定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

<   2008年 02月 ( 30 )   > この月の画像一覧

セネカと中野孝次

セネカと中野孝次

今頃になって中野孝次の本に惹かれている。
この人の文章は切れ味がいいし、ベストセラーもいくつかあるので、折にふれて読んできたが、昨年末あたりから図書館で数冊借りては少しずつ読んでいる。
なぜかというと、この人の老年に対する考え方が実に清々しいからだ。しかも、「古典」というものに精通してきちんと自分の「教養」にしているからだ。
彼の文章はけっして難しくない。衒学的なことがない。後になって知ったが、中野は藤沢周平のファンだと知って、なおさら文体に親しみをもつようになった。

その彼の最後のエッセーが、岩波書店の『セネカ現代人への手紙』だ。2004年春の発行である。前年に同書店から『ローマの哲人 セネカの言葉』を出して続けて書いたものだ。最初の作品で紹介したセネカの「ルキリウスへの手紙」が短い形でしか表せなかったのが遺憾として、それを補うために書いたのが本書だ。この当時、「ルキリウスへの手紙」の邦訳はなく中野は個人的にドイツ語版から少しずつ訳して、注釈を加えたものが、本書に発展したわけだ。
たまたま、この本のあとがきで編集者の名前を見て驚いた。私の「冬のソナタを考える」を作ってくれた人の名前が出ていたのだ。さっそく電話して、この本と中野について聞いた。

本書は中野の最後の作品だということだ。この本を書いている途中から癌が発見され闘病を続けることになる。これを作り上げて、中野は逝ったことになる。そういう状況にあって、中野がセネカの言葉から人生を学びとることはけっして空論でなく、まさに人生の真実を探し当てて、後生の私たちに贈り物にしてくれている。
食道ガンが見つかったときに中野はショックを受けるが、すぐにセネカの言葉を思い出す。
《運命が何をもたらすか、はかりしれない。人間に起こることは君の身にも起こると、つねに覚悟しておけ。それが、何であれいざそのものが来たときに狼狽せず落ち着いて対処できる唯一の道だ。我が身といえども君の権能下にはなく、自然に属する。・・》

中野はセネカという古典を実践してゆく。これほどまでに支えとなったセネカとは何かということに興味をもって、この『セネカ現代人への手紙』を読む。

正しい読書という章でまずガツンとやられる。セネカは多読を戒めているのだ。たくさんの本を読むということは読者自身が内に不安定なものをかかえているからだとセネカは喝破する。《どこにでもいることは、どこにもいないということだからね。生涯を旅先で過ごす人は、旅先での知り合いは大勢できるだろうが、真の友人は一人も得られない。(略)多くのものをちょっとずつ試してみようとするのは、甘やかされた胃袋のやりかたなんでね。いろんな種類の互いに一つになりにくいものが一つに混ぜ合わされたら、体の害になるだけだ。》

私のような乱読者には耳に痛い言葉だ。つい仕事がら、たくさんの本を読むことを自分に許してきたが、セネカの前ではなんのいい訳もできない。「どこにでもいることは、どこにもいない」これは、当分私の座右の銘になるだろう。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2008-02-28 09:36 | 登羊亭日乗 | Comments(0)

The clash of two titans

巨匠たちのガチンコ勝負

本日は「闘う三味線」の英訳チェックに追われた。昨年の7月に放送されたこの番組は年末に2つの賞をいただいた。そういう弾みもついたのか、アメリカで開かれるコンクールにも提出されることが先頃決まった。そういうことで、今この番組の英語バージョンを作成する作業に入っているのだ。といっても、実際の作業は語学の専門家が行うのだが、本日は英語台本チェックに参加して、面白い体験をした。

作業に参加したのは私を入れて6人。局側の海外コンクールを担当するプロデューサーが二人。アメリカ人の翻訳者、男女の日本人ディレクター、そして私である。私以外はみな英語の達人だ。

私といえば、原版を作った者としてそこに立ち会っているだけで、英語表現のニュアンスなどとんと分からない。実際の作業は、アメリカ人がまず英訳したものをテキストとして、元の日本語バージョン比較検討が行われた。

アメリカ人の担当者はこの翻訳は、関西弁であること伝統文化であることという2重の壁があってかなり苦労したとぼやいていた。とはいうものの、上がってきた英語台本を見るとかなり完成度の高いテキストになっていた。
shamisenは海外でも通用する言葉だ。
「阿古屋琴責め」は最初torture by koto とあったが、これでは琴でなぐって責めるというようなイメージになると異議が出て、Akoyas koto tortureになった。
このへんの変更は感心して聞くしかない。
文楽の素浄瑠璃は人形を使わないで演ずるということで、without Puppets[人形無し]とされたのは、あっけにとられた。

「心中宵庚申」という文楽の名作の訳しかたは感心した。というか英語の表現に驚いた。
Chikamatsu play ,love suicides on the eve of the Koshin Festival
心中を,love suicidesと言うのか。suicideは自殺である。それにsをつけて複数形にしてあるのだ。さらに,love というのを修飾するのだ。
このデンで600近いナレーション、対話の箇所を英訳したもののチェックがおよそ4時間にわたって行われた。

最後に、番組のタイトルの表記をめぐって議論があった。原題は「闘う三味線 人間国宝に挑む〜文楽 一期一会の舞台〜」である。
最初の訳は、Aiming for the Top:A Shamisen player's Challennge としていた。その道の第一人者を目指して、というようなニュアンスだろうか。
もう少し、激しさが欲しいなあとつぶやくと、アメリカ人が「では、The clash of two titans 」とつぶやいた。
なるほど、巨匠たちのガチンコ勝負か。面白い。この案に私はのった。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2008-02-27 22:35 | Comments(0)

あの日の指輪を待つきみへ

あの日の指輪を待つきみへ

仕事柄、映画の試写会の案内状がよく届く。映画は好きだが試写会というのはよほどのことがないかぎり行かないことにしている。井筒監督の弁ではないが、映画は自腹で見にいくべきだと考えている。きれいごとで言うのじゃない、金を出して見るのと只で見るのでは「読後感」が全然違うのだ。いい映画を見たときの読後感より、駄作を見たときの怒りが自腹だとむちゃくちゃ激しくなるのだ。時間を返せと怒鳴りたくなる。それぐらいのパッションを持たずにだらだらと映画は見たくない。

さて、久しぶりに試写室へ足を運びたくなるような映画の案内が来た。洋画なのにタイトルが和名[あの日の指輪を待つきみへ]であることからしていい。主演がシャーリー・マクレーンだ。彼女の出る映画は久しぶりに目にする。最近、瞑想を続けていて彼女への関心は強かっただけに、その出演とあらば無視はできない。アウトオンリムの彼女が久々に出演する気になった映画ってどんな作品だろう。公開上映は夏となっている。それまで待てない。試写の日程は3月5日とある。
監督は、「ガンジー」のリチャード・アッテンボロー。シャーリーの若い日を演ずるのがミーシャ・バートン。他にクリストファー・プラマーのような実力派が脇を固めている。

あらすじがちらりと書かれてある。
《愛する人を失って以来、心を閉ざして生きてきたアメリカ人女性エセル・アンの元に、遠く離れた国、アイルランドから報せが届く。彼女の名前が刻まれた金の指輪が、ベルファストの丘で発見されたと・・・・・。数奇な運命を経て、彼女のもとに帰ってきた指輪。そのときエセルは決意する。50年前に封印した運命の愛に向き合うことを――。今、2つの時代、2つの国を結ぶ壮大な愛の旅が始まった・・・・・。》

設定がいい。遠い国の丘で自分の名前を刻んだ指輪が発見される。その報せが心を閉ざした女性に届くという物語の説き起こし。アッテンボローならきっと期待を裏切らないだろう。
原題は「Closing ring」。これを日本では、「あの日の指輪を待つきみへ」としている。あの日とは50年前のことだろう。その頃エセルはアイルランドにいたのか。そのときにエセルは指輪を待っていたのか、それとも約束だけがあってそれが果たされることをエセルはずっと待っていたのか。
キャッチコピーは「運命の愛は、一度きりじゃない。」とある。
どういう意味だろう。
と、あれこれ詮索したくなる。やっぱり公開まで待てないなあ。

追伸:今、ネット検索したら予告の動画があった。映像はしっかりしていた。しかも、この物語は実話に基づいてあると記されていた。
c0048132_13314517.jpg


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2008-02-27 13:17 | Comments(0)

汝をながむる最後の日なり

汝をながむる最後の日なり

園の小百合、撫子(なでしこ)、垣根の千草。
今日は汝(なれ)をながむる最終(おわり)の日なり。
おもえば涙、膝(ひざ)をひたす、さらば故郷(ふるさと)。
さらば故郷、さらば故郷、故郷さらば。

小学唱歌、故郷を離るる歌の一節だ。
中学生の頃、此の歌を覚えて、歌詞が出たり入ったりするのが変だと思ったことがある。
今、歌ってみると、これほどこころに沁みる歌はない。

ふるさとを離れて都で口ずさむとき、此の歌はこよなく優しい。

六本木で酒を飲んで帰宅。風呂場で此の歌を放歌する。
思わず、懐かしい日々がよみがえってくる。

さらば、さらば、わが春よ

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2008-02-26 23:48 | 魂のこと | Comments(0)

スフィンクスの謎々

スフィンクスの謎々
c0048132_1555577.jpg


「最初は4本足で、次に2本足になって、最後は3本足になるものは何?」
怪獣スフィンクスが旅行く人を呼び止めて試した謎々だ。
答えは人間。赤ん坊の頃は這い這いして4つの手足、長じて2足歩行、年をとると杖をつくようになって3本の足、というわけだ。

ツヴァイク道往来に私は杖をつくようになっている。半月ほど前、山道でこの冬に朽ちた小ぶりの枝を見つけた。杖代わりにちょうどいい大きさ目方だったので、これ幸いと使いはじめた。ちょうど坂道であえいでいた時だったので重宝した。

使ってみると具合がいい。ツヴァイク道は、距離は短いが勾配がきつい箇所が1つある。葛折りの最後の折れ曲がりだ。杖を前に出して、わが身を引き上げる。心臓への負担が軽減されて、体が楽だ。あえぐことが減った。
杖の効用は坂を下るときのほうが大きい。急坂を足で踏ん張りながら下りるのは意外に疲れるものだ。無意識に体がこわばっている。それを、杖を使うと緊張が薄れるのだ。

かくして、私は杖をつくようになり、老年を生きる身の上となる。むろん、この杖はツヴァイク道専用であって他では使わない。だから、杖はツヴァイク道の上と下の2つのポイントに転がすことにした。坂下は大杉の裏側に立てかけておき、坂上では石垣水路の蓋の上に載せてある。この道の往復だけは水戸黄門スタイルを私はとることになった。
「転ばぬ先の杖」とは古人もうまいことを言ったものだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

c0048132_15554549.jpg

[PR]
by yamato-y | 2008-02-26 15:42 | 登羊亭日乗 | Comments(0)

文字が生まれた頃

文字が生まれた頃

ものごとの起源というのはなかなかつかめないものだが、文字が誕生した頃のことはかなり正確に捉えられている。ギリシャの場合だが、文字が誕生したというより、メソポタミアなど他地域から文字の原型が伝わり改良されて、文字が実際に使われたときのことである。

紀元前4世紀。ソクラテスの時代である。ソクラテスはその文字に慣れていなかった。その弟子プラトンの時代になってようやく文字は道具としての力を発揮する。ソクラテスには著作はなくプラトンにあるのはそういう事情もあるのだろう。ソクラテスの言行が後世に伝わるのはプラトンなどソクラテスの弟子によって記録されているからだ。

文字に習熟していなかった当時、大哲学者といえど黙読は出来なかったそうだ。手紙を読むにしても音読したのだ。通信の秘密もなにもあったものじゃない。このころ暗殺が相次いでいるがどうやって「密書」のようなものを伝達したのか興味深い点だ。
ソクラテスは対話を重視して、対話の相手の考え方に疑問を投げかけ矛盾を引き出すという問答法で哲学を展開した。その方法は、自分ではなく相手が知識を作り出すことを助けるということで、「産婆術」と呼ばれている。 ちなみ哲学とはフィロソフィ。ソフィ(知)を愛するということだ。

このソクラテスの言行をプラトンは文字に移し変えるのだが、初期は文字が発明されたばかりで慣れていないので、問答をそのまま書き写すという手法をとっている。つまり対話編である。といっても、プラトンがそこにいて書きとったというケースは少なく、後にソクラテスが語ったという証言から再構成しているわけだが。
いずれにしろ、当初はプラトンですら平叙文を書くことができなかったわけだ。
プラトンの弟子、アリストテレスの時代になると、文字使用はかなり洗練されて高度な表現となっていく。

―歴史というのは、ある時期、集中的に天才や逸材が現れる面がある。ルネサンスのフィレンツェであり天武天皇期の明日香である。そういう「人類の星の時間」(ツヴァイク)が現れたなかでもペリクレスの平和後期のギリシャは壮観だ。
ソクラテス―プラトン―アリストテレス―アレクサンドロス・・・
まさに綺羅星のごとく哲人、超人が並ぶ。その時期に文字が誕生しているということは偶然ではあるまい。

素朴な疑問がある。西洋文明の源のようなギリシャだが、末裔である現代ギリシャ人はなぜぱっとしないのだろう。アレクサンドロス大王を生んだマケドニアの周辺に今のコソボやセルビアがあるはずだが、なぜ、彼らは祖先のように紛争を回避するような賢明さをもたないのだろう。今度のコソボ独立などという事件は、ようやく偉大な民が歴史の大きな眠りから覚めたということはいえないのだろうか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
[PR]
by yamato-y | 2008-02-25 13:13 | Comments(0)

権利の調整

権利の調整

東京郊外のベッドタウンの開発をめぐる公聴会をのぞいた。丘の上に昔から住んでいる人たちが、麓で始まる開発造成に対する異議申し立ての公聴会であった。生で見るのは初めてだったので、一つ一つがとても興味深かった。
公聴会というのはhearingの和訳だろう。住民は開発にともなう既得権の喪失を訴えているのだが、それはどうやら行政や業者を動かすというほどにはならないものらしい。あくまで参考意見を聞き置くということだ。

いろいろ問題点を公述人と呼ばれる住民が申し立てていたが、ちょっと面白いことを知った。
当該地は丘の林がある場所。里山つくりを目指す行政もそれは念頭において開発の許可を出しているというのだが、その線引きが微妙なのだ。
宅地化によって林が切り倒されるのを、住民は危惧していて、現在ある樹木を移植してでも保存すべきだと主張する。
それに対して、業者は行政の指導を受けて、条例どおり、代替の公園を作ってそこに新たに植林すると返答する。
住民はそれでは緑が縮小するだけで、今ある樹木を生かして従来の緑の量を確保すべきではないかと迫るが、業者は(行政は直接返答していないが、おそらく内心はそう思っているだろうと推測する)、きちんと法律に基ずいてやっているのでと、変更するつもりはないことを、暗に示す。

造成の安全基準でも見解が分かれた。震度6に耐えられる耐震構造、時間雨量50ミリを上限とした水害対策を立てていると、業者は主張する。住民はその値は現実に即していないと反発した。阪神大震災も中越沖地震もこのところ起きている地震は震度6・5に達しているではないかとせまる。雨量も温暖化で増加しており50ミリなど危険値とはいえないというのだ。もっと数値を上げるべきと、開発の安全性を住民は求める。

だが、開発業者側は、これは法律、条令に決められていることを粛々と守ってやっているから、それ以上でもなければそれ以下でもないと突っぱねていた。

法治主義ということがこの公聴会の天蓋を覆っているのだと私は感じた。ソクラテスが重視した「法の支配」ということか。

参加した住民は予想以上に多かった。出席している人の顔ぶれはどうやら私と同じ団塊世代以上と見た。途中で異議を申し立ての野次が飛ぶところなど、昔学園で覚えた技術かなと少し半畳を入れてみたくなった。というのは、あまり悲壮感はなくみな生き生きしていたから。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2008-02-24 16:20 | Comments(0)

風の行人坂

風の行人坂

高輪から来ると、白金あたりで丘になる。白金台だ。そこから目黒駅に向かい目黒川のほとりへ降りていく。
この坂はメインが権之助坂だ。そのそばにやや細い行人坂がある。急坂だ。昔、山形から来た行人たちがこのあたりで修行したところからこの名前がついている。
今日は風がひどかった。テレビは春一番が吹いたと伝えている。坂の下から強い風が吹き上げてくる。

此の坂を下って目黒不動まで散歩した。境内は風のせいか人影がない。夕暮れの社務所は窓口を閉めていた。
大風がけやきやくぬぎを揺らしている。ざわざわと葉鳴りがする。

病床にある友を思った。60歳で脳出血を患うのは辛いだろう。12年前の我が身を思い出す。
春になる頃には恢復してくれることを祈る。

帰途は権之助坂を選んだ。坂の途中にある古書店に立ち寄る。安藤鶴夫の「本牧亭」があった。文庫本なのに古書で800円の値段がついている。
まあ図書館で借りればいいか。帰って読む本があるので、さっさともどる。
この3日ほどはまっている『誰がアレクサンドロスを殺したのか』。めっぽう面白い。「歴史ノンフィクション・ミステリー」と帯に書かれてあるが額面通りだ。
プラトン、アリストテレスという人たちが生き生きと描かれているのだ。

此の本と平行して木田元の『反哲学入門』も読む。プラトンとアリストテレスの関係がやっと分かった。プラトンのイデアという考え方が初期のキリスト教に大きな影響を与えていることも納得。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2008-02-23 19:46 | 登羊亭日乗 | Comments(0)

雪解の風

雪解の風

新しい光に満ちあふれている。
冬の朝の光は本当に粒が大きい。この光が雪に反射してさらにまぶしいものとなっている。
野面を微風が吹いている。穏やかな風だ。雪解(ゆきげ)の風とでもいいたい。

米原を出ると進行方向の右に冠雪した伊吹山が見える。列車はまっすぐ山に向かいふもとで右にカーブを切る。右にあった伊吹が左側に現れる。一瞬くらりとする感覚。
伊吹山山頂付近は雪で真っ白だ。神々しいばかりの白さだ。

先日知ったのだが、世界の降雪記録はこの伊吹山で作られたとか。一方、線路の反対側には鈴鹿山系が連なっている。こちらには雪化粧した山は少ない。遠くの山々が青く霞んでいる。濃尾平野を流れる小川も水をきらきらさせている。水光る、早春の季語だ。

つくづく人間は自然の中で生きていると実感する。句集を読んでいるときも読んでいる自分を取り巻く季節の句がいちばん実感することが多い。無意識に人間は季節を会得しているということを俳句を読むことで再認識させられる。

長良川、木曽川の水量が増している。雪解けによる増水なのだろう。左側の車窓遠くにうっすらと飛騨の山並みが見えている。山間の高山には学生時代の友人が住んでいることを思い出した。彼も今年定年をむかえると賀状に記していた。
ひかりは東へ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
c0048132_15592287.jpg

[PR]
by yamato-y | 2008-02-21 15:52 | ブロギニストのDJ | Comments(0)

石の庭

石の庭
c0048132_665739.jpg



京都に来ている。3時間空いたので、龍安寺の石庭に来た。
冬2月ということで、さぞかし人気が無いものと思っていたら、案に相違して数十名の客がいた。うち3分の一は外国人である。特に白人たちは英語テキストを片手に熱心に、石庭に見入っていた。

庭の前に立ち、全体を眺めた。下手の築地塀に雪がかかっている。昨夜の残り雪らしい。
石の庭にはきれいな掃き目がついていた。
15個の並べられた石は、まるで水中に浮かび出た岩のようだ。

敬愛する池明観先生は、来日して、一番衝撃を受けたのが、この石庭だと語っていたことを思い出す。この庭を見ているだけで、瞑想を行っているような気がしてくる。
はたと気づいて、席を立った。帰路では杉の林の中で百舌鳥を聞いた。するどいその声はいつまでも耳に残った。

龍安寺は立命館のキャンパスの近くにある。繁華街からはかなり離れている。
約束の時間が迫ったので、慌ててタクシーを拾って八坂神社をめざした。

夜になって先斗町の居酒屋へ行く。風が冷たい。
この街の路地を歩いていると、時間を忘れる。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング



c0048132_671276.jpg
c0048132_672889.jpg
c0048132_674463.jpg

[PR]
by yamato-y | 2008-02-20 01:24 | 登羊亭日乗 | Comments(0)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧