定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

<   2006年 08月 ( 67 )   > この月の画像一覧

巨匠の不機嫌、ストルガツキー

冷たい戦争の時代の終わりに3

1989年10月8日、私はウィーンを経由してモスクワに入った。
翌日、大江さんが日本からやってきた。世界作家会議に出席するためである。これに合わせて私もモスクワに入って、ソ連の知識人との対話を撮影しようと考えていた。10月初めというのにモスクワは寒かった。

11日、C・アイトマートフが議長を務める作家会議で、大江さんは「権力と作家」という演題でスピーチした。米欧から来た作家とソ連の作家の間で、権力に対する考えが明らかに違っている。この当時、ソ連をめぐる情況は大きく動いていた。ペレストロイカでソ連に雪解けのムードが出てきたと伝えらていたが、実体はどうもそうではなさそうであった。

 SF作家アルカージ・ストルガツキーとの対談がこの旅の主目的である。13日に対談する予定になっており、その調整をノーボスチ通信のニコライに依頼してある。SF作家は長く危険人物と見られていて、自由な発言を長く止められてきた。当局は自由な言論を統制してきたのだが、ここにきてやや軟化の兆しも見え初めてもいた。
今回、われわれの申し出に応じてくれたのは、ノーボスチ通信が当局に根回してくれたからだ。 
当局と掛け合っていたニコライがやってきて、対談の調整がうまくいったと告げる。私たちがアパートまで作家を迎えに行って、ノーボスチ通信社のオフィスまで連れてきて対談するならOKということだ。

13日朝10時、冷たい雨の中、ストルガツキーの高層アパートの前に大江さんと私は立った。モスクワ大学のあるレーニンの丘のさらに先にある大きな団地である。
やがて、入り口にストルガツキーが現われた。でっぷり太っていていい体格をしている。あいさつの握手を交わした。大きな手である。
SF小説は弟のボリスと二人で書いてきた。兄アルカージは日本文学研究者で、中世文学にも造詣が深いはずだ。ところが無口だ。不機嫌である。

車に乗り込んだで都心に向かう。やがて氏は口を開いた。「通訳はいるのだろうか」
用意してあると答えるとにこっと笑った。どうやら日本語を話すのは苦手でそれを気にしていたらしい。はあーっと大きく息をはく。安心したようだ。息が酒臭い。

ストルガツキー兄弟はタルコフスキー「ストーカー」の原作「路傍のピクニック」や「収容所惑星」「願望機」「世界終末十億年前」など、多くの作品をものしている。兄のアルカージは戦時中極東研究所に勤務し日本語に精通し、デビュー作は第5福竜丸事件を題材にした『ビキニの涙』である。弟のボリスは天文学者だ。このコンビで“東側”SF小説の第一人者として活躍してきた。

 大江さんはタルコフスキーの「ストーカー」の原作者ということもさりながら、東欧圏のSFのレベルの高さに長く注目してきた。チャペック以来のソ連SFの愛読者でもある。
そしてアルカージの最初の著書が「ビキニの涙」ということに関心をもっていて、ぜひヒロシマのことについてどう考えているか、知りたいと願った。
                             (この項つづく)
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2006-08-31 09:33 | シリーズ作品回顧 | Comments(0)

新しい火傷(やけど)

新しい火傷(やけど)

「昨日、彼女と別れました」と、その若い友人は告白した。
会ったときから、何か変だなと思っていたら、そういうことだったのだ。彼女とは4年付き合ったらしい。彼が苦しいとき悲しいときもよく支えてくれたそうだ。そんな大切な人と別れるとは余程のことだろう。詳細は知らない。聞く気もない。

 自分の若い日を思い出した。私も大学を出て2年目に別れを経験した。その苦しみはかなり長く続いた。若い友人の悲しみがよく分かる。(という気がする)

 で、友人にこんな話をした。

 別れて3年ほど経った頃、私は敬愛する作家とそのパートナーを連れて思い出の金沢へ帰ったことがある。私が大学生活を送り、その女(ひと)と出会った町である。
浅野川沿いにあるお茶の師匠宅へ伺って、したたか酒を飲んだ。普段は歌など歌ったことのないその作家が歌謡曲などを口ずさんだ。いい気持ちで酔っ払い、風に吹かれて川沿いにホテルへ帰って行った。途中、気がついたら別れた女の家の前にいた。無性に懐かしかった。酔っていたから門柱にもたれながらぐずぐず泣き言を言った。

すると、その作家が私に大きな声でどなった。
「火傷(やけど)の跡は、新しい火傷で消すのだ」

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
c0048132_2212450.jpg

[PR]
by yamato-y | 2006-08-30 21:54 | ふるさとへ | Comments(0)

新しいものがないじゃないか

新しいものがないじゃないか

夏に放送した「ぼくはヒロシマを知らなかった」について、気持ちの整理が出来たので書くことにしよう。

この番組は22歳の若者田中圭くんが広島、平和記念公園を訪ねて、そこにある碑の由来や公園が建設されるまでの過程を知ってゆくスタイルをとった。

この企画を立てたときから、新しいことを目指すのでなく、これまで語られてきたことを、平和公園という大きな枠にくくることで見えてくるものを把握したいと考えていた。

ところが、作り終えて試写したとき、この番組に対して痛烈な批判があった。内容が薄く、何も新しいものがないじゃないか、とその人物は口走ったそうだ。
そうだというのは、あいにくその試写に私は出席できなかった。ちょうど、「黒木和雄の世界」のナレーション録音とスケジュールが重なったのだ。

 それを聞いた担当のディレクターは口惜しがった。番組のどこが薄いのか弱いのか、きちんと説明してもらいたいと食い下がったが、印象でそういうことを感じたという弁で、その人物は席を立った。

 制作した私らとしては、被爆に関する新事実を発見するつもりは毛頭なかった。たしかに原爆碑の物語は個別にはこれまで語られたこともあっただろう。だが、それを平和公園の中に配置されているとしてトータルに俯瞰されたことがないから、それをやってみようという試みだった。修学旅行生でも歩き回れる範囲で、碑を順に見てゆくことで、若者に被爆の実相というものを知ってもらいたいと願ったのだ。
 そして、平和公園がどうやって造られていったかを知れば、若者にとっても理解しやすいだろう、とこの番組を作ったのだ。
原爆慰霊碑は見るものでなく、心で見るものだということを訴えたかったのだ。

 それを、新しいものがないじゃないかと、一刀両断する精神。明らかに、番組をステレオタイプ化している。なにより理解が浅い。

 放送したところ、内外から評価していただいた。けっして派手ではないが、大切なことをきちんと伝えている、田中圭がヒロシマに触れてどんどん変わってゆくことが分かったと、制作者のメッセージを視聴者は受け取ってくれたのだ。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2006-08-30 16:49 | 新しい番組を構想して | Comments(0)

山にゴミを捨てるな

山道に矢印

ツヴァイクの道を降りてくると、処々に赤いチョークの目印があった。SHというイニシャルと矢印だ。そのそばにはおが屑と白いアクリル片を混ぜたような粉末が撒かれてある。

ハイキングのグループの仕業であろう。なんとなく不愉快だ。仲間のための目印かもしれないが、デカデカと書かれてあると、もみじ山が汚されたような気がしてくる。おまけに粉末は溶けることもなく残留しそうで、これも耐えられない。

ハイカーらは気晴らしで山にやってきて、その日だけの楽しみで「ゴミ」を残していくのだろうが、置いていかれた住民にとってはたまらない。迷惑な話だ。

ストルガツキーの「路傍のピクニック」も、おそらくこういう世間話が元になっているのではないだろうか。

宇宙人が飛来する。地球人とは関わらないまま、地球を楽しんで地球を去った。超文明をもつ宇宙人たちは地球に“ピクニック”のゴミを残した。そのゴミは地球にとっては厄介なものとなる。

タルコフスキーはストルガッキーのこの物語を読んで、ゴミを捨てた場所「ゾーン」に関心をもった。廃墟に放射能が満ち溢れていると幻視した。
映画「ストーカー」が製作されたのは1979年。それから7年後の1986年4月、チェルノブイリ事故が起きた。
爆発した4号炉をコンクリートで封じ込めるために、のべ80万人の労働者が動員された。4号炉は巨大なコンクリートで覆われることになる。その構造物は「石棺」と呼ばれることとなった。まるで、ゾーンそのものとなった。タルコフスキーはそういう出来事のはるか以前にこの悪夢を予知していたとしか思えない。
因みに、タルコフスキー自身チェルノブイリ事故が起きた1986年の年の暮れ、亡命先のパリで客死した。享年54。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2006-08-30 12:35 | 登羊亭日乗 | Comments(0)

タルコフスキーの映像

冷たい戦争の時代の終わりに2

タルコフスキーの名前を教えてくれたのは大江さんである。1987年当時、大江さんは彼の代表作『ストーカー』に魅了されていた。映像の深さを評価していた。

映画『ストーカー』は、『惑星ソラリス』で有名になったアンドレイ・タルコフスキー監督の2本目のSF大作である。原作は、ロシアSF界の第一人者である、アルカージーとボリスのストルガツキー兄弟による「路傍のピクニック」。映画のシナリオ化も原作者自らの書き下ろしている。

原作の「路傍のピクニック」とはこんな物語だ。――あるとき超文明をもった異星人が地球に立ち寄った。彼らは別に地球人と接触もせずしばらくいて立ち去った。得体の知れない物だけが残された。まるで、ピクニック来た一行が後にゴミを残したようなものである。異星人にはその程度のものであったが、地球人にとってはそれはとんでもない災厄を残したことになった。人々はその区域を「ゾーン」と呼ぶようになる。

ゾーンは厳重な国際管理のもとに置かれる。国際地球文化研究所の一線の研究者たちが調べるが謎は解けない。人智を超えていた。それどころか、このゾーンと関わると死が訪れると噂がたつ。ゾーンは立ち入り禁止区域となった。
だが、このゾーンに侵入して、物品を盗み出す密猟者(ストーカー)がいた。彼らのなかで伝説が生まれた。ゾーンの奥深くに「黄金の玉」という遺留品があって、それを手にすればどんな望みも叶うという伝説だ。命知らずのストーカーシュハルトはそれを求めてゾーンの奥へと侵入してゆく。

映画「ストーカー」はこの「路傍のピクニック」の後半4分の1を中心に脚色された。映画のストーリーはこうだ。隕石の落下かそれとも宇宙人の来訪か、何が起きたのか分からないが、ゾーンと呼ばれる不思議な地域があった。ゾーンには、人間の一番切実な望みをかなえる「部屋」があるといわれていた。そこで、禁を犯してゾーンに侵入しようとする者たち2人が現われる。彼らを「部屋」まで案内する者がストーカー(密猟者)だ。
侵入を企てる二人は、一人は作家、もう一人は物理学者である。ストーカーを含めた3人は厳しい警戒を振り切ってゾーンへ入ってゆく。そして、そこで目にしたのはフシギなことが次々に起こるフシギな空間であった。
ゾーンの中に入ると突然、何者が発したかわからない「止まれ、動くな!」という声が響く。急に霧がたちこめて行手を阻まれる。ゾーンでは周囲の風景も、自然も刻一刻と変化するのだ。風が吹き、大地が揺らぐ、まるでゾーン自体が生き物のようだ。
そして、ついに「部屋」の入口にたどりつく。「部屋」を眼前にして、三人とも無事にここ にたどりついたことを喜ぶストーカー。突然、物理学の教授は爆弾をリュックから取り出す。教授はこの危険なものは破壊する以外ないと思いつめていたのだ。・・・・・

『ストーカー』はSF映画だが特撮技術は使われていない。CG技術も当時は未発達だから当然ない。だが映像は独得の幻想をたたえている。どうやって撮影したのか現在でも分からない不思議なカットがたくさんある。奇天烈なものが出てくるわけではない。水たまり、火、風、そよぐ草木、降り始めた雨――ありふれた日常的な情景が異様なものをたたえ奇妙に見えるのだ。
ゾーンの奥に入ってゆくと、画面は水気が全体に漂う。水面に接するかのようにして眠るストーカー。その前を浮遊するように歩く犬。タルコフスキー独特の映像言語が駆使される。

能楽を見ていると睡魔に襲われることがある。この「ストーカー」もそういう構造を備えていると思えてならない。幾度見ても、ある箇所の記憶がないのだ。一瞬眠りに観客は落ちる。

大江さんと「世界はヒロシマを覚えているか」という番組の企画を構想したとき、タルコフスキーのような映像にしたいですねと、大江さんがぽろっと言った。これを聞いて、Kカメラマンは飛び上がった。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
c0048132_22181658.jpg

[PR]
by yamato-y | 2006-08-29 22:11 | シリーズ作品回顧 | Comments(0)

冷たい戦争の時代の終わりに①

冷たい戦争の時代の終わりに①

昭和が遠のくにつれ、若い人たちの間にも「冷戦」という歴史的出来事の実感が薄れてきている。ソ連という国があったことすら知らないという若者もいるほどだ。

1945年、第2次大戦が終わろうとする頃、米・英・ソの3首脳がクリミヤ半島のヤルタに集まった。戦後の体制について話し合った。そこでドイツの分割占領のほか、ソ連の対日参戦と千島・樺太の領有などを決定したのである。この会談は後にソビエト連邦を盟主とする共産主義(社会主義)陣営とアメリカ合衆国を盟主とする資本主義陣営という二陣営に分かれて対立する出発点となる。冷たい戦争(Cold War)のはじまりだ。この戦いは1945年から1989年まで続き、直接武力衝突する戦争を伴わなかったため、直接衝突による「熱い」戦争に対して、「冷たい戦争」と呼ばれた

 1947年2月、トルーマン米大統領は、自由主義を守るためにギリシャ、トルコに対して経済的・軍事的援助をすることを議会に要請した。これがトルーマン・ドクトリンと呼ばれるもので、共産主義に対する「封じ込め政策」の最初のものとなる。
1949年にはNATOが結成され、東西対立はますます激しさを増していった。  一方、東側陣営もコミンフォルムを結成し(1947年)、イタリアやフランスなども含めた各国共産党の組織的な系列化をはかった。さらに1955年にはワルシャワ条約機構を結成した。こうして、両陣営の争いは厳しさを増すが、全面戦争とはならず朝鮮戦争やベトナム戦争という代理戦争が続く。だが、核戦争の危機が目前に迫るようなことも一再ならずあった。

長く続いた冷戦も、1989年12月に終わりをむかえる。ブッシュ米大統領とゴルバチョフソ連 最高会議議長は地中海のマルタ島で会談し、第2次大戦後40数年間続いた冷い戦争の終結を宣言した。

 その冷戦の終わりのことである。私は大江健三郎さんと共に東西世界を歩くことになる。当時世界には5万発の核兵器があった。チェルノブイリの核事故も起きていた。混乱するソ連を見ていると、こういう時期こそ核兵器の誤爆が起こるかもしれないと、大江さんは懸念を抱いた。危機はすぐそこにあった。
核戦争を回避するうえでも、世界はヒロシマの体験や声を覚えているだろうか、検証する旅に出ることを大江さんは決めた。1987年、冷戦終結の2年前である。
その番組のタイトルは「世界はヒロシマを覚えているか」。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2006-08-29 17:31 | シリーズ作品回顧 | Comments(0)

これより秋

これより秋

旧街道を歩いていると、よく「江戸まで×里」と刻まれた塚を見ることがある。国境にも塚はある。「これより相模の国」という類だ。

今朝の光は秋だ。澄明な光がそこかしこに溢れている。
「東京物語」で、妻の死を終えた笠智衆が尾道浄土寺の境内に、朝立っている。声をかける原節子に答えて、「いい朝焼けじゃった」とつぶやく笠。
この場面にあった光のような、今朝だ。死が寄り添っている。

芭蕉の句がある。
 やがて死ぬけしきはみえずせみの声
せみ時雨は昨日と変わらず。だが、きっぱりと秋が来た。

瀧口修造という人がいる。1970年に死んだから私は同時代を少しだけ共有している、ことになる。亡くなった後に私はシュルレアリズムを知り、生前会っておきたかった(見たかった)と悔やんだ。

その“弟子”である大岡信とは出会い、一緒に仕事をしたことがある。「折々の歌」の作者で、詩壇の長老のような顔をしたこの人が、かつて難解なイメージをつむぐ少壮の詩人であったことはとっくに忘れられている。その大岡に瀧口を悼んだ詩が2篇。とても気になる詩だ。

 かつて砂に自分が書いた
 言葉の意味をわかろうとして
 やあ
 五十年が経ってしまった。

 とうの昔に砂上で消えた文字の意味が、やっとわかったときにはもう五十年が過ぎ去ったというのだ…・・。

 タキグチさん。
 旅立ちのあとに残った
 あなたの骨は、
 つつましいひとかたまりの
 星砂の枝骨。
 でしたよ。
 (ごらんにはなれなかったけれど)

 そういえば、20年以上前になるかなあ。与論島の星砂というのが流行った。さんごがくずれて星の形になった砂だった。タキグチという人は好奇心が旺盛だったから、おそらく星砂になった自分の骨ですら見たがったのではないかと、大岡は書いたのだ。

朝から瀧口修造を読み、大岡信の詩人論を読むと、もう一仕事を終えた気分になった。会社へ行くのが億劫だ。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

c0048132_8103191.jpg
夢の漂流物:瀧口修造作
[PR]
by yamato-y | 2006-08-29 07:51 | 登羊亭日乗 | Comments(0)

福音〈うれしいたより〉

河合先生がいるだけで嬉しい

河合隼雄さんが、最悪の事態を脱したと聞く。よかった。
また、あの笑顔に出会えると思っただけで嬉しい。

実際に先生と会っていなくても、著書を通じて励まされている人たちもずいぶんいるだろう。そういう人たちも、きっと喜んでいるにちがいない。

今日、職場で話していたら、先生に邪魔にならないような寄せ書きでもしないかということになった。
私の会社でも、先生と一緒に番組を制作したディレクターは5指に余る。それにプロデュサー、カメラマン、音声マン、VTRオペレーターらを加えると20人にはなる。

奥様にあてて手紙を書いて、その中に寄せ書きを入れておこうということになった。
色紙なんてものでなく、コピー用紙の白紙にしよう。読んだらそのままぽいっとしてもらっていいように。

コメントは一言だけ真ん中に書こう。
「河合先生がいるだけで嬉しい」友の会。
けっして、頑張ってとは書かない。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2006-08-28 22:10 | 登羊亭日乗 | Comments(2)

イマ・ココ問題再び

あらゆるテレビはイマである

イタリアのベネディクト・クローチェの言葉。「あらゆる歴史は現代史である」
蒼然とした死んだ歴史を知るのでなく、私たちは現代を生きる手がかりとしての歴史を見つめるべきだという意味であろう。

前に少し触れたテレビのイマ・ココ問題を再び取り上げてみたい。
テレビ草創期に活躍した人たちによって、「テレビよ、お前はただの現在にすぎない」と喝破された。爾来、テレビはこの言葉に呪縛されたかのように、イマ・ココにしつこくこだわってきた。企画会議でもっともよく飛び交う言葉は「この主題(もしくは素材)はなぜイマやるのか」だ。

だが考えてもごらん。テレビは放送開始されて“もう”五十年も経った。いくら何でも一つ覚えでこのテーゼに寄りかかりすぎてはいまいか。

その結果、イマ――当面話題になっていることばかりに話が集中し、かつそのイマをいかに面白可笑しく見せるかということに、テレビマンは腐心する。
テレビが提供するイマは、たくさんの事実S(事実の複数形、つまりFACTS、事実群という言い方ができるかなあ)の中にあっての1つだけを特権化しているに過ぎないのではないか。ひょっとすると、訳知りの人から見たら噴飯ものかもしれないのだ。
イマ・ココにこだわるテレビは、「裸の王様」ではないか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2006-08-28 16:21 | Comments(0)

エッシャーの宇宙

エッシャーの宇宙

30年前に、子供空想美術館という番組を作ったことがある。目の錯覚を利用しただまし絵やオプチカルアートを集めて、中山公男さんの案内で仕立てた番組で、今考えるとずいぶん手の込んだ子供番組だったなと思う。

その中に、オランダの異端の版画家エッシャーの絵があった。見ているうちに眩暈を起しそうになる不思議な絵である。
70年代、エッシャーはずいぶん若者の心をとらえた。なんと言っても日本で最初にメジャーな雑誌に載ったのはあの「少年マガジン」だったのだから。後に、エッシャーのコレクションを日本人が所有することになるなど、エッシャーと日本の結びつきは意外に深い。

『エッシャーがぼくらの夢だった』という本がある。日本人とエッシャーの関係を描いた本である。そこに大伴昌司が登場する。

大伴はSF作家クラブの会員でもありイラストレーターでもある真鍋博とは懇意にしていた。ときどき、事務所へ打ち合わせ兼ねて遊びに行った。そんなある日、真鍋から大伴は一冊の画集を見せられる。エッシャーである。彼はこの絵に一瞬にして捉えられた。興奮した。すぐにマガジンの巻頭図解で紹介しようと思い立つ。
そうして1968年8月から数回にわたり、エッシャーの絵は「不思議な絵」という形で紹介されることになる。
まさに大伴好みの絵であったと、内田は証言する。「大伴さんはエッシャーが大好きだった。マグリットも紹介したけど、大伴さんの好みはエッシャーだよ。だまし絵、からくり、不思議、裏、逆、夜と言う概念のもの、普通の人とは反対に考える人だった。」

大伴も惹かれたエッシャー。その一つの様式に「図地反転」がある。敷石や壁紙を見ているとそういう現象が起こる。昔から人びとは気づいてはいた。
平面上に一本の線を引く。すると二つの図形が出来る。だが境界線はどちらの図に属するのだろうか。一つと決めると、そうでないほうが自分のものだと主張するように、じりじりと浮上する。両者でせめぎあいが起こるのだ。一方から他方へのたえまない相互交換性。

この典型が「空間と水域」だ。黒い鳥が群れとなり、その群れの間の空白がやがて形をなしてきて白い魚となってゆく、という作品だ。まことに不思議な絵だ。大伴はこの絵は「読む絵」だと語ったそうだ。

絵という2次元の世界に立体という3次元を描く陥穽を利用した作品もある。永遠に流れ続ける水。上がっているように見えて下がって行く階段。さらにあがって行くので無限運動を繰り返す階段。精緻で幾何学文様の絵は、実はエッシャーが青年時代スペインのアラブ文化に触発されたいう。

こういう絵に出会って夢中になる大伴とは、「永遠の子供」そのものではないか。
いずれ、彼がこだわった不思議な世界、なかでもマグリットについても考えてみよう。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング


c0048132_22241951.jpg

[PR]
by yamato-y | 2006-08-27 22:16 | 大伴昌司の遺産 | Comments(1)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧