定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
全体
冬のソナタの秘密
シリーズ作品回顧
夏の香りチェック
ブログコミュニケーション
新しい番組を構想して
冬のソナタクイズ
シリーズ世界わが心の旅
2004年度ドキュメンタリーの現場
登羊亭日乗
ふるさとへ
魂のこと
ブロギニストのDJ
マイ・フェボリット・ソング
30年の自画像
賢者の面影
大伴昌司の遺産
テレビって何だろう
わが心のシーン
1ヒト・2ウゴキ・3ジダイ
あしたのジョーの、あの時代
SF幼年期の、終わりに
冬のソナタを考える
少年誌の青春時代
斜陽を考える
人生にジャストミート
センチメンタルな気分で
3・11
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント

クロサワのドキュメントを見て

クロサワのドキュメントを見て

数年前、国際共同制作した黒澤明の伝記ドキュメンタリーを見た。
黒澤の第一回監督作品「姿三四郎」から順を追って作品論を展開してゆく、これといった芸のない番組だ。

ただ、かつて黒澤自身が語った映像を頻繁に使っているので、彼の本音が分かって面白い。
それにしても、赤ひげ以前の黒澤映画は充実している。それに比べて「トラ!トラ!トラ!」以降の作品の弱体化は何と言っていいか分からない。

「七人の侍」のエピソードは書物では読んで、知ってはいるが、実際に助監督だった堀川弘通、スクリプターの野上照代らから直に語られるといかにもありえたと納得する。
3ヶ月の撮影スケジュールが四倍以上の一年かかったというエピソードは、奇跡としかいいようのない。よく、これに東宝当局は許可を与えたものだ。私などは番組予算で百万円も赤字が出たら右往左往するのに、映画会社というのは太っ腹だったのだな。

黒澤が世界の古典を読みこんで人物像を学ぶべきだと言った言葉には共感した。
彼の作品にシェークスピアやドストエフスキーが反映されているのは有名だ。もう一つ、シナリオを立てるとき無声映画だったらどう言う具合に画を組み立てるかを考慮する、という手法は今でも十分通用する手法だ。

だが、黒澤映画の役者の素晴らしいのは、今見ていても感じる。
三船敏郎、志村喬、宮口精二、加東大介、木村功、・・こういう役者がいなくなった。
「酔いどれ天使」だけは見ていない。これを早急に見なくては。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2007-06-06 23:23 | テレビって何だろう | Comments(0)
<< 中也の写真 好きなのに >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧