定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

<   2006年 06月 ( 61 )   > この月の画像一覧

悪夢

悪夢

明け方のまどろみの中で辛い夢を見た。
私は二人の幼いこどもと家に隠れている。時代はヨーロッパの中世か。ゲットと思われる空間にいる。
そこにいるのは辛いがそれでも会話ができたし、退屈しのぎに子供らとゲームも出来た。

ある朝、町に不穏な空気が流れた。私は急いでベッドの下のような狭い場所に隠れた。二人の子供はいないから、おそらくこの場所以外へ逃げたのだろう。私の入った場所は高さはベッドの下ほどしかなく私一人が隠れるのがやっとである。舞台の下のようでもある。資材や大道具が乱雑に放り込まれている。その最下手の機材のちょっとした空きに私は身を潜めた。潜めると同時に支配者がおおぜいの家来を連れて入ってきた。

ゲットの住民は私がそこにいることは知っているが、知らないそぶりで支配者をもてなしている。
そのうち、一人芝居というか朗読劇が始まった。ゲット在住の役者が演じる。大きな声で舞台の上を歩き回る。観客はその舞台のヘリに腰をかけて聴いている。舞台の最上手に支配者とそのとりまきが座り、続いてゲットではない町の人らが座り、一番下手つまり私が潜んでいるゾーンにはゲットの身内たちが座っていた。もちろん住民は舞台の下に隠れる私の存在を知ってはいるが、知らないそぶりでその朗読に聞き入っている。しかし、役者はまさか舞台の下に誰かが潜んでいるとは知らず熱演している。
ときおり、誰かが私のことを気遣って舞台から垂れ落ちている絨毯をめくりあげて空気が流れるようにしてくれる。私が閉所恐怖だということを知っているので、配慮してくれているのだ。誰かというのはもちろん私の身内か支持者である。そのとき、支配者から離れていてかつ死角にいるので私は見つからないが、それでも息を詰めて私は身を堅くしている。

いや余り緊張していると異物があるという気配が漂うかもしれない。そうすると、私がいることが見破られるかもしれない。リラックスして自然体でいないと駄目だ。そう思って狭い空間で体をだらんとさせている。
舞台の上の役者の演技は白熱を帯びてきた。声がひときわ大きくなる。下手へと移動してくる。観客は熱心に聞きほれている。

役者が私の隠れる舞台下の正面に立ってセリフを語っている。名調子だ。そして激したかのように、彼は絨毯をぱっとめくる。隠れる私と目が合う。役者は一瞬ぐっと声をのむ。目を大きく見開く。彼からは私は見えているが、観客とくに離れた上手にいる支配者には見えていない。
やがて役者は言いよどんだことを、すぐに役柄に転じて芝居を続ける。朗々と呪詛のせりふを吐きながら、おもむらに絨毯を元のように下ろしてゆく。私は再び闇の中に消える。芝居はそれから10分ほど続いて終わった。支配者とその家来たちは会場から出て行った。私は助かった。

隠れ潜んでいる間の緊張感、私はこの夢から覚めたときふーっと大きく息を吐いた。助かったのだという安堵が体いちめんに広がった。それまで体を堅くしていたのだ。
なぜこんな夢を京都の旅先で見たのだろう。元型的な夢だとも思えない。
スペイン戦争のエピソードの一つで隠れた理髪師マヌエラの伝記を昔読んだことがあったが、それを思い出したのか。それとも須賀敦子の「地図のない旅」に出てくるベネツィアのゲットのことが頭にこびりついたのだろうか。隠れる恐怖もそうだが狭い場所に閉じ込められるというのは、私の最大の恐怖だから、この夢はほんとうに拷問のような窒息感があった。

この記事は目が覚めてすぐ書いた。イメージが生々しいうちに書いてみたかったのだ。時刻は7時34分だ。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2006-06-30 08:46 | ブロギニストのDJ | Comments(0)

京都の夜

京都の夜

昔、こういう題名の歌謡曲があった。
夕食を終えて、河原町を三条から四条にかけてぶらぶら歩いた。
なんだか、京都一の繁華街のここでは、建築ラッシュのようだ。残念なことに宝塚劇場が消えていた。跡地には映画館の予定はないそうだ。今、映画館はシネマコンプレックススタイルに総換えの様相だ。

ホテルは定宿のサンホテル。安くて足場がいい。今回、ポイントカードが貯まって、キャッシュバックがあった。
部屋は8階の角部屋で居心地がいい。ゆっくりシャワーを浴びて、おもむろにテレビをつけた。弁護士のクズを見た。他に見るものがないのでなんとなく見た。これの原作はビックコミックに連載されているあれだろう。
まあそこそこのドラマだ。でもウスいなあ。

カウンターに頼むと、インターネットの接続ツールを貸してくれた。部屋で取り説を読みながらやってみると、何とインターネットに接続できた。機械オンチの私にしては上出来だ。

ここぞとばかりに、いろいろな検索をしてみる。だが、いつでも出来ると思うと途端に探す情熱がしぼむ。

明日は授業が正念場となる。ただいま深夜1時。寝ることにしよう。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2006-06-30 00:41 | 登羊亭日乗 | Comments(0)

運命の人

運命の人 

教行信証を読んで

職場に僧籍の人がいる。思うところあって、本日はその人から『浄土真宗聖典』を借りて読んでいる。

その中の「教行信証」で思いがけない句を見出した。顕浄土真実教行証文類・序というところにある。
《ここに愚禿釈の親鸞、慶ばしいかな。西蕃・月支の聖典、東夏日域の師釈と 遇ひがたくをしていま遇ふことを得たり》
西蕃・月支はインド、アフガニスタン地域。東夏日域は中国と日本を指す。なんと嬉しいことよ、インドの聖典や中国日本の師の教えに、なかなか出会うことができないサダメにもかかわらず、今こうして出会うことができた・・・・・。

《遇ひがたくをしていま遇ふことを得たり》
今生で遇うことはあるまいと思っていたあなたと今こうして遇うことができた。
この言葉はたしか川端康成のノーベル賞受賞スピーチ「美しい日本の私」で引用された句である。
当時耳にしたとき、てっきりもののあはれを表した言葉だと思い込んでいたが、まさか親鸞の信仰の言葉だとは思いもよらなかった。

この言葉を風流に転じた川端の感性も鋭いとあらためて感心する。

西洋の文学には「運命の人」という存在がある。その人生を決定付ける人の出現という意味であろう。騎士道華やかりし頃のレディを慕って使われた言葉だ。

恋の糸というのは結べそうでなかなか結べないものだ。昨今の若者のように安易にくっつきたがる風潮では理解しにくいかもしれぬが。作為的擬似ドキュメンタリーの番組「あいのり」などに見られる“恋”の対極にあるものが、「運命の人」だ。

その運命の人という語を思い起こさせるのが、親鸞のこの言葉だった。
遇ひがたくをしていま遇ふことを得たり

このブログは、京都百万遍のインターネット喫茶で打ち込んでいる。6月の授業で上洛したのだ。京都は暑い。蒸すような暑さだ。
でも、一月に一度ここを訪れるのが楽しみになってきた。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2006-06-29 11:51 | ブロギニストのDJ | Comments(0)

人生楽しかった

人生楽しかった

本日、植木等さんと会った。
いろいろご迷惑をおかけしたので、お詫びにあがった。
突然、13時過ぎ、息子のヒロさんから電話をもらった。代官山のヒロさん宅に来ているということで、私はとるのもとりあえず駆けつけた。

詳細は書けないが、まことに些細なことで仕事が頓挫していることをお詫びした。
急いで駆けつけたので汗だくの弁解となった。植木さんは見かねてクーラーにあたりなさいよと、声をかけてくれた。
それから、ぽつりぽつりと話し始められた。
「おじいちゃんはね、長く長く生きてきたんだよ。いろいろなことがあったなあ。でも、いつも誰かがそばにいてくれたよ。
おばあちゃんはありがたかったなあ。
こうやって考えてみると、人生に言えるのはただ一言。タノシカッタ。
本当にタノシカッタ。
おじいちゃんの言っていることを、君は分かるかなあ。まだ、分かんないかもしれないなあ。でも、いつかね。ハッハッハハア」
と、孫に語るように、この「セリフ」を語っていただいた。
今日は、わざわざ来てもらって有難う。こういうことを話したかったんだ、と言って植木さんは頭を下げられた。

私はドギマギした。まさか、植木さんからそう言っていただけるとは思っていなかったのだ。

その後、渋谷まで植木さんの車に便乗させてもらった。桜ヶ丘の交差点で下ろしてもらった。
降りる直前、駐車している車の腹に書かれたキャッチフレーズを見て、植木さんがあれですよと言った。
we design the future

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2006-06-28 20:35 | 魂のこと | Comments(0)

悲しみの上がりはいつ

随想

パソコンの前に座って、白い画面を見ていたら、「悲しみの」という言葉が不意に出てきた。
これは、隠れキリシタンたちが復活節を待ち望む気持ちだ。

復活が訪れる日を、悲しみの上がりと読んだのだ。
ヨーロッパで使われていた言語を日本化するのに、修道士たちはずいぶん苦労したのであろう。今、聖書で使われている神はまだなかったはずだ。GODはたしか天帝と呼んでいたと思うが。

そういう中で、復活節を「悲しみの上がり」と訳したのは秀逸だ。

でも、それを外して考えても、人生にとって「悲しみの上がり」というのを考えたくなる。

苦難、苦悩は果てることがない。いつかこの悲しみから逃れることができるのはと、凡人であればつぶやきたくなる。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2006-06-27 17:31 | 登羊亭日乗 | Comments(1)

新宿コマ記者会見

新宿コマ記者会見

さきほど新宿コマで、冬のソナタ・ザミュージカルのプレス発表が行われた。
10月からの興行だが、前売りチケットの予約が始まるのに合わせて演出、配役がプレスに発表されたのだ。
会場には100名を越える取材陣が集まった。「冬のソナタ」の威力は衰えていない。

3曲が披露された。うち2曲はミュージカル専用曲だが、最後は「マイメモリー」。これが流れると会場は圧倒された。
女性記者のなかにはジーンときた人もいたようだ。身じろぎもしない。

札幌公演にはユン監督はほとんど関わっていなかったが、今度は違う。物語もさらに進化させたようだ。札幌ではなかった配役カンミヒ(チュンサンの母)が新しく加わっているのだ。いよいよユンマジックが始動する。

コマ劇場の音響はすばらしい。スタアたちも伸び伸びと歌っていた。
3時からの記者会見は4時過ぎ終わった。全体の写真撮影だが、その後各社単独会見が相次いで申し込まれている。ユンさんとはゆっくり話す機会がないが、一応あいさつをと私は控え室に出向いた。

私の姿を見て、ユンさんは嬉しそうに「お元気ですか」と駆け寄ってきた。私も、彼の手をしっかり握って、「カムサムニダ」とあいさつ。

本日の記者発表イベント、明日のスポーツ紙にはどう書かれてあるかな。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2006-06-26 18:28 | 冬のソナタの秘密 | Comments(0)

立ち止まり考えている

死は禁忌か

今、死ということをめぐって悩んでいる。
死を、子供たちに伝えるというのは不穏当なのだろうか。

表現として、死を若い世代に伝えたいという思いが私にはある。
だが、放送という公共の場では馴染まないのではないかという議論が起きた。
死が不浄という考えではないが、死をわざわざ子供に言う必要がないのではという意見だ。

どうしてか。むしろ積極的に死という事実を子供や若い世代に教えるべきではないか。
今朝もワイドショーで、奈良の中学生放火事件、岡山の若者リンチ事件、秋田の幼児殺害事件、と
相次いで若い世代の殺人ということを報じている。命というものが希薄になっているとしか思えない。

生きる、命、ということと不即不離で死があるということを、子供らに示すべきだと思う。

いや、わざわざそういう「否定的」なことを放送でやる必要はないという意見が現場にはある。

一方、ドラマでは毎日のように「殺人事件」が取り扱われている。実感できないフィクションとしての死ばかりを子供らは体験しているのだ。

死はいつでもそばにある。でも畏れることはない。そこにあるという現実をしっかり把握しておこうねと、私は子供らに言いたいのだが。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2006-06-26 13:01 | Comments(0)

火をめぐらす鳥

火をめぐらす鳥・鶯

大江健三郎の後期短編に「火をめぐらす鳥」というのがあって、1991年に書かれている。

伊東静雄の詩に触発されてこの短編が生まれている。その詩の言葉とは――、

 (私の魂)といふことは言えない
  その証拠を私は君に語ろう

この詩をはじめて読んだ高校3年生のとき、大江は熱い涙をながした。
《身体の芯に火の玉があり、その熱でシュッシュッと湯気のたつような涙が噴出するのに、茫然としながら…》
18歳の大江はこの言葉に強くひかれ、老年にいたってそのときの感情が小説となって浮上してきたのだ。

この短編小説には大江と思われる作家を語り手として、長男光をモデルとしたイーヨーが登場する。脳に障碍をもつイーヨーは幼い頃、外部とほとんど交通しなかったが、鳥の声にだけは反応した。声らしい声をはじめて主人公が聞いたのは、北軽井沢の夕暮れの林でクイナが鳴いたときであった。「クイナですよ」とイーヨーの幼い声がもれたのだ。
物語は、ここから鳥の話へ展開する。

ウグイスの漢字は鶯である。あたまに火が2つ付いている。ホタルの漢字は蛍、これも正字は火が2つ付いたカンムリである。
 主人公がホタルを辞書で引くと“火をめぐらす虫”とある。ならば、ウグイスは火をめぐらす鳥ではないかと、主人公は思いめぐらす。

亡くなった、若い頃の友の魂を思い出す。それは私、イーヨー、その友、と三者が重なるようにしてある――…「(私の魂)といふことは言えない」
しかも《その時すでに亡くなっていた友達の魂が、鶯の声のように山や野のいたるところで光を発している。》鶯は火をめぐらすように、光を放つように、歌いながら飛び回る鳥というイメージが動き出してくる。

昨夕、私は海まで散歩に出かけて、この山まで帰ってくると、森の奥から鶯の声が聞こえてきた。夕暮れ、梅雨の晴れ間、小暗い森から聞こえるそれは、亡き魂を思い起こさせた。鶯はまさに火をめぐらす鳥であると、私も実感せざるをえない。

この短編小説のラストシーンは小田急線成城学園駅のホームとなる。そこで、主人公はイーヨーと電車を待っている。
と突然、イーヨーの体が揺れ傾いてゆく。〈癲癇発作〉が起きたのである。そこでイーヨーをかばおうと主人公は手を差し伸べ、そのまま二人は転がり落ちて行く。…

この小説が1991年に発表されたとき、〈癲癇発作〉のような劇的要素は実際にはありそうもないが、フィクションとしては面白いと、私は感じていた。こういう出来事はあくまで「お話」の中でのことと思っていたのだ。

それから3年後、私のチームは大江一家を長期撮影していた。北海道のコンサートホールでのレコーディング風景を収録したときだ。緊張と長旅の疲れで、大江光は〈癲癇発作〉を起した。偶然、私たちのカメラはその光景を記録した。
ゆっくり崩れ落ちてゆく光、必死で支える母。そして、やや遅れて下半身を確保するディレクターのケンスケ。…

この小説で書かれたことは、在り得ない話ではなかったのだ。光を襲った暗い影は、傍から想像するものの数十倍深く大きなものであったと、後日ケンスケは私に教えてくれた。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2006-06-25 21:06 | 魂のこと | Comments(0)

金子光晴さんよ

「洗面器」解題


金子光晴の「洗面器」という詩を読んだことがあるか。

洗面器のなかの
さびしい音よ。
くれてゆく岬(タンジョン)の
雨の碇泊(とまり)。

ゆれて、
傾いて、
疲れたこころに
いつまでもはなれぬひびきよ。

人の生のつづくかぎり
耳よ。おぬしは聴くべし。

洗面器のなかの
音のさびしさを。

金子の絶唱だ。これを読んだとき無前提で、心をもっていかれた。しばらくたって冷静になると三好達治の「春の岬」のような端正を感じた。タンジョンとは朝鮮語かしらむ。ああ、くれてゆくタンジョン。ちょうど今頃の梅雨期の岬だ。能登か全羅南道か、・・雨が降る。

洗面器のなかの音とはしゃぼりしゃぼりという音だ。なぜ、その音なのか。
金子はまえがきでそう書いているのだ。

(僕は長年のあひだ、洗面器といふうつはは、僕たちが顔や手を洗ふのに湯、水を入れるものとばかり思ってゐた。ところが爪哇人たちは、それに羊や、魚や、鶏や果実などを煮込んだカレー汁をなみなみとたたへて、花咲く合歓木の木陰でお客を待ってゐるし、その同じ洗面器にまたがって広東の女たちは、標客の目の前で不浄をきよめ、しゃぼりしゃぼりとさびしい音をたてて尿をする。)

…なんと言ってよいのか。カ・ネ・コ・ミ・ツ・ハ・ル
くえないこの親爺が、後年、『若葉よ、来年は海へ行こう』などという、とてつもなく美しい孫のための詩を書くことになるのだが。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2006-06-25 14:19 | Comments(0)

花影を読んで

大岡昇平の情事

「歩くひとりもの」の著者ツノさんは私より一回り上の世代だが、50過ぎまで独身であったが、女ともだちは少なくない。著書の中にもたびたび女の友人とか女ともだちとか出てきて、めしを食った、酒を飲んだとある。男女の間にぎこちなさがない。私などはそういう付き合いを苦手とした。
これはツノさんが都会育ちで私が田舎者だからなのか、それとも世代的時代的なことなのだろうか。 

 私のような団塊世代はフリーセックスだ性の解放だと騒いだわりに、意外に生真面目に「一夫一婦」制度にこだわった。平凡パンチに性記事はあってもエロどまり、つまり劣情をかき乱すぐらいだったが、一つ下のシラケ世代が愛読したポパイになると、女の子の性とかその技術をあっけらかんと詳細に解説してあった。

 もっとオールド世代となると、男と女の愛憎相姦はすさまじい。
大岡昇平の『花影』を読んだ。まず面白かったと言っておく。その文学の味わいは別の機会に記すことにする。

これはモデル小説だ。主人公の葉子はむうちゃんと呼ばれた坂本睦子。銀座のバーで一時は知られた存在となるが、44歳で自殺している。最後の愛人が大岡だったという話だ。
彼女は銀座に出た初期に直木三十五に女にされる。坂口安吾や編集者とたびたび関係をもち、菊池寛の庇護を受け、小林秀雄と中原中也から求婚される。ところがオリンピック選手と駆け落ちし、工場主とねんごろになる。その後河上徹太郎の愛人となり、昭和23年ごろに大岡昇平と出会うことになるのである。この男たちの系列とは離れて、青山二郎がいた。すさまじい男遍歴だ。

また、小林秀雄、河上徹太郎、中原中也そして大岡昇平の名前が連なって出てきた。
これらの人物は私が大学に入った頃には巨匠で、おごそかに道を示していた。
だが、若い頃は激しいものだ。団塊世代はおよびもつかない。
べつに男女のことが「咎」というつもりはないが、しかしある感慨をもつ。

なかんづく大岡の人生は興味深い。スタンダリアンで「俘虜記」を書いた作家のもうひとつの顔。
彼は44歳のとき大磯へ転居する。ここで、58歳つまり今の私と同じ年に「レイテ戦記」を書き始めるのだが、その9年前に執筆したのが「花影」であった。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

c0048132_14144739.jpg

[PR]
by yamato-y | 2006-06-25 14:01 | Comments(0)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧