定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

<   2008年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧

残された者の傷

残された者の傷

朝から冷たい雨が降っている。この国にもそろそろ雨期が近づいている。

自殺者が増えていると聞く。年間3万もの数で命が失われていく。こういうことは、先進国のなかでは異常だという。宗教的基盤が薄いせいもあってセーフティネットが弱いのだろうか。自殺の主な原因は人間関係だと、自殺防止を呼びかける団体を取材した人から聞いた。病苦でもなく、人との関係で絶望していくというのだ。

防止団体は相談の窓口を開いている。そこに来る相談は自殺を企図する本人もあるが、自殺された家族からの連絡も多いそうだ。残された家族として、なぜ止めることができなかったのかという、心の傷がギリギリと彼らを苛む。残された者がむろん悪いわけでもないのだが、当人にはそう思えないのだ。この傷がひどくなって心の病に至ることもある。自己防衛としてサイキック・ナミング(心的麻痺)に陥ることもある。無感動な状態になるのだ。

小学校時代の友人を思い出す。
彼の父が自宅で首を吊った。大騒ぎになって、警察がやって来た。近所の人らが野次馬となって家を取り囲んだ。小学校高学年だった私も遠巻きで見ていた。友人は駆けっこの早い運動神経のいい、誰からも好かれる温厚な性格だった。その友人はどうしているのかが気になって大人に混じって私もそこにいた。次の日から、一週間ほど彼は学校を欠席した。

登校してきたとき、母親といっしょだった。
教壇の上に彼は担任と並んだ。どうしたのだろうと訝しく思った。「×君は、今度転校して○○市へかわっていきます」と担任が告げて、×君に代わった。彼が何を挨拶したか覚えていないが、いつもと同じやさしそうな笑顔でさよならと言ったことだけは目に焼き付いている。
授業の最後まで居ず、母親と学校の門を出て行った。

あのときは分からなかったが、今になってあの母と子はすっかり傷ついていたのだということを思い知る。
その後、時々、彼が住んでいた家の前を通ると思い出した。その家は長く空き家が続いた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2008-05-29 07:23 | 魂のこと | Comments(0)

歌仙を巻いた

歌仙を巻いた

初めて連句というものをやった。
昨夜、仕事を終えた7時から10時半までの3時間で初折の18句に挑戦したのだ。
連衆(れんじゅ)と呼ばれるメンバーは、相当な力量の持ち主ばかり。一人の彼はBS俳句のプロデューサー、もう一人の彼女はそのテキストの編集者つまり「BS俳句」誌の記者。あとの二人の彼は幼年期から俳句に親しんで来たというベテランばかり。ここに混じっての句会は、雑魚のトト混じりで、私にとっては苦会でもあった。
むろん、嫌なわけではない。嫌だったら参加などするはずもない。

発句は編集者が持って来た作品とした。
新緑の闇よりヨーヨー引き戻す
ふむ、いい句だ。この一句で座のレベルの高さが分かった。
そして、次の七七だ。私はてっきり順番で付けていくものだと思っていたらそうではなかった。前の句を詠んだ者以外の全員で考えるのだ。持ち時間はおよそ8分。その間に七七の短句を考えなくてはならない。これが至難だった。五七五には慣れているが、七七はなかなか出てこないものだ。第2句は脇といわれて14音、客をむかえた亭主の心で発句に答礼する気分でなくてはならない。しかも発句にない境地を作り出さなくてはならないとある。夏の季語が必要であり体言で止めるという約束事がある。
ルールを聞いて真っ青。こんなに縛りがあるのか。

慣れているメンバーはさっさと書いて、酒を飲みながら雑談を始める。これが気になり焦りが出てくる。いやあ、こりゃ格闘技だな。脂汗たらり。
4句でそろったところで、捌きをリーダーである亭主が始める。この人の感覚で選択されていく。最初の付け句なので、ああだらこうだら講釈があって決定するのに10分ほどかかる。そして選ばれた句は
子らの影から行列の蟻

と、ここまでで20分以上かかった。一応酒食をとりながらとなっているが、箸をとる時間などまったくない。
前の句につけて、一つ一つ進むのだが、後戻りつまりイメージが元に戻ってはいけないことになっている。まず進むことだ。だから前の句と同じ言葉が使われていると、それだけで失格となる。

お開きとなったのは10時を回ったところで。いやあ疲れた。だが心地よい疲れであった。
芭蕉の「猿蓑」などを読んでも、なかなか解けなかったことが実践してみると、よく理解できた。
しかし、昔の日本人はなんて高尚なあそびをしていたものか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2008-05-28 09:49 | 登羊亭日乗 | Comments(0)

知らない鳥が鳴いている

c0048132_7324750.jpg
知らない鳥が鳴いている

裏山から、知らない鳥の声が聞こえてくる。
ピーポピー、ピーポピーと鳴いている。優しくはかなげな声。

珍しく6時に目が覚めた。屋上にあがって海を見る。
「今日は暑くなりそうな」
美しい日がさしている。

山にからすが2羽飛んでいる。勤勉というか煩い奴らだ。
それでも、可愛い鳴き声を聞かせてくれる、名も知らない鳥よ。
少しずつ、わが家に近づいて来る。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2008-05-27 07:31 | 登羊亭日乗 | Comments(0)

アンネの父

「わたしの望みは、死んだあともなお生き続けること!」  
(「アンネの日記」から)


アンネ・フランクは世界的ベストセラー『アンネの日記』の作者だ。彼女の一家はもう一つの家族と歯科医ら8人で、ナチの追跡を逃れてアムステルダムの河畔にあるビルの隠れ部屋におよそ2年にわたって隠れて住んだ。そのときの様子を綴ったのが『アンネの日記』だ。やがて、彼女らの存在が密告によってナチに知られて、アウシュビッツに送り込まれる。
そこからも移送され、ドイツ国内にあるベルゲン・ベルゼン収容所に連行される。そして、1945年3月にアンネはその収容所で病と飢えによって15歳の若さでこの世を去ったのだ。

母のエーディットとはアウシュビッツまでいっしょだったが、父オットーとは別れ別れになる。オットーはそのままアウシュビッツにいて、1945年1月27日にソ連軍によって解放される。つまり、もしアンネがアウシュビッツに留まっていたら生き延びていた可能性もあるのだ。今回、彼女の年表を作成しながら、この不条理な事実に気がついた。

一家でただ一人の証言者、アンネ・フランクの父オットー・フランク。彼は生涯をかけてアンネへの思いと生きた。
オットー・フランクは、戦後、亡き娘の日記を発見して幾度となく読み返し、出版化を考えたが躊躇するものがあった。日記は個人のプライバシーに関わることがいくつも書かれてあるので、それを公開することにより愚劣な噂や憶測が出ることを恐れたのだ。だが、長い間悩んだすえに彼女の遺志を継いで出版を決意した。その意志とは、冒頭に掲げたアンネの言葉である。

たしかに、思春期前期にあったアンネは性のことにつよい関心をもっていたし、同居していた人々の悪口も書いていた。だが、彼女や同居者の置かれた境遇を丁寧に見ていけば、けっしてそれらは人間として恥ずかしいことではない。だが今から60年前のモラルはそこまで開かれておらず、娘のくせに不謹慎なと受け取られる危険性もあったのだろう。

だが、父の心配は杞憂で終わった。この日記が1947年に出版されるやたちまちベストセラーとなる。その後50カ国で翻訳され、世界中に3000万冊のファンをもつことになる。『アンネの日記』は、聖書の次にノンフィクションのベストセラーと言われるほどとなった。

「アンネの日記」初版が1947年に発行されるや、世界中から感想や質問がオットー・フランクのもとに届いた。世界の隅々からオットーに宛てられた日記を読んでの感想の手紙と、アンネに関する質問だった。「アンネって、どんな子どもだったのですか」「アンネはお父さんのことを好きだったけど、お父さんはどう思っていたのかしら」

それに対して、オットーは一つ一つ返事を書いた。晩年、オットーはスイス・バーゼルに住んだ。その自宅で毎朝、「いつか私には目覚めない朝がくる。さあ、今日もアンネの仕事をしよう」と言いながら、すべての手紙に返事を出していたのだ。
日本からの手紙も100通を超え、返信にはアンネの素顔についてオットーが丁寧に説明綴られた箇所も多いと言う。

最愛の妻、そして、二人の娘マルゴーとアンネの命を奪われ、ただひとり生き残ったオットー・フランク。彼は日記が世界的なベストセラーになった後も、生涯非常につましい生活を続け、収益を隠れ家生活の支援者への遺贈や、青少年への教育施設設立の資金にあてた。オットーは生涯をかけてアンネの想いと生きたのだ。

去年の2007年1月27日、ニューヨークでオットーが親類や友人に宛てた手紙が見つかったと外電が伝えた。ナチの迫害がひどくなったので、彼はアメリカへ亡命することを画策したいたのだ。80通におよぶ手紙には、娘2人だけでもアメリカに亡命させることができないかと模索する必死の想いが綴られていた。

今、わたしはこの父オットーのことを調べている。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2008-05-24 17:50 | Comments(0)

kokodehasinanai

kokodehasinanai

アキ・カウリスマキの新作「街のあかり」を見た。カウリスマキ作品ということもあるが、その題名に惹かれた。
もう一本アンディ・ラウのサスペンスを見たせいか、カウリスマキの造りがとても美しく感じられた。それほど優れた作品ではないが、ラウの映画があまりに虚仮威しだったので、
カウリスマキ作品がディーセントに見えたのかもしれない。

ヘルシンキで一番淋しい男の話だ。夜警だが同僚とも交流がない。というか、本人はなりたいと思うが、周囲が避けているようだ。少し偏屈なところはあるが、悪い奴でもなさそうなのに誰も近づかない。
そんな男の前に女が現れる。むろん、魂胆をもって近づいたにきまっている。女はマフィアの情婦だった。ボスから指示されて女は夜警をたぶらかす。彼のガードしているビルの宝石店の鍵を奪って、マフィアらは強盗を働くのだった。

夜警は罪をかぶせられたまま服役する。たった一人屋台のソーセージ屋の女が夜警の身を案じて、手紙を呉れたりもするのだが、男は冷たい態度しかとらない。

出所後、夜警は高級レストランの皿洗いとなって復帰する。
そのレストランに、マフィアとその情婦が来る。気づいたボスは夜警に前科があったことをレストランに告げたため、彼は解雇されてしまう。
そこまで、マフィアに貶められて、男は最後に果物ナイフをかざして、ボスに向かってゆく。
そのテロも失敗し、マフィアの子分らによって返り討ちを受けてしまう。ボコボコされてしまうのだった。

そうして、倒れている男のところへ、彼の身を心配してソーセージ屋の女が駆けつける。
そこで、男は一言。「ここでは死なない」

あらすじだけ記すと、任侠映画のように分かりやすい物語にきこえるが、カウリスマキの作品はそうはならない。この惨めな男の心中を静かに優しく抉っていく。
「ここでは死なない」はこのままでは死なないの意味かもしれない。こんなところで死んでたまるか、かもしれない。この弱い男の最後の一言がズシーンと胸に響いた。

どうしても、今夜、新作の映画を見たいと思った。せっぱつまったような思いでカウリスマキを見て、よかった。

しかし、カウリスマキの映画は音楽が懐かしいメロディが多い。今回の映画に、ロシア民謡の「灯」が出てきたときは、心が揺れた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2008-05-24 02:21 | Comments(0)

偉い人はえばらない

偉い人はえばらない

田沼武能さんと銀座で晩ご飯を食べた。田沼さんは写真家協会の会長で文化功労者の表彰を受けている人だ。
日本写真界の最長老だろう。私は先生と付き合いはじめて30年になる。そろそろ先生の仕事を記録をしたいと考えて、先生に会ったのだ。
元気だ。来月にまた国連ユニセフ大使の黒柳徹子さんといっしょにアフリカへ撮影に行くという。このユニセフの仕事だけでも25年続けているそうだ。
世界中のこどもたちを長年にわたって撮ってきた田沼さん。その作品は温かいやさしさに溢れていて、人柄を反映しているとつくづく思う。

中華料理をつまみながら、私はおよそ2時間にわたって取材した。先生はにこにこ笑いながら、一つ一つ答えてくれた。
驚いたのは、こどもの写真を撮影するために世界中を歩いているのだが、その経費はすべて持ち出しで行っているということだ。誰かスポンサーがいてバックアップしてくれているわけではないのだ。先生のようにドキュメンタリー中心の写真を撮っていると、広告のような商業写真と違って大きな収入があるわけではない。それでも、世界の辺境まで飛んで子供たちの笑顔を撮影してくることに、先生は命を懸けている。

アフリカの紛争区域を取材したからといって、現地の悲惨だけを押し出すことに抵抗がある、と田沼さんは語る。たしかに厳しい環境に子ども達はおかれているがそうではない一面もある、
輝くような笑顔の瞬間もある、ということを伝えたいのだと、先生は熱く語った。

2時間が、あっという間であった。年齢を感じさせない。先生が仕事についたのは私が生まれた翌年だ。
私が先生の年齢と業界歴の長さを冷やかしたら、「それを言うなよ、聞いたら自分でもがっかりするだろう」とにやにや笑いながら、それでも自信たっぷりにジョークを放つ。

たいしたものだ。やはり、斯界の権威ともなると違う。ぜんぜんエバラないのだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2008-05-23 09:35 | Comments(0)

白雄にひかれて

白雄にひかれて

さうぶ湯やさうぶ寄りくる乳のあたり 加舎白雄

うまいというか、すっと入ってくる句だ。江戸中期の俳人加舎白雄。
信州上田藩の江戸詰めの武士だったという。たびたび家を出ている。破門をうけたり友と喧嘩をしたり。若い頃はかなり短気であったと伝わる。なんとなく人物像が浮かんでくる御仁だ。

自分ではけっこう人とのつながりもこなせるタイプだと思ってきたが、振り返るとなんとも不器用な付き合いしか出来ていないことに、最近になって気づく。嫌いなものは嫌いとすぐ口に出てしまう、ないしは顔に出てしまう。出た以上は、相手だってそれに気づいて不快になるだろう。自ずと疎遠にならざるをえない。この繰り返し。
自分を加舎白雄に例えるつもりはないが、白雄の人生を仄聞して、その狷介な生き方に共感というか同情を禁じ得ない。そんな厄介な人でも、こんな滋味あふれる句を作る。そのことに少し励まされる。

白雄の春の句だけチョイスして味読してみた。

母恋し日永きころのさしもぐさ
さしもぐさは鍼灸のやいとのことだ。

ふたまたになりて霞める野川かな
春のおぼろな気分に溢れている。

瀧夜や誰か寝て行鹿島船
大磯駅を朝通過する寝台特急を見るたびにこの句を思う。

去年よりことし仏のわかれ哉
私にとっては去年のほうが仏が多かった。とはいえ、まだ半分だから後半はどうなるか分からない。先輩たちが世を去っていくのはさみしいが、若い人が逝く「逆縁」はつらいものがある。

蝋燭のにほふ雛の雨夜かな
春3月、まだ小寒い日がつづく。雨の夜はしめきった部屋に雛を照らすろうそくがある。その灯が、じりじりと燃え尽くす。かすかに油煙が匂う。

家あるまで桃の中みちふみいりぬ
あかつきや人はしらずも桃の露
桃の林というのは見たこともないが、早春の紅い花は目にしみる。桃の中みちというイメージに惹かれた。

人恋し灯ともしころをさくらちる
白雄の代表句だ。私の好きな備後の詩人木下夕爾の世界と重なる。

水つたふうしろの丘やつゝじ咲く
昨日の出水を体験すると、ツヴァイクの道もうしろの丘になるのかなと思う。

物がたり読さして見る藤の花
夕暮れ近くに読書していると、時間を忘れる。ふと目をあげると藤の花房が風に揺れている。

たんぽゝに東近江の日和かな
近江は母の在所であり、私の生誕の地でもあるから、この字を目にするとつい立ち止まる。それにしても近江は春にかぎる。

白雄は生涯独身で54歳で死んだ。現代の若者が歌う歌よりも、江戸時代の中級武士の思いのほうがよく分かる気がする。仮にこの読解が誤読であっても、私の白雄だからかまわない。これは、先日若い友人から教えてもらった「技法/テクネー」だ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2008-05-21 08:42 | 登羊亭日乗 | Comments(0)

嵐が去って

アラシが去って

昨夜は嵐だった。ガラス戸にたたきつける雨は白いしぶきを見せていた。
雨風は断続的に夜遅くまで続いた。
朝になってテレビをつけると、首都圏ではあちこちで電車のダイヤが乱れていた。新宿駅からの中継映像は、まだ強風が出勤する人たちを襲っていた。

いつもより遅めに家を出た。森に入るとまさに落下狼藉のありさま。道のあちこちに折れた枝や葉っぱが散乱していた。草わらの草ぐさはみななぎ倒されている。

なにより出水がひどい。ツヴァイク道がまるで滝のようになって山水が流れ出てゆく。プラダの運動靴がぐっしょり濡れてしまう。水が沁みこんで気持ち悪い。
自然の荒々しさを実感する。

東海道線は20分遅れになっていた。大磯では満席だったが、平塚で座ることができた。濡れそぼった靴下を脱ぐ。
茅ヶ崎からは200パーセントの乗車率となる。大船では時間調整。
横浜では架線事故のため10分待機と、品川までたどり着くにずいぶん時間がかかった。
c0048132_16281751.jpg
c0048132_16282946.jpg
c0048132_16284110.jpg

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2008-05-20 16:29 | Comments(0)

夜行電車、若葉の頃

夜行電車、若葉の頃

夜9時半に大磯駅を立った。
思い立ってトウキョウへ向かう。理由は些細なことだ。でもどうしても行きたくて、暗い山道を降りてきた。おりよく15両連結の東京行きが来た。この電車に乗れば品川には10時22分に到着する予定だ。
最後尾の車両にはわずか7名しか乗っていない。ガランとした車内は清清しい。窓をのぞいても辻堂あたりまでは真っ暗だ。
それにしても、揺れが激しい電車だ。体が左右に大きく揺れて、片手のチューハイがカチャカチャ鳴る。
乗客の一人ひとりが懐かしい感じがする。夜行電車だからだろうか。

さっき、駅に向かう夜道で思ったのだが、最近の私は毎日毎日を大事にしているのではないだろうか。ひとつひとつの出来事をしっかり自覚して行動していると思う。というか、今生きているこの時間は帰って来ないと自覚して、そのディテールをしっかり把握して生きているという気がするのだ。

20年前、私が40歳になるかならないかの頃は傲慢というか無自覚というか、日常のくらし、身のまわりのことなどには関心がなかった。担当している番組の取材や構成のことばかり仕事だけに目が向いていた。子どもの運動会も遠足も、一応話として聞いているだけで、それ以上の関心をもたなかった。あの頃のことは半ば夢のような心地がする。子どもたちが、日曜の夕方に「ただいま」と言って帰って来たこともドラマを見るようにして記憶を再生している。
でも、そんな霞がかかった記憶ですら、少しずつ取り戻したいという心境になってきた。

日曜日の夕方6時、「ちびまるこちゃん」が始まる頃、息子が自転車を引っ張って帰ってきた。幼い娘はテレビのまわりで主題歌に合わせて踊っていた。ときどき、ちゃぶ台のそばのお鍋に足をひっかけてひっくり返し、母親から叱られていた。私はぼんやりテレビを見ていた。そんな光景が目に浮かんできて、突然、上京したくなったのだ。

大磯から品川まで夜のしじまを移動するように、60歳の私から40歳の私へと時間移動できないだろうか。すっかり若者になった長男が小学生に、年頃の娘になった長女が幼児に、もどっていく通路というものがないものだろうか。

夜行電車の終点は、エジンバラ駅成増ホワイトビラ改札にならないかな。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

c0048132_054877.jpg

[PR]
by yamato-y | 2008-05-18 23:41 | Comments(1)

喪失

喪失

『縁は異なもの』という、白洲正子と河合隼雄の対談を読んだ。「悲しみ」という河合のエッセーが対談の合間に挟まれていて、それが心に残った。 
《最愛の人や、最大の恩人を失う悲しみは、それをモロに受けると、人間はなかなか立ち上がれない――時にはそのために死ぬ――のではなかろうか。それを防ぐために、無意識的な防衛作用が起こって、まったく些細なことに気をとられるものと思われる。ともかく、悲しみの感情からは絶縁される。》

こうしていったん危機をストレートにかぶることを回避しておいて、徐々に悲しみに耐えていくように人間はできているのではないかと、河合は語る。
《人間が生きるということの背後には実に深い、「悲しみ」とも名づけ難い感情が流れているのではなかろうか》
この「悲しみ」はキリスト教で教える原罪にも匹敵するものではないかと、河合は考えている。

この箇所を読みながら、私は今年の初めに探した、あの人たちのことを思い出していた。渋谷で居酒屋を営んでいた夫婦のことだ。二人は引退して千葉に引き込んだのだが、主人のほうが癌で死去して女将だけが残された。その女将の悲しみは深く、私たちの前から姿を消したのだ。その人を私は探し、そして尋ね当てた。接触はできたが、会いたくないという返事だった。なじみの私たちと会えば、亡くなった主人を思い起こすことがさらに強くなるからという理由だった。

電話口で語る女将の言葉は悲しみで満ちていた。いわば、生ける屍のような精彩を
欠いたうつろな声だった。今も聞こえる。
人は最愛の人を亡くすということは、これほど心を滅ぼすものかと、そのとき思った。

そして、この『縁は異なもの』という本では河合はその後他界した白洲を悼む文章を書いている。彼女が去った悲しみにふれている。だが、その白洲は美しい風景のなかを去って行ったことだろうと、自ら慰めている。河合のこの言葉を読んで、私は人生の秘密を少しだけ見た気がする。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2008-05-18 14:39 | 魂のこと | Comments(0)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧