定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント

<   2006年 03月 ( 77 )   > この月の画像一覧

幸せの黄色いリボン

語り部、水島新司

漫画のあぶさんやドカベンで有名な水島新司さんといっしょにディスクジョッキー番組を4本作ったことがある。今から30年前だ。
毎回テーマを決めて選曲していった。最終回だけ、レコード(当時はレコードをかけていた。このアタマ出しが難しかった)は1枚だけにしようと、水島さんが言った。
それは1973年にフランク・シナトラが歌って有名になった曲《幸せの黄色いリボン》だった。
Tie a yellow Ribbon roun The Ole Oak Tree――黄色いリボンを樫の木に結んでおいて、
というのが原題である。歌は物語になっていた。

悪事を働いて刑務所に入っている男がいた。3年の刑期を終えることになり、男は昔いっしょに暮らした女のところへ戻ろうかどうしようか悩んだ。これまでさんざん悪いことをして彼女に迷惑ばかりかけた、悪いのは自分だと知っているだから迎えてくれるか自信がないのだ。結局、その女に手紙を書いた。
「もし、ぼくをゆるしてくれるなら、家の前のあの樫の木に黄色いリボンを結んでおいてほしい」もしリボンが無かったら、彼はそのまま寄らずに遠くへ行くつもりだった。

都会から長距離バスに男は乗り込んだ。強張ってとげとげしい雰囲気に他の乗客たちも遠巻きにして見ている。運転手も苦々しい。
町が近づくにつれ彼はますます緊張する。やがて、乗客たちも彼の苦しみを知るところとなる。励ましてくれる人もいる。大丈夫だよ、きっと待っててくれるよと。うれしいが、彼には気休めとしか思えない。
バスは町に入った。
あの角を曲がれば、思い出の家がある。男はもはや耐えられなくなっていた。怖くて顔を上げていることができない。運転手に頼んだ。
「運転手さん(Mr.Driver)。ぼくの代わりに見てはくれないか・・・。」
バスは角を曲がった。一瞬の静寂。

そして、乗客が全員立ち上がって叫んだ。「見ろーっ(LOOK!)」
バスの乗客が歓声を上げる中、彼が目を上げると、樫の木には、なんと一つどころか100個の黄色いリボンがついていたのだ。黄色いリボンで満艦飾の樫木の風景は涙でにじんでいた。
 ――と水島さんはそこまでマイクに向かって名調子で語り続けてきて、副調にいる私に向かってレコードをかけるキュー(合図)を出した。私もミキサーもジーンとしたまま、スィッチを回した。あの軽快なイントロがフェイドインしてきた。

あんなに楽しいラジオ番組はなかった。録音を残しておきたかったが、手元にはもうない。水島さんが語ったのは歌の歌詞どおりだったが、語り口がよかった。乗客が全員立ち上がって、「みろーっ」と叫ぶところなど、語りは圧巻だった。さすが熱血野球漫画の巨匠だと感じた。

 この番組から2年ほどして、山田洋次監督の「幸せの黄色いハンカチ」が封切られたと聞いた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

c0048132_16264041.jpg

[PR]
by yamato-y | 2006-03-31 16:17 | シリーズ作品回顧 | Comments(0)

花の美しさ

花の美しさ

正確な言葉は忘れたが、「花の美しさというものはない。美しい花があるだけだ。」と小林秀雄が語っていたはずだ。いかにも小林らしい切れ味のいい「エピグラム」だが、すべてにあてはまるとは小林も思っていないだろう。ここ数日咲き誇る桜を見ていると、小林に異議を申し立てたくなる。個別の花というより花と呼ばれるもの(複数形)が美しいといいたい。

c0048132_132654.jpg


せんだって、山桜の誰にも見られない美しさを語った。
映画にしろテレビにしろ、客に見られて作品として成立する。それはたしかだ。だが、山桜のように見られない「番組」があってもいいのではないか。客に見られることを顧慮しない作品というものがあってもいいのではないだろうか。

 日記のような、他人(ひと)には分かってもらえなくても自分独自の符号やしるしで象(かたち)作っていくような作品。

 そうやって自分本位で書かれた日記でも、作家の場合かなり誰かに読まれることを意識している。永井荷風にしても山田風太郎にしても、その痕跡がうかがえる。

 向田邦子も若い頃恋をした。それはずっと秘めたものであったが、その痕跡の手紙は残しておいた。不慮の事故で突然死んだから、向田は処分できずに残ったのかもしれないが、仮に病死であっても、その手紙は残されたと思う。なにより、彼女の作品の中でその恋はしっかり描かれている。私はその典型を晩年の作品「蛇蝎のごとく」に見出した。

秘めていても誰かに言いたい・・・
先日、ある人からこのブログに恋の告白を寄せられた。当初、何のことか分からず面食らったが、事の次第が見えてくるとその人の所業が理解できた。
その人は恋をした。誰も知らない。相手すら知らない(かどうかは判断に迷うが)。ずっと秘めたままでいこうと考えたが、誰かに胸のうちを打ち明けたかった。打ち明ける相手は、知人でなければ誰でもよかった。できるだけ遠くの人がよかった。そこで、このブログが選ばれたのである。

 驚いた私は、それにピント外れの応答をした。それは必要ではなかったのだ。私が読んだということさえ、その人が分かればそれでよかったのだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング


c0048132_13261983.jpg

[PR]
by yamato-y | 2006-03-31 13:02 | 登羊亭日乗 | Comments(0)

姜尚中さんと再会

熊本の鉄ちゃん

夕方、オフィスの前で姜 尚中(カン サンジュン、강상중)さんと会った。久しぶりだった。ハンサムな東大教授はニコニコ笑いながら歩み寄って「ずいぶん長いこと会っていませんね。今何を作っていますか」と、大きな手で私の手をかたく握った。いやあ、そう言われると近年「冬のソナタ」とか「植木等」とか「ペルソナα」とか、硬いドキュメンタリーは作っていないから口ごもってしまう。
だけど、姜 尚中さんと会うと嬉しい。本当に懐かしい。
先日、私の仲間が企画した番組で姜さんがフランスへ行ったと聞いていたから、その番組のために来たのではないかと思って、問うと、そうだと答えた。「たいへんでした。現地は深刻でした。今度のフランスの若者のデモがラストシーンになると思いますが、実際に現場を見てきてよかったと思います」と、相変わらず真面目に先生は受け応えする。

 姜さんとは10年ほどの付き合いとなる。最初は「未来潮流」という番組だった。まだ韓流もなく差別が公然とあった時代だ。先生は指紋押捺拒否に関わっていてずいぶん苦労していた。在日韓国人の期待の星だった。たしか当時は国際基督教大学の准教授でマックスウェーバーの研究家だった。私と仕事をした前後ぐらいから、「朝まで生テレビ」に出演することが多くなり、論客として知られるようになってゆく。

でも私に一番印象に残っているのは4年前に撮影した、「課外授業・ようこそ先輩」である。このとき、姜 尚中さんの故郷熊本へいっしょに行ったのだ。山の麓にある母校清水小学校で、姜さんは6年生に「世界と出会う、自分と出会う」という授業をしてもらった。こどもたちは5班に分かれて市内の外国人(カナダ、バングラディッシュ、韓国など)を訪ねてコミュニケーションを試みるという授業だ。
姜 さんは教室で、自分は小学校の頃永野鉄男と名乗っていたことを話す。野球が得意な鉄男少年だった。友達から鉄っちゃんと呼ばれていたのだ。でも、あとになって本当の名前を獲得しなくてはと決意し、姜 尚中となったと、こどもたちに一生懸命話した。そして政治学とはみんなが仲良く暮らすことができることを目指す学問だよと話した。こどもたちはまっすぐ姜さんをみつめていた。私は番組を制作しながら、感動していた。
 授業をした夜、スタッフは熊本のホテルに泊まったが、姜さんは実家にもどり一晩泊まった。八十歳になるオモニが待っていたのだ。オモニは誇らしかったし嬉しかっただろう。
薮入りの寝るやひとりの親の側

 いつだったか忘れたが、姜さんと酒を飲んだことがある。あまり先生は飲まなかったが、楽しくなって、ゴールデン街の「とんぼ」へ案内した。店主のアキコさんはおおいに喜んだ。ここには池明観さんも来たことがありますと告げると、あの白皙が崩れて、目にしわが出来た。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

c0048132_21192877.jpg
課外授業をする姜さん
[PR]
by yamato-y | 2006-03-30 21:15 | 魂のこと | Comments(0)

財布を忘れた

財布を忘れた

朝の光を浴びて気持ちよく山を下った。途中鶯の声を聞いた。かなりきちんと、ホーホケキョと聞こえた。昨年より早い。すかんぽも芽を出してきた。
c0048132_12453880.jpg

桜は八分。ちらほら花片が落ちてくる。気持ちよく駅まで歩いて改札まで来て財布を家に忘れてきたことに気がついた。定期券はそれにはさんである。家には誰もいないから電話をして持ってきてもらうこともできない。取りに帰るとすれば往復20分はかかるし、坂を登るのも億劫だ。仕方がない。
現金で切符を買うことにした。東京往復2200円。(小梅大夫をまねれば。チックショー)
ため息をつく。だが誰にも文句はいえない。(みんなオイラが悪いのさ)

 清清しい気持ちもこの出来事で吹っ飛んだ。おまけに車内はいつもより混んでいて立つ羽目になる。さがみ野まで出て、丹沢連峰を見はるかしてやや気持ちが落ち着いた。

手前に大山、奥に丹沢が配置されている。標高は丹沢のほうが高いのだが、さがみ野から見上げると、手前の大山のほうが高く見える。大山は独立峰なので形もよい。江戸時代以来大山信仰の対象になるのも納得できる。それに比べると丹沢は尾根が長く(ここというピークがない)姿はぼんやりしている。
丹沢はさえない兄貴で大山は聡い弟に見える。

ところが冬、降雪期になると様相が変わる。大山に雪がないときでも丹沢にはあることがある。冠雪した丹沢はきりりとしていつもの愚兄ではない。それに比べいつも饒舌な大山はうなだれている。

教訓めいた話にはしたくないが、どこか人生を思わせる。普段ぱっとしない存在でも逆境にいたって真価が発揮される、ということ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2006-03-30 12:34 | ブロギニストのDJ | Comments(0)

海の彼方へ向かって

 きよさんへ

さきほどブログの記事チェックをして、中国に住むきよさんからのコメントを連続して拝読し、事情を理解いたしました。きよさんが語っていた恋はテレビ番組とはまったく関係なかったですね。すみません、事情が分からず頓珍漢な答えをしました。

海を隔てた遠い国の人と、こうして感情を行き交うことができることに不思議さと有り難さを感じています。

きよさんは貴方は今青春にあるのですね。
青春、朱夏、白秋、玄冬。
私はもう玄冬に近い白秋にすむものです。あなたのような季節は遠くになりました。あふれるような思いをかかえていた時代から遠く離れて、それを回想していることに喜びをもつことが多くなっています。

「命短し 恋せよ乙女」は戦前の、というか大正4年の流行歌で、題はゴンドラの唄といいます。黒沢監督の映画「生きる」で重要な主題曲として使われて有名です。

 いのち短し 恋せよ少女(おとめ)
  朱(あか)き唇 褪(あ)せぬ間に
  熱き血潮の 冷えぬ間に
  明日の月日は ないものを

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2006-03-30 00:12 | Comments(2)

人と人の不思議な結びつき

人と人の不思議な結びつき

川本三郎さんの「今日はお墓まいり」を読んでいて、共感する一節を見つけた。
第1章の漫画家寺田ヒロオさんのことにふれた部分だ。晩年寺田さんは少年の心を失ってゆく商業漫画誌に嫌気がさして、湘南の茅ヶ崎に移り住みほとんどマンガを描かなくなっていった。60歳を少し超えたところで死んだ。ずいぶん早い死だったのだ。その厭世的になった寺田さんを支え励ましたのが奥様の旺子さんだ。
その旺子さんについて川本さんはちらっと、でもとても大切なことを書いている。
《旺子さんは中村八大の妹である。寺田ヒロオの死は、兄八大の死の直後だった。》

なんて素敵なことか。あの「夢で逢いましょう」で私らにいっぱい歌をくれた、あの八大氏の妹が「スポーツマン金太郎」の作者の妻だなんて。いったい、どういう結びつきで〈アボーイ・ミーツ・ガール〉したのだろう。知りたい。そして、この義理の兄弟は会ったときはどんな会話を交わしていたのだろう。
 こういう奇妙な偶然のような、人と人の結びつきに目が届いている川本さんに、読者はふかくふかーく共感してしまうのだ。

 私は歴史をながめるとき、こういう「人間関係」の不思議さについとらわれ、そこからむくむくと妄想を掻き立てることが多い。例えば、織田信長―お市の方―千姫―秀頼。これは戦国の権謀術数がはたらいているからまだ偶然は強くない。現代でもずいぶん意外な人間関係がたくさんある。小松左京―高橋和巳は学友。富士正晴―伊東静雄―三島由紀夫。伊丹万作―伊丹十三―妹ゆかり―大江健三郎。三好達治―梶井基次郎―宇野千代。中原中也―小林秀雄―大岡昇平―富永太郎。こういう星雲状態の人間関係に私はとても興味をもつのだ。

最初の話にもどるが、中村八大には六大という兄がいてやっぱりジャズマンだった。植木等と仲が良く、植木のバンドでピアニストが足らなくなったとき相談したら、弟の八大を紹介されたと植木さんが語っていた。この中村兄弟姉妹を育てた親とは、いったいどういう人物だったのか、私はまた調べたくなるのだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2006-03-29 23:23 | 登羊亭日乗 | Comments(0)

SF作家、石川喬司さん

まつろわぬチョーソカベの人

昨夜、久しぶりに石川喬司さんと話した。SF作家でありそのジャンルの論客として活躍されてきた人物だ。以前、大伴の番組を制作したことを通して知り合った。

石川さんは愛媛県新居浜の出身。松山東高を出て東大仏文科へ進んだ。大江さんは4年下で同じ経歴だ。若い頃から文壇でも近い関係に二人はある。

昨夜のパーティで石川さんのスピーチはすぐれて文学論であった。
昨日、東欧のSFの巨匠スタニスラム・レムが死去した。「惑星ソラリス」の作者だ。彼が世界で注目される契機となったのが、1970年に日本で開かれた国際SF作家会議だ。その事務局長が大伴昌司だった。大伴の会の当日に訃報が入るという偶然性を石川さんはまず指摘した。

 そのレムの文学について、大江さんの最新作「さよなら、私の本よ」で詳細に論じている。ここで、大伴―レム―大江という線が一本につながると、石川さんは見るのだ。

 たしかに大江さんの作品に「治療塔」というSFがある。SFとしては不評だったが、そこで紡がれた治療塔というイメージはまことに美しいものがあったと、私は感じる。1987年、「世界はヒロシマを覚えているか」で、私は大江さんとモスクワに住むストルガツキーを訪ねた。ソ連SF界の大物作家である。タルコフスキーの「ストーカー」の作者として名高い。この作品に触発されて大江さんはモスクワに向かったのだ。大江さんの中のSFは実は重大な命題であると、推測される。

 パーティの席上、石川さんと話した。石川さんは最近の大江作品にはある悲痛なものを感じると見ていた。戦後長く、新しい日本をめざして大江さんが積み上げてきたことが、近年裏切られることが多くなっている。そういうことが作品に悲劇性を帯びさせているのではないか。
 大江さんの中に二つの基準があって相克はしだいに激化していると石川さんは見ていた。一つは恩師渡辺一夫の説く「寛容」。もう一つは中央から追われ山中深くで暮らすことになった、まつろわぬチョーソカベの人としての「反逆」。このアンビバレンツな感情のなかで、大江さんは引き裂かれているのではあるまいか。
 と、石川さんは大江文学をそうとらえていた。私も、最近の大江さんのメランコリーは深いと感じていたので、この考えにひどくひかれた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2006-03-29 14:29 | 大伴昌司の遺産 | Comments(0)

後には風が吹くばかり

大伴昌司を偲ぶ会

昨夜、渋谷アリマックスホテルにて大伴昌司の会が開かれた。4階の会場には母の四至本アイさんをはじめ30人以上の関係者が集うた。
冒頭、私があいさつをした。大伴さんが亡くなって33年経ったが今ますます評価は高まっている、遅ればせながら33回忌の代わりとして故人をしのびたいと、宴の趣旨を話した。
集まった人は児童ジャーナリズム、特撮関係者、作家、出版関係者ら錚々たる人たちだ。作家の石川喬司さん豊田有恒さんも顔を見せてくれた。円谷プロの重鎮もいた。若い編集者やライター、映像制作者もいた。大半が70過ぎの方だが、会場は熱気でつつまれていた。

乾杯の音頭を、内田勝さんにお願いした。いわずと知れた、少年マガジンの大編集長であり大伴昌司の盟友でも会った人物だ。内田さんの話は情熱的で興味深いのだが、とにかくスピーチが長い。かれこれ10分から12分はあったか。一同グラスを手に待っているがなかなか終わらない。乾杯にうつったのはパーティが始まって25分経った、6時半だった。

しかし、内田さんが語ったことは感動的で面白かった。大伴がいかに完璧主義者で、意に沿わないことがあるとダダをこねたか、エピソードを交え内田さんは面白く語った。
図解担当の編集スタッフは完璧主義にいつも泣かされ、大伴はこういう状況なら降りるということをいつも口にした。大伴から愚痴を聞かされる内田さんは、「今、あなたがやっているビジュアルコミュニケーションはきっとこれからの日本文化に大きな意味をもつはずだから、短気をおこさず頑張ってやりましょうよ」と励ました。すると、大伴はこう言ったという。
「僕のやっている仕事なんて、10年先20年先には誰からも忘れ去られているよ。そういうことがあったなんてことは何も残っていないよ。後には風が吹くばかり。」

 多少センチメンタルだが、大伴の言やよし。いいなあ。後には風が吹くばかり。
早世を予感し、自分の正体を隠し、未来を幻視しつづけた男、アルチザンとしての面目躍如だ。

 内田さんの長いスピーチの最後も感動的だった。大伴が死んで30年も経つのに、こうして人々の記憶がある。けっして彼の仕事、名前を無にしてはならない。後には風が吹くようなことにさせてはいけない。きっと私らの手で大伴さんの事を伝えていこうではないですかと、内田さんは語った。熱く語りすぎたのか、スピーチのあとの乾杯発声の段取りを内田さんは一瞬忘れていた。そして気づくと照れくさそうにグラスを掲げて「カンパーイ」と発声した。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2006-03-29 10:20 | 大伴昌司の遺産 | Comments(0)

花狂い

桜のあやしさ
c0048132_1223847.jpg



花といえば、日本では古来より桜となっている。早春に椿も桃も梅も咲くのだが、人の心に「花」と意識されるのはやはり桜になるのであろう。

花にまつわる大切な歌の数々。
街中にある桜は愛でられることは当然だが、山中にある桜とは誰が見るのだろう。見られることも思わずに咲く桜。ひとしお、美しさが目にしみる。本居宣長も山桜を好んだという。その山桜にしても、荒れた古城とか廃屋の陰に咲いていれば「ものすごきこと」もさらに深まる。
さざ浪や志賀の都はあれにしを昔ながらの山桜かな
この歌の作者が源氏に追われて落ちていった平忠度と知れば、興趣は深い。

春の夕暮れというのは物憂い。能の「道成寺」にこんな台詞がある。
春の夕暮れ来てみれば、入相の鐘に花ぞ散りける、花ぞ散りける
小学唱歌に出てきそうな風景だ。

桜といえば西行。
あくがるる心はさても山桜ちりなんのちや身にかへるべき
あくがるとは、心が体から離れてさまよい出ること。たとえば、和泉式部はこんな歌を詠んでいる。
もの思へば沢の蛍もわが身よりあくがれいづる魂(たま)かとぞみる
つまり、桜に心が狂いからだより抜け出てしまった。花が散った後は浮遊する心は元へもどれ、と西行は詠んでいる。それほど桜は人の心を奪うのか――。余談だが、私は長い間あくがれはあこがれの古語と思っていた。実際、あこがれとは私から他者に向かうのだから満更間違っているとは思えはしないのだが。

現代の歌人でもものすごき歌を詠んでいる。
眼老いものみえがたき春の日にさくらのはなの零(ふ)るしたをゆく
上田三四治の短歌だ。老眼が進み、視力が落ちてきた年齢となって分かる境地であった。零落の零をふると読むことを上田から教えてもらった。桜にふさわしい用法だ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
c0048132_1225125.jpg
聖ステパノ学園の桜
c0048132_12387.jpg
駅そばの土手にも桜
[PR]
by yamato-y | 2006-03-28 08:58 | Comments(0)

「キスだけじゃ嫌」は、けっこう好きなんだ

7年交際した彼女に



7年交際した彼女にふられた後、半年後に二人が再会する話。ふった彼女もそれ以後付き合った人はいないとナレーションが語る。まるでヨリがもどるかのように番組は進む。
二人が再会する。このまま復活かと思っていたら、彼女は彼氏のその後の努力は認めるがヨリはもどらない、これが今夜の紳介の「キスだけじゃ嫌」の中味だった。

 たかがバラエティと思いつつ、つい番組にのめりこんでいる自分を発見して驚いた。制作する側の、簡単に予定調和しないという決意、手法に、制作者のプライドを見た思いがする。

今の若い人のいい加減でだらしない付き合いかたにうんざりしている私に、結構目からウロコの恋愛のパターンをこの番組は見せてくれるのだ。

簡単にくっついたり離れたりするのが最近の若者の恋と見ていた私に、胸つまらせるような恋愛を、あの「だらしない」若者の中から出現させる本番組には、いささかまいった。つい涙がこぼれそうになるのだ。

やはり、人を好きになるという心の動きは、時代や風俗で簡単に「ワヤ」にされるわけではないのだ。
 しかし、若いということは残酷だ。それほど人と人が熱く接近するなよ、やがて互いに傷つくだけだからということを、年長の私としては言ってやりたい気がする。でも傷つかないより傷つく恋をしたほうがまし、とも言ってやりたい。
 命短し 恋せよ乙女

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2006-03-27 23:24 | Comments(5)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧