定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

<   2005年 04月 ( 42 )   > この月の画像一覧

七夕・肩こり・オノヨーコ

北国の祈りの木




c0048132_10524078.jpg


オノヨーコさんとノルウェーに行ったことがある。
ベルゲンという古い港町だ。そこで、1999年夏にオノさんの大回顧展が開かれた。
その記念式典に参加するオノさんに同行して、私は「世界わが心の旅、北国の祈りの木」
というドキュメンタリーを作った。
オノさんは元来前衛アーティストとして、戦後早くから注目されていた人だ。
そのアート作品を一同に集めて展覧会が開かれる。今までになく規模の大きいものだという触れ込みだ。
ベルゲン市の美術館館長がオノさんの古くからの友人で、オノさんの仕事を早くから
評価していたこともあって、オノさんはこの展覧会に応じたのだ。

このノルウェー行きの話は私の元に、突然飛び込んできた。
ひょっとすると、オノヨーコの素顔が撮れるかもしれないという情報だ。
すぐ私はニューヨーク、ダコダハウスにオノさんを訪ね出演交渉し、了解を得ることに成功した。
この交渉についてはいずれ稿を改めて書こう。とにかく伝説のダコタハウスに私は足を踏み入れたのだ。

北国のベルゲンは、夏とはいえ雨がふれば肌寒い気候となる。空は限りなく高く
海はどこまでも青かった。そこの美術館には異例の数の客が詰め掛けた。
 ヨーコの一環した主題は「愛と平和(LOVE and PEACE)」だ。
作品のひとつに「虫かごの部屋」があった。白い何もない部屋に上から無数の虫かごが
ぶら下がっているだけ。かごの中はからっぽだ。かごの底を見ると、「1914・セルビア」
「1945.広島」とある。歴史的事件の地で悲劇が起きる直前まで鳴いていた虫を入れたかごなのだ。その悲劇のため虫も殺され、かごの主は不在となっていることを、その
沢山のかごは示している、彼女は私にそう説明した。口調はやさしいが目は鋭い。
c0048132_20272561.jpg

かごの一つに「1980・12・8 ジョン」というのがあった。ジョン・レノンの
虫かごだ。彼女は旅の途中折に触れて、ジョンのこと、その思い出を語っていた。
まさにベターハーフなのだ。
c0048132_19122641.jpg

この虫かごでも分かるように、日本的なことがヨーコの心を深く捉えている。
バレストランドという小さな町では、会場の前に一本の木を立たせ、そこに客の
願いや祈りを書いたカードをくくりつけさせた。彼女の得意なパフォーマンスだ。
これは、まさに七夕の手法ではないか。ヨーコは日本で過ごした少女時代を
とても大切にしていることを、私は感じた。
 
その祈りの木の前で、最後のインタビューをした。
「一人の英雄が祈るのではありません。今の時代は一人一人が英雄になって
みんなで祈るのだ。そうすれば、世界は変わるのです。」
  *                  *
 ヨーコは肩こりがひどい。あまりしんどそうなので、揉んであげましょうかと
私が声をかけると、ぜひと肩を差し出した。
終わった後、やはり日本人の肩揉みは違うわねえと、うれしそうに礼を言って、
首をコキコキ回した。

よかったらランキングをクリックして行ってください
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2005-04-30 19:12 | シリーズ世界わが心の旅 | Comments(0)

夏のストーブ、冬の扇風機

c0048132_12255796.jpg

 残りの日々
 このゴールデンウィ-クが過ぎれば、すぐ夏が来る。思わぬ梅雨寒(つゆざむ)が
ないことはないけれど、いつまでもストーブを出したままというわけにはいかない。
それでは、夏炉になってしまう。
 夏炉冬扇――時節に合わない無用の長物のこと。
今日あたり、納屋にストーブを仕舞い、扇風機を出すことにするか。

定年になって少しひがみっぽくなった。被害妄想なのか、扉が次々に閉まっていく。
そんな気がしてならない。自分が夏炉冬扇に思えてならないのだ。
体力も知力も半年前と変わらないと思うのだが、定年の「踏み切り」を越えると
まわりの風景が違って見える。

 ――中年の危機か。こういうマイナスのエネルギーを解消するものとして、
江戸時代は半強制的な「隠居」という制度があったのだろうか。
c0048132_12262870.jpg


藤沢周平の『清左衛門残日録』は、三屋清左衛門が52,3歳で隠居するところ
から始まっている。
《夜更けて離れに独りでいると、清左衛門は突然に腸をつかまれるようなさびしさに
襲われることが、二度、三度とあった。そういうときは自分が、暗い野中にただ一本で
立っている木であるかのように思いなされたのである。(中略)
 清左衛門自身は世間と、これまでにくらべてひかえめながらまだまだ対等につきあう
つもりでいたのに、世間の方が突然に清左衛門を隔ててしまったようだった。多忙で
気骨の折れる勤めの日々。ついこの間まで身をおいていたその場所が、いまはまるで
別世界のように遠く思われた。》
 この文章を書き写しながら私は身につまされた。そうだ、そのとおりだ、藤沢もまた
寂しさをかこっていたのだなと。
 あのうるさい中野孝次でさえ「藤沢周平もついに老年を描きだす年齢になったかと、
一種の感慨を抱いた」と書いているほどだ。

 だが、この清左衛門は小説の上ではけっして暇にはならなかった。
当主の息子をさしおいて活躍したり、藩の大切なお役目に関わったりして、
隠居としてなかなか往生しない。そればかりか「涌井」の女将みさとの仲や
嫁の里江との戯れなど、羨ましいことが次々とある。

 そういえば、この小説の冒頭に掲げられた成句。「昏ルル未ダ遠シ」。
「日昏レテ道遠シ」ではない。人生の終わりが近づいても達成できないという悲観ではなく、日が暮れるまでまだ道は残っている、時はまだある、という意味であろう。

久しぶりに、この休みは藤沢周平をかためて読もうか。 

よかったらランキングをクリックして行ってください
人気blogランキング


c0048132_12264996.jpg

[PR]
by yamato-y | 2005-04-30 12:27 | 登羊亭日乗 | Comments(1)

夜中に思い出し笑い

巨匠のジョーク

1994年というから、今から10年以上になる。
大江健三郎さんがその秋ノーベル文学賞を受賞した。選ばれた一報が入ってから
大江さんは受賞式まで沢山の取材を受けた。

その中で、長男の光さんの話題に及んだことがある。光さんは作曲をする。
熱烈な広島カープのファンでもある。大江さんいわく。
「(光さんは)6月頃はカープの放送を聞きながら短調の悲劇的な曲ばかり作っていたが
7月に入ってカープが連勝し始めた。
するとソナタが長調に変わって愉快な曲になった」……!?。

 受賞が報じられて、長島巨人監督が日本シリーズへの招待を申し出た。
大江さんは丁重に辞退した。猛烈に多忙であったのだ。
その折、こんなことを話した。
「息子の光はカープファンです。特に広島の音選手。」そしてニコッと笑った。
いや、ニヤかな。
「広島の音」→ → →「ヒロシマノート」。ジャンジャン。

よかったらランキングをクリックして行ってください
人気blogランキング

c0048132_0422372.jpg
晩餐会に出たノーベルチョコ
[PR]
by yamato-y | 2005-04-30 00:44 | 登羊亭日乗 | Comments(0)

電車を待ちながら

 播州赤穂行き

先日、帰郷した折、鈍行で北陸線を走った。
乗り換えの長浜駅で敦賀行きを待っていると、東海道線に乗り入れの
電車が入船してきた。電車の表示を見ると、播州赤穂行きと書かれてある。
その名の出現が意外だったことと、懐かしさが一度にこみ上げてきた。

一昨年になるだろうか。講演で赤穂へ行ったことがある。兵庫県の先生方の
集まりに呼ばれて、番組の話をしに行ったのだ。
真面目な人ばかりで、イベントの進行を分刻みで遂行しておられるのを見て、
少し冷やかした。
そんなにキチンとやらなくてもいいのでは、もう少し「遊び」があったほうが
いいなどと、生意気なことを言った。

 赤穂の先生たちは私の野放図な意見に対して誠実だった。
 これからはもう少しゆったりと会の運営を考えていきますかねと、私の
話に前向きに検討してくれたのだ。
現場の先生たちの真摯で一途な仕事ぶりに、感じ入り、余計と思えるような
発言を少し恥じた。

 講演会の合間に、夕暮れの赤穂の町を見下ろす山に登った。そこから見た城下町は
うすもやがかかり、町の灯がにじんでいた。赤穂は穏やかな懐かしくなるような顔を、
私に見せてくれた。あの時の思いが今も残っている。

 そして昨年、実直で素敵な先生たちは、みな熱烈なソナチアンになられた。
という便りが届いた。
電車に表示された名を見たにすぎないが、思いがけず忘れていたことを
思い出させてくれた。

よかったらランキングをクリックして行ってください
人気blogランキング



c0048132_1240678.jpg

[PR]
by yamato-y | 2005-04-29 18:43 | ふるさとへ | Comments(0)

冬のソナタ・日本語版

「冬のソナタ」「オールイン」「初恋」「チャングムの誓い」――日本語版制作

私のオフィスの隣りに映画・海外番組部の部屋がある。「冬のソナタ」をはじめ
韓国ドラマやハリウッド映画、海外ドキュメンタリーなどの吹き替えを担当してきた。
「冬のソナタ」の大成功以来、ここは活気にあふれている。
「初恋」や「チャングムの誓い」を今手がけている。部屋の入り口にポスターが張ってあって、何が今注目されているかすぐ分る。
c0048132_16375080.jpg

c0048132_16381597.jpg


海外作品の吹き替えといっても、ドラマとドキュメンタリーの2系統がある。
ドキュメンタリーは、私のような教養、教育、科学など普通の番組を
作ってきた経験者が担当している。
ドラマは、現役時代テレビドラマのディレクターやプロデューサーとして活躍した、
ドラマのプロがやっている。日本語の芝居も高い技術と洗練された演出が用いられている。
だから仕上がりもいいのだ。
大変な努力と情熱がはらわれていることは、チェ・ジウの吹き替えを行った田中美里さんから私は聞いた。

昨秋、NHKホールでの「冬のソナタ・グランドフィナーレ」を開催するにあたり、わたしはあることを企んだ。
 舞台が始まる前に、三千人のソナチアンに、このドラマ成功の陰で努力された人たちを
紹介したいと願ったのだ。スタッフが壇上にあがったとき、盛大な拍手が客席から
巻き起こった。舞台の上と下で熱い思いが流れたのだ。

――ずいぶん昔に思えるが、あのフィナーレから半年足らずしか経っていない。
今また、新しく「オールイン」も4月から始まった。

c0048132_16383356.jpg

よかったらランキングをクリックして行ってください
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2005-04-28 16:28 | 冬のソナタの秘密 | Comments(0)

うぶすな

 産土(うぶすな)

有名人がふるさとの母校へ戻って授業をする「課外授業」。この元の形の
「シリーズ・授業」というのを、かつて作り出した。
その番組を立ち上げるとき「功なりて産土を思うという、キャッチフレーズを
考えたことがある。人間というのは、成功して名を上げれば自然と故郷が恋しく
なるもの。故郷の母校に恩返しをしたいと願うものではないだろうか、と
この企画を考えたのだ。
産土(うぶすな)――その人が生まれた土地。なぜ、そういう表現をするのか
長く謎とされてきた。

私の故郷、敦賀の海に行くと、日本海に向かって敦賀半島が細く伸びている。
牛が寝ているような姿の西方ヶ岳の麓に常宮、色、立石といった村がある。
かつて陸路は険しく、船だけが通行していた。まさに陸の孤島だった。
 ここには古い習慣が近年まで残っていた。その一つに産屋(うぶや)制度がある。
身ごもると、女は母屋を出て産屋に入る。10月10日、日が満ちて出産すると
そこを出る。この風習は古代から続くと言われる。

 民俗学者によって、この出産制度が解明された。その中に産土もあった。
産土は出産が近づいたとき、清めの形で産屋の周りに美しい砂がまかれる。
これを産土というのだ。転じて、故郷の土をさすようになったらしい。

私は自分の故郷に産土の起源があると知って興奮した。
それまで、敦賀に対して思いは深くなかったが、以来、愛おしさを感じる
こととなった。

俳人の向井去来の故郷は長崎だ。京都の嵯峨野に住んで芭蕉たちと交わったが
心はいつも産土の長崎を思っていた。長崎の産土神は諏訪神社だ。
たふとさを 京でかたるも 諏訪の月   去来

よかったらランキングをクリックして行ってください
人気blogランキング







c0048132_11464121.jpg

[PR]
by yamato-y | 2005-04-28 11:26 | ふるさとへ | Comments(0)

偶感

Adieu

 荻窪ぽろん亭の亡くなったみよさんを思い出した。
60になるかならないかで逝った。
 私が27のときからの付き合いだった。私にブレヒトやゴド待ち、黒テントのことを
教えてくれた。散髪もしてくれた。

 天沼八幡のそばの小さな喫茶店の店主だった。そこに彼女の美大時代の恋人の
画が飾ってあった。杉山登志という人だ。
後に、コピーライターとして名をはせ、自死した。
彼が最後に残した言葉は、当時紙面を賑わした。その言葉が今、よみがえる。
「ハッピーでもないのにハッピーのふりをして、リッチでもないのに
リッチなまねをして・・・」
[PR]
by yamato-y | 2005-04-27 09:06 | 登羊亭日乗 | Comments(0)

4枚のポスターから②

冬のソナタへようこそ
c0048132_14171695.jpg

この番組が、私が「冬のソナタ」の出会う契機となった。
昨年の1月まで、まったく「冬のソナタ」など見たこともなかった。
メロドラマと聞いて、担当することを少し躊躇したほどだ。57歳の私に
今更という感があったのも事実だ。

あることで講談社の仲のいい編集者に電話したとき、ひょんなことから
冬ソナの話題となった。彼は絶賛した。ぜひ、偏見を捨てて見るべきですよと
私を説得した。有能な人物なので言われるとおりにすると、たしかにドラマに
心を奪われた。

私は、この番組「ようこそ」および「冬のソナタ」の放映を成功させるためには、
主演のどちらかを呼ばなくてはならないと考えた。
そこで、チェ・ジウさんに手紙を書いた。
この番組一つで日韓関係に大きな改善が起こる可能性がある。
ぜひ、日本に来てほしい、あなたのために、私たちはコンサートサロン
「ポラリス」を作って待っている、とチェさんに私は呼びかけたのだ。

彼女は、多忙にも関わらず私の期待にこたえてくれた。
スケジュールを調整して、3月22日に来日してくれた。
112スタジオに現われたチェさんはオーラを放っていた。
チェさんはまさにかぐや姫だった。
かぐや、には輝くという意味があるが、チェさんは光輝いていた。

収録を終えた後知ったのだが、この夜チェさんはおなかがシクシクしていたという。
でも、そんな気配はいっさい見せず、にこやかに小野アナの質問に丁寧に答えた。
プロの仕事をはたしたのである。

翌日、原宿へチェさんは買い物に出かけた。可愛い小物を買って帰りたかったのだ。
一番の楽しみにしていると、マネージャーから聞かされたとき、少し不思議な気がした。

よかったらランキングをクリックして行ってください
人気blogランキング

c0048132_14222055.jpg
チェさんと通訳のホンさん
[PR]
by yamato-y | 2005-04-26 14:17 | 冬のソナタの秘密 | Comments(3)

帰郷2

c0048132_9315351.jpg
 気比の松原

敦賀は三方を山に囲まれた港だ。背後の山は深い。泉鏡花の「高野聖」の舞台になった地である。
みやこから来ると最初の難所になろう。往昔、愛開(あらち)の関があった。
私が小学生だった頃、山越えのため北陸線はスイッチバックの線路だった。
一番高い山は野坂山で千メートル弱ある。朝な夕なにながめた。あの山の向こうへ行きたいと
こがれた。

救いは海だった。日本海が目の前にあった。
敦賀湾の遥か先は朝鮮半島となる。古来、大陸との交渉の窓となる。
気比の松原という美しい松原がある。文字通り白砂青松だ。高浜虚子も詠んでいる。
 松原の続く限りや秋の空

ここを描いた水上勉の自伝的短編「気比の松原」がある。
主人公の男は東京からの帰り、列車の時間を待つ間娘を連れてこの松原に来た。
季節外れの浜には誰もいない。高い空のもと、静かに浪が打ち寄せるだけ。
男は妻に逃げられた。娘をかかえてでは仕事ができない。若狭の実家に娘を預けることにした。
 男は娘を置いた後、再び東京へ戻って働くつもりだ。
娘と過ごす最後の時間・・・。男の気は重い。
何も知らない娘は汀ではしゃいで駆けている。男は砂山に腰を下ろしてみている。
娘はこちらを向いて手を振る。応えて男もまた手を振る。
おとこの傍らには娘が脱いだ月星印のズックが1足ちょこんとある。

水上の筆は、この広大な天地でときを過ごす父と娘の時間を淡々と描く。
太平洋と違って、日本海はなぜか悲しい物語が似合う。
よかったらランキングをクリックして行ってください
人気blogランキング

c0048132_9381694.jpg
c0048132_12463011.jpg

[PR]
by yamato-y | 2005-04-26 09:35 | ふるさとへ | Comments(0)

帰郷1


c0048132_1248519.jpg

帰郷

京都の帰りに敦賀へ寄った。80歳になる母がひとりで暮らしている。
大学へ行ったついでに帰ることが数少ない親孝行だと思っている。
母は私が帰ると、いそいそと食事の支度をする。
普段、塩分は控えめにしている私だが、ここでは解除される。
内緒だよといいながら、嬉しそうに「へしこ」を焼く。いわしの糠漬で
昔からの保存食だ。塩分たっぷりの糠が焼けて香ばしく、へしこの
一切れでごはんが何杯も進むほどだ。

 昔から、北陸人はこういう食生活をしてきたため、血圧が高く脳
卒中で若死にしたんだろう。
私にもその血が流れていて、10年前脳内出血を発症し生死の境を
さ迷った。だが、のど元過ぎれば何とやらで、目の前に好物を見せられれば
つい、手が出てしまう。これだけ生きられたら上出来やと、言って母は
新しい飯を炊く。

母は耳が遠くなった。少し猫背だが腰も曲がらず、身奇麗にしている。
外へ出ると、おばあちゃんと呼ばれるが、私から見ると昔のままの
母で、話のやりとりもしっかりしている。

その母の楽しみは短歌だ。『信徒の友』の歌壇とNHK短歌へ、
毎月投稿している。選ばれた歌を私に見せることが唯一の自慢だ。
明日のこと思ひわずらうなのみ言葉を思ひつつこの夜も風の音を聞く

母の京なまりを聞きながら、熱燗を傾けているとトロリとしてくる。
さあ、寝るかと声をかけると、母は誰かがそばにいると眠りが深くなる
からいいと嬉しそうに押入れから夜具を運んでくる。

複雑な思いだ。


よかったらランキングをクリックして行ってください
人気blogランキング

c0048132_1249886.jpg

[PR]
by yamato-y | 2005-04-25 21:49 | ふるさとへ | Comments(1)


人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧