定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

長期取材―五つ子のドキュメンタリー

じっくり撮影する

 1970年代のドキュメンタリー番組はじっくり型が主流だった。リサーチ、取材、編集にたっぷり時間をかけるのだ。例えば、五つ子誕生にまつわる番組作りがそうだった。

1976年、昭和51年1月31日に 鹿児島の病院で五つ子の赤ちゃんが無事 誕生し、日本中が大騒ぎとなった。お父さんは山下頼充、お母さんは山下紀子。五つ子たちと対面したときの印象はと記者会見で聞かれて山下夫妻は「あんなに小さいとは…」と絶句し、体全体で喜びを表した。福太郎、寿子(ひさこ)、洋平、妙子、智子(さとこ)。その可愛いいしぐさや表情が連日のようにニュースで全国に流れる。
この話題は日本中の心を掴む。

NHKは出来たばかりのNHK特集の枠で、その成長を長期に追いかけてドキュメンタリーを作り上げていった。
NHK特集「五つ子一年」(1977年2月3日放送)
NHK特集「五つ子2歳」(1978年2月2日放送)
NHK特集「五つ子・サンサイニナリマシタ」(1979年2月9日放送)
NHK特集「五つ子 4歳ニナリマシタ」(1980年2月1日放送)
NHK特集「1年生になりました~五つ子6年間の記録」(1982年4月9日放送)

 ざっと6年間、撮影が続けられた。今では考えられない。というのは、一つの話題にスタッフを長期に張りつけられるほど番組的経済的余裕が現在はないのだ。
当時はチャンネル数も少なく放送時間も終日でなかったので編成的に余裕があった。いわゆるソフトは不足していなかったのだ。だから1本1本の番組(とりわけ特集)に手間ひまをかけることができた。
 技術的な面からもじっくり型は時代にあっていた。「五つ子一年」はフィルムで撮影されている。当時まだビデオカメラは開発途上で機材は大きく持ち運びは不便で、ロケの撮影には適していない。それに比べてフィルムカメラは小型で軽量、ではあるものの、フィルム1巻の収録時間は短く最大が20分だった。加えてフィルムカメラは同時録音が苦手で操作が厄介だった。出来事が発生してもすぐ撮影録音できるものでなかった。だから取材期間を長くしてじっくり撮影するより他なかったのだ。 
しかし、このじっくり型ドキュメンタリーは「五つ子」に続いて「こずえちゃん」「のぞみ3歳」など名作を次々に生み出す。
この方法は取材者と取材対象者の関係を深めるのに役に立ったのだ。長く撮影をしていると、いわゆる情がうつる。取材者は取材対象者に愛着を感じるようになり、取材対象者は取材者に親近感を覚えて次第にヨロイを脱いでいく。その結果、ある場面に遭遇したとき記録撮影を可能にするのだ。

 「五つ子・1年生になりました」で、こういうシーンがある。小学校入学の面接試験が近づいた頃、山下家では試験に備えて予行練習が始まる。面接官役の母紀子さんと一人一人が対面する。山下家の居間にカメラが入っているのだが、母子ともに撮影されることに慣れていてその存在を意識していない。

 次女寿子ちゃんの練習のときだ。部屋に入ってきたときから寿子ちゃんは母に甘えるが母は許さない。練習が終わって次の子と交代のはずだが、寿子ちゃんはテーブルの下に潜り込んで母の脚にまといつく。母は「いけません!さっさと帰りなさい」と大きな声で注意。そして部屋を出る前に一礼しなさいと寿子ちゃんに命じる。しぶしぶ頭を下げた瞬間、次女はゴツンとおでこをテーブルの縁にぶつけた。
痛さをこらえながら照れくさそうに笑う寿子ちゃん。絶妙の瞬間だ。カメラはこの出来事をしっかり記録していた。

 現在のテレビでは、こういうじっくり型取材はほとんどない。時間に追われていて短期間で取材することが要請される。機材の発達がそれを可能にしたということもあるだろう。経費のうえでも日程のうえでも番組編成論のうえでも、長期取材という手法はもはや終わりつつある。だが、このやり方を過去の手法、時代遅れと片付けていいのだろうか。マンネリ化してつまらない、番組が物語化して生気がないと批判される今だからこそ必要なのではないだろうか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2006-04-26 05:55 | Comments(0)
<< 四月は残酷な月か懐かしい月か 昭和が遠くなる >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧