定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

<   2006年 11月 ( 69 )   > この月の画像一覧

恋をすると人はなぜ不安になるのか

ユン監督の清水詣で
c0048132_17572375.jpg



話し合いの後、秋晴れの京都をユンさんは散策したいと言った。1996年に一度訪れたがその後来日しても機会がなかったので、ぜひ紅葉の京都を見たいというのだ。通訳の厳さんらとともにユンさんは清水寺に行くことにした。

秋の京都は観光客でいっぱいだ。清水坂下まで車でたどり着けず、別道から歩いて三年坂に入り清水の舞台を目指した。ユンさんはカメラをぶら下げていて、面白い画をみつけるとすぐ撮影する。途中、うどん屋に入って遅い昼食をとった。監督は「月見うどん」と日本語で注文する。わたしらが鰊そばを頼むとそれはどういう味がするのかと、すぐ聞く。

御山の頂まで上がる頃には秋の夕暮れになっていた。斜陽がまぶしい。ぞろぞろと清水の舞台へ進む。ここには監督はそれほど関心がないようだ。むしろ眼下の紅葉に目を奪われていた。おかしかったのは、その後だ。
本殿を抜けて裏へ回ったところに地主神社の境内があって、若い女性らで賑わっていた。ここへ行って見たいと言うので立ち寄ることにする。若い女の子が目を閉じてよちよち歩いている。ユンさんは珍しそうに眺める。

実はここは恋占いの名所なのだ。境内に一対の石があって、いつからか「恋占いの石」と呼ばれるようになった。奥にある一方の石からもう一方の石へまで目を閉じたまま歩いて無事にたどり着くことができれば恋がかなうという伝説が出来たのだ。室町時代の「清水寺参詣曼荼羅」には「恋占いの石」らしきものが描かれているから、この信仰はかなり古い。

たまたま居合わせた若い女性はうまくいかず失敗した。目を開けてその娘は口惜しそうな顔をする。それを監督は楽しそうに見ている。その子が再び挑戦すると、その後ろについて歩く。心配そうにかつ楽しげに、若い女の子を観察している。

監督がふと呟いた。「人間って、恋をするとどうして不安になるのでしょうね」


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

c0048132_17573558.jpg
c0048132_17574772.jpg

[PR]
by yamato-y | 2006-11-30 17:55 | 冬のソナタの秘密 | Comments(0)

リアルとファンタジー

リアルとファンタジー

昨日、ユン監督とドラマの手法ということについて話し合った。1時間以上に及ぶ論議はとてもエキサイティングなものとなった。その中でも心に留まった話を記しておく。

ユンさんはドラマという手法で映像表現してきた。私はドキュメンタリーという方法で映像を制作してきた。この2種類の手法の差異を痛感するエピソードを、ユンさんから聞きだした。

ある情景と出会ったとき(もしくは考えたとき)、ユンさんはそこにファンタジーを盛り込むように作ろうとする習性が自分にはあるという。人を励ますか人の心を純化させるようなイメージを作り上げたいと語る。ここでのイメージというのは心象まで昇華した“映像”を指していると思われる。

例えば、「冬のソナタ」のある場面についてユンさんはこう語った。タイトルバックにも使われた高校時代のチュンサンとユジンの雪のシーンを作るときのことだ。シナリオ作家の原稿には、「雪の中で二人戯れる」としか書かれていなかった。そこでユンさんが考えて“演出”したのが雪だるまを作って小鳥のように可愛いキスを交わすことだった。

ユンさんはこう考えた。恋愛というものは当人同士は真剣であっても傍目から見ると幼く見えることがよくある。あの場面で二人はわざと子供っぽいことをしているのではない。一途に戯れると幼く見えるということを表現したのだ。

このユンさんの言葉を聞いて、私は彼の人間洞察の深さに感心した。と同時に、日本の
青春映画のワンパターン現象を想起した。恋人同士が渚で戯れる場面だが、水を掛け合いしているわざとらしいワンパターン演技が以前から気になっていたが、ユンさんの話を聞いていて、あれは子供っぽさしか表すことができていない、恋愛感情の真率さに至っていないということだと腑に落ちた。

ドラマという手法においてユンさんはイメージにファンタジーを盛り込むとの重要さを力説した。
それにひきかえ、ドキュメンタリストとして私は情景を見たときできるだけリアルに見ようとする。リアルにとらえようとする。
この点に、両者の「人生の習慣」(大江健三郎)が異なっていることが分かって、私にはとても面白かった。

 と言っても、二項対立というわけでもない。リアルに見ようとする私は、情景の中でこれが本質だと「解釈」して、その対象を見ているのだ。けっして透明人間でもなければ神様でもなく、その現場にいる者として対象を私自身というフィルターを通して見ているのである。映像は純粋客観ではなく、私という主観を通して切り取られた現実(ドキュメント)だ。そこから、ユンさんのファンタジーを盛り込んで表現するという地点までそれほど遠くもない。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2006-11-30 14:46 | 冬のソナタの秘密 | Comments(0)

大阪の町も変わった

大阪の町も変わった

昔、梅田で仕事をしていたから阪急界隈についてはかなり土地鑑があると思っていたが、久しぶりの梅田はまったく変わっていた。30年のブランクはやはり大きい。

梅田コマあたりががらりと変わっていた。まずコマそのものがなくなっていた。その代置として梅田芸術劇場が出来たのだが、それはガードをくぐって茶屋町のほうにあった。ここを梅田というのは無理があるなあと思うが、今の大阪の土地鑑ではそれほど外れてはいないらしい。

「冬のソナタミュージカル」大阪公演は昨日で無事終了していた。私は特別協力者として一応コマスタジアムの担当の方にあいさつした。客の入りは正確にはプレイガイドが扱っているので、帰京してから確かめることにした。ユン監督とスタッフは隣の阪急インターナショナルホテルに宿泊している。

劇場を出てから東梅田にもどる。途中で古書店街をみつけた。大阪にこんなにたくさんの古本屋が並ぶのは初めて見た。いつもミナミの天牛書店ばかりだったから嬉しい。そこで織田作の本を数冊と林火と波郷の句集を購入。富士正晴の珍しい本や蓮田善明の初版があったがちょっと高くて手が出なかった。

阪急東通まで帰ってきて、お好み焼き屋に寄る。イカ玉をソースたっぷりで食べる、うまい。昼時だったので店内は満員。サラリーマンがお好み焼きをおかずにしてライスを食べているかと思うと、その隣には赤ん坊を連れた若い夫婦がいる。退屈した赤子は大きな声で泣き喚くが、誰も頓着しない。野球帽をかぶった従業員のおばちゃんたちはちゃっちゃかと動く。時々客席を回って、お好みをコテで器用にひっくり返す。私は彼女らの目を盗んで鰹節を具の上にいっぱい降りかける。匂いつけでソースを鉄板で焼くと、「お客さん鉄板が傷みやすくなるのでやめて下さい」と注意される。見ていないようで、ちゃんと見ている。
店を出てから曽根崎天神のほうへぶらぶら歩いて行く。途中吉本新喜劇の看板を眺める。地下鉄で南森町まで行って、ホテルにチェックイン。チェックを済ませると、四天王寺まで出た。
夕陽ヶ丘で、日没を浴びて帰ってくる。帰りにたこ焼きを買い、食べながら川風に吹かれる。今日一日、アタマの中は大阪の匂いでいっぱいになった。

さて、明日のユンさんとの打ち合わせや土曜日に開かれるリジョイスの会のことがだんだん気になりはじめた。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2006-11-28 23:53 | 登羊亭日乗 | Comments(0)

取材は不調だったが

昨日の取材は不調に終わった。ちょっと変わったネタを入手できるかと期待したが、取材することが難しいと、相手先から断られた。

このことは想定内であったので失望はしない。というか、その話の軸になる集団は昔から閉鎖的だったからこういうことなのだろうと納得している。

気を取り直して、本日は東へ移動する。今朝はからりと晴れた。美しい冬の朝になっている。
新幹線も順調に動いているようだ。宿泊しているホテルからよく見える。

大阪へ出て、ユンさんのグループに接触する予定。梅田芸術劇場の上演状況を確認するのだ。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2006-11-28 09:05 | Comments(1)

雲の上

雲の上

飛行機が低く垂れ込めた雨雲を突き抜けると、まばゆい光があふれていた。
何かを暗示している気がする。

鋭くはない、ぼんやりとしたメランコリーが心に居座っている。これという原因があるものではない。いくつかの要素が複合して重い気分を形成している。一つ一つの理由はたいしたことはない。少なくとも思い悩むほどのものでない、ということぐらい自分でも分かっているのだが、晴れやかな気持ちに統合しようとしても、それぞれが勝手に動いて混乱というか波立ちは収まらないのだ。

目下のメランコリーは厚いものではなく、これを突き破ればまばゆい光の世界があるという予測はつくのに。もどかしいほど、この壁を突き破れない。破れずその壁というか膜の前で、がくりと膝を折っているのだ。

どうでもなれと開き直りたい。まな板の鯉になってみたい。こんなことでうじうじ悩んでいる自分というのは、もっとも唾棄したい自分だ。というか、こういう私が私の中にあるとは思いもよらなかった。

この雲は時間とともに解消されるのだろうか。それとも一つずつ自分で解消してゆくものなのだろうか。時間の問題であるとすれば、その待ち時間にジタバタしているのだからそこを乗り越え、その時間を解消しようと、20キロの歩行禅と日に2回の瞑想を敢行した。

今「瞑想」とうって変換すると「迷走」がでた。まるで今の私を表している。
――飛行機が大きく揺れている。機内放送が「強い向かい風のため、到着が10分ほど遅れる予定」と伝えた。揺れで頭上の収納ボックスがぎしぎし鳴る。不安で体が強張る。なんだいこの程度のことで恐怖を感じていて何がメランコリーだ、と自分をあざ笑うも、揺れは収まらない。手に汗がじわーっと滲む。
「シートベルトをおしめかどうかご確認ください。尚、この揺れは飛行には影響しませんのでご安心ください」とアナウンス。・・・・・

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
      
[PR]
by yamato-y | 2006-11-27 23:48 | Comments(0)

旅に出ている

旅に出た

西に向かって飛んでゆく。着いたところも雨もよい。紅葉がすすんだ山々に霧がたなびいている。

一つだけ、アポをとってある人物に午後2時半に会った。要件は思った以上に早く終わった。
予想していたところも少しあって落胆はしない。こんなものだろうなあという、他人ごとのような感想しかわかない。

電車に乗ってホテルに向かう。午後4時にチェックイン。

ケイタイに3本連絡が入る。うち一つは、内田編集長からだ。「大伴昌司」のシナリオがよく出来ていると褒めてくれた。東京に戻ったら、本格的に実現化の相談をしましょうとのこと。

ミネラルウォーターを3本ぐびぐび飲む。
雨があがって、西から薄日がさしてきた。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
      
[PR]
by yamato-y | 2006-11-27 15:56 | Comments(0)

ひたすら歩いた

瞑想を終えて

やっとパソコンの前に座ることができた。2日来、ブログを書くことができなかった。
ぼちぼちとやっていく。

昨日は、朝10時に家を出た。バッグに下着3枚、タオル3枚入れて、Tシャツにスニーカーというウォーキング姿で東海道に出た。タケ先生に”荒療治”を授けられたので、挑むことにした。
ハーフマラソンほどの距離を4~5時間歩いてみたら、ただし水以外は何も口にしないでとアドバイスされたのだ。

10時過ぎにでたから午後2時過ぎまで歩こう。隣の二ノ宮駅までと東海道を西進した。
11時半に二ノ宮通過。さらに先の国府津まで行こう。
12時半国府津通過。こうなったら小田原まで行くぞ。
ここからが厳しかった。足の裏がじんじんと熱くなって来た。腰がはる。

国府津も小田原市だが中心部までに酒匂川という大河をわたらなければならない。そこまで40分かかった。橋をわたってからも小田原駅まで長い。ひざががくがくし、いささかよろけ気味であるく。

午後2時半、小田原駅到着。べつにかわったこともない。感慨もない。腹もおもったほど減らなかったが、一応ラーメンを駅前で食べた。帰りは電車で大磯まで。

夜はチェーホフの「桜の園」に噛り付いた。
[PR]
by yamato-y | 2006-11-26 10:09 | 魂のこと | Comments(1)

時間の流れ方

長命のこと

山田風太郎は74歳で自分は思いがけず長命をしたと書いている。さもありなん。彼の父も母も40代で死んだのだ、それに比べて長生きしたと感じたのであろう。

私の父の家系は短命であった。祖父は30代、祖母は40代で死んでいる。大正、昭和という貧しい時代であったからもあるが、それにしても短い。父は70で死んだ。当人としては風太郎同様よくここまで生きたという感慨があったにちがいない。酒が入ったときなど本音をもらすことがあった。

父はよく病気をした。小柄だったから人並みに働くと体に相当負担がかかったのであろう。血圧が高かった。ことに冬場は値が上がってしんどそうであった。二タ月に一度、山科小栗栖へ灸(やいと)をすえに行った。これをやると体が軽くなるという。灸の跡に和紙に膏薬を塗ったものを貼り付けておく。これを一日に一度張り替えるのだ。背中だから自分では出来ない。母か私が手助けをすることになる。これが、私には嫌だった。

膏薬の紙を剥がすと、背中の黒い穴からどろりと膿のようなものが出てくる。それをふき取って新しい和紙を張るのだが、体の内側から押し出してくるように垂れる膿を私は嫌悪した。ところが父はこの滲出が気持ちいいらしい。ふきとると、「おうっ」と声にもならない声をあげるのだった。

この快感が最近分かるようになった。タケ先生に鍼灸をほどこしてもらうときに得も言われない快感が体を貫く。これは私が老人になりつつあるということか。

現在58歳。あと一ト月で59になる。思えば遠くへ来たものだ。よく命がつながってきたものだ。小学校2年の初夏、夏休みまで時間が少しも経たないと不満だった。時間の流れが遅いと思っていた。象の時間だ。少しも時間が経たないとうんざりしていた。こんなにゆっくり時間が流れて大人になっていかざるをえないのかと思うと気が滅入った。24歳の春にも時が停滞することを感じた。それ以外の私の人生では時は慌しく流れた。

番組を作り始めると、その制作期間が時間のひとつの単位になった。だいたい1本しあげるのに2~3ヶ月かかる。5本ほど作ると一年が終わる。一年経つのが半年ほどと感じた。蟻の時間だ。そういう蟻の時間感覚でこの30年の月日が流れた。

定年後、時間は遅くなったり早くなったりして一定ではない。このあと、私の時間は蟻の時間になるのか象の時間になるのか、どっちだろうか。
風太郎は老化についてこう言っている。60代はゆるやかなカーブを下がってゆく感じだが、70代になると階段状になる、と。その階段も1年ごとでなく、一ト月ごと、いや一日ごと老化してゆく感じと書いている。ということは、50代の私が感じている老いなんて、まだまだ“若い”とうことになるらしい。

さて週末となった。今朝TSUTAYAで返却に行ったら、ついまた借りたくなった。邦画を2本。「真昼の暗黒」と「復讐するは我にあり」。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
      
[PR]
by yamato-y | 2006-11-24 11:33 | Comments(0)

尻すぼまりのドラマ

尻すぼまりのドラマ

つい最後まで見てしまったが、いつも同じ感懐をもつ。「ああ、やはり最後は尻切れとんぼだな」って。人気テレビドラマ「家政婦は見た」だ。

今日も、舞台はIT産業の裏側という設定はうまいと思ったが、途中からシンガポール現地妻の話になり、その愛人をジュディ・オングが演じていると分かった頃から物語の雲行きが怪しくなった。せっかく、IT産業のアジア戦略攻防に、どんなエピソードをもってくるかと思ったが、つまらない隠し子騒動で終わった。

これは脚本の柴英三郎が現代をとらえきれないということだ。このベテランのシナリオ作家はせっかく現代的な課題が与えられても、古臭い人間関係に落ちてしまう。

ただ、物語る力はうまく前半は引きずりこまれるのだが、1時間ほどのところから緊張感がほどけてしまうのだ。実は、こういう尻すぼまりの終わりになるかもというのは予感していた。ここ数回見たこのシリーズがいつも出だしは好調だが最後は面白くないというか、矮小化された終わりになるのが多いのだ。

元の松本清張の原作「熱い空気」はめっぽう面白いが、テレビドラマはその設定にのっているだけで、物語としてはなかなか詰めきれないのだ。なんとなく見終わって時間を無駄にしたと愚痴を言いたくなる。

これと同じ傾向が、森村誠一のミステリーにもある。森村の語り口が粘っこくて、世の中に対する暗い正義感が渦巻いていていつも最初は期待するのだが、最後はご都合主義的偶然で処理されることが多い。

「家政婦」も森村ミステリーも、両方ともすぐ手を出したくなる何かがある。またどうせ裏切られるだろうと思ってはいても、新しい作品が出ればつい見たくなり読みたくなるのだ。

このドラマは配役がいつもいい。言うまでもないが、主人公石崎秋子家政婦は市原悦子以外に考えられない。だが最近は妙に訳知りで頭のいいキャラクターになってしまった。初期の、都はるみの歌が好きなちょっと世を恨んでいるあのキャラクターの彼女に戻ってほしい。さて、今夜はビスコンティの「ルードビッヒ」を見なくてはならない。8時から4時間の大作だ。前から知っているが、きちんと観るのは今夜が初めて。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2006-11-23 17:42 | テレビって何だろう | Comments(0)

藤沢周平の新しい小説

藤沢周平の新しい小説

周平人気は衰えない。
今度、木村拓哉が主演する映画「武士の一分」も藤沢原作と聞く。最近、一人娘の展子さんが書いた伝記も出た。ファンは藤沢の新しい小説を求めていた。

藤沢が死んだのは平成9年。かれこれ8年になるか。この度、新しい小説が出版された。『未刊行初期短編』である。彼が無名時代に小さな出版社で書いていた短編が14ほどあって、それが発見されて今回文藝春秋社からまとめて出版されたのだ。

藤沢の名がつくと読みたくなる私はすぐ購入して、少しずつ読み始めている。いっきに読もうと思えば読めるのだが数少ない未読の藤沢小説を、乱雑に読みたくないのだ。何だか美味なものは後回しにする貧乏人根性だがこれでいいのだ。

巻頭の作品「暗闘風の陣」は驚いたことに隠れ切支丹ものだ。メジャーになってからはこの題材は取り上げていないが、他に1編切支丹ものがあると解説がある。意外な作品に思えたが、よく考えると無名の作家が面白い素材を見つけようと、いろいろ手を尽くしたのだということが分かる。

巻末の「無用の隠密」を読んだ。公儀から庄内藩に送り込まれた“草”としての隠密の運命を描いた作品だ。後年、この存在を使った小説がいくつかあったと思う。冒頭の越中の薬屋に扮した若い隠密が庄内浜に入ってくる風景描写はさすがだ。簡潔にして清冽で美しい。俳句で鍛えられた言葉使いと推測する。
この小説もそうだがやはり若書きだと思う。ストーリーに無理があってあちこちに穴がある。読了後の爽涼感がやはり円熟期のものに比べるとほとんどない。

でもこの小説集を読んでいると嬉しくなってくる。こうして修業を積んで後年のあの名文にたどりつくのだと思うと、他人事ながら慶賀にたえない。解説の阿部達二のキャッチフレーズに同感する。「助走時代の作品に触れることが出来るのはわれわれ読者にとって思いがけないプレゼントであった。」
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2006-11-23 10:19 | 登羊亭日乗 | Comments(0)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧