定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
全体
冬のソナタの秘密
シリーズ作品回顧
夏の香りチェック
ブログコミュニケーション
新しい番組を構想して
冬のソナタクイズ
シリーズ世界わが心の旅
2004年度ドキュメンタリーの現場
登羊亭日乗
ふるさとへ
魂のこと
ブロギニストのDJ
マイ・フェボリット・ソング
30年の自画像
賢者の面影
大伴昌司の遺産
テレビって何だろう
わが心のシーン
1ヒト・2ウゴキ・3ジダイ
あしたのジョーの、あの時代
SF幼年期の、終わりに
冬のソナタを考える
少年誌の青春時代
斜陽を考える
人生にジャストミート
センチメンタルな気分で
3・11
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント



最近、人の顔が覚えられない。
道端ですれちがって会釈されることがある。もしくは微笑みを送られることがある。

どきっとして、慌ててあいさつを返す。だが自分には記憶がない。心当たりがない。
もしかして、以前に仕事で付き合った人なのか、名刺を交換した人なのか、私と知遇があるのだろう。だからエールが送られるのだが、自分としては思い当たることがないのだ。

 怖い。そろそろあれが始まったのか。MRIで私の脳を輪切りにすると、乳白色の部分が増えつつあるのだろうか。脳内がスカスカになっているのでは。

 だが顔とは一体何か。頭脳をくるむ皮膚のある表面部分に凸凹が起きただけのものだが、人間のコミニュケーションにとってはかなり重大な意味をもつ。顔はその人物を表すアイコンであるから。

最近の会った人の顔は忘れているが、昔の顔は覚えている。というより、あるきっかけでまざまざと思い出すことがある。特徴のある目つき、顔つき、癖で、目の前の赤の他人から過去のある人物を思い出すということがある。もうすっかり忘れていた人物、事件が突然ぽかりと意識の海に浮かび上がるのだ。

 親子なのに全然似ていないと思っていた小学校の同級生。現在の渋谷の町で見かけた他人の中にある特徴を発見した。その特徴は似ていないと思われた親子に共通にあったことを思い出す。ああ、あの親子はあの点でやはり似ていたのだと、40年も経って気づく。

他人の顔の特徴を媒介にして、似ていない親子の共通部分をあらためて意識したのだ。

日本人の顔って本当に多様だなと、繁華街を歩いて思う。イラン人のような濃い顔、フィリピン人のようにどんぐり眼、韓国人のようにのっぺりした顔、イギリス人のように尊大な顔、・・・。

一方、フィリピン人を見ると、誰も同じように見える。タイ人もバングラディッシュ人もそうだ。われわれには外国の人を識別する能力が弱い。だから、多様と国内では思っている日本人の顔も、外から見ると、皆同じようにしか見えないことがある。
アメリカの友人が言ったことがある。「日本人と韓国人と中国人の区別がつかない」

文学、絵画、映画、テレビなど表現の作品にも顔がある。タイトルだ。タイトルが作品のアイコンとなる。だから、タイトルをつけるということは重大な案件にもかかわらず、安易なものを見ると、その作者の生き方を疑りたくなる。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2006-09-26 11:35 | テレビって何だろう | Comments(0)
<<  焚き火と絵本 駅頭にて >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧