定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

<   2007年 03月 ( 51 )   > この月の画像一覧

春のおとづれ

春のおとづれ

麓のソレイヤードで飲んで、今家に帰ってきた。ほろ酔い加減だ。
いつもは恐くて夜は歩けないツヴァイク道を放歌放吟して登ってきた。ああ気持ちがいい。八海山が体をめぐって気持ちがいい。シラスの釜揚げしたものと葉っぱ(何と言う名前か知らない)を和えたサラダがとても美味だった。もう一品は太刀魚の揚げたものだった。

晩飯代わりに町の飲み屋(と言っても大磯ではここぐらいしかない。後は値段の高い店ばかりだ)で熱燗をひっかけながら、星新一の伝記を読んだ。

今夜、放送だが、大磯の私には本放送は見られない。地方のみなさんに楽しんでもらうだけだ。その意味で先週の「あしたのジョー」のような緊張感がない。むしろ、一仕事終わった安堵感のほうが大きい。

 大磯という町は不思議な町だ。12年間住んだというのに、友達もいなければ馴染みの店もできない。でも、そのほうがサバサバしていて気楽だ。今夜も手酌で飲んでしたたか酩酊した。お勘定をして店の外に出ると、いい具合におぼろ月夜。

狐が出そうなツヴァイク道を、小柳ルミ子の「春のおとづれ」を歌って帰る。
♪春のなぎさを二人で行くわ 砂に足跡残しながら・・・
この歌はボーイフレンドを父に会わせるために連れてゆく女の子の心境を歌っている。
ちょっぴり異国にいる娘のことを思った。もし、あいつが男を連れて来たら、俺は意地でも絶対に反対しないぞ、と。当人が好きだと思ったらそれを絶対的に俺は支持するのだ。それが出来なかったら、俺の今までの人生は崩れてしまうから。なーんてことを、酔いにまかせて心の中で毒づいてみたりして・・・。愉快、爽快、酒は限界。

 山道を上がりきって、立ち止まると、私の長い影法師があった。振り仰ぐと大きな朧月。
映った影はトートバッグを右手にビニール傘を左手に持って立つ中年男だった。比較にならないことは知ったうえであえて言うと、荷風大人みたいだった。なんだか無性に可笑しかった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2007-03-31 20:09 | Comments(0)

家笑う

家笑う

久しぶりに大磯に昨夜もどった。駅からゆっくり歩いてもみじ山を登った。朧な月が出ていた。夜道が明るい。山の新鮮な空気をいっぱい吸い込んで登る山道は楽しい。

坂を上がりきってわが家の前に立つと、家が笑っているような気がした。わずか10日の不在だが懐かしい。やはりうちが一番だ。
c0048132_1194040.jpg



今朝はゆっくり目覚めた。空は曇っている。花ぐもりか。小鳥の声が聞こえてくる。

寝床の中で多忙だった10日間をぼんやり思う。体の節々が張っていることに気づく。やはり今回の繁忙は59歳の体にはこたえたようだ。今日、明日とこの大磯で英気を養いおとなしくしていよう。明日、夕方になったら都心へ出て、週始めの仕事の準備にあたろう。それまで、好きな俳句の本と小津の映画でも見てだらだらと過ごすつもりだ。

忘れてはいけないのが山桜だ。ツヴァイク道の途中竹やぶに囲まれるようにしてある一本の桜。あれが今年も咲いているか見届けたい。

のろのろと起きて新聞を取りに行く。パジャマにフリースを羽織ったままの自堕落な格好だ。読売の誌面を広げテレビ欄をチェック。当然だが、関東版のテレビ欄には「ようこそ春のワルツへ」は記載されていない。他の地域の新聞にはきちんと載っているのか少し気になる。

見上げると、桜があった。我が家の前にあるみすぼらしい桜だ。この木は葉だけのほうが美しい。人にもそういう生き方があるかもしれない。花のときはたいしたことがなくても、葉の季節になれば美しいと。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング


c0048132_1110233.jpg

[PR]
by yamato-y | 2007-03-31 11:03 | 登羊亭日乗 | Comments(2)

ついに完成

雨降って地固まる

4時前、「ようこそ『春のワルツ』へ」の最終試写を終えた。番組がよくなっていた。
ぐんと、番組の魅力がアップした。前回のバージョンではソ・ドヨンさんとハン・ヒョジュさんの会話と日本側ゲストのトークがうまく噛みあっていなかったが、今回はそこがぐんと滑らかになった。微妙な音のこぼし方が前回は出来ていなかったのだ。
 さらに、音声レベルが全体にアンダーだったのを、新しいミキサーはぐいっと持ち上げてくれた。ドヨン王子の歌声も前より心なしか甘く聞こえる。

終わって、私はディレクターと効果マンに有難うと礼を心から言った。おそらく二人はこの3日ほど辛い思いをしたことだろう。それにめげず、頑張っていい音に仕上げてくれた。

2月中旬から始まって今日まで1ヵ月半、Iディレクターは実に誠実にこの番組に向き合ってくれた。放送は家でゆっくりブラウン管の前に座って見てくれと言っておいた。家庭用テレビで見ることはディレクターにとって大切なことだ。業務用のスピーカーやモニターで見るのと、家庭用ではずいぶん違うのだ。

さあ、「春のワルツ」のファンのみなさん、お待たせしました。いよいよ、明日夜放送されます。きっと45分間、楽しんでいただけると、私は思っています。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

追白:番組の送出登録をして西口玄関まで来ると、宮本アナと会った。無事、番組が出来上がったと報告をすると、「最後の日に嬉しい話です」と微笑んだ。
そうだった。彼は明日の3月31日をもって定年となるのだ。本日の金曜日が一応正規出社の最後となったのだ。2年前の自分を思い出した。
外は満開の桜。宮本っちゃんの前途よ幸あれだ。
[PR]
by yamato-y | 2007-03-30 16:39 | 冬のソナタの秘密 | Comments(12)

朝出

朝出

今朝は8時に出勤した。「ようこそ『春のワルツ』へ」の改編作業のためだ。ちょうど雨が強くなりはじめたときだったのでずぶ濡れになった。


冷たい雨なので、桜を散らすのではと心配したが10時を過ぎるとやんだ。多少、花びらが地に落ちたがなんとか姿は保たれている。

 オフィスに出ると、植木さんの情報が次々に入ってくる。関係者に電話を入れて情報を整理してゆく。昨日のスポーツ紙にでかでかと、特集番組が放送されると掲載され、その波紋が広がっているのだ。

 9時、センターMAルームに行く。ディレクターとミキサーたちはもう入っていて機材の準備はできていた。5分ほど遅れて音響効果マンがやってくる。どうやら、徹夜したらしい。「春のワルツ」特番の音入れ替えのために、寝ないで音声素材を作ってきたのだろう。

 ミキサーはこの番組を見るのが初めてなので、全部見たいということで、通しで試写することにした。
 私としてはアタマ15分がぎくしゃくしていると感じたので、15分過ぎに試写を停めようと思ったら、ミキサーが最後まで見せてと言う。どうやら、中身に興味をもったようだ。これはいい。この番組が面白いと思ってくれたことではないか。

10時前、一通り見たあと、私からスタッフへのお願い、改善点などを指摘して、作業に取り掛かってもらう。おそらく出来上がるのは午後3時過ぎとなるだろう。それまで、私は植木さんの案件で関係各所と折衝にあたることにして、MAルームを出た。

「ようこそ『春のワルツ』へ」は明日放送なのだ。そのぎりぎりまで手直しをしている。我ながら呆れる。それにしても、眠い。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
c0048132_1330502.jpg
昼休みに公園へ行って、桜を空ぬきで撮った。弥生尽の空だ。
[PR]
by yamato-y | 2007-03-30 11:55 | 冬のソナタの秘密 | Comments(0)

秋でもないのに

秋でもないのに

このブログの初期にマイフェバリットソングというのをシリーズで書いていた。
私の好きな歌の数々を書いたのだ。久世光彦の「ラストソング」を真似したのだ。
最近、書いていないが、今夜はちょっとその領域にはいってみよう。団塊のセンチメンタルイベントだ。

桜が咲くこの時期は、ちあきなおみの「花吹雪」がぴったりだが、これはそれなりの長い説明を要するから今夜はパス。
代わりに、本田路津子の「秋でもないのに」を提出しよう。

秋でもないのに 人恋しくて 淋しくて 黙っていると
誰か私に 手紙を書いて、書いているような
故郷もない私だけれども どこかで呼んでる、そんな気がして

うろ覚えの歌詞だ。特に後半は危ない、正確でないかもしれない。でも、この歌はいい。時々機嫌がいいとき口に出てくる。誰か私に手紙を書いているような、というせりふにうっとりする。

話は違うが、大江健三郎の『静かな生活』に登場するマーチャンは健気だ。障害をもつイーヨーをかばって一人奮闘するのだ。そんなとき湯気をしゅっしゅっと立てながら、「なにくそ、なにくそ」とがんばる。
今、私はそんな心境だ。思いもよらない仕事の洪水に悲鳴を上げそうだが、がんばってこの難局をこらえてみようと思っている。なにせ、普段ならすぐ弱音を吐く私で、息子や娘にも負けてしまうぐらい、こらえ性がない私が、今回の仕事の洪水を「なにくそ、なにくそ」と言って乗り越えることができるか。

こんな私が一歩ずつ前のめりで歩くことができるのは、マーチャンの「なにくそ、なにくそ」だ。私は大江文学によって励まされることが実に多いと、あらためて思う。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2007-03-29 22:21 | マイ・フェボリット・ソング | Comments(0)

花の時間

大磯へ帰りたい

桜がきれいだ。放送センター西口の前にある小公園の桜が八分咲きになっている。
今年はまだ冷たい雨もないので、花はしっかりついて咲き誇っている。都会のこの桜を見ていると、大磯の桜が気になってしかたがない。

 本日で1週間ほど都心で過ごしている。「あしたのジョーの、あの時代」が先週末放送だったこと、今週末に「ようこそ『春のワルツ』へ」の放送が予定されていることが重なり、作業が深夜におよぶことがたびたびで、大磯へ帰る機会を失しているのだ。

 さらに、来週の日曜日に植木等特番を急に作ることになって身動きがとれない。
おそらく来週の日曜日まで待てば、大磯の花は散るにちがいない。冗談じゃない。大磯の山桜を見逃しては春を一つ損した気になる。

今年は暖冬で花が早いと思われたが、三月はそれなりに寒さがあっていつもと同じ花の時期をむかえた。普通の開花だ。大磯は都心より2度ほど温かいから、もう満開ではないだろうか。高麗山の麓に点在する桜、高田公園の桜、なによりわがもみじ山の、ツヴァイク道の脇にある山桜、その桜たちが気になってしかたがないのだ。

病床にあった檀一雄が木枯らしを聞きながら、春になって「花に会う」まで生きていたいと願ったように、私も大磯の桜に会いたい。

 「春にそむいて散る花びらを」と、題名は忘れたが西郷輝彦が歌った歌謡曲の一節が頭を過る。さらには浅野内匠頭の「風さそう、花よりもなほ・・・」の辞世も浮かぶ。井伏の「花に嵐のあるたとえ」も出てくる。ああ縁起でもない。なんとか時間を作って大磯へ帰らなくては。花の時間は気まぐれだ。昨日まで愛想よく咲いていても氷雨でも来ればイチコロ。林芙美子の「花の命は短くて」の言葉まで思い出してしまった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2007-03-29 06:22 | 登羊亭日乗 | Comments(1)

散り散りに

散り散りに

今夜、植木さんの関係者と会った後、タケ先生の診療所に行った。このところ多忙で体が疲れていると自覚していたが、案の定腰が張っていると先生から指摘された。いいとはいえないが、あなたは忙しいほうが精神は張るから、この兆候とうまく付き合っていけばいいのではと、嬉しいアドバイスをくれた。

それから久しぶりにゴールデン街のとんぼに行くと、先輩のTさんと昔からの友ウメさんがいた。帰ろうとしていたウメさんに会うと、ずいぶん喜んでくれた。紙芝居いつも読んでいるよと、声をかけるウメさん。なんのこっちゃと思ったら、どうやらこのブログのことらしい。現役をリタイヤしたウメさんはこのブログ記事を”楽しみ”にしていてくれて、時々読んでいてくれるそうだ。お世辞と知ってもうれしい。
久しぶりに会ったウメさんは、少しからだが不自由であった。「パーキンソン病の4段階のうち3段階なんだ」とあっけらかんと言う。私は言葉を失い、なんと声をかけていいのか迷った。

人生の末路が分かっているから楽なもんさ、そこへ行くとあなたはこれからが分からないから不安だろうと、けなげに冗談を言う。もし、この記事をウメさんが読んでいたら、おいらは心配しているんだよって言いたい。でもなあ、明るく振舞うウメさんにそんなシケたこと言えないじゃないか。

かつては、いろんなガールフレンドを連れてきたくせに、定年となるとばったりだねと、おいらのことをウメさんは冷やかす。するととんぼママが、ウメさんは自分の体験を語っているのよと、慰めているのか、揶揄しているのか分からないリアクションを一発いれる。そうだ、年をとってくると。同性も異性も友達がだんだん少なくなるのだ。
久保万の句を、私はウメさんに伝えた。
竹馬やいろはにほへとちりぢりに

ちりぢりはさみしいが、それもまた「サヨナラだけが人生だ」。センチメンタルな私は明け方に会えなくなった人を思うと、眠れなくなることがよくある。これから年をとるにつれ、ますますそういう時間が増えていくのだろうか。

今気がついたのだが、タケ先生、ウメさんとくりゃ、ミズマツが加われば、まつ、たけ、うめ、の松竹梅だ。
そうか、某プロダクションのマツ女史を今夜呼べばよかったかな。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2007-03-29 00:05 | 魂のこと | Comments(2)

植木等さんの死

植木等さんの死

9時前、渋谷駅前の交差点を走りぬけているとケータイが鳴った。出ると、報道局からで植木等さんが亡くなったと伝えてきた。
1年前の私が制作した番組についての問い合わせだった。

近年、健康がすぐれず鳥取の病院で療養することが多かったことは知っていたが、まさかこんなに早く植木さんが逝かれるとは思いもよらなかった。
このブログで植木さんの死を書くとは思いもよらなかった。

今朝、蕾だった桜が夜になってほころんでいた。東京は本日桜開花となった。この日、植木さんは往生されたのだ。

植木さんの番組を私が作る契機は、私が長男のヒロシさんと友達だったからだ。ヒロシさんとは25年来の友達だ。彼は作曲、編曲家で、私が子供音楽番組を担当しているときからの付き合いだ。独立心の強いヒロシさんは植木ジュニアと呼ばれるのを嫌って、いっさい他言しなかった。だから、私も植木さんのことを持ち出すのは遠慮していたが、1昨年久しぶりに会ったときヒロシさんに父上のドキュメンタリーを撮らせてもらえないかと頼むと、あっさり「いいですよ、父に話をしてみましょう」と答えてくれたことから始まったのだ。

私の番組は長いものとなったが、出来上がったとき、植木さんはずいぶん高く評価してくれたことが、今も心に残っている。

今、9時のニュースが放映されている。植木さんの自分の人生を振り返った言葉が最後に流れた。
「夢を食い続けた男、それは僕ですよ」

植木等さんのご冥福を祈る。合掌。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2007-03-27 21:33 | 賢者の面影 | Comments(0)

国際化する大伴昌司

国際化する大伴昌司

本日、品川でルクセンブルグ人と会食した。私と大伴の母上、ルクセンブルグ美術館学芸員ビョルン・ダヒストロム氏、通訳シマ・プズーさんの4人だ。

現在建設中のルクセンブルグ国立現代美術館が、5月にオープニング展覧をする。テーマは「ツモロー・ナウ」。現代美術のあれこれを陳列することになっていて、その中に大伴昌司の「怪獣解剖図」を陳列したいと申し入れてきたのだ。

詳しい話を聞くため、私と母上がダヒストロムさんとパシフィックホテルで会ったのだ。
私は大伴の原画数枚と怪獣図鑑を持っていった。彼が借りたいと言っている作品は、少し見当違いをしているように見受けられたので、その意識を訂正してもらうためだ。

彼はニューヨークで開かれた「リトルボーイ」展のカタログを見て、大伴の作品に関心をもっていた。だが、その作品は大伴ワールドの本質を示しているとは思えず、私はバルタン星人とカネゴンの大伴解剖図を用意した。

テーブルの上に図を広げると、氏の目つきが変わった。そして、「怪獣図鑑」を手にとると、次々にページを繰った。素晴らしいと、ため息をついた。大伴の作品にはユーモアがありヨーロッパ文化とも相通ずるものがあると、氏はいっきに語った。

それから2時間、昼食をとりながら日本の現代文化について意見を交換した。母上が97歳で元気に活動していることに敬意を表するとともに、戦前からの女性ジャーナリストと知って、さらに子息の大伴昌司への関心を深めたようだった。

ダヒストロムさんは明後日私のオフィスに来て、レンタルしたい作品を決めて保険金額を確定することとなった。

大伴はアメリカのみならず、ついにヨーロッパでもお目見えすることになる。今、パリのオペラ座で歌舞伎が上演されて評判をとっているが、大伴の怪獣がヨーロッパのルクセンブルグでも話題になるのは必至だろう。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2007-03-27 15:23 | 大伴昌司の遺産 | Comments(0)

楽に番組は出来ない2

お膳返し

6時から始まった「ようこそ春のワルツ」の最後の通し試写でハプニングがあった。
週末、ナレーションや音響効果も入り、本日は最後の字幕テロップを入れて仕上がりの予定だった。安心していた。
ところが始まって、私はだんだん苛々してきた。音声が滑らかでないのだ。話がぷつんぷつんと切れている。話題にのめりこもうと思っても登場した人たちが離れてゆくのだ。
明らかに、週末の整音作業が失敗していると、私は感じた。

7時前、試写は終わり部外の人たちにはお礼を言って引き取ってもらった。内部のスタッフだけになったとき、私は爆弾を落とした。「やり直し」
これでは期待していてくれるファンに顔向けできない。なぜこうなったかの原因はうすうす分かっているがあえて言わない。でも、そこを取り除いて新しいバージョンを作ろう。経費が余分にかかるのは仕方がない。その賠償については、別途私は要求しに行くから、ひとまず本番組のことをどうしたら良いものになるかに、知恵を振り絞れとスタッフに檄を飛ばした。

放送は今週の土曜日、目前だ。本当ならば、今日で仕上がって今頃美酒を飲んでいたはずだったがそうはならなかった。この番組は早めに収録し、編集には時間をかけて来たから少し安心していたが、やはり土壇場で難所が来た。どんな番組にもある。楽をして番組が上がることはまずないと分かってはいたが、やはりショックだ。

今は年度末で、スタジオなどは空いていないだろう。おそらく直しはリソースが日中空いていないから真夜中になるだろう。また半徹夜が始まる。と言ってもぐずぐず言う暇などない、放送は今週に迫っている。

先週末、この番組が関東地方だけ定刻に放送できないと聞かされた。これもショックだった。全国の待っている人たちに届けたいと願っていたのだが、放送計画が一部変更になったのだ。悲しいが、私たち現場はそれを現実として受け止めて粛々と作業をやるのみだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2007-03-26 19:57 | 冬のソナタの秘密 | Comments(7)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧