定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

屈服しない人――真に広島的な人間

重藤文夫博士

1990年の6月、出来たばかりの中国自動車道を通って、私は大江さんと東広島へ向かっていた。そこに眠る広島日赤病院院長、重藤文夫の墓に詣でるためだ。

重藤文夫は九州大学医学部を卒業し、地元の日赤病院に赴任してきたのは、1945年、昭和20年7月末のことだった。
8月6日の朝、自宅の東広島を出て広島駅まで来た。市電に乗り換えようとしていたとき原爆に直撃された。
自ら傷つきながら地獄となった町を越えて病院にたどり着き、そこでおよそ2ヶ月にわたって重藤は被爆者たちの治療にあたった。

1963年6月、大江光が誕生した。その子は脳に欠陥をもっていた。放置すれば死ぬかもしれない、手術をすれば障害が残るかもしれない。父である大江健三郎は迷った。どう決断していいか分からないまま、8月大江さんは広島へ原水禁運動の取材に出かけた。そのとき書かれたのが『ヒロシマ・ノート』である。

広島で大江さんは重藤博士と会った。原爆症について大江さんはインタビューした。その中で重藤は大江さんにあるエピソードを話した。
原爆が落とされて2ヶ月経った頃。不眠不休で患者の治療をする重藤のまわりをまつわりついて質問する青年医師がいた。「こんなことがあっていいのだろうか。人間って何だろう」と質問を重藤にぶつけてくるのだ。相談にのろうと思っても、次々に患者が押し寄せてくる。重藤はその青年医師に郊外へ行って、緑でも見てきたらどうかと、一時避難することを勧めた。それから2時間ほどしてその医師は首をくくっていた。

と言う話を重藤は大江さんにした。重藤はこのエピソードを苦い悔いをもって語ったつもりであったが、大江さんはそうは受け取っていない。重藤の逸話を聞きながら、青年医師こそ大江自身だと思ったのだ。だからこそ青年医師に重藤が答えた言葉が、大江さんの胸に突き刺さる――
「目の前に苦しんでいる人がいる。治療するよりほかないじゃないか」
これは新生児を手術するべきか否かと迷っている若い作家の胸に響いたのだ。
「目の前に苦しんでいる人がいる。治療するよりほかないじゃないか」

往生要集に出てくるような地獄のなかで、過労で倒れそうになりながら治療にあたる医師や看護婦らは、ともすればこの世の終わりと絶望したとしても不思議でない。精神に異常を来たすこともあったかもしれない。だが、暗い気持ちをもちながらも、人間が起こした災厄にけっして屈服しない人々もいたのだ。大江さんは『ヒロシマ・ノート』にそう記した。

その後、東京に戻った大江さんは新生児に手術を施し、共生の道をたどってゆく。その契機を重藤は与えてくれたのだ。その彼の墓参に出かけたとき、私も同行した。

重藤博士は昔西条といわれた町の旧家の出身で、墓はその父祖の地にある。重藤未亡人が迎えてくれ裏山の墓地まで案内してくれた。道すがら、夫人から重藤医師は若い頃は暗かったが、原爆以後は磊落な性格に変わったと、聞かされた。大江さんは重藤先生はまさに広島的な人だったのだとあらためて知る。

 本日、8月6日。毎年この日は、平和公園の式典中継を見て、テレビに向かって黙祷を捧げ、『ヒロシマ・ノート』を読む。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2006-08-06 09:43 | 魂のこと | Comments(1)
Commented by 小堀秀伍 at 2006-12-29 15:47 x
重藤文夫原爆病院院長様の事を、調べております。
<< 黒い雨の恐怖 日本の夏、鎮魂の夏 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧