定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

神戸 懐かしのジャズ喫茶

神戸 懐かしのジャズ喫茶


1971年から74年まで神戸に住んだことがある。最初は阪神の住吉で、次に芦屋のうちでの浜に住んだ。その2年間は、休日はいつも一人だった。理由あって誰とも会いたくなかった。
日曜日の午後はいつも三宮に出かけた。三宮センター街の2軒の古書店をはしごして、それから元町へ出かけた。サンセット通りとトアロードとの角の地下1階にあった「さりげなく」というジャズ喫茶へよく行ったものだ。当時の神戸のジャズ喫茶事情としては、「にいにい」・「ピサ」・「さりげなく」・「トリオ」の4軒が代表格であった。

「さりげなく」の階段を降りてゆくと、熱いジャズが流れていた。当時、ジョン・コルトレーンがはやっていた。ビル・エバンスも人気があった。まるで修行僧のような顔つきで、客たちは聴いていた。話をする客がいると、静かにと注意されることもあった。見方によれば窮屈かもしれないが、誰とも口をききたくない私には都合よかった。でも、分かりやすいチック・コリアやウェイン・ショーターの「ウェザーリポート」などが本当は好きだった。

西宮北口にアウト・プットという店は、当時としては最高級のオーディオ装置を備えていると「スィングジャーナル」で知って、数回通うこともあった。ジャズをポカーンと聴いているのがとても心地よかった。
神戸のこれらの店はあの震災の後どうなったか知らない。たぶんなくなったのだろう。私自身、モダンジャズはこの20年ジャズ喫茶で聴いたことがないから、消息も知らない。

 勤め先の大阪では難波と梅田にあったバンビへ行ったものだ。ここでは話をする人もいた。気楽な店だった。

 京都にはしあんくれーるというジャズ喫茶があった。70年代の終わりに「二十歳の原点」というベストセラーが出た。学生運動で倒れた、立命館大学の高野悦子さんの手記だ。
私より1つ下の世代に人気があった。弟が一生懸命読んでいたので、私も拾い読みしたことがある。彼女がよく通ったのが、立命館に近いところにあった、「しあんくれーる」であった。今はない。

村上春樹は神戸のジャズ喫茶で神戸高校時代過ごしたと聞く。彼が大学を終えた後営んだというジャズバーに行ってみたかったな。きっと、神戸の匂いがしたに違いない。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2006-11-04 00:44 | 30年の自画像 | Comments(6)
Commented by monsieur-meuniere at 2006-11-04 02:28
yamato-yさんよりも、4歳年下のうちの母親は、当時、京都にある女子大に通っており、その「しあんくれーる」という喫茶店からすぐの寮に住んでいたとのことです。行ったことあるの?と聞いたら、「普通の喫茶店だったわよ」とのことです。

僕も以前、二十歳の原点は読んだことはあるんですが、こんな生真面目な大学生って、今、あんまりいないんじゃないか、と思いました。いつも「勉強しなきゃ。がんばらなきゃ。自分の政治的ポジションを明確にしなきゃ。理論と行動を一致させなきゃ…」というように書いていて、読んでいて息苦しくなりました。「そんなに自分を追い詰めて、がんばらなくてもいいのに…」というのが正直な感想でした。

時々、60年代、70年代ってどんな空気だったんだろう?と想像することがあります。2000年代に青春を生きるものにとっては、その時代に対して、ある種の気恥ずかしさと、ワクワクするような、あこがれの入り混じった感情を抱きます。
Commented by beret-west at 2007-07-14 14:45 x
あのころの店とは違っているかもしれませんが、「さりげなく」はここにあります。機会があれば、また、立ち寄ってください。
Commented at 2007-09-30 00:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-09-30 00:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by さりげなく at 2010-09-12 01:33 x
いまもあの『さりげなく』は健在です。今は北野坂にあります。むかしの仲間に逢えるかも。
Commented by Ashgarden at 2010-10-19 19:03 x
きょう、思い出の場所へ行って『さりげなく』が無かったことに落胆してたんだけど、北野坂で再開したんですね。
にいにい、バンビ、懐かしいです 。
<< 3連休の過ごし方 1970年のピンボール >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧