定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

浦上五番崩れ

マリアの御像
c0048132_16334238.jpg


 前回のブログ「フランス寺」で書いたことはうろ覚えだったので、再度確認をこめて崩れについて詳しく記す。

「崩れ(くずれ)」とは潜伏キリシタンが摘発、処刑されることを指す。一番崩れは1790(寛政2)年、二番崩れは1842(天保13)年に、三番崩れは1856(安政3)年に、おのおの弾圧が繰り返されたが、これらはいずれも小規模のものであった。密告によって村人の主だったところが捕えられても、しらを切りとおして逃れたのだ。

だが四番崩れは浦上村3000余人を総流罪とするという空前絶後のものとなった。幕末の1865(元治2)年、建てられて間もないフランス寺(大浦天主堂)を訪れた浦上のクララてるなど10数人の人々の告白から事件は始まる。
葬式を仏教で行ったときでも、「経けしのオラショ」を唱えれば魂は救われるとして、村人は信仰をつないできたが、プチジャン神父らからそれでは本当に魂が救われることにはならないと聞かされ、ついにキリシタンであることを村人らはキリシタンであることを告白し公然化させるのだ。

これに対して幕府も黙って見過ごしたわけではない。長崎奉行所は一斉検挙に出る。1867(慶応3)年6月4日未明、風雨をついて奉行所の捕方が浦上村を急襲し、中心人物と目された68名を逮捕収監し、きびしい拷問によって仏教への改宗をせまったのであった。ところが長崎にあった諸国の領事館から厳しい抗議を受け、奉行所は渋々釈放する。

きちんとした解決ができないまま幕府は倒れ、この件は明治新政府に引き継がれる。
1868年浦上一村3000余人を根こそぎ総流罪とするという案が御前会議(明治天皇)にかけられ、同年4月25日に処分が始まる。この流刑による「旅」は明治6年まで続く。中心人物114名は萩、津和野、福山に、更に翌明治2年12月のこりの信者が高知や瀬戸内海の鶴島などに流された。遠く金沢まで連れて行かれた者もいる。そこでの生活は極貧と飢餓との闘いであった。そして改宗をせまるはげしい拷問を受けたのだ。だが、大多数の信者は信仰を守りぬいた。

4年後、彼らは帰村を許される。この間に5分の一が知らぬ他国の土となった。釈放された信者たちはなつかしい浦上の地に帰ったとき家は破れ田畑は荒れていた。言葉を失うほどの村の荒廃にもかかわらず、信仰をはばからずに口に出来る喜びを支えに村人たちは浦上の復興に勤めるのであった。明治12年(1879)浜口の土井に仮教会を建てる。そして翌年山里の高台にあった庄屋屋敷に、初代の天主堂を建立した。これが浦上天主堂の基となる。

明治28年(1895)聖堂の建築に着手、30年の歳月をかけてロマネスク式の東洋一の教会が建つことになる。
そうして苦労して建設された天主堂が、1945年8月9日、一発の原子爆弾によって木っ端微塵に破壊される。浦上にいた信徒1万人余りの8割近くが犠牲となった。なんという苦難か。この出来事を口さがない連中は「浦上五番崩れ」と呼ぶ。

だが浦上キリシタンはけっして絶望しない。
原爆が落ちて2ヵ月後、この廃墟をある復員兵士がさ迷っていた。北海道のトラピスト修道院の野口神父だ。彼は長崎出身であったので、除隊後その地を見届けてから北海道へ渡ろうとしていた。巨大な天主堂の瓦礫を歩き回っていると、ふと石の下に焼け焦げた像を見つけた。無原罪のマリアの像の首であった。体は失っているものの、お顔は一部焼けただけのマリアの首を発見したのだ。彼は思わず抱きかかえ、懐にしまい、無人の廃墟を後にしたのだ。
戦後密かにマリア像を保管してきた野口は、この像はやはり浦上の地に返すのが適当だと考え、浦上信徒でキリシタン研究家の片岡弥吉(純心女子大教授)に相談をする。こうしてマリア像は長く純心大の資料室にあった。やがて、像の保管は片岡弥吉から娘の千鶴子にうつる。現在学長の片岡千鶴子シスターだ。

22年前、私はこの像を純心大の片岡先生の研究室で目にした。そのときの驚きと感動を今も忘れることができない。焼けたとはいえ、そこはかとない慈愛と美しさに満ちていた。すぐに、ローカルの小さなリポート番組でこの出来事を伝えた。
そして、被爆60年をむかえた昨年、このマリア像は片岡先生の手を離れて浦上天主堂へ移管されることになった。そのための御堂も建設された。

私はその礼拝堂を見ていなかったので、本日訪れることにした。本堂の脇の小さな礼拝堂に御像は安置されていた。
久しぶりにお目にかかり、胸に熱いものを感じた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
c0048132_16293742.jpg

[PR]
by yamato-y | 2006-10-19 16:13 | Comments(1)
Commented at 2013-01-08 09:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 赤寺、唐寺 フランス寺 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧