その電話のあと、Iさんに確認の電話をしたところ、「金曜日からMさんはアメリカへ息子さんの結婚式で行くというのだけれど、無茶だよね」と心配している。当然だ。脳梗塞をやって、あの気圧の不安定な航空機に乗るなんて、それはまずい。

 つい目の前のスケジュールに追われて、健康管理が不十分になる。私も仕事が混み合ってくるとそうなる。だが、脳内出血をやったときも6月の暑い日となったときだった。夏こそ危ないのだ。転ばぬ先の杖。本日は、定期検診。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング


  
[PR]
by yamato-y | 2010-07-30 08:06 | Comments(0)

ジャンルの青春

ジャンルの青春

 新幹線のホームに立っていた時、不意に歌が唇からこぼれた。
 ♪ ぼくは特急の機関手で 
  可愛いあの娘は駅ごとに

 誰が歌ったかも知らない、50年代の流行歌。最後まで覚えているだろうかと半信半疑で歌い継いでみた。
 ♬ いるけど3分停車では
  キスする暇さえ ありません
  東京、京都、大阪 う〜う〜ぽぽ

 全部歌えた。新幹線がまだ走っていない時代、東海道線の特急はつばめだった頃だ。作詞は三木鶏郎あたりだったのじゃないかな。都会的な匂いのする流行歌だった。当時、私は幼稚園か小学1年生の頃だ。意味も分からないまま、此の歌や「ケ・セラ・セラ」とかを歌っていた。
 この時代に藤子不二雄たちはトキワ荘にやってきたと、川本三郎が書いている。市川準の映画「トキワ荘の青春」を主題とするエッセーでだ。この映画に登場する若い漫画家たちの貧しくも豊かな青春は、ジャンルの若さに由来すると川本は喝破する。
 《映画もテレビもそうだが、そのジャンル自体の青春期に自分の青春が重なった世代は幸福だ。自分の努力でこれから好きな世界がどんどん良くなっていく予感がある。未完、形成途上の良さである。》
 この言葉はまさに私自身も実感するところだ。私がテレビの仕事に就いたのが1970年、昭和45年。テレビの青春の尻尾の時代だ。テレビは終日放送でなくロケにはビデオカメラでなくフィルムカメラを使い、ラジオがまだ力をもっていた時代だ。
 その直後に「浅間山荘事件」で国民の大半がテレビに齧りつくという出来事から、テレビは「王様」になっていく。その流れのなかで、私は学校放送という地味なセクションで、テレビの手法というものを少しずつ学んでいった。最初の海外取材が1980年だから、10年間スタジオで音楽番組を作っていた。鳥塚しげきや堀江美都子たちとわいわいやっていた。収録のある火曜日はいつも午前サマだった。本番が終わると必ず番屋で焼酎のお湯割りを飲んで、六本木まで遠出した。金がないから俳優座の裏のスナックでウィスキーをちびちび舐めながら、番組の段取りや構成についてワイワイ議論していた。なんだか分からないがお祭り騒ぎだった。
 今になって気がつくのは、私個人の青春というより、テレビが青春だったのだということだ。たしかに幸せだった。

 今話題になっている朝ドラ「ゲゲゲの女房」も、貸本漫画から少年雑誌ブームの頃という「青春」が背景にあるから見ていて気持ちいいのだろう。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング


  
  
[PR]
by yamato-y | 2010-07-28 08:44 | 30年の自画像 | Comments(1)

猫翁さん

猫翁さん

敬愛する先輩の俳号は猫翁さん。俳句と映画が好きということで気があう。二人で酒を飲みながら、気にいった句を披瀝しあうのが楽しい。これまで芭蕉と蕪村のマイベスト30をやった。蕪村の続きと西東三鬼をやろうと話をしている。翁も3年ほどまえに癌になって、現役から降りた。悠々自適である。経済的なことは知らないが、少なくとも精神は悠々自適だ。

 その猫翁さん、猫好きが高じて都心の住まいを出て小田急の秦野まで行ってしまった。家で捨て猫を飼いはじめたところ30匹近くなり、都内のアパートでは家主から疎んじられて、ならばということで、郊外の一戸建てに住むようになった。
猫好きでない私から見ればバカみたいと思うが、当人はいたって気にしない。
リタイア以後、俳句に凝って、私もその仲間に入れていただいた目白遊俳クラブの有力メンバーとなるほどの腕前。映画といい俳句といい趣味は合う。猫だけが合わない。
その翁から手紙が届いた。飼っている猫が一年前から癌になった。いろいろ手をつくしたがいっこうによくならない。それどころかだんだん悪くなっている。先日、サイエンス番組を見ていたら、ウィルスで癌を撲滅するという研究が紹介されていた。まだ実用化していない、治験段階だと報じていたが、その連絡先を調べてほしいという手紙だ。
どうやら、一か八かで最新方法に賭けてみようということらしい。「猫の件、何としてでも、あらゆる手だてを尽くしたいと念じています」と書かれてあった。そこまで猫が大事か。呆れた。が、呆れるより感動した。
その手紙の末尾に、一句あった。
端居して人待ち顔やロスタイム
できるだけ早く返事が欲しいという意味だろう。モダンな匂いのする佳句だ。そういう技術を使って催促をする。ほんとに、どこまでも嫌みなオッサンだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング


 
[PR]
by yamato-y | 2010-07-27 09:56 | Comments(1)

66年前の戦争

66年前の戦争

 名作「駅馬車」の巨匠ジョン・フォードが撮影総指揮しているドキュメンタリー「海ゆかば」を見た。
フォードはよく知られた愛国者である。真珠湾事件以来、日本に対して敵意を抱き、日本をターゲットにしたプロパガンダ映画を数本作っている。劇映画は「コレヒドール戦記」を撮っている。一方、映像の専門家として国防省から戦場のドキュメント映像の指導を依頼されたようだ。此の映画においても、その位置にある。監督をやっているわけでない。あくまで撮影の指揮をとっているのであって、構成は別の人物がやっているらしい。日本語のスクリプトは須藤出穂という知られた放送作家が書いているから、必ずしもフォードの意図とか視点が明らかになっているとはいいがたい。

それでも、アメリカ政府の戦場カメラマンが捉えた映像は、明らかに敵日本の狡猾さと無分別ぶりと蛮勇が浮き彫りになるようなアングルに立っている。これはジョン・フォードの視座ではないだろうか。物語は、・真珠湾奇襲・ミッドウェー海戦・死闘の中の米海兵隊員・レイテ沖海のカミカゼ、の4つの章から成る。

真珠湾攻撃からレイテ沖海戦までの壮絶な日米の死闘。
見ているうちにだんだん辛くなってくる。特にカミカゼがあえなく墜落したり炎上したりする姿を正視することは難しい。砲弾の雨をかい潜って、必死で体当たりを試みる孤独な戦闘機に、乗り組んでいる若者を思って胸が痛くなってくる。レイテ沖海戦・・・

 昨夜、吉村昭『海軍乙事件』を一晩で読了。
昭和19年10月、フィリピン,レイテ沖で空前の日米海戦が行われ、日本の艦船が多数撃沈されたり沈没したりした。
その半年前の19年3月に海軍乙事件が起きている。連合艦隊の最高首脳が2機の飛行艇で脱出をはかったおり、米軍の襲撃を受けた。古賀長官の乗った一番機は墜落、福留参謀長が乗った二番機は海に不時着した。福留以下10余名は海をさまよっているところを、フィリピン現地のゲリラに掴まるという信じ難い事件が発生する。これが海軍乙事件である。
 このとき、福留らは最高機密である「Z作戦要領」を保持していて、それもゲリラによって没収される。その後の日本海軍の作戦計画を記した機密情報であったから、連合国側にとって最高の獲物を手に入れたことになる。ただ、福留はこの機密が敵に渡ったとは認識していないと後年言い張っている。実際、福留は虜囚から解放されたあとも咎められることなく、2階級特進している。だが、実際に要領を奪われたことは、後にアメリカ側の証言によって明らかとなる。
一説によれば、このとき奪われた資料によって、日本海軍の動きが相手に読まれ、レイテ沖の海戦においても一敗地にまみれたといわれる。真相は分からないが、若い命がカミカゼとして命を散らしたことと、この福留が戦後も生きて海軍OBの組織のトップにまでなったこととはあまりに不均衡な気がしてならない。
しかも彼は80歳まで生きて、畳の上で死んだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2010-07-24 17:02 | Comments(0)

夏の朝

c0048132_758773.jpg
夏の朝
c0048132_758473.jpg


6時半に目が覚めた。都心と違って大磯の山の上は夜になれば涼しい。昨夜はぐっすり眠った。明け方まで一度もトイレに立たなかった。
7時、日がのぼると俄然暑くなってきた。じっとしていても汗が吹き出てくる。
朝の光のなかで、四囲の山々を見回して撮影。夏の朝の風景を収める。

蝉のはりつくような鳴き声。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2010-07-23 07:58 | Comments(0)

もう1年経つか

c0048132_921055.jpg
もう1年経つか
c0048132_9212465.jpg


去年の今頃、夜行列車に乗って信越線経由で金沢に行った。
大学の同窓会が30有余年ぶりに開かれるとあって、新幹線を使わずに長い時間をかけての旅を選んだ。まだ、その頃は母は元気だった。

着いた金沢は暑かった。炎天下、金沢城に向かった。公園下から上って、石川門をめざした。吹き出る汗がぽたぽた垂れた。すっかり城は整備されて、私が通学した時代とは違って観光化されていたのが味気なかった。
金沢の町も白茶けた表情を見せた。暑さのせいもあったかもしれないが、人気のない町を歩いて淋しい思いをかこった。

変わらないのが浅野川の流れであった。清流の大きな川はゆったり流れていた。
川を見ながら、去っていった友の顔をあれこれ思い出した。

そんな旅の仕舞に、敦賀へ寄った。母がいそいそとにしんなすびを作ってくれた。
それから2週間も経たずに、母の容態が悪いという知らせが届く。
そして、激動の2009年後半が始ることになるのだ。と、去年を振り返っている。2010年の猛暑のなかで。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2010-07-22 09:21 | Comments(0)

金沢のケンハウス

KEN HOUSE

台北に住むmartin-nishidaさんから「VANは青春そのもの」というコメントをいただいた。1946年生まれというから64歳の御年にしてIVYスタイルを今も保っておられるとか。嬉しい。雀百まで踊りを忘れず、と声援を贈りたく、私もそうありたい。
そういえば、同世代の村上春樹氏も高校時代の愛読書のひとつに「メンズクラブ」を挙げていたのをロングインタビューで知ってやはりとほくそ笑んだ。彼の小説のなかで、特に女性のワードローブの表現が細かく精緻な表現に驚いた。登場したときには、いよいよわれらの世代の作家が出現したと期待もした。
今でも、村上氏は自分の着る洋服は自分で購入するそうだ。着こなすために体型を維持している。趣味といわれるジョギングは健康のためでなくお洒落のためだと、私は見ている。

先週、実家へ帰って品物整理をしているときに、KEN HOUSE特製のノートが出てきた。裏表紙にはVAN JAC・とマークが入っている。VANグッズのひとつだ。
ノートを開くと、講義の内容を書き取るほかに、バーミューダショーツのプリントパターンやローファーの形などが落書きされている。その横に、「三里塚奪還」などのスローガンのアジビラが張ってあったりする。往時はまさに茫々たり。

KEN HOUSEはVAN JAC・の金沢の特約店だった。竪町の入り口にあって小さな店舗だったがすっきりしたディスプレイがよかった。店長はクルーカットのこざっぱりした身なりで薄いブルーのサングラスをかけていた。それほど会話をした覚えはないが、静かな物言いする人だった。
それから20年経って、広島に勤務していた頃偶然入った流川のメンズショップにその店長がいたことには驚いた。懐かしくなって声をかけたが、向こうは当然だが私のことなど覚えていない。ただ、金沢の店は楽しかったと答えてくれた。

取材でプリンストン大学、ダートマス大学へ行ったときは、必ずCO-OPに寄ってIVYグッズを買った。ラテン語のヴェリタスという言葉が真実を意味するなんてことは、ハーバード大学の案内で知った。それも名著『テイク・アイビー』による知識だ。ジョージ・ハミルトンが「ボーイハント」で登場したときの夏スタイルに当時憧れた。
近年ではウッディ・アレンの渋いトラッドなスタイルに感心するようになった。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2010-07-21 17:13 | Comments(0)

水筒のこと

水筒のこと

兵隊の水筒に見覚えがあると前回記したのは、私の勘違いだった。
28年前、私は長崎で番組を制作していた。長崎原爆関係の取材が続いていた。
そんな折、ある被爆者の家に行ったときだ。そこの家の主は外地にいたため原爆には遭遇せず家族が犠牲になっていた。その残された者の気持ちをうかがうために私は金比羅山の上にある家まで登った。今日のように暑い日だったと記憶する。

彼は南方戦線に出征していたので、激戦を生き抜くという体験をもっていた。そこで、敵兵の遺品を持ち帰ったといって、古びた真鋳製の水筒を見せてくれた。引っ掻き傷のようにして名前らしいアルファベットが彫りこまれていた。オーストラリア兵の遺品と推定された。主は、この水筒の持ち主の家族に返してほしいと言って、その水筒を私に託した。

突然のことで途方にくれたが、とにかく預かることにした。私は自宅の棚にその水筒を置いて、毎日眺めくらした。でこぼこと歪んだ真鋳の水筒は、なんとなく白人の若い兵士のような気がした。まだ人生も知らないにきび面の青年がジャングルのなかで倒れていて、その傍らに放り出された水筒――私はそんなふうに幻視した。

その夏、原水禁の大会が長崎で開かれ、外国からの参加者もおおぜいいた。私はオーストラリアのメディア関係者と接触した。そこで、その水筒の話をしたところ、記者は水筒を預からせてくれと言ったので、渡した。

一月後、それを記事にしたという報告が記者から入った。反応はまだないという。
 その年の終り頃だったか、記者から水筒の持ち主を突き止めることはできなかったが、戦争博物館に収めることにしたという報告を受けた。
私は再び金比羅山を登って、拾い主にその旨を伝えた。この水筒をめぐる話が、私のなかで父の「水筒」というイメージに大きく関与していたのだと、気がついた。

 この父の戦争にこだわるのは、2009年2月にエルサレムで村上春樹が語ったことに影響を受けていると思う。
《昨年私の父は90才でなくなりました。彼は元教師でたまにお坊さんとして働いていました。彼は大学院にいた時、徴兵され中国に送られました。戦後生まれの子供として、父が朝食前に長く深い祈りを仏壇の前で捧げていたのを目にしましたものです。ある時、私がどうしてお祈りをするのかたずねたところ戦争で死んだ人々のために祈っていると答えてくれました。 味方と敵、両方の死んだ人たちすべてに祈りを捧げていると父はいいました。仏壇の前で正座する彼の背中をながめると、父にまとわりつく死の影が感じられるような気がしました。 》
これほど深くはないが、私も父のまわりに死の影を感じたことがあった。そういうもののカタチとして父の遺品があったので、水筒であれ飯盒であれこだわることになった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

c0048132_11503651.jpg
敦賀遠望
[PR]
by yamato-y | 2010-07-20 13:47 | Comments(0)

包みなおしたのは何か

包みなおしたのは何か

故郷からの帰り、新幹線のなかでずっと考えこんだ。午前中に見たブツは、父の戦争中の遺品として扱ったほうがいいのかどうか。迷った。断定する根拠が弱いから、どうとでもその品物の意味を解釈することができる。兵の日のブツは何か。

父が中国戦線に出陣したことは知っていた。自動車部隊と暗号通信隊にいたということは聞いていたが、何処の部隊でどんな作戦に参加したのか何も知らない。今朝、父の戦友会の名簿が出てきた。星友会という名称になっていて、意外に可憐な名前に戸惑う。昭和55年付けの住所録で、発行人は梅田という人物。原隊の正式名称は、関東軍旧独立自動車第四十九大隊四中隊となっている。北支にいたというのは、この中隊にいたことを指すらしい。ここで車の運転を覚えたので、復員後、かなり早い段階で父は運転免許を取得する。もっとも父が最初に乗ったのはオートバイで結構跳ばし屋だった。自動車の部隊というとスマートにみえるが、輸送専門の輜重兵だったようだ。

星友会の名簿を見ていくと、滋賀県と京都の出身者が多い。福井、石川は名簿の後半にある。どのような軍歴があるのか分からないが、中国内をあちこち転戦したらしい。実際の戦闘にも遭遇したようで、私が幼い頃、父は自分の腹の傷を見せて、「もう少しで死ぬところだった」と語ったことがある。本当かどうか分からない。軍隊帰りはそういうことを吹聴したがるということを、ドキュメンタリーの仕事についてから知ったから、父の話もあてにならない。たしかその話を聞いたのは私が小学校低学年だった頃で、長じてからは戦争のことを父はほとんど語らなくなった。

 中国で敗戦をむかえて引き揚げて来るまでに1年以上経過している。行軍しながら悲惨なめにもあっているだろう。苦しいときもあったにちがいない。だが、結果として中国への侵略に加担していったではないかと私は大学時代に父を難詰したことがある。「うるさい。おまえなんかに分かるか」と怒鳴られて親子喧嘩にもなった。以来、戦地の話をしなくなったし、私も聞くことがなかった。
 父が退職してからは、年に一度開かれる戦友会にいそいそと出かけていくことは知っていたが、どんな会合であるかはまったく知らない。

父が死んだあと、母はときどき父の戦争について少しずつ語るようになった。むろん、母と結婚する前の時代だから、母も話としてしか知らない。その母がこんな歌を詠んでいる。
兵の日の夫の生命を守りくれし古りたる水筒を包み直し置く

そういえば古い水筒を見たおぼえがあると思って、今朝は仏壇周りを探した。両親はクリスチャンなのだが、北陸の真宗の家系だったから仏壇が家の真ん中に鎮座している。大事なものはこの仏壇の引き出しとか段下の小部屋に入れてあるはずと、私は見込み、いっさいがっさいを外に引き出して並べた。
ビニールで2重に包まれた飯盒が出てきた。丁寧に紐掛けされている。これが父の戦争の遺品ではないかと推定するが、母の短歌の水筒とあわない。かといってほかに遺品らしいものはない。

 最終的に、これが父の戦地の形見だと私は判断することにした。
おそらく、母は短歌にするとき語呂を合わせるために、飯盒を水筒にしたのではないだろうか。生命を守るにふさわしいイメージは飯盒より水筒と、その部分を“作った”のではないだろうか。実際の兵隊時代の形見は飯盒だったと思われる。

 その鉄の飯盒は錆びてもおらず形も残っているが、蓋が堅くなって開きづらくなっていた。気張って開けてみると、底が黒ずんでいた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
c0048132_12115514.jpg

[PR]
by yamato-y | 2010-07-19 23:08 | Comments(0)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧