定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

カテゴリ:未分類( 1681 )

若林暢のヴァイオリン

心奪われる若林暢の音色

21日の夜、銀座王子ホールで開かれた、魂のヴァイオリニスト若林暢(のぶ)を追悼するコンサートに出席した。
昨年、58歳の若さで病死した若林暢と親交のあったウィーンフィル首席奏者のワルター・アウアーと長年伴奏者だったアルバート・ロスの二人が共演したのだが、素晴らしい演奏で久しぶりに心が洗われるような気がした。

 主人公不在のコンサートにもかかわらず、会場には暢さんの思いが充満していた。なぜそんな気になるのか不思議だった。

 今、この女性ヴァイオリニストに夢中である。もともとクラシック音楽には縁遠い私だが、この人のブラームスの録音を聴いて心を鷲掴みされた。とてつもなく深い音色、すばらしい技術、再現芸術の最高レベルと感心感動したのだ。なぜ、こんな人がこれまで知られることがなくスリープしていたのだろう。

 今夜、彼女の演奏を聴くことができる。FM横浜で午後9時から若林暢の特集が放送されるのだ。特別ゲストにさだまさしが登場する。さださんは生前の彼女と親交があったということで、その人柄や演奏について語ってくれるそうだ。
よく考えれば、さださんは若い頃ヴァイオリニストを目指していたのだから、その道にくわしいはずだ。どういう評価をしてくれるのか楽しみ。

暢さんは芸大を首席で卒業後、渡米してジュリアード音楽院で学び、1986年のポーランド、ヴィニャフスキコンクールで2位を獲得している。2位といっても副賞は総なめで、特に最優秀音楽解釈賞はすばらしい実績だ。ちなみにヴィニャフスキとは近代ポーランドが生んだ名ヴァイオリニストで、この賞は専門家のなかでは高い評価を受けている。翌1987年にはカーネギーホールでリサイタルを開き、ニューヨークタイムスで絶賛された。

 長く欧米で活動していたため日本での知名度は低い。かつ、レコードからCDデジタルに録音技術が変わってから暢さんは録音することを敬遠するようになったため、レコードはたった2枚しかない。それもロンドンとケルンでの作品だ。その希少な音源がソニーミュージックダイレクトによって今回CD復刻された。タイトルは「魂のヴァイオリニスト」。題字はさだまさしとなっている。2枚組で、ひとつは「ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ集」、もうひとつは「ヴァイオリン愛奏曲集」だ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2017-06-23 07:32 | Comments(0)

寓居にて

元住吉の寓居にて

 1昨日、朝9時半からマイホームの廃棄物の処理を行い、昨日どうしても残したいものだけ、新居の元住吉のアパートに運んだ。運送をやってくれたのはアリさんマークの引っ越しやさん。若い衆が7人、小型トラックが2台で朝11時作業開始。長年住み慣れた家を離れるなどという感傷などまったく入る余地もなく、作業は進み、午後1時前には積み込み完了。アリさんマークの衆は、目的地元住吉に向かいながら、途中で昼食をとり、2時過ぎに現場到着をめざすということ。私はすぐに着替え、家の戸締まりを確認したあと、現地に先回りするべくすぐに大磯駅に向かった。駅に着くや、登りの籠原行きが発車。ここで10分のロスタイムが起きる。やがて来た湘南電車で横浜へ。
午後1時半、JR横浜から東横線に乗り換える。鈍行で日吉の次の元住吉に向かった。
そして、新しい住まいの現場に到着したのは、午後2時。アリさんマークのメンバーはまだ来ていない。よかった、間に合ったのだ。

 今回、大磯の家を手放すにあたって、もっとも悩ましいのは4人分の想い出の品々と生活必需品の処理である。メインの書籍は故郷の図書館に寄贈し、かつブックオフに50箱分の引き取り鑑定をお願いする。洋服がまた山のようにある。時間があればモードオフなどに声をかければいいのだが、間に合わず、エイ、ヤッとはいき処分へ。これが家人全員にショックを与えた。あんなに愛しんで来た洋服の数々が、ガサッと廃棄場の地中に押し込められるのだ。私は見ていないが、見た家人らは言葉を失ったという。歌のわかれならぬ服のわかれであった。

 大磯を出た荷物は二手に分かれた。私が待つ、元住吉の新しい住居と、家人が待つ現在の目黒のアパ−トの二つに荷物を振り分けたのだ。とても2軒の家を1軒にすることなど一気には無理だ。暫定として、もう一軒小さな部屋を2年間借りて、そこでダウンサイジングすることにした。
 私は、東横線元住吉駅の裏、駅から徒歩3分の便利な場所にある1Kのアパートで運送屋さんたちを迎え、新しい部屋に荷物を運び込んだ。
 終わったのが、夕方5時。

 すっかり疲れた。ここ1年でスポーツジムに通って体力がついたと思っていたが、まったくそうはならなかった現実を知った。年には勝てない。
陽もとっぷり暮れた頃、目黒の家にもどったが、まったくボロ雑巾のように草臥れきっていて、風呂に入ってバタンキュー。

 あじさいや家移り騒ぎも吾関せず

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2017-06-07 15:50 | Comments(0)

引っ越し

c0048132_11235326.jpg
5月3日からここへ来ることがなかった。
秘密だが、ちょっとエキサイティングな情報を掴んだ。その関連イベントが6月末に行われるということで、そのリサーチと仕込みに追われていたというのが一つ。もう一つは大磯の家を引き払うことにしたのだ。あんなに好きだった大磯紅葉山
ツヴァイクの 道、真冬の山の端にかかる三日月、とろりとするような若葉風、そして好きな蔵書に囲まれての読書とビデオ三昧の時間。これらが来週の火曜日で消滅する。
この2,3年ずっと迷っていた。昨年末に故郷の図書館へ本を寄贈したことで、気持ちが決まった。

4月末に契約をして、6月中旬に家を出るとしてからはしょっちゅう週末には大磯へ帰り、家具や道具の片付けにあたった。といっても、整理の苦手な私では少しもハカがいかない。ついに家族が先週あたりから動き出し、やっと今夕一定の目処が立った。
戸建の道具を処分するのは至難。そこで時間限定で東横沿線にアパートを借りた。大半の荷物はいったんそこへ行く。あさっての午前中が本番となる。感傷に耽る暇もない。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2017-06-03 18:14 | Comments(0)

黄金週間のはざまで

黄金週間のはざまで

世間は長い休日で賑わっているようだが、こちとら毎日が休日。たいして嬉しくもない。むしろキョウヨウのほうがいい。
今日用事がある、という略語だが、リタイア後の大事な生活信条にしている。

さて、5月2日は朝10時から東京駅で待ち合わせをして辻堂まで行った。慶応大学SFC湘南キャンパスでの出前講義で、学部2コマ、院が1コマの合計3コマを連続で話し続けることになった。呼んでくださったのは友人のFUKUDA教授。かつて私の制作した「闘う三味線」で総務大臣賞を受賞したときの審査員で、作品に高い評価を与えてくれた人物だ。そういうこともあって、学部生には「映像表現と文章表現」の御題で、院生には「映像の中の物語」というテーマで話すようにと予め指示があった。ここ2週間は、その原稿作りとサンプル映像の選出に注力していた。

湘南キャンパスというイメージからかなり隔たった内陸部にあって、いささか遠いが広大な敷地に斬新な校舎が整然と並らび、なんとなく日本離れしたキャンパス風景が広がっていた。校舎の中に入ると教室の番号の上にラムダとかアルファといったギリシャ文字が付いている。ふーん、これがケイオースタイルかと妙なことで感心する。中庭には、お札で有名な福沢諭吉の胸像が春の日差しを浴びて鎮座している。と、そこへ異様な臭いが押し寄せてきた。聞くと、キャンパスの周りには養豚農家がいくつかあって、そこから風に乗ってやんごとなき臭いが飛んで来るのだ。

 驚いたのは過密な時間割とそれを励行する学生たちだ。講義は12時30分で昼休みとなるが12時45分で昼からの授業が開始される。わずか15分の昼休み。授業の終了は午後7時を回るという。勤勉というか過密な時間割だが、学生たちはせっせと移動してきちんと講義を受けている。連休の中日だというのに、キャンパスにはおおぜいの学生の姿が見られた。

 私の出前講義はおおむねうまくいった。学部生はやや消極的だったが、院生からは次々に質問が飛び、面白かった。そのなかに芸人をやっているというたかまつななさんがいた。いただいた名刺には、政策メディア研究科と並んでお笑いジャーナリストの肩書きがある。経歴は、フェリス女学院出身のお嬢様芸人として、「エンタの神様」や「アメトーク」にも出演、とある。ふーん、ケイオーの懐は深いなあ。

 往きは湘南電車と路線バスを使用したが、帰りはさすがに疲れてタクシーとグリーン車を利用。景色はいいが、遠いところが高齢者には向いていない。と書いて、大学は若者の本場だったことを思い出した(迂闊というかとろいというか)。
 
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2017-05-03 13:52 | Comments(0)

君住む街角

まさぐっていたら

 どこから現(うつつ)で、どこから夢か。
明日の授業の準備を朝からずっとやっていて、夕方目処がやっとついて、一息ついた。
部屋の隅に大磯から持ち帰ったDVDやCDが未整理のまま放り込んである。私のだけでない、息子や娘の青春だった頃の歌や曲がそのケースボックスに入っている。

 パソコンに飽きて、そのボックスを探っていると、アンディ・ウイリアムスのアルバムが出てきた。
昨年亡くなったエグチが好きだったアルバムだ。彼が1968年に購入したときはLPのレコードだった。
そのアンディの歌声を聞きながら、エグチは黒田三郎の詩を朗読していた。
 オレは、めんどくさい現代詩よりアンディ・ウイリアムスの歌のほうがよほど好きだった。アルバムの冒頭は「ムーンリバー」だったが、それは興味がない。
お気に入りは、ミュージカル「マイフェアレディ」の挿入歌、「君住む街角」だ。

久しぶりに聞いた。
懐かしい金沢の、材木町の雨に濡れたアスファルトの道を思い出した。

♫今まで何度も歩いたこの通り 脚はこの舗道を踏みしめていた
だけど、今日の僕は宙に浮いている
君がこの街に住んでいると 知ったから

なんて安っぽくて心に沁みる歌詞だ。ますます金沢の街がりプレゼンテーションしてくる。

後半の歌詞も記しておこう。

♫君が近くにいると思うだけで 居ても立ってもいられない
いまにも君が現れるんじゃないかという
素敵な予感にオレは圧倒されそう

人がオレをじろじろ見たってかまわない
だって オレが居たい場所はここしかない
いくら時間が流れてもかまわない

君の住む街角にオレが居られるなら

なんて、原詩を自分流に訳してしまった。なんてこったい。もう一度、1968年の金沢の街に帰りたい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2017-05-01 22:58 | Comments(0)

春のおとずれ

c0048132_17203451.jpg
春のおとずれ

 今の彼女でない20代の小柳ルミ子が歌っていた「春のおとずれ」という歌謡曲が好きだった。詞はあの山上路夫さんだった。40年前にラジオのDJ番組を担当していた頃に山上さんに出演していただいたことがある。初めて会ったときこのかたがあの青春ソングを次々に書いた人かと疑うほど生真面目な人だった。私の出演交渉にも、話すのが苦手でと渋っておられたことを思い出す。
 話はさておき(閑話休題)、「春のおとずれ」のことに戻る。この歌を聞いたとき、湘南の早春の浜辺を思った。

 ♫春のなぎさを あなたとゆくの 砂に足跡のこしながら はじめて私の家にゆくのよ

 週末から昨日にかけて、大磯に戻って家のなかを整理してきた。20年間住んだ大磯を引き払おうと考えている。一人で山の家にこもってノートやビデオを2日にわたって整理した。途中、月曜日の夕暮れに大磯こゆるぎの浜まで出かけた。ウィークデイの浜辺はまったくひとけがなく、潮なりだけが響いていた。午後5時の夕焼けチャイムが鳴っていた。ちょうど大磯中学の前の浜だ。懐かしい風景が目の前に広がっていた。リュックを探るとデジカメがあったので記念にこゆるぎの浜を写しておいた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2017-04-26 17:14 | Comments(1)

文化マップ

図書館めぐり

毎日が日曜日の人生。生き抜くことが難しいぞ。ここからが本当の人生の難所というか正念場だろう。

さて、毎日のスポーツジム通いはなんとか1年続いた。飽き性の自分にしては上出来だ。おかげで体重が4キロ減った。体が軽い。体調はここ数年で一番いい。それは有り難いが、むなしく健康というのも持て余すものだ。午後の時間の過ごし方が一番難しい。いろいろ齷齪したが、葉桜の時期に至って「悟る」ところがあった。

 現在住んでいるのはJR目黒駅から2分のアパート。ここからいかに徒歩で非日常の場に逃れることができるか。

まず試みたのが、家から歩いて行ける文化シェルターを確保することだ。てっとり早く図書館を探すことにした。
前から利用していた目黒川沿いの目黒中央図書館はまず定番。それ以外に2カ所見つけた。ひとつは広尾有栖川公園のなかにある東京都立中央図書館。ここは環境が抜群にいい。家から歩いても25分で到着する。おまけに蔵書の数が半端でない。稀覯本もたくさんあって、利用しやすい。
 ふたつめは、渋谷金王神社そば、実践女子大学附属高校裏の渋谷区立図書館。ここはこじんまりとしていて、利用者も多くなく居心地がいい。居眠りしても叱られない。

 今上げた図書館はいずれも月曜日は休館となる。すると行き場がない。そこへ吉報が入った。週に一度通っているM大学の図書館だ。ここは月曜は開館している。おまけに若者向けのサブカル本が多い。しめた!

こうして目黒、渋谷、港の3つの区をまたにかけての図書館めぐりの体勢が出来上がったぞ。

 自然を楽しむなら、国立科学博物館附属の自然教育園が歩いて3分にあり、林試の森は30分、目黒川が10分、池田山公園が20分、目黒不動が20分。

こうして近隣のマップはじょじょに完成。これをどういうローテで回していくかが思案のしどころ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2017-04-20 21:53 | Comments(0)

苦しくて幸せで花の終わりに

朝方は雨もよい。冷えていた。ジムに向かうと、目黒川の水面ぜんたいに淡いピンクの花いかだ。
おそらく、今年一番の花の美しさだろう。

昼一番、神保町に出た。田舎の県人会が学士会館で行われていて、そこに知人が出席している。
その会が終わり次第、私と打ち合わせたいということで、会館のロビーですたんばい。

会場の様子がもれてくる。どうやら県人会の総会らしく、次年度の予定を報告している。昨年、実家を処分したこともあって、田舎への思いも半減いや消滅してしまった。

打ち合わせが終わって、古書店街をふらふら歩いた。「臨床哲学」という鷲田清一の面白そうな本を見つけたが、購入することをためらう。だって、もう本棚は処分して蔵書するようなスペースはないのだ。これ以上、ものを増やすのは止めようと年初に決意したじゃないか。

 会社のメールから個人のメールに変更したものの、通信が不安定で、きちんと情報が行き交いしているのかが分からない。
 今、一番困っているのは、PCで打ったデータをプリントする術がうまくいかないこと。どうやらデータをPDFにしないといけないらしい。だがマックのファイルではそれがうまくいかないのだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2017-04-10 00:14 | Comments(0)

花ぐもり

c0048132_21102386.jpg
俳句
4/5 花ぐもり子らのおらびも猛きかな

故郷の図書館長から電話をもらった。「最近ブログを書いていませんね、お忙しいんですか」と問われて思わず「いやあ、暇で暇で。なにかやる気がすとんと消えまして」と返事した。あらためて余生なんて言葉を想起したりして。

そんな中で続けているのが早朝のスポーツジム通い。目黒川沿いの区民センターにいそいそと通っている。半年毎に筋肉痛になるが、懲りずに続けると筋肉がいや増すそうだ。その言を信じて今朝も行った。隣の児童館から今朝は荒い声が飛んでいた。思わず上記のような句を浮かべた。

午後になって陽が出てきたので再び区民センターにある図書館に行った。すると目黒新橋あたりは人の波。川沿いの桜並木を愛でようという観光客たちなのだ。大半が中国からのお客さんだ、喧しい声で分かる。兎に角スマホのカメラを操作するのに忙しい。花を見るより花を写すことに夢中だ。と言う私も、所持していたアイパッドのカメラ機能で1枚。
午後2時。いよいよ日差しは強くなり花も次々に開く。このぶんでは夕方には満開ではなかろうか。夜桜見物の客がまた増えるだろう。なにせ、都内の桜 名所一番がこの目黒川なのだから。たしかに川面すれすれまで伸びた花枝は風情があるし、土手の桜トンネルも見事だ。来週の末まで花は、持つだろう。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング


[PR]
by yamato-y | 2017-04-06 21:03 | Comments(0)

卒業旅行

卒業旅行

 この14日(月)から昨日の17日まで、京大のS先生やN講師といっしょに長崎へ調査に行った。
御存知のように長崎は私にとって3番目の転勤の地。30年前に残した思い出がいまも沢山残っている忘れ難い
c0048132_16292152.jpg
地でもある。だが今回の調査はそのこととは半分しか関係しない。メインの目的は長崎港から19キロ沖合にある無人島「軍艦島」の観光資源の活用についてである。3泊4日の男3人旅、めっぽう楽しく愉快なものであった。詳細は別稿にして、この回は旅程がどんなふうに展開したかを詳らかにする。
1日目 朝8時過ぎ家を出て羽田に向かう。12時20分長崎空港着。関西空港から先着していたS、N両氏と合流。長崎市内に出て新地でさっそく皿うどんを食す。昼過ぎ浦上中央に向かう。爆心地公園、平和公園、原爆資料館の陳列展示の仕方を注意深く観察するS先生。このコースからやや逸して平和町の浦上天主堂に行く。ここにはかつて私が「スクープ」した被爆のマリア像が安置されているはずで、それを見てもらいたいと誘ったのだ。後で分かるのだが、「被爆のマリア」は祭壇の中にあったのだが、われわれは見つけることができず、玄関前の柱に置かれたレプリカしか現認しなかった。夕食は思案橋の中華料理店ですます。

 2日目。ホテルを9時に出立。大浦常盤埠頭に集合する。朝早いのにおおぜいの若者たちが押し寄せていた。今「軍艦島ツアー」はブームだそうだ。150人乗りの遊覧船で港外の端島(これが軍艦島の本名)に向かう。天気晴朗、温暖で、まことに恵まれた気象条件となった。波がほとんどなくスムーズに40分ほどで現地着。まず島の周りを舟でぐるりと観察。軍艦島というネーミングがぴたりの”美しいシルエット”。そして11時半に島に上陸。3つの現場を中心に島の様子を見つめる。最盛期には5300人が住んだという世界一人口密度の高かった軍艦島。そこには独特の島の慣習があったことを、78歳のガイドが伝える。彼は実際にこの島に住んでいたことがあるのだ。霊安室はあるが墓場はない。子供らの遊び場はすべてアパートの屋上。犯罪はないが喧嘩は絶えない。酒を飲んで人にからんで、一晩留置される「牢屋」はあった。などなど。現在の私らが目にするのは廃墟の瓦礫だが、もの言わないそれらが、何か昔を自慢しているかのように見えてくるのがフシギだった。島の会社は1891年に操業を開始して1974年まで続けた。日本の近代化に貢献したということで、この島は「世界遺産」に登録されている。

 3日目。10時にホテルを出て、出島周辺の唐人屋敷、孔子廟、出島ワーフなどを見学。
 ちんちん電車の赤迫行きに乗って浦上地区の住吉に向かう。ここは34年前私が住んだ町でもある。なつかしい住吉市場を抜けて山の麓まで行くと、駐車場の一角に住吉トンネル工場の遺構がきちんと整備されてあった。私のいた頃には防空壕が放置されてあったのだが。三菱兵器工場が、この壕のなかで魚雷を製造していたのだ。だが8月9日の原爆が炸裂した後は、けが人の救護所と変わって行く。それほど期待しないでこの場所に来たが、思いがけず長崎市がここを記憶の場としてきちんとイメージを壊さず、丁寧に保存していることを知ってすこし感動した。
昼食は先生の希望もあって、住吉市場のうどん屋で「五島うどん」のたぬきを食す。そのあと、私の住んでいたアパートが今もあるか見に行く。―まったく昔と変わらない姿で立っていた。
 そして再び長崎旧市内の中心部に戻る。諏訪神社のとなりの立山の裾にあった「長崎防空本部」の地下壕を現認するためである。実はこの壕は戦後長く閉鎖され、市民の記憶からもまったく消失していたものだ。「長崎原爆戦災誌」を読むと、浦上に原爆が落ちたとき、知事は県庁の近くにあった防空本部の地下壕にあって、そこから救出の指示を出したと記録してある。この壕がどこにあったのか私は気になった。ほとんどの人は知らなかったが、戦前警察勤務をしていた数人がこの立山地下壕の存在を私に教えた。では、その建造物を検分しようと立ち上がったが、敗戦後占領軍が到来する前にすべての重要な防空壕はトビラが閉鎖されセメントで塗り固められたため、内部をうかがうことができなかった。
 そこで私は関係部局に交渉を重ねて、ついに開扉の許可を得た。所在を知ってから半年は経過していたと記憶するが。私は建設会社の作業員と同じ防護服を着て、酸素マスクを装着して、そのオープンの場に立ち会った。内部は長い間真空だとすると酸素欠乏の可能性が高いという懸念から完全防備で臨んだのだ。このときのことはその一月後の「土曜リポート」で私が報告することになるのだが・・・。
 こうして私にとって忘れられない施設「長崎防空本部」は30年経った今どのようになっているか、とても気になった。ところが現場へ行ってみて驚いた。すばらしく整備された「原爆遺跡」として市がきちんと管理をしていた。私はS先生とN講師にちょっと得意げにこの施設の顛末を語るのだが、今考えるとずいぶん大人げない所業だ。いささかハズい。

 その夜、長崎最後の夜だということ、私の退職による卒業旅行であるということを口実に、長崎郊外の海辺の店「二見」で打ち上げをした。その席には30年前に交流のあった人たちも加わって、話はおおいに盛り上がった。

 4日目、最終日。午後3時の飛行機だということで、午前中ある人たちと会って対話することにした。長崎でもっとも有名なシスター姉妹である。現在は大学の総長である千鶴子先生と、学長の瑠美子先生。高齢のはずだがかくしゃくとして長崎ニューホテルのロビーに2人は姿を現した。10時半、約束の時間ぴったりだった。
 今年80の大台に乗ったという千鶴子先生は好奇心旺盛で、京都から来たS先生の研究テーマ「二十世紀学」のあれこれを次々に質問し、その答えにいちいち頷いておられた。2人のシスターの楽しげな表情に思わず、当方もなごんだ。
あっと言う間に12時半。名残惜しいがお別れして、大村の飛行場へと向かった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2017-02-18 16:25 | Comments(0)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧