定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
全体
冬のソナタの秘密
シリーズ作品回顧
夏の香りチェック
ブログコミュニケーション
新しい番組を構想して
冬のソナタクイズ
シリーズ世界わが心の旅
2004年度ドキュメンタリーの現場
登羊亭日乗
ふるさとへ
魂のこと
ブロギニストのDJ
マイ・フェボリット・ソング
30年の自画像
賢者の面影
大伴昌司の遺産
テレビって何だろう
わが心のシーン
1ヒト・2ウゴキ・3ジダイ
あしたのジョーの、あの時代
SF幼年期の、終わりに
冬のソナタを考える
少年誌の青春時代
斜陽を考える
人生にジャストミート
センチメンタルな気分で
3・11
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

テレビって何だろう

テレビって何だろう


 30年以上もテレビと関わって来ていながら、だんだんテレビって何か分からなくなってきた。
私が仕事についた1970年代では有力なメディアといえば、映画、ラジオ、新聞、雑誌しかなかった。おそらく、テレビは自分が何かを問わなくても、自明の存在としていることができたのだ。

状況が大きく変わった。インターネットを中心とする通信の発達が大きな影響を与えていることは違いないのだが、どのように与えているのか、誰もきちんと答えてくれない。だから、放送の側からテレビというものを、再度考察していこうかなと思い始めている。

通信が放送を飲み込むという刺戟的なタイトルの本を読んでいたら、気になる箇所が出てきた。NHKの番組が高い評価を日本というこの国では受けているが、実はそうでもないのだというのだ。つまり、民放の番組があまりに低俗で、比較でNHKが優れてみえるだけで、他の欧米の放送局に比して番組はたいしたことがないというのだ。
商業放送のみのアメリカでも、NHK以上の質の高いドキュメンタリーや自然番組が流れている。その例として、「ディスカバリーチャンネル」を挙げている。

これを書いている人物はいわゆる通信、放送の制度的なことを調べてきたシンクタンクの出身だから、番組の見方についても確たるものがあって言っているのではないだろうが、やや聞き捨てにはならないことだ。

日本の番組の質が高くない目安は、国際マーケットで日本の番組が売買されることが少ないことを挙げている。

たしかにMIPCOMなど海外で開かれる国際見本市で、日本の番組はあまり売れない。かえって、アメリカのドラマなどを日本側はたくさん購入する。これをもって質の低さを語っている。

本当にそうなのか。

また、テレビは草創の時期から「イマ・ココ」ということにこだわってばかりして来た。一度放送したら、途端に番組の価値は低下するという神話を築いてきた。はたしてそうであろうか。ロングテール現象が起きはじめた現在、その神話は揺らぎはじめてはいないだろうか。

このテレビって何だろうということを、少しずつ書いていこうと思う。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2006-08-02 19:44 | テレビって何だろう | Comments(0)
<< 通過儀礼 なぜ無差別爆撃か >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧