定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

メキシコ時代の大伴昌司

半島の舞姫とともに

 大伴昌司は1歳半のとき、父母とともにメキシコへ渡った。父四至本八郎は、日本とメキシコの通商を促進する役割をになうよう商工省から派遣されたのだ。父の本当の目的は、メキシコの石油確保ではないだろうか。近衛文麿のブレーンでもあった四至本八郎は、アメリカからの石油ストップなどに備えてのメキシコ油田の開発にあったと思われる。

在米生活の長かった父にとって、外地での活動はお手の物であった。昼間はメキシコ政府との交渉にあたり、夜は夫婦そろって晩餐会や日本からの客の接待に追われた。
いつも、大伴は一人で留守番することとなる。母アイの推測では、この頃から一人遊びを覚え、本を読んだり絵を描いたりするのに没頭するようになった。

 メキシコの日本人社会の中では四至本夫妻は有名であった。日本からの客もよく訪ねてきたし、一家もよく歓待した。来ると、八郎は自分で車を運転してアステカのピラミッドへ案内した。助手席にはいつも豊治少年が座った。

ピラミッドの遺跡に行くと、決まって鳥の頭をした怪獣の石像へ豊治少年は走っていき、愉快そうに手で触ったり撫でたりするのだった。

あるとき、ニューヨークから客が来た。世界巡演をしている舞踊家、崔承喜と夫安漠である。石井漠門下として、当時花形のダンサーであった。カーネギーホールでの公演でも成功を収め、意気揚々と来墨してきたのだ。崔承喜はいたく四至本家が気に入った。メキシコではずっと四至本家に逗留する。

崔自身、豊治と同じ年頃の娘をもっていて、豊治のことをとりわけ可愛がった。四至本アイは一つだけ解せないことがあった。日本大使館や自分たちに世話を受けながら、崔が公演のタイトルに「コリアンダンサー(半島の舞姫)」と付けていることだ。当時、朝鮮は日本の植民地だからそう名乗るのが奇異に思えたのだ。

崔承喜という人は民族意識の強くもっていた。日本が軍国主義に歩むことになってもけっして朝鮮民族としての誇りを外さなかった。
そして、戦時中中国へ慰問に行って行方が分からなくなる。戦後、彼女は北朝鮮に亡命したことが明らかになった。この偉大なダンサーと大伴は戦争が勃発する前年に、メキシコで交差していた。
 

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

c0048132_23383623.jpg
四至本一家と崔夫妻
c0048132_23385063.jpg
崔承喜と父八郎
[PR]
by yamato-y | 2006-05-21 23:32 | 大伴昌司の遺産 | Comments(1)
Commented by MG at 2016-06-17 18:14 x
コメント失礼いたします。四至本アイさんが、大学時に大家さんでした。池月荘は、すでに新しい戸建になっていました。記事、とても興味深く読ませて頂きました。ありがとうございます。
<< ワタナベ支配人 リルケに導かれて >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧