定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

<   2008年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

文士

嘘つきカモメ


太宰治は嘘つきだそうだ。檀一雄と二人で熱海へ逃げたことがある。そこで、二人は芸者の総揚げをやって大散財をしでかした。
もちろん二人には有り金がない。そこで、太宰だけ上京して工面することになった。その間、檀は人質である。
檀はハリムシロで太宰の帰りを待った。ちっとも帰って来ない。しびれをきらして、借金をした相手には平身低頭して理由を言って、東京へ帰らせてもらった。

太宰の行き先はおそらく師匠の井伏鱒二のとこに決まっている。檀は一路荻窪の井伏邸をめざした。
おとないを入れて井伏の書斎に通されると、縁側で井伏と太宰は悠然と将棋をうっていた。かーっとなって檀は「どんなつもりだ」と太宰に怒鳴った。
すると、太宰はこう答えたそうだ。そばにいた井伏が記憶している。
「待つ身より、待たせる身のほうがどれだけ辛いか」

井伏も呆れた。ぬけぬけと嘘を言っていると感じた。
こんな太宰の言は嘘の域には入らないかもしれない。友だちもそうだが、親、兄弟にももっともらしい嘘をつきまくっている。
太宰のすごいのは、嘘をついて呵責を感じるどころか、その嘘のような状態に自分はあるのだと,自分で納得してしまうことだ。本人にとっては悪気はなく嘘をつくことになる。

そもそも小説なんて嘘を書く商売だ。その点においては「天職」を太宰を選んでいることになるか。

太宰は日本浪漫派というグループに属していた頃は、中原中也ともいっしょだった。この人も個性がつよい。自己チューの人だ。
こんな二人が顔を合わせる会合というのはどんなものであったのかしらむ。

友に裏切られたはずの檀一雄は、後年、ニューヨークのホテルで太宰のもとへ行きたいと自殺を図ったと、「火宅の人」に記している。太宰は嘘つきカモメでもけっして憎まれるところがなかったようだ。この檀が滞在したグリニッジビレッジのホテルを私は檀ふみさんといっしょに取材したことがある。8階の部屋だったと思うが、窓から下をのぞくとかなりの高さで恐怖感があった。たしかに、檀はそこで太宰を思って煩悶しただろうが、自殺を図るというのは事実ではなく小説の企みだなと思った。つまり、小説家檀一雄も嘘つきカモメということか。

友に裏切られるという言葉でふと思い出した。太宰は友情の名作「走れメロス」を執筆している。この熱海の事件のあとに、メロスを太宰は書いているのだろうか。とすれば、自分の不人情を棚にあげて、美談までこしらえあげるとは、嘘つきカモメもたいしたものだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2008-10-29 09:17 | Comments(0)

画期的な技術(テクネー) 

画期的な技術(テクネー) 

歴史の教科書で習った年表のようには歴史はきれいに割り切れたり並んだりしない。
印刷機の発明はグーテンベルグ、蒸気機関の発明はワット、映画はエジソンと唯一の事実として切り出すのはかなり無理がある。映画だってエジソンと同じ頃にフランスのルミエールが行っているし、他の発明だって、周辺に類似の発明があって生まれているから、彼らがまったく独自に作り出したということにはならないのじゃないだろうか。
起源というははっきりしないものだ。

フィギュアの世界でもそういうことがある。1953年に国産プラモデルがマルサンから発売されて以来、モデラー(プラモを作る人たち)はメーカーが企画した部品を材料として受け取って組み立ててきた。つまり、作品はすべて他者(プラモデルメーカー)の手の内にあった。
ところが1980年に、大阪海洋堂へ一つの手作りプラモデルが持ち込まれる。作者のAさんは歯科技工士で、彼は入れ歯の「鋳型」を作るレジンという樹脂を使って怪獣モスラのオリジナルモデルを開発したのだ。これはプラモファンなかんづくモデラーにとっては画期的な技術となった。なにせ、自分たちが作りたいものを自分たちの手で複数作ることが出来る技術なのだから。当時、大阪の学生だった岡田斗司夫さんもそのAさんに弟子入りしたほど、大きな事件だった。

たしかに、大阪のある地域ではAさんの功績は大きかった。ところが、このレジンを使って部品を作るという技術は同じ時期に全国のあちこちで発見発明されたらしい。別にAさんの情報によらないまま独自でそういう作品が生まれてきたと思われる情報が各地にあるから。レジンという新素材がマーケットに移入されたからこそ同時多発的に起きた現象だろう。
サブカルチャーの世界では大衆一人ひとりが客であると同時にAUTHUR(作家)となっていくから、夥しい生産行為が積み重なる。互いに影響し合い受けあっているから、どこからどこまでが個人のオリジナルなものと断定するのが難しくなるのだ。つまり、画期的な事象というのは個人に属するのでなく、集団行為のなかで育まれていくのではないだろうか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2008-10-27 19:05 | Comments(0)

フロイトのイタリア

フロイトのイタリア

あのフロイトのことだ。無意識を発見したジーグムント・フロイト。
表記するときいつもフロイドと書きそうになる。ヒトラーもそうだ。ヒットラーと書きそうになる。これは私の無意識部分に触っている気が少しするのだが、今はいい。

ウィーンに住んでいたフロイトは生涯にわたり20回ほどイタリアを訪問していて、その名著「夢判断」にも大きな意味をもっていると説く本が最近出た。『フロイトのイタリア』(岡田温司著/平凡社)。岡田は京大の西洋美術の先生だ。いかめしい表装の本だが、読み出すと判りやすく面白い。フロイトの住むオーストリア、ウィーンからアルプスを越えて南下して、光の長靴の半島イタリアに向かう。この行為そのものが、自分の意識を降りてさらに下層にある無意識にたどりつくという地形的なものと相関しているのではないかと、岡田は考えているらしい。(まだ3章しか読んでいないからあくまで私の予想)

フロイトはイタリアでもとりわけローマに憧れているのだが、最初からそこへすぐには行かない。数度、ローマ近くまで行っておきながら足を踏み入れず、実際に入るのは数度めである。最初にイタリアに入ったのは北端のトリエステで、彼が大学生のときだった。2回目はそれから20年後の40代だ。そして、それから数年後に憧れの地ローマへ入城する。なんと長い迂回か。これを岡田はラカンの言う対象aのようなものではないかと説明している。
《「イタリア」を制服すべくフロイトは、幾度も挑戦を試みては、達成感とともにいつも挫折感を味わわされる羽目になる。彼にとって「イタリア」とはおそらく、主体がそこに到達しようとしても到達しきれないまま、その不在の中心を回っているような対象、つまりラカンのいう「対象a」のような存在だったかもしれない。》

この「伝記」で興味を惹かれたのはフロイトの「鉄道不安」だ。フロイトは汽車の旅が相当苦手であったようだ。いつ抜けるともしれないトンネル、グラグラ揺れる車両、息のつまりそうな煙、からからに渇く喉。フロイトはいつも悩まされていた。鉄道が欧州全域に広がりつつあった19世紀後半から、この鉄道恐怖症は新しい病として当時出現しつつあった。列車事故の風聞もまた「外傷性ノイローゼ」を促進させたろう。あのディケンズも列車事故に遭って、その後トラウマを抱えたと岡田は書いている。なるほど文明の利器はまた新しい病を作るものなのだ。

ウィーンからイタリアまで汽車でアルプス越えをしていく旅、まるで心の旅そのものじゃないか。しかも乗り物は閉ざされた空間で、たえず圧迫されながらその恐怖と戦いながらでないと、光の国イタリアに到達できないという構造。この本は面白そうだ。かなり部厚いのだが、とにかく読破しよう。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2008-10-27 10:26 | Comments(0)

血染めの唐獅子

血染めの唐獅子

見終わっても唐獅子牡丹が身内に流れている。健さんの昭和残侠伝「血染めの唐獅子」だ。

主題歌「唐獅子牡丹」2コーラスの歌詞がいいのだ。

 ♬ 親の意見を 承知ですねて
 曲りくねった 六区の風よ
 つもり重ねた 不幸のかずを
 何と詫びよか おふくろに
 背中で泣いてる 唐獅子牡丹

河津清三郎のごうつくな親分、天津敏の嫌みな舎弟に対してぶちぎれた花田秀次郎。寄り添うのは幼い頃からの喧嘩友だちで池部良演じる重吉。
二人が殴り込みをかけるために、道行きする場面。かつて金沢の東映映画館で見た興奮が甦る。
夜の浅草(エンコ)の路地を抜けていくとき、思わず「ケン・サン」と声をかけたくなる。

40年ぶりに侠客ものを見て、あまりの臭さに鼻白むかと予想していたのだが、そうとはならなかった。
ご都合主義でお決まりの筋とは知っていても気にならない。悪どい親分の理不尽な仕打ちに耐える秀次郎。けなげな恋人ふみ、盟友重吉らの人生が、
芝居と判っていても、胸を騒がせる。

堪えて堪えて、こらえられなくなったとき、秀次郎が決意する。匕首をのんですっくと立ち上がる健さんの着物姿に思わず感情が投影される。
むむ、おいらも立ち上がって、あのにっくき奴めを叩き切ってやる。

監督はマキノ雅弘。娯楽映画の王道の演出だが、登場人物がみなそれらしく、今の芝居のような俳優の顔でなく役の顔であるのに驚かされる。

鳶職の共同体に憧れる。時代錯誤といわれようと、兄弟つながりの振る舞いがなんとも心に沁みる。
それにしても、高倉健のたたずまいはあきれほどぴったりだ。所作も美しい。
渋い芝居だったが、ワキの水島道太郎に感心した。
当分、任侠ものにはまりそうだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2008-10-26 22:51 | Comments(0)

雨の日に

雨の日に

横浜まで行って、大磯の家の戸締りが気になった。洗濯物も出しっぱなしになっているかもしれない。どんよりとした空から落ちてくる雨粒はこころなしか大きくなっている気もする。引き返すことにした。

大磯駅まで戻って来るとはたしてざあざあ降りになっていた。駅前タクシーに乗り込んで我が家を目指す。
戸口にたってドアに手をかけるとやはり鍵はかかっていなかった。ベランダにも白いTシャツが雨にうたれている。戻ってきてよかった。

在宅時間5分。すぐ引き返す。雨は激しくなっていたが、徒歩でツヴァイク道を降りる。山道はぬかるんでいた。昨日買ったばかりのバーニーズのバッグが雨にうたれることだけが気にかかる。

森の中へ入ると雨粒は薄くなる。静かだ。今朝は鳥の声もしない。森の生き物たちはこの雨でひっそり篭っているのだろう。林が切れたところでは吹き降りの大雨が襲ってくる。
ちょろちょろ川もこの雨で溢れている。白い泡を立てている。ふと、白い蟹が飛び出してきた。沢蟹だ。手足の先だけ茶色の白い小さな蟹。山道を横切って草むらに消えた。

雨音以外音はない。静かだ。出社するのが億劫になる。このまま、今日は休んでしまおうか。両足は頭と関係なく、どんどん坂を下っていく。しかし、こんなアクシデントでもなければ昼の嵐の森の中などにはいまい。こんなチャンスを得たことだけでも喜ぶか。

駅まで降りてホームから紅葉山を見ると、雨で白くなっていた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2008-10-24 14:53 | 登羊亭日乗 | Comments(0)

嘘というよりホラ話

嘘というよりホラ話

新潮から出ている季刊雑誌「考える人」はいつも特集が楽しい。2008年夏号の「自伝、評伝、日記を読もう」は構成と整理のうまさでするすると読めた。

識者32人にあなたの好きな自伝、評伝、日記は何かと問うたアンケートがある。まず、それが面白かった。だいたい3、4冊あげているのだが、そのうち3人が『アンネの日記』を薦めている。四方田犬彦、蜂飼耳、ディヴィッド・グッドマンらだ。ユダヤ系であるグッドマンの理由はすぐ判るが、狷介な四方田が入っているのが意外だし面白かった。
彼の意見と理由――絶対に完全版で読まなければならない。アムステルダムの屋根裏部屋に隠れているユダヤ人の少女が、しだいに性徴を露としつつある自分の身体をどのように観察しているかが、隠すところなく記されているからである。

そうなのだ。「アンネの日記」は全部で3つのバージョンがあり、それぞれA,B,C版とされている。戦後、アンネの遺稿原文を受け取った父オットーはアンネの赤裸に描いた「性的な記事」は“配慮して”削除をほどこした。だから完全版と呼ばれるC版が重要であると、四方田は強調するのだ。書かれたことは、今となっては何も恥ずかしいものではない。むしろ思春期の微妙な心の揺れがよく分かる。それにしても、14歳の少女が書いた60年前の記録がまだこれほど人の心を捉えているということに、不思議な感動を覚える。

このアンケートの答えには我が意を得たりという本が散見された。「渡辺一夫敗戦日記」、「ナボコフ自伝」、「佐多稲子/私の東京地図」、「知里幸恵」、「バージニア・ウルフ/ある作家の日記」、「夢野久作の場所」、「星新一」・・・

なかでもシュテファン・ツヴァイクが取り上げられているのは嬉しい。『ジョセフ・フーシェ』、『昨日の世界』の2冊だ。『昨日の世界』は、このアンケートに応じていないが、コラムで養老孟司も取り上げている。1000年のハプスブルグ家の伝統にあったウィーンが大戦によってガラガラと壊されて行く姿を描いたツヴァイクの伝記だ。養老は「世界は永遠に続くと思っている人は、読んでおいたほうがいいですね」と文章を結んでいる。ナチが台頭してくるまでツヴァイクは自分をユダヤ人とはまったく意識しておらず、このまま世界は進んで行くと思っていたのだ。ツヴァイクの迂闊さを笑うわけにはいかない。数年前まで経済大国だ不戦の国だと惰眠をむさぼってきて、今の年金問題や集団安全保障の問題が浮上して泡をくっている私たちだから。
20代の頃、私はツヴァイクに夢中になって読んだが、このところご無沙汰していた。もう一度、「昨日の世界」を読み直しておこうと思う。

先日、ブログでも触れたリリアン・ヘルマンの『ジュリア』。ここに描かれてあることはかなり事実と違うということを知っていささかショックを受けた。ヘルマンの宿敵ともいうべきメアリー・マッカーシーが「ヘルマンの書くのはアンドもザもすべて嘘」とテレビで公言して、ジュリアのなかの劇的エピソードも事実ではないと言い切ったという。翻訳家の青山南もそれを知って、大ショックを受ける。だが、と彼は思い直す。
「いまでは、ふーん、そういう人だったのね、と楽しめるようになってきたし」

青山に言わせると、アメリカの自伝とはそういうもので、嘘というより西部劇時代の酒場のホラ話に近いものだという。
うまいことを言うなあ。
たしかに自伝というのはどこまでが本当か判りにくい。さらに、書いていないことに真実があったりもする。ましてや他人が書く評伝や伝記はもっと真実性の確保は難しいものだ。これはドキュメンタリー映像を作っているときにいつも痛感することだ。
ここに取り上げていることは事実というより、事実の解釈として取り上げている、という実感をもつことが多い。そういう意味で、昔あった「テレビ人物評伝」というのは、正当な呼び名だったかもしれない。

私が番組制作のなかでヒューマンドキュメンタリーを志向するのは、ひょっとすると、伝記好きということからかもしれない。それは青山も小谷野敦もいうように「他人の生活を覗き見したい」という欲望がおおいに関わっているだろう。もう少し品よく言って、「他人の生活や人生を覗き見したい」

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2008-10-24 09:05 | 登羊亭日乗 | Comments(0)

偽悪的な発言でも

偽悪的な発言でも

宮崎駿のインタビューを終えて、いくつかの言葉が心に残った。
最新作の「崖のうえのポニョ」から番組の話題は始まる。あの映画では波に目があるのだが、それを実感した体験を語る。
イギリスのイングランドの北海を宮崎が見たとき、日本の荒波と違うのた打ち回る波だった。それは波が荒れているというより、怪獣がいっぱいのたうちまわっている気がした。今回も波を描くのに、波が魚になったり子どもがその上を走ったりするというふうに「人格」があってもいいかなと考えた、と宮崎はいう。

これまでの作品で続編ものというのはやっていないですねという質問に対して。
続編を作ると思い出しながら作ることになるから、どこを子どもが喜んだだろうとか、あのときはどうしたかとか、(後ろ向きで)あまり生産的とはいえないから、続編は作らないことにしている。

スタジオジブリの隣に保育園が出来て、宮崎はときどき外から園のなかの子どもの様子を見ている。
「年寄りのぼくなんかにとって、のぞくと、幸せな気持ちになる」こどもを見ていると、自分が現役の親だったときに見逃したものをいっぱい見つける。「その子どもが上手くいかなかった。もう一回試してクリアしたときにね、誰も見ていると思わないけど、ちゃんと得意そうな顔をしているとか、そういうものを拾うんです」園のなかの子どもの小さなしぐさを見つけて感動して、呆然と立ち尽くしている宮崎の姿が浮かんでくる。

宮崎はファンタジーのもつ力をこう考えている。
「ファンタジーが面白いのはたいてい逃げだ。現実には先生に怒られたとかあっておどおどしなが、いろんなことやりながらそれでもファンタジーのときには主人公になれる。そこで主人公になれる。ファンタジーは多くの場合、こう自分は忘れるための自分の無力さを忘れるためのもの・・・」
だから、子ども頃にファンタジーに満ちているのは当然だが、それをずっと引きずったままでいるオタクのような心理にはあまり共感しないらしいのだ。

ファンタジーはそれほどたくさん見ることもない。本当に心に残ってくれて、時間が経ってあるときふっと思い出してくれるぐらいでもいいのだと、宮崎は考えている。

聞き手が、宮崎氏の業績を偉大だと評価すればするほど、こういうことはたいしたことはないのですと、悪ぶるところが面白かった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2008-10-23 19:19 | Comments(0)

深夜作業

深夜作業

午前3時帰宅。久しぶりの深夜作業となった。
なにせ、現場到着は午前0時半。それからの打ち合わせ、収録である。
実は、キャスターの岡田斗司夫さんの最後のコメント取りだったのだが、岡田邸の地形に作業開始時間がおおいに関わっていたのだ。
岡田さんは家の前に井の頭線が走っていて、線路を走る電車のノイズがすごいのだ。大事なコメントがぶつぶつ切れて収録してはテンションが落ちるということで、岡田さんの発案もあって、深夜終電の後に収録することになった。

コメントは3つ。それぞれ一度練習をして本番。さすが、岡田さんは表現が好きというか、目立つことが好きというか、カメラ前で見事なスピーチを聞かせて見せてくれた。ほとんどNGなしで撮影できた。2時半に私は現場を離脱。
渋谷方向でタクシーを飛ばす。なぜか、今年の10月の交通規制の多いこと。吉祥寺から渋谷までの予定していた時間を大幅に越えた。

さて、現在制作中のETV特集「フィギュアの世界(仮)」は最後の追い込みにはいってきた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2008-10-23 03:18 | 新しい番組を構想して | Comments(0)

北国の影の毛深き

北国の影の毛深き

昨夜は冷え込んだ。冬近いことを感じる。
10月第3日曜日。ぬけるような青空が広がっている。微風が椎の梢をわたる。
隣家の雨戸を繰る音がする。目が覚めても布団のなかでじっとしていた。

夢をみた。金沢の夢だ。教室のなかというか研究室のなかだから学生時代の夢だ。卒業近くの慌しい日々の出来事だった。またしても過去へのとらわれか。今年の春先に、この北国の町のことが気になってしかたがなくなったことがあった。
そして訪ねることがあって、知ったのは知人の二人が急逝していたことだった。まだ60の坂を越えてまもない人たちの死はこたえた。
その折に、長く消息を知らなかった友人が浜松に在住することを知り連絡をとった。長い手紙が来て、二人の知人の死は悲しいが、これからまだ続く人生を互いにがんばろうと書いてあった。若い頃は難しい性格と思われた人の思いがけない温情の言葉だった。

50を半ば過ぎた頃からやたら懐旧の情が湧くようになった。半年とか1年とかで、その思いにとりつかれる。帰っていけないどうしようもないことだけにそこに留まりたくないと思っていても、漏水のようにちょろちょろと心の池に注ぎ込む。

半年以上、そういう気分がなくやってきたのだが、今朝来た。
布団の上で20分瞑想をする。雑念の中から、ふと北国の大学が浮かび上がってくる。

大学のキャンパスは金沢城の城内にあったから、エスケープは十間長屋の上にある植物園が格好だった。薬学部の薬草畑で、畑をうっそうとした木が取り囲んでいた。人影はほとんどなく、晩秋ともなれば落葉を踏む音しか聞こえなかった。そこで寝転がって流れる雲を見ていたことを思い出した。

その気分と必ずしもマッチしないが、鷹羽狩行の句集でみた北国の句が気になった。
北国の影の毛深き鶏頭花
丈の高い鶏頭がひょろひょろと立っている心細いさまが見えた。こんなことを書いても仕方がないと思っても書いておかずにいられない。時折襲ってくるこの懐旧の情をなんとか押し止めることができないものだろうか。

瞑想の終りに「諦念」という言葉が浮かんだ。定年は諦念か。
c0048132_122624.jpg


追伸:山道で青いどんぐりを見つけた。初々しい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2008-10-19 12:02 | 登羊亭日乗 | Comments(0)

それ以前それ以後

それ以前それ以後

漫画の世界でそれ以前それ以後と目される人は3人しかいないのだと、漫画研究家から教えてもらった。手塚治虫、赤塚不二夫、大友克洋だ。つまり手塚以前手塚以後、赤塚以前赤塚以後、大友以前大友以後という表現になるのだ。

手塚が現代漫画の元祖だという考えは近年見直しされているそうだ。彼自身は戦前の漫画やディズニーの技術などから大きな影響を受けているのであって、すべて手塚から現代漫画の要素が作られたわけではないという見方が主流になりつつあるも、やはり、「新・寶島」で衝撃を与え、ジャングル大帝、鉄腕アトムである時代を作り上げた功績はきわめて大きい。やはり、手塚の出現以前と以後では漫画の世界が大きく変わったということはいえる、という意味で、「手塚以前手塚以後」は衆目の認めるところだ。

同様に赤塚の存在も凄い。ギャグ漫画は彼の登場によってガラリと変わった。それまではユーモア漫画というものはあったが、赤塚はファルス(笑劇)な要素からナンセンスなギャグまで取り込んだぶっ飛んだギャグ漫画を確立した。
以上の二人は故人となった。

大友は現在も活躍している。彼の緻密な絵と壮大な構成は、それまでの漫画の世界を大きく変え、ある意味では映像と伍するほどの作品世界にまで仕上げた。

石ノ森章太郎は、藤子不二雄は、ちばてつやは、梶原一騎は、漫画界を変えた偉大な人たちとはいえないのかと聞いたが、研究家の答えはノーだという。しいて言うなら山上龍彦(がきデカ)の以前以後がサブのランクとしてあるかもということであった。

漫画論も今日進月歩で進化しているようだ。これから少し調べることが増えるだろう。
面白いのは、例のトキワ荘グループは手塚さんの因子を受け継いでいくのだが、直接の弟子やアシスタントではない。手塚はアシスタントを育てるということには成功していない。
比べて、ハチャメチャだった赤塚からは高井研一郎をはじめたくさんの有名漫画家を輩出している。誤解を恐れずに言えば、手塚治虫はジコチューだったが赤塚不二夫は心底やさしかったからではないだろうか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2008-10-19 00:20 | 新しい番組を構想して | Comments(0)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧