定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

カテゴリ:未分類( 1686 )

ペタペタを読みながら

ペタペタを読みながら

 昨日の「山の日」も今日の土曜日、明日の日曜日もまったく関係ない。毎日が日曜日の夏休みだと、今何曜日だったか忘れることもしばしば。昼から酒を飲んでも咎められることもなく、ネットサーフィンして不倫記事を読みふけっても文句も言われず、ご大層な身分だ。
 しかし、こんなにホリディが続くとさすがに居心地が悪い。なにかずる休みをしている罪悪感がむくむくと頭をもたげてくる。そんなこと気にするなと言い聞かせても、47年間つちかった勤め人根性は一朝一夕には消えない。

 面壁5分。「そうだ、月末の集中講義の授業案を再考しよう」と思いついた。8月28日の月曜日から9月1日の金曜日まで京都の大学で開講する映像メディア論。連続5日間にわたって、終日映像メディアをめぐっての議論を展開するのだ。私が一方的に話をするのでなく、学生諸君の反論、批評に期待をしている。このスタイルはもう5年程続けているが、今年はより活気づく議論を引き出したい。どうすれば学生の重い口を開くことができるか、これを角を飲みながら考えることにした。(これをカクウチという)

 去年同講座の実施したノートをなぞるなんてことはしない。むしろ、今年のM大学で講じた映像論をたたき台にしよう。そこで、15回あった授業のそれぞれのサブテーマをペタペタ(ポストイット)に書き出し、ベッドの横の壁に貼付けてみた。
 1、ドキュメンタリー(番組)には作為あり
 2、人間を描くことが最高
 3、死者も主人公だ、ただし映像は過去を描くのが苦手
 4、映像の編集はEDITでなくCUTだ、モンタージュという武器
 5、自分なりのライフワークを作ろう
 6、サブカルチャーも立派な対象(ターゲット)
 7、カメラマンの偉大なチカラ
 8、アートドキュメンタリー/止まった画をどうやって動画に
 9、証言はチカラ、インタビューはタカラ
 10、社会変動・その1 日本人と戦争
 11、社会変動・その2 被爆の苦
 12、社会変動・その3 人災/不条理な被曝 
 13、社会変動・その4 世界の戦争
 14、作為と悪意
 15、まとめ

 授業の一こまは90分あるから、テーマに相応しい見本を一部試写をすることになっている。大半が私自身の作品である。例えば、3は「もう一度、投げたかった」で、主人公は故津田恒美投手。5は大江健三郎の生き方ということで、「響きあう父と子」。6は戦争画で小早川秋聲をとりあげている。私以外の人が作った作品も数本あって、10は若い女性ディレクターの「祖父と鉄砲玉」。12は3・11の名作「ネットワークが作る放射能汚染地図」。

 さて、ここからが思案。もっと大胆に映像の特性を訴える構成ないしは素材はどうしたらいいか。本番まで2週間あるから、ひとつじっくり考えて行こう。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2017-08-12 16:00 | Comments(0)

広島から遠く離れて

広島の日の、次の日(広島から遠く離れて)

 広島局から東京の本部にもどったのが1995年。被爆50年の年だった。あれから22年も経ったのだ。
昨夜のNHKスペシャルは、ビッグデータという新しいツールで原爆死の解明に向かうというチャレンジングなドキュメンタリーだった。たしかに5万とか50万とかいう数字を束ねて見えて来るものがあるのは事実だが、その解析、解説を行うのが、我々も当時お世話になった広島大学の先生たちというところに、今のヒロシマがかかえている問題というか課題が見えた、気がした。それにしても、原爆式典で、核兵器廃絶の国際世論に日本が加わらないことを事上げした市長の言葉、保有国と非保有国の間に立って、両者を結びつける努力をするという首相の言葉。聴くだに空しい。まさか72年も経って、犠牲者にこのようなことしか報告できない状況が来るとは22年前には予想もつかなかったのだが。

 あってほしくはないが、今後の北朝鮮のミサイル騒ぎ。いかなる波紋が波紋を呼んで負の連鎖が臨界まで達したとき・・・。想像するだけでもそら恐ろしい。こういう空想が実現させないためにもヒロシマの日は意味を持つのかもしれない。マッチョな核武装論議などが出ないように、国民ひとりひとりに「8・6」が問うてきているのだ。

 日が明けると、8月7日という日はまったくヒロシマを忘れて「夏休み」「お盆」と夏の風物詩を画にしたような状景に変わる。そのものになる。区民プールも朝から家族づれで溢れかえっている。(それにしても外国人の多いこと)

 私は、先月急性白血病で亡くなった鹿児島の教え子、13年前事故で墜落死した四国の教え子のふたりの人生を朝からずっと考えている。鹿児島は男性でF君、今年33。四国は女性記者でMさん、当時享年26だった。Mさんは今生きていればアラフォーになっているか。
ふたりとも番組制作の仕事を志向していたので、個人的にもあれこれ教える機会が多かった。二人とも熱心だった。
 F君は結局メディアへの就職をあきらめ、故郷に帰って、高校の歴史の教師になった。寡黙だがやさしい人柄で、生徒から慕われたと聴く。去年、結婚してすぐに発症し、闘病の末に、本年7月に永眠した。
 Mさんはキイ局には入れなかったが、信州のテレビ局に入り、放送記者という肩書きで地方の福祉を見つめるドキュメントを作り始めた矢先の2004年の早春。取材中の事故で殉職した。
 この二つの魂を思うと心が異様に昂る。なにか人生が理不尽で不平等な気がしてならない。不適当かもしれないが、まるでヒバクシャの不条理な死と似ていると思えてならない。

 白金の大学の図書館に朝から詰めて、小説を読みあさった。彼らの死を、どう理解すれば良いか指針を探した。大江健三郎の中期の作品はその手がかりをいくつか与えてくれた。午後4時過ぎまで書庫にこもっていたが、さすがに疲れてキャンパス中央にある園庭でぼんやり花を見ていた。園庭には20本ほどのさるすべりの木にぼってりと白い花がついていた。花の終わりらしく、風が吹くごとに白い花びらが細かく舞う。夏の夕暮れ、大学のキャンパス、さるすべりの白い花房・・・。
 
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2017-08-07 21:01 | Comments(0)

台地地形の面白さ

台地地形の面白さ

 明治学院大学(MG)は目黒からも五反田からもほぼ同じ距離、品川からもそんなに遠くない。大学の地番は白金台1丁目にあり。庭園美術館が5丁目。庭園美術館あたりが白金台地の上にあって、MGは谷底つまり坂下にある。我が家のある目黒駅前からMGに向かうと、ドンキホーテ白金店の先を右に折れると長い下り坂になっている。もうひとつのルートは上大崎の交差点から五反田に向かい坂を下ってすぐ左に曲がる。そこから坂道をうねうねと下って路地を通りぬけ、池田山公園を右に見ながら坂下に至るとをMGにたどりつく寸法。つまりMGは白金台と高輪台のすり鉢の底にあるのだ。この底の地形がまるで迷路になっており、夕方に歩くとまったく土地勘を失って、文字通り迷子になってしまう。家並みは御殿やお屋敷だけでなく、木造アパートや仕舞た家など変化に富んでいて、まるで江戸川乱歩の世界のようで飽きることがない。
1週間ほど前にこの迷路地形を発見した。迷子になってぐるぐる回りながら、何かわくわくするものを感じた。

 私の育った敦賀は平坦な扇状地の上にあって、坂らしい坂というものはほとんどない。フラットな風景で、明智小五郎シリーズなどを読むと、「この街はつまらん」と不平をこぼしたものだ。話は飛ぶが、あのタモリも故郷がフラットな地形でいつも坂の町に憧れていたとか。博学の丸谷才一が書いていた。
私はいつか、坂の町の迷路に迷い込みたいと願っていたーー。
坂の町、長崎に赴任したときはおおいに期待したが、坂はともかくすり鉢の底は意外にフラットで物足りなかった。

 目黒に住んで5、6年になるが、まさかすぐ傍にこんな地形があるとは思ってもみなかった。たしかに白金台の至る所に名前の付いた坂道は多いことは気づいていたのだが。この谷底の窪地を江戸川乱歩風にS窪とでも呼んでみようかな。大磯のツヴァイクの道に匹敵するぞ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2017-07-13 16:59 | Comments(0)

夏休み前の学食

学食にて

授業はないが、大学の図書館を利用するため白金のキャンパスに行ったのが12時前。折しも昼飯どきだったから学生食堂に行った。12時25分で午前中の学びの時間は終わり。私が行ったときちょうど終了のチャイムが鳴っていて、学食のチケット販売機の前 には長い列が出来た。

大丸テーブルの端に座ってカツカレーを食す。向かいには4年らしい女性がふたり、サラダを食べながらバイトの体験を語り合っている。大きな声だから否応なく内容が聞こえてくる。聞くともなく聞いていた。デブ子さんがちび子さんに偉そうに職場の心得を説いている。ロッカーは二人で一個使用だから互いに気を遣っていかなくてはいけない。ところが、でぶ子さんの相棒は無口でとっつきが悪い。わずかの間にロッカーに相棒の荷物が増えた。これ以上は無理だと上司に訴えところが、彼女は先月から出勤してこなくなったとか。でぶ子さんが声をひそめて、「最近多いバックれリタイアだよ」と言った。最近の子はすぐ辞める 、「日本もこれからどうなることやら」とでぶ子さんはため息ついた。ふえー

食後にコーヒーを呑む。2階の食堂に場所を変えた。今度はテーブルの相席は男子二人。飯を食い終わったか、皿が傍にあって、無心にスマホをいじっている、二人とも。口をきかない。別に喧嘩をしているわけでもない。じゃあ、なぜ二人でいるのか私には理解出来ない。
午後の授業がまもなくという頃 、口先だけのヘラヘラ男がデブでガタイがいいポリネシアン(黒目がちのどんぐりまなこ) に、「おい、そろそろ行こうぜ。トレイはジャンケン勝負」と言って立ちあがった。ふたりの大男が大げさにジャンケン。3回やってヘラヘラが2つの勝利。ポリネシアンがブツブツ呟くとヘラヘラはピシャンと言った。「ダメダメ
サンマーでも俺が勝つよ」サンマーって何だとポリネシアンが尋ねと、こんなこと知らないのという顔で一言。「8回勝負の早めに3回負けたら終わりを言うの」
フエー、私も初めて聞いた。

なんて見聞を食堂で書いていたら、気がつくと周りから学生が消えていた。3限の授業が始まったようだ。あと一週間ほどで大学は長い 夏休みに入る。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2017-07-12 14:04 | Comments(0)

きさくなピアニスト

きさくな、だがシリアスなピアニスト

 昨日、ニューヨーク在住のピアニストたつみきょうこさんに話を聴いた。昨日は朝からじりじりと気温が高く、とてもじゃないが日向に5分もいられない。取材した場所は経堂のファッションビルのカフェー。
里帰りで一ヶ月の休暇をとっているたつみさん、毎日旧友との再会で多忙とのこと。すこし疲れ気味だったかもしれない。そんななかで、私の要望を聞き入れていただき、親友若林暢について想い出を語ってもらった。その内容はまた別の機会に披露すると思うので、今回はたつみさんのことを記述しておきたい。

 ルーツは東大阪。どうやら千年以上続く旧家の出らしい。聖徳太子の斑鳩から見て辰巳の方向にある、ということで家名が付いたというからすごい。旧家中の旧家だろう。代々地主で庄屋を司っていたという。父君は次男だったため家業を継ぐことなく、上京して音楽産業界に入られた。そういうこともあって、彼女も「家」に縛られることなく、それどころかニューヨークを足場に置いて、長く海外で活躍することになるのだが、不思議な運命を担っておられる。
 開放的できさくなたつみさんは根っこに関西のノリがあって、話していて楽しい。なによりおしゃべり。取材は楽というのは素人のアサハカさで、現実は厳しい。このサービス満点のおしゃべりのペースに巻き込まれると、話題はあっちに飛びこっちにショートして大変なことになる。失礼にも、インタビューの冒頭に、「すみません。お話を途中で止めさせていただくこともありますが、なにとぞご了解ください」とお願いする。分かっているわと、目をくりくりさせて悪戯っぽく答えるところがたつみさんの持ち味。

 驚いたのは、たつみさんの少女時代の体験が、名作「岸辺のアルバム」を生み出していたこと。当時、狛江の多摩川沿いに住んでいて、あの水害のときに実家はグランドピアノともう一台のピアノもろとも流されたという辛い体験をたつみさんは持っていた。音大を目指していたたつみさんにとってピアノは命以上のものであったと誰もが思った。ワイドショーのリポーターらも、被害者であるたつみさんにマイクを向けて、「無くされて一番悲しいものは何ですか」と聞いて来た。ピアノという答えを期待していたはずだ。少女たつみきょうこは、頑に「アルバム」としか応えなかった。その真意は何だったのですかと私が問うと、「本当に想い出が消えていくことが悲しかった」とけれんみもなくスッと答えた。この言葉に私の心はもっていかれた。いいな、この人の音楽を聴いてみたいとそのとき思った。
その少女の映像をシナリオ作家山田太一は見ていたにちがいない。彼も少女の無念を知り驚き、そして感動したのだろう。半年後に、「岸辺のアルバム」がTBSで放送され、最終回の名場面が流れた。ドラマであったが、多摩川の氾濫のパートには実写のニュース映像がインサートされていた。

 素顔はいたって関西のノリ。物まねが得意で、若林暢の剽軽な面も演じてくれる。その一方、彼女の心のなかにずっと巣食っていた「さびしさ」というものにも気づいていた。ただし、このさびしさが何処から来るのか今もって分からないそうだ。

 数年前、たつみさんは世界公演を決行したとき、大事な腕を痛めたことがある。今は、ピアノ演奏だけでなく、トークを織り交ぜたレクチャーコンサートが主体になっている。きっと楽しいコンサートに違いない。「お客さんがたくさん来てくれるのよ」と嬉しそうに語る。

 このところクラシックの演奏家に会う機会が増えた。実にさまざまにして強烈な個性が並ぶ。得てして、ソリストは我がまま。そして気分屋が多い。コンサートの会場でいくつもそんな姿を見かけた。そんな人種の中にあって、たつみきょうこさんはまったく普通。気取らない、だけど周りに気遣うことも忘れない。約束の時刻もきちんと守る常識人。すっかりファンになった。
 
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2017-07-11 22:10 | Comments(0)

若林暢のヴァイオリン

心奪われる若林暢の音色

21日の夜、銀座王子ホールで開かれた、魂のヴァイオリニスト若林暢(のぶ)を追悼するコンサートに出席した。
昨年、58歳の若さで病死した若林暢と親交のあったウィーンフィル首席奏者のワルター・アウアーと長年伴奏者だったアルバート・ロスの二人が共演したのだが、素晴らしい演奏で久しぶりに心が洗われるような気がした。

 主人公不在のコンサートにもかかわらず、会場には暢さんの思いが充満していた。なぜそんな気になるのか不思議だった。

 今、この女性ヴァイオリニストに夢中である。もともとクラシック音楽には縁遠い私だが、この人のブラームスの録音を聴いて心を鷲掴みされた。とてつもなく深い音色、すばらしい技術、再現芸術の最高レベルと感心感動したのだ。なぜ、こんな人がこれまで知られることがなくスリープしていたのだろう。

 今夜、彼女の演奏を聴くことができる。FM横浜で午後9時から若林暢の特集が放送されるのだ。特別ゲストにさだまさしが登場する。さださんは生前の彼女と親交があったということで、その人柄や演奏について語ってくれるそうだ。
よく考えれば、さださんは若い頃ヴァイオリニストを目指していたのだから、その道にくわしいはずだ。どういう評価をしてくれるのか楽しみ。

暢さんは芸大を首席で卒業後、渡米してジュリアード音楽院で学び、1986年のポーランド、ヴィニャフスキコンクールで2位を獲得している。2位といっても副賞は総なめで、特に最優秀音楽解釈賞はすばらしい実績だ。ちなみにヴィニャフスキとは近代ポーランドが生んだ名ヴァイオリニストで、この賞は専門家のなかでは高い評価を受けている。翌1987年にはカーネギーホールでリサイタルを開き、ニューヨークタイムスで絶賛された。

 長く欧米で活動していたため日本での知名度は低い。かつ、レコードからCDデジタルに録音技術が変わってから暢さんは録音することを敬遠するようになったため、レコードはたった2枚しかない。それもロンドンとケルンでの作品だ。その希少な音源がソニーミュージックダイレクトによって今回CD復刻された。タイトルは「魂のヴァイオリニスト」。題字はさだまさしとなっている。2枚組で、ひとつは「ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ集」、もうひとつは「ヴァイオリン愛奏曲集」だ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2017-06-23 07:32 | Comments(0)

寓居にて

元住吉の寓居にて

 1昨日、朝9時半からマイホームの廃棄物の処理を行い、昨日どうしても残したいものだけ、新居の元住吉のアパートに運んだ。運送をやってくれたのはアリさんマークの引っ越しやさん。若い衆が7人、小型トラックが2台で朝11時作業開始。長年住み慣れた家を離れるなどという感傷などまったく入る余地もなく、作業は進み、午後1時前には積み込み完了。アリさんマークの衆は、目的地元住吉に向かいながら、途中で昼食をとり、2時過ぎに現場到着をめざすということ。私はすぐに着替え、家の戸締まりを確認したあと、現地に先回りするべくすぐに大磯駅に向かった。駅に着くや、登りの籠原行きが発車。ここで10分のロスタイムが起きる。やがて来た湘南電車で横浜へ。
午後1時半、JR横浜から東横線に乗り換える。鈍行で日吉の次の元住吉に向かった。
そして、新しい住まいの現場に到着したのは、午後2時。アリさんマークのメンバーはまだ来ていない。よかった、間に合ったのだ。

 今回、大磯の家を手放すにあたって、もっとも悩ましいのは4人分の想い出の品々と生活必需品の処理である。メインの書籍は故郷の図書館に寄贈し、かつブックオフに50箱分の引き取り鑑定をお願いする。洋服がまた山のようにある。時間があればモードオフなどに声をかければいいのだが、間に合わず、エイ、ヤッとはいき処分へ。これが家人全員にショックを与えた。あんなに愛しんで来た洋服の数々が、ガサッと廃棄場の地中に押し込められるのだ。私は見ていないが、見た家人らは言葉を失ったという。歌のわかれならぬ服のわかれであった。

 大磯を出た荷物は二手に分かれた。私が待つ、元住吉の新しい住居と、家人が待つ現在の目黒のアパ−トの二つに荷物を振り分けたのだ。とても2軒の家を1軒にすることなど一気には無理だ。暫定として、もう一軒小さな部屋を2年間借りて、そこでダウンサイジングすることにした。
 私は、東横線元住吉駅の裏、駅から徒歩3分の便利な場所にある1Kのアパートで運送屋さんたちを迎え、新しい部屋に荷物を運び込んだ。
 終わったのが、夕方5時。

 すっかり疲れた。ここ1年でスポーツジムに通って体力がついたと思っていたが、まったくそうはならなかった現実を知った。年には勝てない。
陽もとっぷり暮れた頃、目黒の家にもどったが、まったくボロ雑巾のように草臥れきっていて、風呂に入ってバタンキュー。

 あじさいや家移り騒ぎも吾関せず

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2017-06-07 15:50 | Comments(0)

引っ越し

c0048132_11235326.jpg
5月3日からここへ来ることがなかった。
秘密だが、ちょっとエキサイティングな情報を掴んだ。その関連イベントが6月末に行われるということで、そのリサーチと仕込みに追われていたというのが一つ。もう一つは大磯の家を引き払うことにしたのだ。あんなに好きだった大磯紅葉山
ツヴァイクの 道、真冬の山の端にかかる三日月、とろりとするような若葉風、そして好きな蔵書に囲まれての読書とビデオ三昧の時間。これらが来週の火曜日で消滅する。
この2,3年ずっと迷っていた。昨年末に故郷の図書館へ本を寄贈したことで、気持ちが決まった。

4月末に契約をして、6月中旬に家を出るとしてからはしょっちゅう週末には大磯へ帰り、家具や道具の片付けにあたった。といっても、整理の苦手な私では少しもハカがいかない。ついに家族が先週あたりから動き出し、やっと今夕一定の目処が立った。
戸建の道具を処分するのは至難。そこで時間限定で東横沿線にアパートを借りた。大半の荷物はいったんそこへ行く。あさっての午前中が本番となる。感傷に耽る暇もない。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2017-06-03 18:14 | Comments(0)

黄金週間のはざまで

黄金週間のはざまで

世間は長い休日で賑わっているようだが、こちとら毎日が休日。たいして嬉しくもない。むしろキョウヨウのほうがいい。
今日用事がある、という略語だが、リタイア後の大事な生活信条にしている。

さて、5月2日は朝10時から東京駅で待ち合わせをして辻堂まで行った。慶応大学SFC湘南キャンパスでの出前講義で、学部2コマ、院が1コマの合計3コマを連続で話し続けることになった。呼んでくださったのは友人のFUKUDA教授。かつて私の制作した「闘う三味線」で総務大臣賞を受賞したときの審査員で、作品に高い評価を与えてくれた人物だ。そういうこともあって、学部生には「映像表現と文章表現」の御題で、院生には「映像の中の物語」というテーマで話すようにと予め指示があった。ここ2週間は、その原稿作りとサンプル映像の選出に注力していた。

湘南キャンパスというイメージからかなり隔たった内陸部にあって、いささか遠いが広大な敷地に斬新な校舎が整然と並らび、なんとなく日本離れしたキャンパス風景が広がっていた。校舎の中に入ると教室の番号の上にラムダとかアルファといったギリシャ文字が付いている。ふーん、これがケイオースタイルかと妙なことで感心する。中庭には、お札で有名な福沢諭吉の胸像が春の日差しを浴びて鎮座している。と、そこへ異様な臭いが押し寄せてきた。聞くと、キャンパスの周りには養豚農家がいくつかあって、そこから風に乗ってやんごとなき臭いが飛んで来るのだ。

 驚いたのは過密な時間割とそれを励行する学生たちだ。講義は12時30分で昼休みとなるが12時45分で昼からの授業が開始される。わずか15分の昼休み。授業の終了は午後7時を回るという。勤勉というか過密な時間割だが、学生たちはせっせと移動してきちんと講義を受けている。連休の中日だというのに、キャンパスにはおおぜいの学生の姿が見られた。

 私の出前講義はおおむねうまくいった。学部生はやや消極的だったが、院生からは次々に質問が飛び、面白かった。そのなかに芸人をやっているというたかまつななさんがいた。いただいた名刺には、政策メディア研究科と並んでお笑いジャーナリストの肩書きがある。経歴は、フェリス女学院出身のお嬢様芸人として、「エンタの神様」や「アメトーク」にも出演、とある。ふーん、ケイオーの懐は深いなあ。

 往きは湘南電車と路線バスを使用したが、帰りはさすがに疲れてタクシーとグリーン車を利用。景色はいいが、遠いところが高齢者には向いていない。と書いて、大学は若者の本場だったことを思い出した(迂闊というかとろいというか)。
 
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2017-05-03 13:52 | Comments(0)

君住む街角

まさぐっていたら

 どこから現(うつつ)で、どこから夢か。
明日の授業の準備を朝からずっとやっていて、夕方目処がやっとついて、一息ついた。
部屋の隅に大磯から持ち帰ったDVDやCDが未整理のまま放り込んである。私のだけでない、息子や娘の青春だった頃の歌や曲がそのケースボックスに入っている。

 パソコンに飽きて、そのボックスを探っていると、アンディ・ウイリアムスのアルバムが出てきた。
昨年亡くなったエグチが好きだったアルバムだ。彼が1968年に購入したときはLPのレコードだった。
そのアンディの歌声を聞きながら、エグチは黒田三郎の詩を朗読していた。
 オレは、めんどくさい現代詩よりアンディ・ウイリアムスの歌のほうがよほど好きだった。アルバムの冒頭は「ムーンリバー」だったが、それは興味がない。
お気に入りは、ミュージカル「マイフェアレディ」の挿入歌、「君住む街角」だ。

久しぶりに聞いた。
懐かしい金沢の、材木町の雨に濡れたアスファルトの道を思い出した。

♫今まで何度も歩いたこの通り 脚はこの舗道を踏みしめていた
だけど、今日の僕は宙に浮いている
君がこの街に住んでいると 知ったから

なんて安っぽくて心に沁みる歌詞だ。ますます金沢の街がりプレゼンテーションしてくる。

後半の歌詞も記しておこう。

♫君が近くにいると思うだけで 居ても立ってもいられない
いまにも君が現れるんじゃないかという
素敵な予感にオレは圧倒されそう

人がオレをじろじろ見たってかまわない
だって オレが居たい場所はここしかない
いくら時間が流れてもかまわない

君の住む街角にオレが居られるなら

なんて、原詩を自分流に訳してしまった。なんてこったい。もう一度、1968年の金沢の街に帰りたい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2017-05-01 22:58 | Comments(0)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧