定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

<   2008年 07月 ( 36 )   > この月の画像一覧

ラカンさん

ラカンさん

ジジェクの『ラカンはこう読め』は難しいがわくわくする。ジャック・ラカンという現代の難問を、ジジェクは分かりやすい例証を挙げて説明してくれる。その手際の鮮やかさに心奪われる。

昨日、カラスの鳴き声について、彼らは対話しているだろうが、その内容を知りたいと私は書いた。鳴き声というシニフィアンに対話の内容シニフィエがあると思い込んでの説明である。ところが、ジジェクは違う視点を提供していた。
アジサシは、魚をつかまえて別のアジサシに渡すという行為を、動物行動学の知見から説明している。渡すというコミニュケーション行為が意味があるのであって、魚を配ること、どんな魚であるかということは、それほど意味があるのではないという。
なるほど、カラスの鳴き声で交わし合っている行為が重要で、鳴き声を使って何かを伝えていると推測するのは、お門違いというわけか。

現代思想なんていうと難しそうだが、このラカン理論が冬ソナにも適応できるのだ、ジジェクを経由すれば――。

われわれが言語で直面するのは、遂行的次元でのメタ選択だということの一例をジジェクは挙げている。

パートナーが私にこう言った。「きみを心から愛している。二人が結ばれれば、ぼくはすべてを君に捧げる。でも警告しておく。もしぼくを拒絶したら、ぼくは理性を失い、きみの人生をめちゃくちゃにするかもしれない。」これって、サンヒョクの考えとそっくりだ。このメッセージの後半は前半を否定している。もしノーと言ったら破滅させてやるなんて言う人が、私を心から愛しているだろうか。ここには、ラカン理論によれば私に対する憎しみ、あるいは無関心が潜んでいるという。

一方、これに対する「偽善」(ジジェク)もある。
「君を愛している。君の答えがどうであろうと、ぼくは受け入れる。だから君の拒絶がぼくを破滅させることになる(ということを君が知っている)としても、心から望んでいるほうを選んでほしい。それがぼくにどんな結果をもたらすかなんて、いっさい考慮に入れないでほしい。」これって、第10話のミニョンさんの言い分とよく似ている。
この言葉をジジェクはラカン理論を借りてこう解釈する。
《この言葉には相手を操作しようとする欺瞞が潜んでいる。いやならいやと言ってほしいという「正直な」主張は、「はいと言え」という無言の圧力になっているのだ。「こんなに愛しているぼくを拒むなんて、できるはずがないだろう?」》

すべての発話はなんらかの内容を伝達するだけでなく、同時に、主体がその内容にどう関わっているのかを伝達するものだと、ラカンは教えている。そういうことをジジェクが分かりやすく説明してくれるのだ。

しかし、ラカン分析で「冬のソナタ」の登場人物の欲望を読み直すというのも面白いなあ。ラカンをジジェクが回し、ジジェクを読者が回してのらかん遊び。
ラカンさんがそろったらまわそじゃないか、ヨイヤサノヨイヤサ

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by YAMATO-Y | 2008-07-31 08:58 | 冬のソナタを考える | Comments(0)

新宿不夜城

新宿不夜城

黄昏の新宿を帰って行く。靖国通りまで出て、新しいビルが出来たことに気づいた。ピカデリービルとある。映画館の入ったビルだ。かつて、ここに松竹系の映画館があった場所のはずだ。夕暮れときに、ひときわ明るいイルミネーションを見せていた。

立ち飲みで熱燗を一杯やる。町に出るのは時代の風を肩で受けるためだが、今の風はなんだろう。
紀伊国屋の書店の店頭をながめても、タレント本全盛であまりぞっとしない。

ふと思った。昔、斎藤耕一監督の「津軽じょんがら節」という映画があったことを。あの映画に出ていた役者はあれきりだったが、妙に心に残った。東京の人間にない、土着という言葉を捧げたいような人格だった。
そういう役者が動き回るような物語を作りたい。

ほとんど行ったことがない、北関東の町を舞台にしたい。森高千里が歌っていた渡良瀬橋なんていいなあ。
館林なんて町にも憧れる。冬ソナの舞台、春川のような町のイメージをいだくのだが。

今夜は風がある。寝苦しいことはあるまい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2008-07-30 21:16 | Comments(0)

懐かしさは雨とともに

c0048132_14422747.jpg
懐かしさは雨とともに

夜中に激しい雨が降った。慌てて、窓を閉めた。時計を見ると、1時40分を針が指していた。コップ一杯水を飲んだ後、しばらくベッドに座り込んだ。最近の自分を思う。何かを待つようで何も起こらず、人との交わりも希薄で、ただ読書する日々。たたきつけるような雨音を聞きながら、苦いものを噛み締めているうち、どうしようもなく眠れなくなった。

雨音の隙間から懐かしい思いが立ち上がってくる。具体的なイメージではない。懐かしい何かが聞こえてくるような、こみあげてくるような、聴覚と味覚が混合した少し変な感覚だ。共通感覚というのがはたらいているのだろうか。

眠れぬまま読み止しの本を手にとる。村上春樹訳のサリンジャーの「キャッチャーインザライ」。残りが10ページを切っているから一気に読了しようと思う。

素行不良で放校になったホールデンが、プチ家出を敢行する。火のついたような勢いで、ニューヨーク近郊を動き回る。落第生の悪あがきの記録といったらホールデンが可愛そう過ぎるか。すがら、ホールデンは欺瞞に満ちたこの世を見聞し腹を立てているくせに、一方で、過ぎし日を懐かしんでいる。
ホールデンを支配している感情は懐かしさだ。たかが16年しか生きていない彼の心に去来するのはものみな懐かしさだ。数年前にちょっと付き合ったガールフレンドのことであったりや兄思いの妹フィービーの可愛さであったり。

だが、この小説には不在の二人が重要な役割を果たしている。一人は小説を書いていて、今はハリウッドへ行ってしまった兄のDB。もう一人は頭がすごく良かった弟でホールデンがその才能を愛したアリー、彼は先年死んでいる。この二人への思い―懐かしさといえる―がこの生意気でナイーブな少年の心をとらえている。

ところで、なぜ兄のことをネームでなくDBと呼ぶのだろう。英語習慣は分からないが、この表記により、不在感はじわじわと染み出てくる。
つげ義春や滝田ゆうといった貸本漫画出身の作家たちが好んだ描法がある。人物の顔を黒く塗りつぶす方法だ。姿かたちは日常なのに顔だけがシルエットになっている。「影の国」の人だ。こういう人物が登場するごとに、読者は懐かしい気分に襲われる。

――そして、今朝。もみじ山は夜来の雨で生き返った。森のツヴァイク道に分け入る。
昨日まで、暑さにあえぎ白茶けていた夏草が、今朝は青々としている。石畳の山道も黒く濡れて美しい。
夏の森なのに、今朝は初秋の匂いがする。梢の上に広がる空は水色でこよなく高い。山道の曲がり角のガレ場から清水が湧いていた。今を見ているのに懐かしい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2008-07-30 14:42 | 登羊亭日乗 | Comments(0)

雲は天才である

雲は天才である

夕方、ざーっと来た。夕立だ。
叩きつけるような激しい雨だった。大磯の駅舎に、一時、50名余の人が足止めをくらった。
私は久しぶりに駅からタクシーに乗った。ワンメーター710円になってから初めてのタクシー利用だ。

車のフロントガラスも白くなるほど激しい雨。
山道に入り、峠を越えたあたりで、明るくなりはじめた。見ると、西の空に茜がさしている。
「お客さん、これはすぐ上がりますね」と、新米運転手が軽口をたたく。
彼は、ついさっき、道に迷って自家用車と正面衝突しかけたのだ。スピードが出ていなかったからよかったものの、晴れた道なら危なかった。

家に帰り着いて、閉め切っていた窓という窓はすべて開け放つ。山の冷気がサーっと入ってきた。
屋上に上がって谷間を望むと、霧があちこちから立ち上っていた。
夕暮れの空。夏の雲が清潔な顔を見せている。思わずシャッターを切りたくなる。

雲はいろいろな形で、高い空にあった。
雨がやむと、いっせいにヒグラシが鳴き始めた。

c0048132_18504959.jpg
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
c0048132_1851361.jpg
c0048132_18511722.jpg

[PR]
by yamato-y | 2008-07-29 18:49 | 登羊亭日乗 | Comments(0)

烏(カラス)の声

烏(カラス)の声

朝からカラスがウルサい。家の前に三羽いるようだ。3通りの声が聞こえる。一人は低い声でグェグェと鳴く。
二人目は高い声でクェクーェと啼く。三人目はしゃくったような声でケケッケ・ケケッケとからかっている。
この三羽が交互に啼く。明らかに、対話しているようだ。耳を凝らしてそれぞれの音にずれとか差異がないかと調べるが、ほとんど同じ音でしかない。発音の間がやや異なるだけか。

カラスの声は周波数を少し変えると猫の声になる気がする。カラスも猫も互いに会話しているらしい。何を話しているのか知りたい。

でも、実際に分かったら厄介だろうな。一々、その発言にとらわれて気になって仕方がない。落語でそういうのがあったよな。朝の瞑想の間に考えたこと。

テレビをつけると、金沢浅野川の氾濫を報じていた。材木町の見なれた町が泥流に洗われていた。信じられない。あんなに穏やかな川が、荒々しい顔を見せるとは予想もつかない。局地的な大雨が降ったせいらしい。梅雨が終わったはずにもかかわらず、何があったのだろうか。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2008-07-29 08:06 | Comments(0)

長い夏休み

c0048132_13173467.jpg

長い夏休み

土用の日差しが朝から照りつけている。だらだらと家を出て駅に向かう。
ツヴァイク道を下りながら、今の境遇は長い夏休みのようなものだと考える。子どもの頃、夏休みは長かった。親も忙しかったから行楽に子どもを連れて行くなんてことはなく、午前中は宿題をして昼から近所の川や野原で遊ぶだけだった。毎日、単調で退屈したが、いつか楽しい時間がやってくると漠然と期待していた。
あのときの気分に似ている。今の長い休みの果てに何かが待っているかもしれないと、日々の単調に耐えている。

山道を歩いていると汗が噴き出てくる。ミニタオルがすぐにぐしょぐしょになる。木漏れ日がこぼれるあたりを蝶が飛ぶ。黒揚羽だ。その蝶が私の側を通り抜けたとき、懐かしい気がした。さらにモンシロチョウが3羽4羽と飛んでくる。今朝はやけに蝶が多い。遠く江ノ島は霞んで見えない。

 今朝、ときわ荘の写真集を取り出して眺めた。巨匠たちの昭和30年代の若い日々だ。石ノ森章太郎、我孫子素雄、長谷邦雄、寺田ヒロオらは初々しい。貧しくとも夢に溢れた顔をしている。中学や高校を卒業後、漫画家になろうと上京して、このアパートで合宿のように過ごしたのだろう。親や地域からも解放され、貧しくても気にはならなかったろう。「共同体」という言葉がぴったりの光景が次々に現れる。

山中湖へハイキングに行ったときの写真があって、若い女が一人混じっている。石ノ森の姉だ。弟の面倒を見るために時々岩手から上京していた。美しい姉が石ノ森の自慢だった。その姉は23歳の若さで急死、その喪失は石ノ森に深い傷を与えたと思われる。その姉が炊事場で一人料理をしているスナップがある。後姿だ。このとき、彼女もときわ荘の仲間も楽しい夏休みだったのだが・・・。

ツヴァイク道の中ほどに周りを夏草が茂る楢の大木がある。その前まで来ると、風がさーっと渉った。夏草がさわさわと揺れて、木漏れ日が乱れる。まるで「羅生門」の場面のようではないか。風が収まると、再び蝉が鳴き始めた。すっかり亡失していたが、山道に入ったときからせみ時雨だったのだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング



c0048132_13174479.jpg
c0048132_13175350.jpg
c0048132_1318217.jpg
c0048132_13181260.jpg
c0048132_13182260.jpg
c0048132_13183436.jpg

[PR]
by yamato-y | 2008-07-28 12:57 | Comments(0)

ミリタリー趣味

軍事少年たちの30年代

小学校5,6年の頃、軍事関係のことに夢中になったことがある。戦記雑誌「丸」などは愛読書だった。昭和30年代の話だから、世間一般はあの戦争に対する嫌悪感が色濃くあったから、子どもの世界と少しずれていたことになる。少年サンデーにはそういう軍事もののネタがよく特集された。
60年安保の前夜で、反戦的気分は横溢していたが、少年文化のなかでは、日本陸海軍のモードに少年たちは惹かれていた。

もし、ミッドウェー海戦のとき、空母の艦上にある飛行機を一刻でも早く発着させておくことができたなら、戦局は変わり、その後の日本軍の敗退はなかったかもしれない、などという日本軍神話に目を輝かせて読みふけったものだ。零式戦闘機つまりゼロ戦はもとより、重巡洋艦の鳥海、古鷹、軽巡の妙高、雪風などの兵器の姿、形(シェイプ)に憧れた。当然、その頃流行していたプラモデルなかんずく兵器モデルに夢中になった。

この現象は少年たちが軍国主義に憧れているというわけではない。一方で、沖縄や広島の悲惨を社会科で学習して、そういう戦争の悲惨に対して漠然とした憤りをもっていたから。それは、宮崎駿監督が戦車などのミリタリーが大好きだという気分と似ている。人殺しの武器が好きだというわけでなく、兵器の機能美や性能を想像することが好きだったのだ。そして戦争という極限で無私に生きていたと伝説化された人々が気になっていた。

昭和40年代に入り、少年マガジンでちばてつやの「紫電改のタカ」が始まると夢中になった。太平洋戦争の末期に紫電という高性能の戦闘機が開発されていた。それは改良を重ねた。だから紫電改があるわけ。こういう事情を知ったうえで構成された「紫電改のタカ」は少年たちの心を鷲摑みするのは当然だった。引揚者であるちばてつやも戦争を美化するつもりは毛頭なかったはずだ。
「紫電改のタカ」の主人公滝城太郎と「あしたのジョー」の矢吹丈は私のなかでは重なっている。

日本軍の究極の秘密兵器は何か、ということが20世紀少年達の間でよく話題になった。高速偵察機彩雲とか大型水上機2式大艇とかロケットエンジンの秋水とかが挙がったが、少年達のもっとも憧れたのは、大型爆撃機「富嶽」だった。B29の4倍ほどある大型爆撃機で太平洋を一度も給油することなく渡って、アメリカ本土を直接爆撃できるという、空の要塞だった。この飛行機の設計が進められていたが、時すでに遅く敗戦となり、この計画は幻に終わったと、「丸」は熱く語っていた。この記事を読みながら、”愛国”の炎を団塊の少年たちは燃やしていた。

それから7年、ベトナム戦争が泥沼化していた頃、少年達は戦争反対を叫ぶようになり、やがてやって来る70年日米安保を断固粉砕するとヘルメットをかぶっていた。
先日、亡くなった評論家の草森紳一は少年達の間でなぜ戦記がブームになったのかは、戦後史の重要な課題だと指摘していたことを想起する。

紫電改のタカの滝城太郎が終戦を前に、愛する祖国の人々のために特攻として飛び立つ。機影が日輪のなかへ消えていく、その場面を見たとき、いいようのない悲しみと怒りを感じた。後知恵で考えれば、「紙屋悦子の青春」を見終えたときの気分に近い。
この漫画はけっして軍国主義を美化したものでなく、むしろ反戦の意識が裏打ちされていたと言い張りたい。ぼくらの青春はこの「紫電改のタカ」から「あしたのジョー」へと連なっていくのだった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2008-07-27 16:26 | Comments(0)

物語の作られ方

物語の作られ方

「冬のソナタ」の作者とは誰だろうか。ユン監督かシナリオ作家か、役者か、カメラマンか。この問いに対して、一応フィルムメーカーというペルソナだという内田樹案を与えておいて、第6話の「忘却」のエピソードから以下のことを考えてみた。

まず、6話のあらすじを思い出そう。
ミニョンと衝撃の再会を果たしたあと、ユジンは彼がチュンサンかどうか分からないままでいた。そして、機会があって二人は酒を飲むことになる。ユジンは酔いつぶれた。
ミニョンは仕方なくユジンを自分のホテルの部屋に連れて帰る。そこで、ユジンが自分をチュンサンと呼ぶのを耳にし、ミニョンはユジンが2面性をもつ悪い女かと疑う。チェリンの言葉どおり、ユジンが汚い手を使って親友の彼氏を誘惑しようとしているのだと考えた。やがて、ミニョンの部屋にユジンが来たことを知ったチェリンは罠を仕掛ける。
ミニョンとユジンは車で一緒に仕事場であるスキー場に向かうことになったが、二人の間に冷たい空気が流れている。ぎくしゃくした関係が進行するものの、運命は二人を近づかせるほうへと導いていく。戯れのまま二人が引いたタロットカードは「運命の輪」を示していた・・・。

このタロットカードという「小道具」はキム・ウニ、ユン・ウンギョンのシナリオ作家たちが思いつきかつこだわった。カードやパズルといったメタファーを配置しておいて意味を暗示するという手法が好きだったのだが、監督はあまり乗り気ではない。彼はストレートに感情を示すほうがいいと考えたのだ。そこで、両者は議論してようやく一部取り込むことにした。

タロットカードの布石は、この6話の最後に起きる木材落下事件があって効力をもつのだが、エピソードが飽和していたのでユン監督は、この落下事件を省こうとした。が、作家たちが懇願して実現したと『もう一つの冬のソナタ』(キム・ウニ、ユン・ウンギョン著)に書かれてある。作家たちは撮影現場で必死で知恵をしぼって物語のコンテを考えて監督に提示して、やっと了承を得たと告白している。

ここから分かることは、このドラマの大きな仕掛けは予め監督と作家達との間で合意されているが、各論では作家たちが具体的なイメージを提出し、それを監督が吟味して採用するという方法をとっている。物語の大きな流れはあっても、目の前の出来事の展開はすべての人にとって未知であったのだ。予定調和の流れにはなっていない。だから、このドラマは「生きていた」のだ。

シナリオはロケの現場で書かれて、当日に使われるという離れ業が、このドラマ作りのなかで行われるようになった。「撮って出し」と揶揄される韓国式ドラマ作りだ。

だが、こういうことは40年前、日本映画全盛にもあった。プログラムピクチャーを10日で1本作るツワモノがいた。その熱気がドラマに吹き込まれていたことがあったことを、私たちは思い出しておかなくてはいけない。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2008-07-27 10:57 | 冬のソナタを考える | Comments(0)

避けられる恋なら運命ではない

ユジンの苦悩そして予感

秋から始める「冬ソナ講座」のために、もう一度シリーズを通して見ることにした。今夜は第7話「冬の嵐」までとりあえず見た。あらためて、このドラマの出来のよさに驚く。

 ユン監督の演出の卓抜さはこれまで何度となく言われているが、今回、映像編集の巧みさにも舌を巻いた。一言でいえば、「省略と余情」である。けっして映像が説明的に組み立てられていない。日本のドラマは文法通り、場面が変わるとそのシーンの場所性を示すロングショットを冒頭に置くものだ。ところがユンエディットはほとんど入れない。入れなくても場が変わったことが観客に理解できる。できるように撮影段階できちんと画に情報が書き込まれているのだ。この説明ロングを省略でどれほど内面の緊張が持続できているか。
余情はユンエディットの最大の見せ場だが、ここでは音楽のカットにまたがっていく手法が絶妙だ。しかも音楽は10足らずのパターンとなっているから、その音楽を聴けば、観客は自動的に悲喜が理解できる。

でも、そういう技術的なことに拘泥したくない。物語の語りのうまさに陶然とする。このドラマの主題は「運命の恋」。チュンサンとユジンは出会うべくして出会う関係であることが骨頂だ。内田樹氏も言う宿命の愛だ。それはシナリオにおいて、実に巧みに作りこまれている。二人のシナリオライター、キム・ウニとユン・ウンギョンさんの語っていることに耳を傾けたい。

その著『もうひとつの冬のソナタ』で、避けられる恋なら運命ではないという。
 ユジンは、仕事の相手がチュンサンそっくりのミニョンだと知っておののく。運命的なものが近づいていると直感で知ったユジンは避けようと、その仕事から降りようとするが、運命は二人を皮肉にもさらに引き付けさせていく。しかもチェリンの悪意によって、ユジンは苦境に立たされながら、そのことが返って二人を引き寄せることになるのだ。
その自分の運命の流れにユジンは大きな不安を抱く。運命の愛が近づいているとユジンは婚約者であるサンヒョクにはとうてい言えない。言えるはずもない。

だが、第4話「忘れえぬ恋」の最後に、二人の関係性を知ったサンヒョクは動揺する。
ユジンが嘘をついたことに腹を立てたわけではなく、これからやってくるだろう運命の非情さを予感して動揺したのだ。

そうだ。避けようと努力して避けることが出来るぐらいなら、運命の愛ではないのだ。一直線に繋がるのではなく、禍福があざなわれて、運命は少しずつ二人をからめとっていく。

このドラマの良さを挙げればキリがない。今夜はここまでにしておこう。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2008-07-27 01:09 | 冬のソナタを考える | Comments(0)

承認

承認

痛ましい事件が続いている。ワイドショーの論調では、常識では分からない若者の闇が在るということ。オピニオン誌の大きな見出しに「若者に気をつけろ」というのがあった。

あんまりではないか。そういう言い方ってあるのか。なんだか、関東大震災のときに流れた「不逞な輩」の都市伝説の反復の気がしてならない。
起きた事件の特異性についてはここでは棚上げして、若い人たちの置かれた状況に目を向けたい。

リア充という言葉を知っていますかと、若い友人から問われた。初めて聞く。リアルが充実しているという意味だそうだ。ネットで文句をいったり悪態をついたりしていても、やはり現実の交遊(友)のなかで自分の存在が承認されることが、若者にも嬉しい心地がするようだ。
どんなに鉄道知識が増加してもアニメの内容に精通しても、彼女が出来て仕事が決まっているような充実した現実があれば、それは羨ましい出来事となるのだ。

このリア充という言葉を遠巻きにしている若者群に思いを馳せたい。
2ちゃんねるで威丈高に物申している若者たちは表面的には行儀の悪い腹立たしい存在だ。だが、その裏側に、リア充を待ち望んでいるという心があると知ると、若者たちの置かれた辛い状況がなんとなく分かる気がする。強がっているその振る舞いが親世代の私にはせつなく思えてくる。

承認といえば、フィギュアを愛する心にそれが含まれているのではないかという仮説を、今もっている。ネオリベの大きな黒々とした手でつかまれ翻弄され、むき出しで世界に放り出されている若者は寄る辺ない。誰からも呼びかけられず、応答することもなく、荒々しいこの世界に立ちつくす”孤児”たち。
であればこそ、目の前にあるフィギュアだけは私を承認していてくれるという安堵感をもたらす。それがなによりという気分が、フィギュアを愛好する者たちの中にあるのではないだろうか。
ひょっとすると、シュミラークルとしてのフィギュアは同じものを所有する人と細くつながっていることになるのではないか。個室に引きこもって自分だけの世界にあるといわれる若者は、ひそかに人と人のつながりを求めているのではないか。その代理として、フィギュアがあるかもしれないと、私は想像してみる。

勉強についていけず、人間関係もうまく作れないヤツって現代ならたいてい漫画を読んで、鬱屈を解消しているという姿ですが、昔の人たちはどうしていたのですか?昔だって、やはりリア充がない”孤児”のような人がいたでしょう?と、若い友人から問われた。
どうしていたかなあ。

浮かんだのは、白波止(白い灯台)に一日中座り込んで釣りばかりしていた級友だ。彼はあのときなぜあの場所に居続けたのだろう。
私だってリア充がいっこうにない存在だった。そんな私に気晴らしとなったのは何かと考えると、二人の弟だった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2008-07-26 09:40 | ブログコミュニケーション | Comments(0)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧