定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
全体
冬のソナタの秘密
シリーズ作品回顧
夏の香りチェック
ブログコミュニケーション
新しい番組を構想して
冬のソナタクイズ
シリーズ世界わが心の旅
2004年度ドキュメンタリーの現場
登羊亭日乗
ふるさとへ
魂のこと
ブロギニストのDJ
マイ・フェボリット・ソング
30年の自画像
賢者の面影
大伴昌司の遺産
テレビって何だろう
わが心のシーン
1ヒト・2ウゴキ・3ジダイ
あしたのジョーの、あの時代
SF幼年期の、終わりに
冬のソナタを考える
少年誌の青春時代
斜陽を考える
人生にジャストミート
センチメンタルな気分で
3・11
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント

笑いのテロリストが死んでゆく

笑いのテロリストが死んでゆく

昨夜、TBSの新しい笑い番組という「リンカーン」を見て、その寒々しい光景にああついに笑いも終焉をむかえつつあるのかと、思った。

この「リンカーン」という番組は、主役がダウンタウンでさまぁ~ず、キャイーン、雨上がり決死隊、山口智充といったレギュラー陣とが取り巻く。豪華なお笑い番組というふれこみだった。現在のお笑いブームについては冷ややかといわれる松本人志が、敢えてその渦中に本格的に飛び込んで挑んだという鳴り物入りの番組と聞いたが、昨夜見たかぎり番組のテンションの低さには驚いた。

番組の舞台は大阪ユニバーサルスタジオ(USJ)。そこのパレードでレギュラーのひとり大竹一樹が39歳の誕生日を祝ってのパレードに出るという仕掛け。このパレードのために800万円かけて専用車を特注している。USJのスタッフも誕生日用の振り付けを数日前から練習しているというのがVTRで見せられる。謎の屈伸運動に精をだし全員がメガネをかけている。(このエピソードの受けが結局なかった。伏線を張って回収しないというのは構成として最低)

当事者の大竹は何も聞かされていない。だからそこでとんでもない出来事が待ち受けていたといって、半絶叫口調のナレーションが入るのだが、実際は何にも起きない。例のCMをはさんで気をもたせる手法を使うのだが驚くほど何もない。とちゅうロケが失敗したと思われるのが処々見られた。

取り巻きの雨上がり決死隊、山口智充もまったく木偶の坊状態。たかが芸人の誕生日をパブリックな空間を使ってやってもらうなんて申し訳ないというアティチュードのままの大竹。彼の人柄の良さは分かるが、いじられ芸人としては立場をやりきっていないと、終わった後総括されるのだろうか。これは彼のせいでなくまず企画を立てたであろう松本、浜田、そして放送作家の責任だ。とにかく、この番組のレベルの低さは枚挙にいとまないからもう言わない。

かつてたけしやさんまが現われ、マンザイブームが始まったとき、70年以前のアンシャンレジームに対する笑いのテロと見られて、拍手喝采を送ったものだが、それも30年続くとうんざりしてきた。至るところで笑いは連作障害を起こし、ぐちゃぐちゃの状態になりつつある。現物を見ていないから正確には言えないが、先日の特番でさんまが視聴率をとれなかったと週刊誌が報じていた。たけし、タモリは最近主舞台から引退ぎみだったが、さんままで凋落したのだ。
澁谷にヨシモト劇場が出来て若い女たちで賑わっているが、これではサークルや合コンの中のはしゃぎ程度の芸にしかならない。

ドラマが15年ほど前から下火になりクイズも落ちた。このところテレビでずっと幅をきかせてきたくいもの、オワライが階段状で落ちてゆく。さて、テレビ局はこれから何をねらってゆくのか。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2006-12-13 11:43 | テレビって何だろう | Comments(1)
Commented by CHRYSALIS at 2007-03-20 16:42 x
うちの家庭ではテレビなんて只なんとなくつけてるだけで殆ど誰も見てませんよ。話題が無くなった時の保険って感じかな。大抵の家庭がこんな感じじゃないですか。
<< 師走のタクシー 力石のように、骨と皮になって >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧