定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

<   2006年 05月 ( 57 )   > この月の画像一覧

追悼、今村昌平

くえないユーモア

「楢山節考」と「うなぎ」でカンヌ国際映画祭の最高賞パルムドールを2度獲得した映画監督今村昌平が死去した。79歳。
 今村は、早稲田大学を1951年に卒業後、松竹大船撮影所に入り、小津安二郎監督の助監督を務めた。後の作風からするとあの巨匠の下にいたとは思えない,がこれは事実だ。54年に日活に移り、川島雄三監督の下、助監督として手腕を発揮。社会派の「にあんちゃん」(59年)を製作した。この作品は同時代として私も見た。ラジオでも感動したことを映画でさらに倍加された記憶が鮮明だ。

 今村はちょっと見はそこらのオッサンという風貌で、どこにあの人間の愛憎を描くような資質があるかと疑いたくなるようなひととなりだ。68年の「神々の深き欲望」、79年の「復讐するは我にあり」という両作品にはどすんと心に当身をくらった。

今夕、机を並べる仲間が今平について語ったこんな文章があるよと、見せてくれた。長男で映画監督の天願大介が書いた「親父の横顔」というエッセーだ。冒頭から私にはしみる。《子供の頃、親父が外で何をしているのか、実のところよくわからなかった。ほとんど家にいないのである。》撮影で現地に行ったきり、ドキュメンタリーだと海外へ行って帰って来ない、と書いている。私も息子からみればこんなふうだろうなあ。

今村の二男で、今村プロダクション社長、竑介は死去にあたって「好きなことやったんで大往生と言えるのでは。十分満足いく人生だと思う」というコメントを出したが、今村とていつも好きなことをやれたわけではない。むしろ人には言えない苦しい時代がそれなりに続いてもいたのだ。映画が撮れない苦難の時代があったのだ。企画が破れたときの、今平の様子を天願はこんな風に書いている。
《企画が立ち上がり、今度こそ撮れそうになって家族の期待もふくらむ。食卓も何となく明るくなる。しかしある晩、突然企画が潰れてしまったと聞かされる。親父は黙って煙草を吸い、目を真っ赤にしたお袋が何かに対して怒っている。そんなことが何度も何度も、本当に何度もあったのだ。だが親父はユーモアを忘れることがなかった。下らない冗談を言い、強がってハッハと笑った。》
あの今平でも何度も企画が潰れたのだ、ということを知ると胸がつぶれる。豪放磊落に見えて、こと映画に関して緻密繊細だった今村昌平。
冥福を祈る。合掌。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2006-05-31 22:32 | 登羊亭日乗 | Comments(0)

ウルトラマンの展覧会

ウルトラマンの展覧会

ウルトラQが放送されて、今年で40年になる。それを記念して世田谷文学館では「不滅のヒーロー・ウルトラマン展」がこの夏に開かれる。

このシリーズを作ってきた円谷プロダクションは世田谷区にオフィスを置いている。その縁でこの展覧会が計画されたのだ。
展覧会の見ものは5つある。1つは円谷監督のウルトラマン放映の日の日記。
2つめは、シリーズのメインライター金城哲夫のノート。3つめは高山良策によるカネゴンのミニチュア。4つめは、大伴昌司の原画「ツインテール」。5つめはウルトラマンタロウのヘルメットとガンだ。

そして、このイベントに合わせてトーク&上映会が開かれる。そのひとつが、「怪獣博士・大伴昌司の世界」で、ゲストスピーカーとして内田勝編集長、シナリオ作家桂千穂が登場する。私は、そのトークの司会、聞き手を担当することになった。8月19日が本番となる。

 今、NHKでは「WOO」が、TBSでもウルトラの新しいシリーズが放送され、ウルトラマンの旧作はレンタルショップで大人気という状況が生まれている。
池袋サンシャインでウルトラマンフェスティバル2006が7月28日から、川崎岡本太郎美術館ではウルトラマン伝説展が7月11日から、と展覧会が続く。さらに9月16日から新作映画「ウルトラ兄弟」が公開される予定だ。
平成のウルトラブームだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

c0048132_16284912.jpg

[PR]
by yamato-y | 2006-05-31 16:22 | 大伴昌司の遺産 | Comments(0)

強い日差し

c0048132_1344339.jpg
強い日差し
c0048132_13442792.jpg
c0048132_13444424.jpg


今朝は紫外線が強い。大磯ツヴァイク道に足を踏み入れたとたん、むっとするほどの草いきれが襲ってきた。雨季が近づくと森は生臭くなってくるのだ。

光の粒が森にこぼれている。影が黒々としている。 
ケヤキの美しい姿。高いこずえが静かに揺れる。山之辺の道にはぜんまいが垂れている。
ひたひた、山を下る。すれ違う人もいない。ひたひた、ひたひた、ひたひた、


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2006-05-31 13:44 | ブロギニストのDJ | Comments(0)

春終わる

夏が来る

タケ先生の治療院へ行って、新宿発7時半の湘南ライナーに乗って帰った。
タケ先生の新潮新書『はり100本』は売れ行きが好調のようだ。今夜、私のあとに編集者が来て報告していた。たしかに、現代人に「身体の鬱」ということを本書を読んで知ってもらいたいものだ。

ライナーに乗る前にケンタッキーで3ピースセット(ポテトとコールスロー付)とカンチューハイ1本を求めた。
座席はボックス4人がけ、誰もいない、独り占め。座るとおもむろにプルトップを抜き、まず乾杯。これから40分、誰にも邪魔されない小さな旅。行き交う列車の車内灯が青白く光って消えてゆく。踏み切りの赤い灯が懐かしい。春は行き、そして終わろうとしている。

本日、番組の進捗状況を報告するため、池上の大伴昌司の母上に会ってきた。貸し出していた大伴の原画がA美術館から返還されていたのを知って嬉しかった。これで、本格的に大伴昌司原画展を開くことができるのだ。秋の開催に向けてもう一頑張りだ。

お母さんがとても喜んでくださっている。展覧会場が正式に決まったらこのブログでも報告するつもり。今のところ、世田谷、京都、秋葉原、が候補だ。そして、大伴の仕事部屋を期間限定で公開もしたい。大伴の成し遂げた仕事は、当初私が考えていた以上に大きなものになりそうだと、今予感している。

 本日分かったことをここにメモする。大伴のお墓は鎌倉霊園ともう一つ妙本寺にもあるのだ。永代供養を考えて、母上が分骨して埋葬したのだ。私は今まで知らなかったのだが、熱心なファンが時々花を手向けてくれているそうだ。花やフィギュアが絶えないと、アイさんは嬉しそうに語った。

 もう一つ、若者のための広島関連番組「ぼくはヒロシマを知らなかった」のこと。本日からロケが始まった。渋谷駅前で、番組の司会者田中圭君がオープニングのプレゼンテーションを行ったのだ。彼は、「ウォーターボーイズ」や「東京大学物語」などに出演していてよく知られている。彼の撮影が始まると、あっというまに30人ほどの人垣が出来たとか。ロケからもどったディレクターが幸先がいいという感じで報告してくれた。
彼を番組キャスターに起用したのは、2年前に「心の一つ」という番組で一緒しているからだ。そのとき、彼の繊細な感受性がとてもディレクターや私の心に残ったのだ。
このロケ部隊は明日から広島へ移動して本格的に撮り始める。私も、遅れて週末から現地入りする予定だ。
c0048132_22124024.jpg


さあ、いろいろなことが動き出した。春は終わって、いよいよ勝負の夏。
リジョイスもがんばるぞ。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2006-05-30 22:12 | 登羊亭日乗 | Comments(0)

時代の傾きの中で

時代の傾きの中で

林房雄という人がいた。『大東亜戦争肯定論』というのを書いている。この論は、中央公論1963年9月号から65年6月号にかけて連載され、発表された。
林は、その使用がタブー視されてきた『大東亜戦争』という名称を戦後始めて復活させて使っている。中心の主張とは、日本の近代史はアジアを植民地化していた欧米諸国に対する戦いである「東亜百年戦争」の歴史であり、1941年12月8日に始まる大東亜戦争はその全過程の帰結だった、というものである。そして、その過程における原動力は経済的要因ではなくナショナリズムであり、それの集中点は「武装した天皇制」だった、というのだ。勇ましい超国家主義である。

――この人はかつて東大の新人会へ中野重治をさそった人でもある。プロレタリア運動の先頭に立って社会改革を目指していたのだ。当時の仲間に、中野以外にもぬやまひろし、窪川鶴次郎、佐多稲子、らがいた。ところが1930年 に治安維持法違反で検挙される。豊多摩刑務所に入ることになる。 そして2年後、 転向して出所した。それから真逆の道を歩む。
『作家として』という文章で転向を内外に表明する。日中戦争への作家の従軍にも積極的に参加してゆく。戦後はそういう活動に対して、公職追放という処分にあう。
一方、中野や佐多らも転向したと自らを責めながらも、戦後日本の民主化運動に心血を注いでゆく。
晩年、林は小林秀雄と交友し三島由紀夫から尊敬されたというが、林は自分の人生をどう見つめていたのだろう。

時には文壇の会合やパーティで林は中野や佐多らと顔を合わすこともあったにちがいない。むろん、そんなことで呵責を感じたり思い悩んだりするほどナイーブでないとは承知するが、人はそういうことに対して死ぬるまで平静でいられるものなのだろうか。

こういう出来事は、遠い昔のことだと思っていた。が、そんな私こそナイーブだと恥じる。過去のことではなく今も起きている。今ここにある危機は、そういう引き裂かれた人生を歩む人物を生み出している。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2006-05-30 12:58 | 登羊亭日乗 | Comments(0)

天文図の発見

キトラ発掘顛末4

1998年3月、大和路はまだ寒さが残っていた。
4日に奈良県明日香村の現地に入ったとき、これほど劇的な発見につながるとは思わなかった。7世紀末から8世紀初めに作られたと言われるキトラ古墳。この古墳を再調査する調査団というのが明日香村によって結成され、私たちはそれに技術協力するという形で参加することになった。前々日に現地に入り超小型カメラの組み立て点検を終えて、本番に備えた。

3月5日、本番当日。雲が重く垂れ込め、今にも雨が降り出しそうな空模様だった。阿部山の現地には他の報道陣もおおぜい詰め掛けていた。
 古墳探査ポイントは側道より3メートルほどあがった所で、防水テントで覆われている。
探査用カメラを組み立て、8時過ぎ穴をあける。

 第1回調査のときに参加した技師金井清昌が穿孔にあたる。
内部が固い版築に覆われているためドリルがなかなか入らない。穴をあけるのに2時間かかる。
11時過ぎ、貫通し小さなどよめきが起こる。すぐに内部の温度、湿度、炭酸ガスの濃度などが測られる。雨は本降りとなった。
昼過ぎ、いよいよ探査孔にカメラを通す。総勢5名が慎重に操作する。全体を統括するのは、猪熊兼勝調査団団長。その指示に従ってカメラを操作する金井清昌の額に汗がうっすらと浮かんでいる。

昭和58年の調査時、金井は43歳だった。世紀の大発見となるはずだったが無念なことにカメラが故障した。撮影不能になる直前に金井は古墳の天井に光るものがチラッと見えたと記憶している。他は誰も見ていないので当時は金井の推測は一笑に付された。だが、金井はきっとこの古墳は想像以上に立派な構造と体裁をもっているにちがいないと考えるにいたった。
いつか古墳にカメラをきちんと挿入して、自分の目撃したことが本当だったということを立証したいと金井はねらっていた。調査再開に執念を20年にわたって燃やしてきたのだ。

 超小型カメラはアームを2メートルに伸ばして、石室内に入る。床には土砂が散乱している様子がモニター画面に浮かび上がる。カメラを持ち上げると正面には亀つまり「玄武」がいた。ここまでは前回も撮影したのだ。今回も同じポイントでカメラに異変が起きた。カメラケーブルが断線したらしい。映像がみるみる白く溶けていった。関係者は全員息をのむ。沈うつな空気が流れる。すぐにカメラは回復するかと期待したが見込みはたたないと技術スタッフからのメッセージが私の元へ届く。私はこの日の調査は打ち切ることにした。

その夜の技術スタッフの努力は涙ぐましいものがあった。ちゃんとした修理道具もないなかピンセットだけで13本の極細の電線を繋いでゆく。配線の設計図は東京にしかなく、それが保管されている技術研究所にケイタイ電話で問い合わせながらの作業となった。アルミをセロテープで応急処置した電線が上がったのは午後7時を回っていた。外は激しい風雨になっていた。

翌6日雨はすっかりあがった。森の中から鶯が聞こえてくる。
作業を開始するとすぐ玄武にたどりつく。石室全体をまず眺めた。左右に模様のようなものがある。レンズをセミ望遠にしてカメラを振ると、白い虎と青い龍をとらえた。新発見だ。思わず手に力が入る。でも、これは序の口だった。

天井にカメラが向けられると、そこには華麗な星座が広がった。「星宿」である。中国にもない、世界最古の天文図が現われたのだ。この星座は後の調査によると、大変な情報を記録していることになる。その時点ではまだ私たちは知らないが、新しい像を捕まえたことに興奮していた。翌日の新聞は1面トップでこの天文図発見のニュースを報じた。

技師の金井はこの発見から3ヵ月後定年をむかえた。金井にとってはこの発見は技術屋人生の総仕上げとなったのだ。
 定年後、金井は後輩が営んでいる制作会社に身を寄せて、新規事業などを手がけていたが3年前、脳出血で倒れた。回復したが、麻痺は残った。今もリハビリを続けている。それでも去年私が定年を迎えたとき、彼は祝福の電話をもくれた。不自由な口で、「無事卒業を迎えることができてよかったね」と言ってくれた。
 そして、昨年末、最初のキトラ調査を行ったときの堀田チーフディレクターが急死するということがおきた。その訃報を私は金井に伝えたところ、彼は回りをはばかることなく「ホッチャンが死んだ」と大声を上げて泣いた。30年前、手作りでキトラ古墳調査を二人でやったときの苦労がよみがえったのだ。私は慰める言葉をもたなかった。

近々、彼が病を養う高崎へ、見舞いに行こうと思っている。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

c0048132_2341880.jpg

[PR]
by yamato-y | 2006-05-29 23:24 | シリーズ作品回顧 | Comments(0)

教会へ行こう

教会へ行こう
c0048132_1645441.jpg



日曜の朝、母を教会に連れて行った。病気になって以来ずっと欠席していたので、母にとって2ヶ月ぶりの出席となった。

教会へ母が通い始めたのは娘時分からだから、かれこれ70年の信仰生活となる。洗礼を受けたのは京都五条坂教会で、敦賀来てからも教会には欠かさず通ってきた。 

玄関で、母は木谷牧師と会った。突然の来場で少し驚いていたが「元気になられてよかったですね。ずっとお祈りしていました」と声をかけてくれた。聖堂に入ると、あちこちから声がかかり母は嬉しそうに答えている。この週はペンテコステ(聖霊降臨日)の1週前にあたる。母は封筒に『感謝献金』と書いて大事そうに聖書の上に置いた。

1時間たらずの礼拝に、私も久しぶりに列席した。会堂の窓はすべて開け放たれていて、遠く天筒山の緑が見える。子供の頃、教会の席に座っていて五月の薫風を楽しんでいたことを思い出した。オルガンの音色がここちよい。

終わって食事会があるというので、母に参加するよう勧めて、私は町をぶらぶら散歩することにした。商店街は軒並みシャッターを閉めている。大型郊外店の進出で旧市内の「老舗」はほとんど商売ができないらしい。内池タネ店、オリエント楽器店、宮本スポーツ品店、千田書店、どれも人影がない。
T理髪店をのぞくと同級生が店の親父となって座っていた。客がないのか手持ち無沙汰な様子。だが子供の頃の陽気な面影はなく、頑固そうな目つきで往来をにらんでいた。なんとなく声をかけそびれ、店を素通りした。

ふるさとは懐かしくも悲しいものだ。昔流行った歌を思い出した。「故郷よ、おまえはにくいやつ」♪思い出なんか一つもない、という歌詞だった。

今朝、実家を出て駅に向かう前、亡父の祭壇に手を合わせると、そこに『信徒の友』6月号がそなえてあった。母が毎月短歌を投稿しているが、病気で今回は出来なかったのではと思って開くと、入選句として選ばれていた。
主のみ声聞かせ給えと祈る日に 耳少し遠くなりゆくわれに 

迎えの車に乗って実家を去るとき、母はいつも往来に立っている。照れくさいから家に入れと言っても聞こえないふりして立っている。車が角を曲がるとき振り返ると、ぽつんと母が立っているのを見ると、うしろめたい気分が残った。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング




 

c0048132_1651281.jpg

[PR]
by yamato-y | 2006-05-29 15:58 | ふるさとへ | Comments(0)

風の町にて

風の町にて

田舎へ帰った。今年の初めにメニエル氏病などを患った母の、その後が気になっていたが
思ったより元気になっていた。

京土産に和菓子を買って帰る。大津生まれだから京菓子が好きだ。くず桜、みなづき、鮎の3種だったが、水無月は 美味しそうとすぐ口にした。

夕ご飯も、いそいそと支度にかかる。ずいぶん快復したなと安心する。敦賀の浜でとれた甘エビとアワビの刺身が食卓に出た。味噌汁はこれまでの赤味噌でなく白味噌に変わっていた。塩分を控えるためだそうだ。ジュンサイの味噌汁も悪くない。ただ、母のメニューでいつも困るのが油ものというか肉類が一つもないことだ。私が物心ついてから40年ほど、母が肉を口にしたことは見たことがない。それでよく体がもつものだ。粗食だから長生きできると、本人は自慢するのだが。

夕食をとりながら近況を聞く。最近、振り込め詐欺の電話が頻繁にあるそうだ。一度騙し取らそうな経験をしてから母はあしらいがうまくなったのだが、それでも信じられないくらいたくさん電話がかかってくるそうだ。汗も流さないで人を騙して金を巻き上げようとする若い輩が、今増えているのだ。

1昨日も電話があって、「信義さんはいますか」と、父の名前を出した。聞き覚えのない声なので「どちらさまでしょうか」と母が聞くと、「去年、いろいろお世話になった者ですが」と答えたので、あの詐欺だなと母は気づいた。父は12年前に死んでいる。
「いつ頃帰って来られますか」と聞くので「夕方には戻っているでしょう」と答えた。
「またかけます」と電話は切れた。
電話を置いた後、母はまるで父が生きて帰って来るようで可笑しくてたまらなかったそうだ。一人で笑うのはもったいないと祭壇の写真の父に報告したそうだ。
こんなケースは笑えるが、罪のない年寄りを心配させて騙し取る輩はけっして許せない。

夜になって、風が強くなった。風が吹き抜けて雨戸をガタガタ鳴らせている。「風がつよいなあ」と言ったら、母は嫁いできたときからこの町は風がきついと思っていたよと答える。
私が子供の頃はそうは思わなかったが、大阪、東京、長崎、広島、大磯と住み変えてくると、たしかに何処よりも、敦賀は風が強い。そういえば、井伏鱒二は荻窪を風荒き町と書いていたが、敦賀はもっと荒いと思う。

10時過ぎ、母は高いびきをかいて寝ている。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2006-05-29 13:03 | ふるさとへ | Comments(0)

不倫乗車

悪趣味

土曜日、京都から敦賀まで帰るときのことだ。
京都3時10分発サンダーバード27号に乗った。禁煙指定の10号車だ。私の前の席に初老の男が座っている。アタマは私よりだいぶ薄いが顔つきからするとまだ40代ではないだろうか。夜回り先生のような、渋い中年だ。発車間際、そわそわしている。挙動不審。

そこへ帽子をかぶった中年女性がやってきた。いそいそと男は隣の席を空ける。二人とも嬉しそうな顔だ。松本清張化した私の観察によれば、この二人は不倫関係だ。少なくとも男は妻子もち。帽子の女は独身かもしれない。女は42,3といったところか。帽子をかぶるというセンスがイマイチいただけない。化粧もやや時代遅れ。派手な格好だが野暮ったさが目に付く。仕事ばかりしていて婚期を外したといった風情だ。この女性にはなんとなく、大学の事務にいそうなタイプを感じる。すると、相手の男は大学の教員だろうか。

席につくや、そろってシートを倒しシンネコになった。シンネリ、しっぽりの意味だ。山科を越え大津を過ぎ、琵琶湖が広がり始めると、二人の声はしだいに大きくなる。おそらく危険区域を脱して、二人は気が大きくなったのだろう。女は皇后陛下のように帽子をかぶってすましているくせに声が大きく、話しかたがはすっぱだ。
うむ、先行き男はこの女に振り回されるぞ。ざまあ見ろ、という心境に私はある。やっかみが半分あるのは認めなくてはなるまい。が、現在の二人はそんな「怨望」も「嫉妬」も目にも耳にも入らず幸せな気分にある。会話の声はますます大きくなる。はしゃいでいる。
土曜日の旅、男は大阪から乗り女は京都から合流して、週末北陸へしけこむ図か。

右手に竹生島が見えてきた。二人は今晩の予定を話しあっている。片山津に泊まるらしい。北陸温泉郷の一つ。関西の奥座敷と言われている。なるほど、関西の不倫男女の避難場所か。織田作之助の世界だ。
やがて話題は職場の人間関係に移っていった。固有名詞が飛び交い盛り上がっている。

車掌が検札に来た。二人は握り合った手を慌ててふりほどく。車掌はちらっと二人を見る。二人顔をそむける。

私はブログ用に京都の出来事でも記そうとパソコンを取り出したところで、この(不倫)が目に飛び込み、観察を記録するうちについに中継記事を書き始めたが、観察すればするほど面白かった。乗客観察は退屈しのぎにちょうど良かった。悪趣味と自覚はある。 

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2006-05-29 12:54 | ブロギニストのDJ | Comments(0)

ドキュメンタリスト

ドキュメンタリスト

ドキュメンタリーを作る人をドキュメンタリストという。
本日、私の講座に永田プロデューサーを招いて彼のドキュメンタリーに対する考え方を聞いた。

私の所属する20世紀学はそもそも歴史学の範疇に属すると永田さんは知って、ジャーナリズムと歴史学の交わる部分を中心に話をしてくれた。

講演は4時間にわたって行われる熱いものとなった。

話の切り出しは1954年という年だ。彼が生まれた年である。その年は日本にとってもアメリカにとっても意味深い。ビキニで水爆実験が行われ、第5福竜丸の乗組員、ロンゲラップ島の住民、作戦に参加したアメリカ兵が被爆したのだ。永田さんの名前を轟かせることになる名作「ビキニの記憶」を構想、制作する背景を語り始めた。

この水爆実験は台頭躍進するソ連や中国に対するけん制からだった。反共ということが歴史にせり出して来る。
この年の後半からマッカーシー上院議員が声を大きくしてゆく。彼は「アカ狩り」の先頭にたって映画、新聞、テレビ、などメディア関係者を中心にリベラルな人物を次々に葬っていくのであった。いわゆる「マッカーシー旋風」が全米に吹き荒れるのだ。そのレッテル貼りは野蛮で強引なものだった。密告があちこちで行われ、アメリカのモラルが地に堕ちてゆく。
この腐敗した権力に立ち向かったのがCBSの人気キャスター、エド・マーローだ。エドは無体なラベル貼りの一つ一つを検証しながら、その横暴を世間に向かってディーセントな語り口で説いてゆくのだった。その戦いを描いたのがジョージ・クルーニーが製作した最新の映画。「グッドナイト&グッドラック」。監督はハリウッドの人気スター、ジョージ・クルーニー。ニュースキャスターを父に持ち、幼い頃からエド・マローをヒーローだと思っていたと言うクルーニー。熱い情熱で撮りあげた本作は、アカデミー賞で主要6部門へのノミネートを果たした。
c0048132_1313730.jpg
主人公、エド・マーローの魅力的なエピソードをここからも引用して、永田さんは聴衆の心をしっかりつかむ。講演会場の第7大講義室は100人余りが息をのんで話に聞き入った。


大きな権力と立ち向かってゆくジャーナリストの戦いを、永田さんは穏やかにかつ熱く語った。 
講演後半は、ケネディ暗殺事件とその真相報道を例に挙げながら、日本の戦後史に起きた謀略事件の謎を解明する番組について、現在企画中であることを報告した。
4時間があっと言うまに過ぎた。今回の講演内容は、永田さん自身が文章にまとめて20世紀学の紀要に寄稿してくれることになった。それをきちんと読んで、この講演の全体をブログに書くつもり。
永田さんの演題は、
「映像は歴史をどう伝えるか~私の体験から~」

c0048132_12534994.jpg
賀茂川は今朝は人影がまばらだ。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2006-05-27 12:52 | ブロギニストのDJ | Comments(0)


人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧