定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

<   2007年 06月 ( 43 )   > この月の画像一覧

SF幼年期の

福島正実編集長

「SF幼年期の、終わりに」という新しいブログ項目を立てた。この関連で書く記事が今後増えるだろうと予測したから。

新しい番組が動き出した。10月放送予定で「21世紀を夢見た」(仮)を制作することになった。久しぶりに、というか25年ぶりにディレクターをやることになった。私の場合プロデューサーといっても現場に出向いたり編集にちょっかいを出したりで、ディレクターと変わらないと陰口をきかれているのは知ってはいる。でも正式にタイトルでディレクターと明記されるのは25年ぶりだ。といっても、若いO君もサブのディレクターで入るのだが。

さて、SFファンなら「SF幼年期の、終わりに」というのを見ればニヤリとするだろう。SFの巨匠アーサー・クラークの代表作に「幼年期の終わり」がある。それをモジッたのである。この名著の翻訳は福島正実で、「SFマガジン」の初代編集長だ。

昨日、経堂の福島邸を取材陣三人で訪れた。むろん、福島本人は1976年に死去していて、むかえてくれたのは次男の加藤まさしさん(ライター)だ。表札は亡くなった当時のまま福島正実となっていた。

応接間に通されると、福島が撮影収集した写真のアルバムが20冊近く積み上げられ、彼のゆかりの録音や記録が整然と並べてあった。加藤さんの誠意に感謝する。同時に、父を思う加藤さんの心がよく分かる。

日本SF作家クラブが結成された1963年の前年からアルバムを拝見した。家族の写真も混じっているが膨大なSF作家たちの肖像がそこにはあった。小松、星に混じって大伴の「ひょうきんな」表情もあり驚く。かれこれ2時間ほど福島邸にいて、遺品、著作の数々を見せていただき、帰りしなに幾品かの資料を拝借した。その中に、福島正実の遺著となった『未踏の時代』があった。

 昨夜から『未踏の時代』を読みつづけている。福島は1929年に生まれているから大伴より7歳年長だ。早川書房に入社して日本で初めてのSF雑誌「SFマガジン」の初代編集長を7年間勤めている。文字通り、幼年期のSFを牽引した人物の一人だ。あの日本SF作家クラブを結成しようと口火を切った張本人である。彼の功績は大きい。
にもかかわらず、今巷で福島の名前を聞くことが少ない。先日行われた作家クラブ45年パーティでも残念ながらその名前が挙がらなかった。というのは、福島の圭角多い性格がさまざまな誤解をSF関係者やファンに与えたようだ。

だが、今回『未踏の時代』を読んで、私は労多くして報われることの少なかった、福島のSFへの献身に心うたれた。同時に、党派意識がつよく召命感あふれた不器用な福島の生き方にせつなさを覚えた。これから福島に言及することが多くなると思う。大伴昌司とはまた違った意味で、SF文化に殉じたこの人物のことをもっともっと知りたい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2007-06-30 15:20 | SF幼年期の、終わりに | Comments(0)

惑放

惑放

定年を越えてからずっと惑いっぱなしだ。人生が分からないというか、生きていく意味が分からないということが続いている。だから神谷美恵子を読む。セネカを読む。

大江さんの番組を制作していたときからずっと抱え込んでいるのが魂ということだ。魂とは何だろう。心か。もし同じとすると合わない人生の局面がある。違うとすればそれはどこにどんなふうに、私の中に納まっているのか。

 今朝、久しぶりに瞑想をした。終わって、自分の足を見た。汚い足だ。長年にわたって水虫にやられガビガビになっている。30代の頃はただれて膿が流れてひどかった。いろいろ薬をつけた。年とともにただれることはなくなり、皮膚はがさがさになった。普段は足のことなど忘れている。足の皮膚はひび割れし、亀裂の線が白く浮き出ている。爪もぼろぼろだ。汚い足だと久しぶりに認識した。

 20年も昔だ。今の私と同じ年恰好になる先輩が葬式から帰って来て嘆いたことがある。同僚の兄上が癌にかかり定年を待たずに死んだという、葬式からの帰還だった。故人の妹は兄の素足を見て、「長い間、サラリーマンをやって靴を履きつづけたから、水虫で足がこんなにぼろぼろになるまで働いて」と泣きながらその足をさすっていた。先輩はそう話しながら、自分も革靴の習性で水虫でぼろぼろの足になっているよと、自嘲した。

 私の汚い足を久しぶりに見た。一年中変わらないように見えても、冬の間とどこか違っている。乾燥した冬の時期にはひび割れはあかぎれのように鋭い深い亀裂となって痛みを発することがあったが、梅雨の湿気の多いこの時期はそんなこともない。誰がそんな調節をしているのだろう。私か、無意識の私か、それらが統合された私か、それとも私以外の私が私の中にあるのか。私の身体の末端で、私の知らない(というか認識していないと言うべきか)営みが行われている。このひびわれの中にも魂はあると言うのか。

魂は存在でなくはたらきであるということを本で読んだことがある。
今朝の私には、魂は在ると言いたい。そう実感している。
にもかかわらず、何処に在るかと問うと分からないとしか言いようがない。
魂はハッピーな存在様態ではないようだ。暗夜に棄児が泣き叫ぶように。

――泣き叫ぶ魂というものは救済されるものだろうか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2007-06-29 19:56 | 魂のこと | Comments(1)

夕焼けと銭湯

夕焼けと銭湯

諫早と言う町がずっと気になっている。佐賀から長崎に向かう途中にあり、町の両脇に大村湾と有明海が迫っているため、諫早は「つなぎ」の町のようにみえる。だから地峡の町と言われる。本州の西端にある人口7万ほどの小さな町だが城下町であり、高名な文学者を幾人か輩出している。伊東静雄、野呂邦暢、林京子、近年では脚本家の市川森一らがいる。林は長崎原爆に被爆後長く諫早で少女時代を送っている。

野呂邦暢の『小さな町にて』というエッセーとも小説ともいえない作品を読んだ。彼が大学受験に失敗して京都や諫早、東京を彷徨する自伝的作品だ。そのなかで大森山王に住んだときのことが出てくる。彼は映画と古書店を巡り歩くことが好きだった。お気に入りだった山王書房という古書店の主人について、野呂は書いている。
その主人は、俳句と歌と古書が好きでさらに夕焼けと銭湯が好きだったと、野呂は懐かしそうに書いている。「夕焼けと銭湯が好き」という、この一節が気にいった。

今では高いビルが並んでいるが、昭和30年代には大森はまだ閑静な住宅街だった。坂の多いこの街では夕焼けがさぞ美しかったのだろう。家々には内風呂が少なく、たいていは銭湯へ通った。明るいうちに風呂に漬かることは最高の贅沢だった時分だ。

野呂は若くして亡くなるが、端正な文章は早くから知られていた。彼の世界にながくこだわっていた人を知っている。向田邦子だ。向田は最晩年に野呂の「落城記」をテレビドラマ化している。主演に岸本加代子を抜擢した。この撮影の感想を報告したのが、岸本が最後に見た向田の姿だったということを、私は岸本から聞いた。その折、向田がどれほど野呂邦暢の小説を愛していたかを岸本は話してくれた。

私の中に、伊東静雄―野呂邦暢―向田邦子という一つのラインがずっとある。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2007-06-28 11:25 | 賢者の面影 | Comments(0)

10万通、有難う

10万通、有難う

どうもコメントに対して返事するのが苦手でうまくレスポンスできていない。あ、返事とレスポンスは同じ意味だからこの文章はおかしい。

さきほど、Gさんから「闘ふ三味線」の音声についてのコメントをいただいた。具体的で貴重な意見だった。こういうことに出会うと、このブログをやっていてよかったなと思う。
Gさん、有難う。

さきほど10万通のアクセスを越えた。迷いながらここまで来ることができた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2007-06-27 22:43 | Comments(0)

駅に巣を作る燕

駅に巣を作る燕
c0048132_21423447.jpg


母慕う声あまし夏の燕

今朝、大磯の駅の梁で燕の巣を見つけた。駅舎に入るとずいぶん騒がしいなと思って見上げると燕の巣があって、中に三羽子つばめが可愛い声をあげていた。思わずカメラを向けた。上の句が浮かんだ。燕の季語は春となっているので、夏燕とした。

大磯駅は海に向かって開くように駅舎があるので、海風が吹きぬく。その風に乗るようにツバメがすいすい通りぬける。昔、新幹線がなかった頃の特急の名前はツバメだったのじゃなかったかな。鳥の中で最速がツバメで次が鳩と記憶しているが。

「獄中からの手紙・燕の書」という書名を思った。ナチと闘って最後は自らを裁いた劇作家エルンスト・トラーの著書だ。未見だが、あの村山知義が翻訳をしているそうだ。この書のことやトラーのことは、先年石垣綾子さんから教えてもらった。燕というと自由を希求するというイメージがトラーとともにたち現れてくる。

自動改札を通り、跨線橋をわたってホームに出る。対岸の線路ばたにアジサイが咲き誇っている。湿度が高い。じっとしていても額に汗してくる。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング



c0048132_21425270.jpg
c0048132_21431348.jpg

[PR]
by yamato-y | 2007-06-27 17:55 | 登羊亭日乗 | Comments(0)

闘ふ三味線

闘ふ三味線

梅雨の晴れ間、大磯は新緑が美しい。カラスの鳴き声で目が覚めた。

日曜日に放送した「闘う三味線 人間国宝に挑む~文楽・一期一会の舞台」の反響が静かながらじんわりと来ている。ハイビジョンという小さな放送の媒体だから大きな声にはならないとしても、いくつかの感想や批評が届いている。そして概ね好意的な評価を与えてくれている。7月2日にハイビジョンで再放送の予定である。ところで、このタイトルだが亀井文夫の「闘ふ兵隊」を想起してなぜか闘ふと表記したくなる。

昨日、千代田区番町の鶴澤清治さんのお宅に伺いお礼を申し上げた。
清治さんご夫妻は今回のドキュメンタリーの上がりをとても喜んでくれた。自分でもリサイタルの本番は会心の出来だったから、あの番組の流れに素直に乗ることができたという清治さんの評価であった。それにしても映像というものは人間の目ではこぼれてしまう「事実」を怖いぐらいとらえるものだねと、清治さんは回想する。

画に関しては及第点をいただいたが、音声について専門家の厳しい意見があった。三味線の音色がややこもっていて切れ味のいい表現がかすんでいるとのこと。これはエンジニアの技術というより現在使われているガンマイクの構造に問題があるのではないかという指摘だった。今ロケで多く使われるマイクは風に音が吹かれないように表面にもじゃもじゃの繊維をまとっている。人間の声を録音するにはいいのかもしれないが、三味線のような鋭い音質には不向きではないかという、いかにも音楽家の厳密な意見だった。これからの取材に十分留意していきますと私は申し上げると、よろしくと清治さんは微笑んだ。

1時間ほど話し込んで辞去した。雨があがっていた。ベルギー大使館の夾竹桃の葉が美しかった。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2007-06-27 08:14 | 新しい番組を構想して | Comments(1)

ソフィーの選択

ソフィーの選択

無性に本格派の文藝映画を見たくなったので、昨夜渋谷ツタヤへ行った。あの膨大な映像の倉庫からそのときの気分の1本を探し出すのは至難だ。特に最新作ではどれほどの内容か分からない。旧作の棚を漁った。そして取り出したのが「ソフィーの選択」だ。

メリル・ストリープ主演の作品で原作はあのW・スタイロンだ。ナチのホロコーストを背景にもつ小説だ。かつてこの映画は見たことがある。そのときも物語の巧みさと映像の深い質感に感動した記憶がある。

 第2次世界大戦の傷がまだ生々しい頃、スティンゴは南部からニューヨークに出てきてブルックリンのアパートに住む。そのアパートで口汚く言い争っている男女を知る。その女が女ソフィー(メリル・ストリープ)だった。彼女はポーランド人でアメリカに来て間がなく英語がおぼつかない。彼女の腕には囚人番号を刻んだ入れ墨がありアウシュビッツの体験を秘めていた。

 以前にこの映画を見たときの味わいは、ユダヤ人ソフィーの悲しみであると解していた。彼女はユダヤ系のポーランド人で、強制収容所へ二人の子どもと連行されたとき、そのうち一人を助けるとドイツ兵に言われ、その「選択」に苦悩するというテーマだとなんとなく記憶していた。ところが今回見直して、その「読み」が大きく過っていることに気づいた。

 ソフィーは嘘吐きだった。彼女の父は高名な大学教授でユダヤ人を助けようとした人物だとソフィーは語っていたが事実はそうではなかった。父も彼女もカトリックでむしろユダヤ人を排斥する側にいたのだが、ドイツ軍は詳細を調査することなく父を連行し、彼女もまたソーセージを闇市で買ったことを理由に強制収容所に入れられたのだ。この事実を最初ソフィーは隠している。

 ブルックリンのアパートでソフィーが喧嘩をしていた相手ネイサンは、ユダヤ人で大手の製薬会社に勤める研究者で、同棲をしている。そのネイサンが興奮して叫ぶ言葉「わかるかソフィー、俺たち死ぬんだ」が深い意味をもっているのだ。ネイサンはナチの犯罪を許すことができず、しかも分裂症をかかえこんでいた。彼が語る製薬会社の研究員も妄想でしかなかったのだ・・・・・。
ネイサンの部屋へ入ると、ナチ関係の本がいっぱい。ユダヤ人である彼はナチの犯罪が許せないのだ。

 と物語を語ってもきりがない。原作が複雑に入り組んでいるのを少し端折って映画化したのだろう。いくつか理解しがたい部分がある。そういうことが重なって最初に見た、被害者のソフィーという理解になったのだろう。むろん、その部分はあるのだが、それほど人生はすっきりと割り切れない。囚人となったソフィー自身がかかえこんでいた「負い目」、のようなものが映画全編にざらっと流れている。それが見るものを息苦しくさせる。

 終わって深夜ニュースを見ると、社保庁の失態を追及する特集が流れる。そこに出てくる人物の間の抜けた感じがどうしても不快となる。



来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2007-06-26 08:12 | わが心のシーン | Comments(0)

道踏み分けて

「湖の琴」

朝、敦賀を発って品川へ向かう。梅雨独特の長い雨が降り続けている。
駅のホームから四方を見渡すと低い雲がたれこめていた。特急白鷺は敦賀を出るとすぐ深い山道に入る。その名も深坂道だ。隋道を抜けると塩津の浜がいっとき見え琵琶湖が遠望できる。

さらにトンネルを抜けると余呉湖へ出る。雨があがって湖面が美しい。ここの水は人間の悲しみや喜びの涙で出来たという。別名鏡の海といわれる。ここを舞台に水上勉が「湖の琴」という美しい物語を書いていた。私は読んでいないが母は知っていて、昨夜その物語を聞いた。

この湖のほとりに三味線の糸の職人が住んでいた。三味線糸や琴糸の名産地で、余呉湖の水で洗われる糸はいい音色を出すと言われていた。職人の名は宇吉。そこへ糸とり女さくが雇われてくる。素朴な男女は互いに慕うこととなる。やがて宇吉に金沢の連隊から呼び出しがかかる。兵役で彼はこの美しい土地をしばし離れた。その間に、女の身の上に思わぬことが起こる。

京都から有名な長唄の師匠がやって来たのだ。彼はさくの美しさに魅入られて一つの曲を書く。それが縁でさくは京都の師匠の家へ引き取られることになる。宇吉と間を裂かれたさくにさらに不幸が襲いかかる。それを苦にして、さくは宇吉と結ばれた後姿を消す。彼女は宇吉がくれた琴糸で首をくくるのであった。・・・

次の朝、余呉湖にさくの亡骸を抱いて鏡の海へと入ってゆく姿があった。

この話を聞いたとき不思議な思いがした。2ヶ月ほど前、文楽太棹の鶴澤清治さんに文楽三味線の糸の存在を教えてもらったばかりだからだ。太棹の奏法は激しい。象牙のバチで糸を思い切り弾く。一番太い一の糸ならともかく三の糸などは鋭く高く振動して今にも切れそうだが切れない。これは絹糸を幾重にも撚り合わせていて見かけ以上に頑丈だという。ただし、この糸を撚り合わせる技術は全国でただ一つしかない。それは湖北、木の本辺りにいる職人だけだ、ということを清治さんから教えられたばかりだったのだ。

余呉湖の鏡の湖面を見ていると、繊細で強い太棹や琴の糸が生まれてくるふるさと――という言葉に納得する。

水上勉は若狭の人だから、私のふるさと敦賀や越前のことをよく描いているが、隣接する滋賀県にまで目を配っているのには驚く。それを母に言うと、比良山系の山を越えればすぐ若狭。鯖街道の走る道だから、水上勉にはけっして遠いところではなかったはずという答えであった。なるほどと思って「湖の琴」にあたってみると、糸取り女さくは若狭の山奥の貧農の家からやって来ていると書かれてあった。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2007-06-25 15:25 | ふるさとへ | Comments(0)

新興俳句

日野草城について
c0048132_1623810.jpg


草城は父が俳人であったこともあって高校時代から句作を始めている。京都大学の学生時代に「京大三高俳句会」を結成している。ただし彼は法科の学生だ。頭角をすぐ現しわずか21歳のとき「ホトトギス」の巻頭句に選ばれる。
大学を卒業後、住友系の会社に入り順調に出世していった。昭和4年には28歳で『ホトトギス』同人となる。つまり幹部になったのだ。虚子門下でも優等生だった。
昭和6年、大阪の旧家の長女政江(後に晏子となる)と結婚する。やがて長女温子も生まれ恵まれた環境にあった。

その草城が昭和9年に衝撃的な連作を発表する。新婚初夜の男女を描いた「ミヤコホテル」。ただし、これはあくまでフィクションだった。吉井勇の短歌にインスパイアされて創作したのだ。

「枕辺の春の灯は妻が消しぬ」
 「をみなとはかかるものかも春の闇」
 「ばら匂ふ初めての夜のしらみつつ」
 「永き日や相ふれし手はふれしまま」

今読むと、こんな作品のどこが露悪かエロかと思うが、当時は軍国主義にまっしぐらに日本が突き進む時代、草城の句は不穏当に思う輩が俳壇文壇にいた。前者が中村草田男、後者が久保田万太郎だ。さらに草田男の背後には虚子がいた。この事件を契機に、草城は有季定型を頑なに守る虚子から離れてゆく。

昭和10年に、「旗艦」を創刊した草城は無季俳句を唱え新興俳句の先頭に立つ。
翌11年、2・26事件が起きた年で、この年草城は「ホトトギス」から除名される。このときに除名されたもう一人が杉田久女だ。といって、草城は左傾化していたかというと、どうもそうでもないらしい。今回購入した『新航路』(昭和14年)の冒頭に掲げた遠征と言う連作には軍国主義が濃い。
「すめらぎのみいつかしこみいのちありぬ」
「一人また一人隊伍の友消(け)ぬる」
「氷雪のかなしき機関銃と寝る」

こういう句には季語は無用となる。このあたりが後世に草城の評判が良くないとされるところだ。彼の新興俳句運動というのは限定付のものでしかないという評価だ。
昭和15年2月から3回にわたって「京大俳句」の主要メンバー計15名が特高警察に検挙されるという事件が起こる。悪名高い「京大俳句事件」だ。「京大俳句」は草城が作った京大三高俳句会の後身だ。そのメンバーの平畑静塔ら中枢10数名が検束されたにもかかわらず、草城には咎めがいっさいない。この辺りに何かを感ずるが、私の考え過ぎだろうか。

戦後の草城の境遇はさらに一変する。敗戦の翌年昭和21年に、肺結核にかかるのだ。それから10数年病に臥せることの多いくらしとなる。このときに俳句の境地を開いて、境涯俳句というものを確立させていった。

ながく評価の低かった日野草城を、復本一郎は近年再評価したと知った。その本をいずれ手に入れて読んでみたい。

朝からの雨は豪雨となってきた。屋根をたたく雨音が尋常ではない。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2007-06-24 15:57 | 登羊亭日乗 | Comments(0)

草の雨

c0048132_9331321.jpg
草の雨

草の雨を布団の中で聞いている。朝から雨だ。草や花を慰撫する6月の雨が降っている。
体が重い。さすがに2日半京都で教えてくると体にこたえる。特に前期の映像メディア論Aは実際の番組制作なので体を動かすことが多い。二十歳前後の若者に混じってそのときは動いていても、後になってどすんと疲労がたまってくる。

昨夕ふるさとへ帰って来た。母の料理「にしんなすび」とさざえを食べて、CSスーパードラマチャンネルで「刑事コロンボ」を見る。このところ行動パターンが出来ている。
8時過ぎ、裏で母が呼ぶから何だと思ったら蛍だった。蛍が2匹小川の上をゆっくり飛んでいた。一昨日の雨で5匹いた蛍が減ったと母は言う。2匹でもいい。今年初めての蛍だ。かそかな光は見ていても飽きなかった。

三条の京阪書房で日野草城の著作を購入した。昭和15年、戦前の書で『展望車』と『新航路』という第一書房の美装本が2冊で1500円だ。得をした気がする。草城は京大出身の新興俳句の中心人物だ。ゆかりの地で入手できたことも嬉しい。その『展望車』を寝転がって読んでいるうちに眠ったらしい。

たしか、母も布団に入っていたと思ったが、11時20分過ぎになるとごそごそ起きだしてテレビの前に座った。何だと聞くと、「春のワルツ」が始まるからと答える。「もう少し早い時間に放送がならないかな」と独り言をつぶやく。
ドラマの音声だけを私もうつらうつらしながら聞く。私はこのドラマは一度全部見ているから音でどのあたりの話か見当がつくのだ。

 そして今朝だ。町内会の草むしりということで9時前に母は出て行った。あまり無理をするなよと言っても、近所づきあいが大事だといそいそ出かける。私は『展望車』の続きを読む。雨で静かな日曜日、遠くでカラスが寝ぼけたようにガアガアと断続的に鳴いている。庭の紫陽花が雨に濡れて美しい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2007-06-24 09:33 | ふるさとへ | Comments(0)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧