定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

カテゴリ:3・11( 3 )

熱い思い

熱い思い

今朝の朝日新聞。大江健三郎・定義集の「人間らしさ万歳への共感」の記事を読み、大江さんの熱い思いを感じた。
エッセーは、3月11日の体験から始まっている。そこから、第五福竜丸の乗員で、ビキニで被爆した大石又七さんへ言及していく。大江さんと大石さんの対談を、実は3月の月末に予定して、私は準備をしていたのだ。対談場所、日時を設定し、3台のカメラ、音声、照明の手配も終わっていた。事前に、私は成城のお宅を訪ねて、大江さんと内容的な打ち合わせも終えていた。

 そして、3月11日。大江さんは、「大きい横揺れに宙吊りになった気分」を体験する。途轍もない大災害が勃発した。地震、津波という天災だけでとどまらず、さらに深刻な原発事故も発生したのだ。
 対談収録に参加する予定だったカメラマンたちスタッフは一斉に現地取材へ投入され、会場も不具合があって、対談は延期となった。
 だが、本日のエッセーでも大江さんはけっして対談を諦めていないことを明言している。
むろん私も諦めていない。いや、むしろ今こそ大江さんの、大石さんの声が聞きたいと思う。被爆国の日本が、その原点であるヒロシマ・ナガサキを戦後しっかり受け止めてきたのだろうか。ビキニで被災した福竜丸のことを日本人はしっかり思想化してきたであろうか。

この今朝のエッセーで、大江さんはフクシマと表記していることに注意したい。広島の出来事をヒロシマとして考えてきた大江さんが、福島をフクシマと考えることの意味。重大な問題意識を感じ取る。
 大江さんは、今回の事態をただならぬ静けさで受け止めている市民の奥深い感情に注意している。
《誰もが見ていたはずのテレビ広告、みんなで頑張ろう日本!の呼び掛けとは別の、もっと個人の深みに根ざしている、しかもこの国・この国びとの「喪」の感情、それに重なっている色濃い不安、そしてよく自制している静けさ。》
「自制している静けさ」という言葉が胸を射抜く。

今こそ、大江さんの言葉が聞きたい。そう願って、5月実現に向けて、私は準備に入った。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2011-04-20 14:23 | 3・11 | Comments(0)

うらうらと早春の日に

うらうらと早春の日に

ゆっくり朝寝して、今から東海道に乗って大磯へ帰ろうと思う。
湘南新宿ラインは節電のため運行していないから、品川経由しかない。少し混むかもしれないが、やむをえない。

太宰治の『津軽通信』は、戦争の終わる頃から翌年ぐらいまでの頃に書かれた作品だ。
やはり、あの戦争の余燼がくすぶっていた時期には異様なことがいろいろあったようだ。爾光尊事件のようなカルトな出来事も頻々とあったと、太宰は記している。

16年前の阪神淡路大震災のあった2ヶ月後に、地下鉄サリン事件が発生した。
今回の3・11ではどうなるだろうか。むろん、福島原発が終息したわけでないから、あの危機はまだ続いているのだが、ヘンテコな事件が起きなければいいが。

 ふと世界に目を向けたら、リビア情勢が緊迫していた。スペイン内戦のマドリッド攻防戦のような緊迫した情勢だ。終わったと思われたシリアでも発砲騒ぎが起きている。この北アフリカ、中東の熱い闘い。なんだか、不謹慎だが、福島の1号炉から4号炉のような喧しさを彷彿させる。

 ミャンマーでも規模は大きくないが地震があって被害が出ている。地球の地殻運動はアジアの局所だけだろうか。ユーラシア、アフリカ、アメリカ、南極などに綻びは出ていないのだろうか。

 地震と津波は天災だから避けようがないと諦めもつく。が、原発事故は明らかに人災だ。しかも不気味さはまだ続く。今、世界には核兵器、平和利用の核、などの保管はどうなっているのか。これまで兵器以外は考えたこともなかったが、実は重大な人類の課題であったのだと、今回の事故を通じて認識した。

ところで、「地震酔い」という言葉があるそうだ。ふとしたときに、周りが揺れているという気になってしまい、気持ち悪くなる気分を指すようだ。実は、いささかその酔いにやられているみたい。
ちょっとした衝撃に、上からぶら下がっているものの振動をつい確かめる癖がついた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2011-03-26 11:05 | 3・11 | Comments(0)

3.11

3.11

昔からの友達4人と、昨夜新宿で飲んだ。
歌舞伎町の「三日月」という居酒屋だが、店には中年の客で満杯だった。
いずれのグループもみな東北関東大震災の話題ばかり。毎日、緊張が続くから気分転換に飲みに来たのだと開き直っている人もいた。そのなかに、朝のワイドショーで見かける、某新聞社の花形記者がいて、他の客の質問に得意げに答えていた。「あの玉音放送は、貴重なもので、これまで2回しかない。一つは終戦のときであり、もう一つは今回だ・・・」どうやら、先日放送された天皇の災害に寄せての言葉のことらしい。記者は意気盛んに解説していた。今朝、家人から聞いたが、被災者のために宮内庁病院を開放したとか。町の郵便局へ行ったら、災害義捐金の窓口に列が出来ていた。いつもの災害後の風景と今回はすこし違う。

私といっしょに飲んだ仲間の一人は、元A新聞の経済記者だった人だが、彼は今回のことを3・11と呼んでいた。2000年の9・11と同じくらいの衝撃だからだという。いかに、現在の日本が危機管理できていないかということに熱弁をふるい、都知事選挙の想定される最悪の結果を予言していた。
テーブルにはオールグリーンと呼ぶアスパラ、ピーマン、の炒め物とカキフライが乗り、私は熱燗を飲んだ。薄味の酒でなかなか酔わない。震災論議の話に酔った。紅灯の巷はわりと賑わっている。三日月を出て、風林会館の前の交差点で客引きがしつこく誘う。友人は「諸行無常」と一喝。言われたお兄さんはきょとんとしている。渋谷より新宿のほうが華やいでいる気がした。

河岸を変えてゴールデン街とんぼへ。店はそれなりにいっぱいだった。カンパリソーダを飲む。8時半過ぎに店を出た。山手線に乗るため新宿駅に向かう。靖国通りには中国人観光客のナイトツアーバスがふだんなら並んでいるのだが見当たらない。ホームレスの姿も少ない。というか、地下道に寝ている人は一人しかいなかった。地下街にいくつも暗がりがある。どうやら節電対策らしい。
紀伊国屋には相変わらずおおぜいの人が本を漁り、立ち読みしている。新刊書にはまだ災害関連が並んでいない。版元は今頃大忙しで作っているのだろう。

少し暗くなったかもしれないが、新宿の街には花木(ハナモク)の華やぎはあった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2011-03-25 16:48 | 3・11 | Comments(0)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧