定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

<   2008年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

飯島監督

飯島監督

飯島敏宏監督にお会いしてインタビューした。ウルトラシリーズや金妻などの名作を作り、テレビドラマで一時代を画した人だ。

監督は本郷の東大前の”下町”で生まれて育った。東京都立小石川高等学校を卒業後、慶應義塾大に入学。放送研究会に所属して脚本を担当していた。演出に大伴昌司がいた。後に二人は円谷プロで再会することになる。

飯島監督は学生時代からラジオ東京に出入りし、1957年に入社している。最初はテレビのバラエティ部門だった。当時はラジオ番組全盛で、テレビを担当させられると屈辱だという風潮があった。だが、映像の専門家がおらず、映画畑から流入する人材などが溢れていてある活気があったと、監督は回想する。TBSの社員としてドラマ作りを習得後、次々に出向をする。その一つが円谷プロだった。

1965年頃に、円谷プロで何か新しい企画が動いているらしいという噂を、監督は聞いていた。やがて、円谷の長男でTBSの同僚でもあった円谷一(監督はつぶちゃんと呼ぶ)から声がかかる。新しいドラマシリーズを開発するので手伝ってほしいと言われた。
ゴジラのようなものが登場するドラマだと聞かされててワクワクした。特殊撮影というようなことは飯島監督は嫌いではなかったのだ。幼年期に読んだ海野十三や南洋一郎の冒険小説の興奮が甦った。

最初は脚本の執筆だった。千束北男という筆名で1、2本書く。やがて、ウルトラQの第1作になる「ゴメスを倒せ」という作品を監督することになる。

物語の舞台は東海道弾丸道路の建設現場。いかにも高度経済成長の時代だ。その高速道路の工事中に地中から洞窟が発見され、怪獣が現れる。ゴメスだ。突如眠りを覚まされたゴメスは暴れ狂う。人々は右往左往する。
そのとき、古文書にこの怪獣と闘う不思議な鳥の存在が書かれてあることがわかる。それはリトラという鳥で小さいがシトロネラ・アシッドという酸の一種を分泌して、攻撃を加えるというのだ。つまり、小さい怪獣が大きな怪獣を倒すというアイディアを千束北男(つまり飯島監督)は提案し、それが採用されてドラマ作りを任せらた。

このアイディアは買われたものの、鳥を出すことには円谷英二は反対した。特撮で鳥が飛ぶというのは大変だというのだ。どうやら「モスラ」の映画撮影のとき、操演でいろいろあったらしい。
だが、飯島監督は当初の企画通りに進めて作品を完成する。これまでのドラマ作りとは違う手法でいろいろ戸惑いはあった。その一つが光学処理で、画面の合成などこの技術こそドラマの命ともいえた。そして、その達人と出会った。光学撮影担当の中野稔である。

いろいろあったが、いい感じで作品が仕上がった。そして、この作品がウルトラQの第一回に抜擢される。正月2日に放送され、37%という高い視聴率をたたき出した。第一次怪獣ブームの幕開けとなった。

学生時代からシナリオを書いていたから、円谷プロでも脚本の金城哲夫(監督は金ちゃんと呼ぶ)とは気があった。金城のシナリオ作成の流儀と飯島監督の流儀はまったく違った。監督はドラマの登場人物の設定、性格描写をきちんと決めてからストーリーを構想するのだが、金城は怪獣の出現と退治の仕方だけをばさっと決める。その掴み方が秀逸だったと監督は評価する。

2時間の予定で監督にインタビューしたのだが、まったく時間が足らなかった。怪獣文化研究会の企画なので、ウルトラQ、マン、セブンを中心に話を聞いたのだが、私としては往年の名作「金曜日の妻たちへ」についても聞きたかった。だが、時間切れとなり、夕食をとりながらささやかに伺うだけにとどまった。
しかし、70歳を過ぎても、ドラマ作りへの意欲は少しも衰えていない。いつか金城哲夫の人生を描きたいなあと飯島敏宏監督はつぶやいた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2008-06-30 10:57 | 大伴昌司の遺産 | Comments(1)

けなげな愛好者のために

けなげな愛好者のために

田舎へ帰って、母ととりとめのない世間話をする。人生というものは不思議だ。
これまで母とじっくり話しをしたことがなかったのに、この1年はよく話す。母のほうも自分の若い時代の思い出をあれこれ語るようになった。
同様に、娘ともよく話すようになった。成人して話しがいのある対象になったこともあるのかもしれないが、深夜まで話し合うということはかつてなかった。

男3人兄弟で育ったせいか、女子とじっくり話すという体験をもっていなかったから還暦をむかえてこういう状況が生まれるとは予想もしていなかった。

その母から聞いた友人の話だ。年金生活の一人暮らしの女性が慎ましい暮らしを送っていると告げた。結婚もせず働いてきて、今は年金にだけ頼って生きている。わずかな額だ。相当倹約しなくては暮らしていけまい。
その人の楽しみは、冬のソナタの放映を見ることだ。衛星放送から始まって、総合テレビ、民放と繰り返し放送されているのを欠かさず見ているのだ。昨日も、民放で最終回が放送された。その時間になったということで家に戻っていったと、母は話す。「もう、これまでに何回見ているかねえ」と母も感心する。

実家には、母のために私が買った冬ソナのビデオ20巻がある。それを見せてあげたらいいじゃないかと言うと、その人は遠慮してそういうことはしないのだと母は説明する。

田舎でひっそりと暮らしている女性が、唯一の楽しみにしている、「冬のソナタ」。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2008-06-28 22:24 | 冬のソナタを考える | Comments(0)

奇遇というか

奇遇というか

大学では3つの主題のドキュメンタリーが制作されていて、4月に企画を立て5月に取材をし、6月は編集の段階に入っている。それぞれのネタはユニークだ。
学生が贔屓にしている食堂SAWARA。北白川のラーメン激戦区のラーメン店相互協力。先斗町の置屋さんお茶屋さんの内部潜入。

どれも、若者が感じ取った現象でそれなりに面白い。そのなかで先斗町チームは女子学生Aさんの発案でディレクターも彼女が行っている。
この企画は彼女が先斗町のラウンジでアルバイトしていることから生まれた。そのラウンジのママは、先斗町の有名なお茶屋の女将さんで、その伝手で今回取材が許されている。実際に舞妓さん芸妓さんの化粧や着付けなど、めったに撮影できない女性の聖域までカメラは深く潜入している。こういう撮影が可能になったのは、ディレクターAさん、カメラマンBさんともに女性という体勢だからかもしれない。

そのAさんが私に一枚の紙を渡してくれた。見ると、文楽三味線の鶴澤清治さんからのメモだった。それは私と鶴澤さんしか知らないある計画についての返事であった。驚いて、なぜこんなメモをあなたが持っているのかと聞くと、鶴澤さんは彼女のアルバイト先の常連で、店でたまたま今回の先斗町ドキュメンタリーの話が出たそうだ。そこに居合わせた鶴澤さんがぼくも去年テレビに3ヶ月密着されたことがあるよと話したことから、私の名前が出た。

その人が私の先生ですと、Aさんが話して、鶴澤さんは驚くやら喜ぶやらでメモを彼女に託した。
一方、私はそのメモに驚いたが、夕方三条大橋で打ち合わせがあったので、すぐには電話が出来なかった。私の好きなミンミンでギョーザ定食を食べながら、打ち合わせは意外に簡単に終わった。その後、鶴澤さんのケータイに電話をしたところ、同じ三条で夕食をとっているから店まで来ないかと呼びかけられた。

いそいそと、そのおばんざい屋へ私は出向いた。カウンターで鶴澤清治さんがすき焼き鍋を食べていた。「お久しぶりです」と声をかけると、鶴澤さんは嬉しそうに手招きする。
再会をおおいに互いに喜んだ。話は盛り上がって、そのAさんがアルバイトしている店に行ってみようということになった。

そのラウンジはお茶屋の一階にある。つまり、ラウンジの上はお茶屋のお座敷。だから女将は2階では女将さん、1階ではラウンジのママとなり、Aさんは一階のアシスタントとしてカウンターのなかに入っていた。
それからは、この奇遇を話の軸に、おおいに盛り上がり、先斗町の夜は更けるのであった。
[PR]
by yamato-y | 2008-06-27 08:57 | 登羊亭日乗 | Comments(0)

ベランダの雨露

ベランダの雨露

冷たい雨。ベランダの黒い鉄柵に雨露がたまって光っている。
8時過ぎに家を出て、京都へ向かう予定だ。学生たちの番組制作も編集段階になっているはず。どれぐらい仕上がっているだろうか、楽しみだ。

昨日は忙しい日となった。朝一番に広尾のオフィスで美術関係社と打ち合わせをし、帰社後すぐにその記録をまとめて企画書にしてプレゼン。2時から「100年インタビュー」の収録を見学し、4時から席替えのためのデスク片付け、7時には新宿打ち合わせとなる。
8時過ぎ社に戻り、再び机周りの荷物の片付けをする。今週末にオフィスのレイアウトが変わるので、机にひろげたままになっていた資料などの梱包となった。

秋から、「100年インタビュー」の担当となる。その収録スタイルを昨日見学しておくことになったのだ。ゲストは作家の半藤さんで、聞き手は渡辺あゆみアナ。昔から知り合いの渡辺さんと久しぶりの出会いでジョークを飛ばしながら、スタッフに挨拶。

さてと、7時を回って、鳥の声も騒がしくなってきた。京都へ出かける準備をそろそろしなくては。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2008-06-26 07:25 | Comments(0)

うたってゴーのこと

立川清登さん

立川さんが亡くなってもう20年以上になる。日本を代表するバリトン歌手だった。
クラシック畑の出身だが、気取らず唱歌からポップスまであれこれ歌った。そういう幅広さがかわれて、学校放送の音楽番組のレギュラーを5年ほど続けていただいたことがある。
私が初めて放送に関わったときの「うたってゴー」という小学2年の音楽番組だった。円満な人柄に新人の私はずいぶん助けていただいた。今でも、立川さんのくだらない駄洒落を思い出すことがある。
歌のおじさんということで、相手役にはラブリーズという女性デュオだった。数年後、あの堀江美都子さんとなる。ゴールデンコンビだった。二人とも抜群に歌がうまかったのだ。ほかに、人形でチャチャ丸というのがいた。声は、あの杉山佳寿子さんだった。

今夜、立川さんの当時のマネージャーから久しぶりに電話があった。懐かしかった。
あの頃の、立川さんのビデオを持っていないかという問い合わせだった。残念ながら、当時はまだ30前後で給料は安く、ビデオデッキなど持つ身分ではなかった。だからテープはない。
おそらくNHKでもマスターテープは残っていないだろう。どこか学校で保存しているなんてことはないのだろうか。もし心当たりがあったら教えてほしい。

立川さんを記念するような番組を作ってみたいなあと、マネージャーと話しながら思った。
今、ネットで調べたら1985年に急死している。なんと、年齢は56歳、今の私よりずっと若かったのだ。

今頃の季節に歌ってもらった曲、「雨の遊園地」。

木立も ぶらんこも
メリーゴーランドも
ベンチも みんなみんな
雨にぬれていた

木立も ぶらんこも
メリーゴーランドも
ベンチも みんなみんな
ねずみ色

ねずみ色の雨の中
ひとりぼっちの子雀と
ひとりぼっちの女の子
お話しているかさの中
白いレィンシューズに
しずくが光る
光るしずくに涙が光る

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2008-06-26 00:11 | Comments(1)

かえり道

かえり道

吉本隆明が大庭みな子との対談で、「かえり道」という言葉を持ち出していた。
冷酷無惨の道をまっしぐらに駆け抜けたとして、そのかえり道にはセンチメンタルとナルシズムをかかえこむこともあるだろうと言う。
それが太宰治であり、詩人であれば中原中也だと吉本はみている。

このかえり道という表現が心に残る。

最近のテレビ番組はあまりにメッセージばかりが目につく。
サミットが近づいて、どこの局を見ても「エコロジー」のテーマが多くなっている。そこで語られるのは、環境を大切にしようというメッセージばかりが声高な番組だ。このエコのキャンペーンというのは、10数年前には「地球船宇宙号」というキャッチフレーズで語られたこととよく似ているなと思う。

地球というのは宇宙にぽつんと浮かぶ船のようなもので、そこにはすべての生命が乗り合わせている運命共同体だから、大切にしていこうというメッセージがこめられていた。
その趣旨は大事だと分かるが、なんでもかんでも、いつでも語られていると、なにか反発もしたくなったものだ。そんな”大きな”枠組みより、目の前で起きているコソボのような紛争や景気の衰退をどうするかが問題だろうといった感じで。

この誰も反論できないような立派なメッセージというものが、前に立ちはだかった番組というのはいささか憂っとおしい。
やはり、「かえり道」のような場面で、やや湿り気を帯びた感情的な表現というのが必要じゃないだろうか。

別にキャンペーン番組だけではない。昨今のお笑い番組の洪水にしてもそうだ。あまりに笑いにばかりテレビは向き合い過ぎてはいないだろうか。
深夜のチャンネルはほとんど同じ顔ぶれのお笑い芸人の世界だ。

お笑いも本来かえり道の芸だったと思うが、今は往き道からかえり道までずっととなっている。一本調子だ。

これは他人事ではない。私の作る番組もメッセージだらけで、しかも最初から終わりまで一本調子になっているという隘路にはまりがちだ。
自戒をこめて、かえり道の導入を考えねば。

追伸:夜7時になって間違えた表現に気づいた。「地球船宇宙号」ではなく「宇宙船地球号」だ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2008-06-25 08:56 | Comments(0)

雨雲の切れ目から

雨雲の切れ目から

今朝、包丁で右人差し指を切った。鮮血がどくどくと流れたので慌てた。久しぶりに肉体ということを意識した。水道で切り口を洗い流してから血止めのクリームを塗った。
料理をしていたわけではない。たまたま包丁に白いものがこびり付いていたので、こそぎ落とそうとして手が滑ったのだ。相変わらず不器用である。

家事仕事をやっていると、老いた母のような心境に変わっていくことの面白さを内田樹は語っていて、こういうシャドウワークを蔑ろにするような神経にはムラカミハルキは分からないだろうというようなことを書いていた。やや乱暴にまとめたが、内田の言いたいことはなんとなく分かる。

今朝は切り餅一つとお茶だけですませた。雨は上がっているが山道はきっとぬかるんでいるに違いない。早めに家を出ないと電車に間に合わないと、大急ぎで戸締りを確認。

Tシャツだけで外に出るとやや肌寒かったが、湿度が高いのかすぐ汗が吹き出てくる。
お山の降り口で振り返ると、我が家が澄まして建っていた。深い緑のなかに白い漆喰壁の家が浮かび上がって、それなりに美しい。

ツヴァイク道は夜来の大雨で谷川となり瀬音が大きい。今朝はカラスの声もしない。下草は雨に濡れてますます青々としている。ケヤキの幹は雨で黒々とした肢体を広げている。遠く相模湾を臨むが江ノ島は霞んで見えない。

電車に乗って戸塚あたりまで来たとき、北西の空に垂れ込めていた黒い雲が少し切れて日がこぼれてきた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2008-06-23 12:15 | 登羊亭日乗 | Comments(1)

センチネル(歩哨)のように

センチネル(歩哨)のように
c0048132_19225624.jpg


村上春樹の評論を読んでいたら、サリンジャーを無性に読みたくなった。「ライ麦畑でつかまえて」を読んだのは今から30年以上前のことだろうか。ニューヨークのお坊ちゃまホールデンが親と喧嘩してくさくさした気分でニューヨークを歩き回る物語としか覚えていない。ホールデンはたしか妹のことをずいぶん気にかけていた。少年の心をずいぶんナイーブに細々と書いた小説だという印象しかない。なぜ、これが名作と呼ばれるのだろうと首をかしげて読んでいた。その後で、庄司薫の『赤頭巾ちゃん気をつけて』が話題となりその小説の面白さを知ってから、なんとなく「ライ麦」の小説的テイストを理解した気にはなったが。

そのあやふやな記憶の「ライ麦」だが、そこに流れていた雨の休日の昼下がりの気分は私の脳の端っこにこびりついている。
ちょうど、今日の日のような雨季の日曜日だったはずだ。主人公のホールデンがカッパをまとって傘だけもって家を飛び出した――。


昼過ぎ、雨の中目黒を出て品川から東海道線で大磯に帰る。活発な梅雨前線による激しい雨が電車の窓をたたく。電車はいつもよりぐんと空いている。寒々しくヘビーな雨では誰も家から出られるまい。1号車のトイレの前の優先席に座ってウィスキーの水割り缶を片手に、内田樹を読む。

大磯に戻り、紅葉山に向かって歩く。雨はますます激しく。坂道を小川となって雨水が落ちてゆく。春夏秋冬この山のことを記録しておきたいと欲求が起きる。カメラをバッグから取り出し、傘とカバンを片手にもう一方の手にカメラという危なっかしい手つきでシャッターを押す。梅雨どきのもみじ山を本日は撮影しておく。人影のまったく絶えた山道に佇んで森の緑に目を凝らし、雨の日の森の匂いに鼻を利かせる。ツヴァイク道よ。

ホールデンがライ麦畑のキャッチャーになりたいのと同様に、私はもみじ山の「センチネル(歩哨)」になりたい。内田樹は「センチネル」の仕事とは、誰もやりたがらないけれど誰かがやらないとあとで困るような仕事を、黙って引き受けることと記している。
私は奉仕する精神が薄いほうだから、公共のためにセンチネルをやるつもりはない。もみじ山ツヴァイク道と時間が限られた我が家を守るための「センチネル」になりたい。
だから、今日もこの山に帰って来た。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
c0048132_1922818.jpg
c0048132_19222191.jpg
c0048132_19223562.jpg

[PR]
by yamato-y | 2008-06-22 19:23 | 登羊亭日乗 | Comments(0)

夢の遠近法

夢の遠近法

寝床のなかでぼんやりしている。傍らの目覚まし時計の秒針が時を刻む。規則正しい音が心臓と呼応する。遠くで寝ぼけたようなカラスの声がする。芭蕉ではないが、「鳥の声白し」。さらに遠くから高速道路を疾走する車の音が地鳴りのようにうすく響いてくる。と、突然カラスがけたたましい声を上げながらベランダのそばを通過した。音が示す遠近に感動する。

昨日、目黒川の橋の上で両岸に広がる並木道の風景を見て、並木の緑が遠くに行けば行くほどうす青くなっていることに気づいた。これがダ・ヴィンチが唱えた色遠近法かと納得した。

定年してから見る夢は、昔に知り合った人が突然出てくることが多い。脈絡もないし、時間的にも20年も30年も前の付き合った人たちだから、その唐突さに夢を見ながら明らかに私は戸惑っている。
しかも、古い出来事に関わる人物でありながら、まるで昨日のことのような明確さで、人物が現れて来るのは閉口する。しかも、その人物達と私の実際の関わりはほとんどなかったという場合は、目覚めてからの感情を制御しにくい。
というのは、交友はおろか音信すら交わしたことのない人に連絡をとりようもない。近年の私は懐かしい人を思い出すと、手紙を書くことが多くなっているのだが、そういうこともできないままの「想起」というのは感情のうえでよろしくない。

記憶の、いや夢の記憶には遠近法がないのかしら。昔のことは朧(おぼろ)で最近のことははっきりしている、縁(ゆかり)のある人は明確でそうでない人はぼんやりというorder(秩序、順番)のようなものはないのだろうか。
近年物忘れはひどくなっているのに、なぜ昔のことを昨日のことのように思い出すのであろうか。なぜ、当時印象も薄かった人のことが気になったりするのだろうか。

今朝も明け方に見た夢は意外な人物だった。大学でジュニアの頃に同じクラスであったその人は、卒業後兵庫県の竜野という地へ教員として行ったということしか知らない。浪人していたから私より年長だった。同じクラスといっても、教室で言葉を交わすぐらいで、いっしょに酒を飲んだこともない。いつもにこにこ笑っている人だなあとしか覚えていないのだが、その人が明け方に親しげに私に話しかけてきたのだ。

意味などむろんないだろう。気まぐれに私の無意識から浮かび上がっただけにちがいない。こんなあぶくのような夢でも、その像が妙にくっきりしていると気になるものだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2008-06-22 09:11 | Comments(0)

初恋の人に似ている

初恋の人に似ている

懐かしい歌声を聴いた。トワエモアの1970年の曲だ。
おそらく、私と同年の村上春樹も、最後の学生生活で聴いていたはずなのだが。彼のエッセーを読むと、彼が音楽はすばらしいと言いながら取り上げる楽曲はほとんど洋もので、歌謡曲などない。
例えば、アニマルズの「スカイパイロット」とかドアーズとかいう名前が飛び交う。やはり、神戸なんておしゃれな町で高校時代を送った人は違うなあと嫉妬と尊敬はするが、田舎町の映画館で酒井和歌子に憧れていた高校生も悪くないぞと開きなおってもみる。

でも、「初恋の人に似ている」という加藤和彦の曲も、歌詞などなかなかいいと思うんだ。

村上が好きなジャズの名曲「恋している人のように」も、歌詞カードを引き出すと、
最近ふと気がつくと
知らないあいだに
一人で星をじっとみつめたり、
ギターの調べに聴き入ったりしているんだよね
まるで恋している人のように

どうだろう。私の好きなトワエモアの「誰もいない海」とか「今日も夢見る」とかの曲も負けてはいないと思うのだが。
こんな歌が流行っていた頃、わたしはvanにぞっこんだった。あ、違った。VANだ。
青山のVANショップか梅田阪神そばのTEIMENで、チノパンやボタンダウンのシャツを買うことに夢中だった。このへんは、村上氏もわが尊敬する内田樹氏もみんな同じエートスだった、はずだ。

あ、なんかこの文章はおかしい。統合されていない。バラバラだ。
キイを打つ手と心の中が一致していない。なにより、村上春樹の『村上ラヂオ』というエッセーを読んで、気分が高揚しているからだ。

話は唐突だが、内田樹さんは私より2歳下の同世代。えらいなあ。30年かけて学問を積み上げて来て、いまや立派なキャッチャーになった。
あのライ麦畑のキャッチャーだよ。鬢に白いものが混じりはじめていても、チノパンのままのキャッチャーなんだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2008-06-21 20:29 | Comments(0)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧