定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
全体
冬のソナタの秘密
シリーズ作品回顧
夏の香りチェック
ブログコミュニケーション
新しい番組を構想して
冬のソナタクイズ
シリーズ世界わが心の旅
2004年度ドキュメンタリーの現場
登羊亭日乗
ふるさとへ
魂のこと
ブロギニストのDJ
マイ・フェボリット・ソング
30年の自画像
賢者の面影
大伴昌司の遺産
テレビって何だろう
わが心のシーン
1ヒト・2ウゴキ・3ジダイ
あしたのジョーの、あの時代
SF幼年期の、終わりに
冬のソナタを考える
少年誌の青春時代
斜陽を考える
人生にジャストミート
センチメンタルな気分で
3・11
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

なぜ日本のフィクションはつまらないのか

映画もテレビドラマも弱い

テレビドラマは衰弱する一方だ。どうして若者相手の同じような恋の話ばかりやっているのだろう。韓流が起こり「電車男」が流行った頃から、純愛というキャッチフレーズで安易なドラマが続々作られてきた。主役を演じるのはパターン化した芝居しかできない、若い女のタレントとジャヤニーズの若い男と相場が決まっている。

いつからかキャスティングがドラマの盛衰を決めるかのような風潮が業界でつよくなった。
すると人気者をかかえている事務所の力が強くなった。シナリオの力よりキャラクターの力が優先されるようになると、芝居は物語より役者の見せ場を中心に構成されるようになり、どうってことのない「オールスター映画」に堕していった。

20年前はシナリオ作家が尊重され、才能が次々に出た。山田太一、向田邦子、橋田寿賀子、倉本聡、早坂暁・・・、綺羅星のごとくだった。セリフの中に人生がつまっていた。
30年前はディレクター、監督が力を発揮した。和田勉、大山勝美、中村克史・・・、ドラマという虚構の中にヴェリテ(真実)を発見できた。
40年前からそのディレクターシステムの礎を作った先駆者がいた、岡本愛彦、今野勉、鴨下信一・・・。

NHKが社会派ドラマを作り、TBSが人間ドラマを作っていた。フジはこれという特性がなかった。そのフジが若者向け路線を手がけ、それが今の流れを形成するようになった。若者に阿るようなドラマが増えていった。
日本映画もその路線を踏襲するようになり、だんだんパターン化したつまらないほうへと流れていった。

今、若者のテレビ離れが進んでいる。娯楽はテレビ以外にもゲーム、ネット、ケータイと多様にあるから志向が薄くなるのは当然だ。
一方、中高年はツールを使いこなすことが苦手で、テレビのような単純操作に否応なく向かわざるをえない。現実に視聴者動向を調べると、どんどん高齢化しているのだ。

ということは、もっと大人向けのドラマを作ればいいじゃないか。それは大人の恋愛ドラマを作れと言っているのではない。「時雨の記」とか「愛の流刑地」のような、中高年が恋に落ちる話をしろと言っているのではない。大人向けというのは、鑑賞に耐える、熟成した内容をもつドラマだ。ディケンズや藤沢周平や三好達治のような、テレビドラマを見せて欲しいということだ。  

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2006-10-23 10:11 | テレビって何だろう | Comments(1)
Commented by monsieur-meuniere at 2006-10-23 12:26
全くの同感です。特に最近の映画は、民放が制作していて、原作も漫画、キャスティングもうんざりするような面々。賞味期限も短いです。一定のアイドルしか出てこない状態になったのは、失敗を恐れるあまり、広告代理店のマーケティングの方程式に依存しているからではないか?とすら思うのです。圧力もあるでしょう。ただ、マーケティングをやって「工学的」に良質の物語が生まれるとは思いません。TBSの作っている映画なんて、見ていて唖然するというよりも、恥ずかしくなってしまうようなものが多いです。ネタ程度だったものが、なぜ今メインストリートで大手を振って歩いているのでしょうか?おっしゃるように、大人向けにすることがあると思うのですが、僕は一つには「総合小説」みたいなものが良いのではと思います。若者の恋愛だけを描くのではなく、老人、子ども、アウトローな人たち、それから社会、政治、哲学なども複雑に絡んでくるというような…そして、僕は、今こそ、古典へ帰れと言ってみたいと思っています。温故知新です。ただ古典をリメイクするのではなく、そこから何かもっとラディカルなものを発見してくる作業が必要なんじゃないか?と思うんです。
<< 健康診断異変 詩を読むとて >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧